現金化業者『24キャッシュ』は悪質?危険?換金率・口コミ体験などで徹底評価

24キャッシュ

24キャッシュ

24キャッシュにはなぜリピーターが多いの?安全に現金化する手法に定評あり

24キャッシュは、創業から7年以上継続した営業実績がある現金化業界では老舗に該当する無店舗型現金化業者です。

現金化業者は3年続けて営業している所は少なく、再度利用しようとしても既に閉店済みという例が少なく有りません。

では、なぜ24キャッシュは長期安定した営業に加えてリピーターが多いのでしょうか。

24キャッシュガチ調査ランク!

Sランク

ランク Sランク
総合評価 65点70点満点中の評価
換金率 9点79%の換金率は安定している
振込スピード 9点本人確認にやや時間が掛かる
接客対応 8点本人確認を終えるまでは硬い
情報公開度 9点番地までの住所表記
営業時間の長さ 10点土日祝可9時~23時
安全性 10点本人確認が特に厳しい
盗難紛失対策 10点自撮り写真含む3点必須と厳格
\安全性◎スピード◎が好評/

24キャッシュは24時間いつでも申し込み可能

24キャッシュという屋号からも分かるように、24時間インターネット経由で申し込みが可能なので、急な現金化が必要になった時にもすぐに手続きが可能です。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、手続き情報を誤り無く正確に伝達した上で手続きを完了させることが必要となります。

最初の申し込みをWEBから行うことは、双方にとって最も手間が掛かりません。

フリーダイヤルは、営業時間内のみの運用となっていて、問い合わせ用に準備されていると考えることが出来ます。

実際の営業時間は9時から23時

24キャッシュの営業時間は、公式サイトの会社概要に記載されている通り、電話連絡可能な9時から23時となっています。

深夜から早朝にかけては、WEBサイトのフォームに入力することで申し込みを行えます。

なので、夜のうちに申し込みを行い、実際の手続きは朝になってからという流れが一般的です。

なぜなら、24キャッシュでは、最終的な意思確認と本人確認を電話連絡により行っているので、深夜や早朝に電話連絡して間違い電話が発生しては大問題となりかねないからです。

少なくとも、就寝時間を避けた時間に対応することで、万が一の連絡ミス発生時でも、第三者に迷惑が掛かる度合いを最小限に抑えられます。

WEB経由での申し込みに限定しているからスムーズ

会社概要にフリーダイヤルを掲載している24キャッシュでは、電話問い合わせ対応を常に行っているものの、実際の申し込み手続きはWEBフォームを利用することになっています。

なぜなら、氏名や住所といった読み方だけでは漢字変換が困難な場合が多く、最初からWEBフォームによる入力を申込者が自分で行った方が誤りが少ないからです。

クレジットカードの現金化を利用する時点で、精神的に余裕が少ない人にとっても、イライラを防止するために必要事項をセルフ入力してもらうことが、結果的に効率良くスムーズに現金化できるためです。

24キャッシュの会社情報をしっかり確認しよう

24キャッシュは創業から7年以上経つ老舗の現金化業者とはいえ、無店舗型の現金化業者だからこそ会社情報を事前に確認しておく必要があります。

実際に公開されている情報は、以下の通りです。

会社名 24キャッシュ
責任者 加藤正義
住所 〒105-0022
東京都港区海岸1-2-3
電話 0120-978-275
メール info@24cash.shop
営業時間 9:00~23:00
振込速度 最短10分
15時以降銀行振り込み ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパネット銀行
利用可能クレジットカード VISA・マスターカード・アメックス・JCB・ダイナーズクラブ
\住所をマップでチェック!/

無店舗型のクレジットカード現金化業者は特定商取引に関する法律に基づく表記が必要

無店舗型による営業を行うためには、特定商取引に関する法律に基づく表記が必要となります。

具体的に必要事項として、以下の項目を明記しています。

  • 屋号
  • 代表者氏名
  • 住所
  • 連絡先電話番号
  • 営業時間

本来は必要ないメールアドレスまで公開することにより、深夜早朝といった電話連絡が出来ない時間帯であっても、問い合わせメールを出すことが可能です。

1点だけ惜しいことは、住所地が番地までの表記に留まっている点です。

汐留芝離宮ビルディングというオフィスビルと、レンタルオフィス・バーチャルオフィスが入った複合オフィスビルという点まで明らかに出来ていれば、文句の付け所がありません。

しかし、敢えて公式サイトへの表記を番地までに留めているので、後の細かい住所は電話で確認すれば良いだけのことです。

なぜなら、クレジットカード現金化業者の中には、24キャッシュのように堅実な業務を行う業者ばかりではなく、悪質業者ほど真面目に営業している現金化業者へ嫌がらせをするものだからです。

セキュリティ対策の一環として、実際にクレジットカード現金化を行う利用者に対してのみ公開するといった方針であっても不思議ではありません。

気になる場合は、申込時に具体的な部屋番号まで確認すれば教えてくれるはずです。

開示の有無により最終的な契約まで行うかどうかを決めることが出来るので、利用者にとって不利になりことはないわけです。

24キャッシュ口コミ評価

24キャッシュの口コミは?実際に利用した人はどんな評価をしているの?
24キャッシュについていろいろ説明してきましたが、一番気になるのは実際の利用者の反応です。

そこで、以下に当サイトが集めた口コミを紹介します。

t.k.さん
急に10万円ほど必要になって24キャッシュを利用しました。
スマートフォンから簡単に申し込みができますしたし、決済手続きもネットショッピングで非常に簡単にすすめることができました。
初めての利用でしたが、非常に満足しています。
k.s.さん
今すぐ現金が必要だという時にいつも利用をしているのが24キャッシュなんです。
何といっても簡単で振り込みまでの時間がスピーディーだというのが魅力なんです。
最短5分で振込完了してくれるのでとても助かっています。
a.o.さん
急な「困った」という時に24キャッシュさんには助けられています。
他にもいろいろあると思うのですが、24キャッシュをいつも利用するのはその還元率の高さなんです。
ある程度まとめて借りると90%を超える率なので満足度も高いんです。
ranさん
生活費のとりあえずの足しにしたいと初めて24キャッシュを利用しました。
分からないことも少しあったのですが、スタッフの方が丁寧親切に教えてくださってとても安心してお取引をすることができました。
これからもまた困ったら24キャッシュにお願いしたいです。
a.k.さん
まとまった現金が必要だったので24キャッシュを利用しました。
情報通りにスピーディーに振り込みはしてもらえたのですが、個人的には若干手数料などが高いかなという印象を受けました。
まとまった金額だっただけに少し痛手のような感覚になりました。
S.S.さん
仕事をしているので店に出向くことが出来ない自分。
でも24キャッシュならインターネットからしかも土日祝日関係なく現金化できるので非常に助かっています。
出張先からでも利用できるのがいいですね。
現金化の金額幅が大きいのも嬉しいです。
k.i.さん
返済はマイペースにすすめたい。
そんな我儘な気持ちをもっていたんですが、そんな我儘をかなえてくれたのが24キャッシュさんでした。
すぐに振り込みをしてくれるのですが、返済はリボや分割払いがOKなんです。生活の負担にならずに返せるので24キャッシュはとても利用しやすいです。

いかがでしたか?参考になる口コミはありましたか?

24キャッシュのリピーターに男性も女性も多い理由が分かった気がします。

\口コミでも好評/

24キャッシュは悪質・危険?悪徳業者なのか?徹底調査

前項の口コミを読んでもまだ心配な方のために、24キャッシュについて耳にしたウワサの真偽を調べてみました。

24キャッシュは悪質・悪徳業者と噂が流れているが本当か?

24キャッシュを調べてみると「24キャッシュは悪徳業者」の噂を目にし、噂の内容を念の為に確認してみると一度調べ直した方が良い物もありました。

24キャッシュは本当に悪質業者なのか、この場で改めて再確認していきます。

悪質・悪徳業者と噂を作ってしまう原因は?

24キャッシュが悪徳業者と評価した理由として「即日に現金化出来ないから」と言うのがありました。

即日に現金化出来ないのは大問題ですが、原因も調べずに悪質と断言するのも良くありません。

即日に現金化出来ない原因について調べてみると以下の内容でした。

営業時間外での申し込みをしている

24キャッシュはHPでは24時間土日祝でもお申し込みOKと書かれていますが、営業時間は別にあります。

24キャッシュは「営業時間は9~23時」とHPにもちゃんと書かれています。(会社概要にて確認可能)

即日に現金化出来ないとなれば、利用者が営業時間外に申し込みをしている可能性があります。

即時反映型の銀行口座を指定していない

24キャッシュで現金化してもらった現金は、指定口座へと振込されます。

ここで使用する「指定口座」はお客様に一任しているので、基本的に自由です。

しかし、即時振り込みが反映されるかは口座の営業時間次第です。

近年は24時間振込即時反映のモアタイムシステムを導入している銀行も増えてきていますが、全ての銀行が対応している訳ではありません。

他社でも推奨口座として使われる事が多いネットバンク(楽天銀行やジャパンネット銀行)やゆうちょ銀行なら導入済みですので、当日中の現金受取も容易になります。

逆にモアタイムシステム未導入の銀行口座だと、平日15時以降や土日祝での入金だと、振込反映が翌営業日へ持ち越しとなり、受取に数日要する事になりやすいです。

\電話で意思確認するから信頼◎/

24キャッシュは悪徳業者では無いが、調べる癖は身に付けた方が良い

悪徳業者ではなくてもしっかり調べるというクセは身に付けておこう!

24キャッシュに関しては悪徳業者では無いので、安心して現金化を利用して良いです。

「24キャッシュは悪質業者!」
と声を大にして言っても、調べてみると利用者の方に落ち度有りな事も見られるので、鵜呑みにしてはいけません。

とは言え、悪徳業者の噂が少しでも流れていたら、依頼する前に噂の内容や原因について先に調べてから利用するのがオススメです。

安全な現金化を心掛けているなら尚の事、悪徳業者疑惑の噂の原因についても調べておきましょう。

24キャッシュはキャッシュバック方式を使った現金化方法

24キャッシュは、公式サイトを見ただけではどのような方式で現金化を行っているのか分かりません。

しかし、現金化業者の公式サイトを見慣れている人にとっては、すぐにキャッシュバック方式だと判断可能です。

キャッシュバック方式を採用する現金化業者の特徴には、次の2点が共通しています。

枠見出しタイトル

1.クレジットカード決済完了後に現金が振り込まれるまでが早い
2.クレジットカード決済時点で最初から分割払いとリボ払いを選択出来る

2番目の項目に関しての補足説明ですが、クレジットカード現金化サービスが始まった当初に行われていた「商品買取方式」では、この選択ができませんでした。

指定商品購入時は一括払いしか選択出来ず、後日クレジットカード会社へ利用者自ら電話連絡し、分割払いやリボ払いへ変更する必要があったのです。

キャッシュバック方式はなぜ安全性が高いのか

24キャッシュが採用しているキャッシュバック方式は、なぜ安全性が高いクレジットカード現金化方法として商品買取方式から切替を行う老舗現金化業者が多いのでしょうか。

キャッシュバック方式は、商品買取方式にあった他人物売買という問題を回避することが出来たからです。

商品買取方式は他人の所有物を勝手に転売するから詐欺罪の構成要件を満たしてしまい危険

クレジットカード現金化が行われ始めた当初からある現金化方法として、商品買取方式は最もシンプルかつ馴染みが深いものです。

しかし、同時に違法性が拭えない方法として、リスクを含んでいる点を忘れてはなりません。

クレジットカードは、一括払いで購入した商品と分割払いやリボ払いにて購入した商品とに関わらず、クレジットカード会社が一時的に代金を立て替えて所有権を取得します。

クレジットカードに対するクレジットカード代金完済によって初めて、所有権がクレジットカード会社から購入者本人へ移転します。

このため、クレジットカード決済を行い商品の引き渡しを受けた時点では、所有権がクレジットカードにあり購入者は占有している状態となるわけです。

クレジットカード代金を完済するまでは、所有権者であるクレジットカード会社に転売許可を貰わない限りは、他人の所有物を勝手に売買することになるので、詐欺罪または横領罪に該当してしまうわけです。

クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止されているので、クレジットカード会社が転売許可を出すことはあり得ません。

商品買取方式は、クレジットカード会社がたまたま詐欺の訴えをしていないだけであって、訴えられたら詐欺罪の適用を受けてしまうリスクを抱えている点を忘れてはなりません。

キャッシュバック方式は家電量販店でも行われている正規の取引方法

キャッシュバック方式は、商品売買契約が成立して商品の引き渡しが完了するといった、一連の売買契約の決済方法としてクレジットカードを使う方法です。

クレジットカードはあくまでも決済手段であって、実際に商品を自宅に届けて受け取ることを契約成立条件としています。

自宅に商品が後日届き受け取ることにより、商品引き渡しが完了したとして、売買契約が有効なまま終了することを意味します。

キャッシュバックは、商品売買契約の成約特典として受け取ることが出来る仕組みです。

\合法だから安心して使える/

キャッシュバック方式は景品表示法で定めるもれなく型の例外により合法化される

キャッシュバック方式は商品選定次第では合法なので安心して利用できます
家電量販店で受け取れる特典には、○○円キャッシュバック・△△円分ポイント還元といった具体的な方法で還元措置が行われています。

家電量販店ならば、家電製品を購入した特典やインターネット契約といった具体的な契約に対する特典として、キャッシュバックを受け取るわけです。

景品表示法では、購入商品の額面に対して10%以下の特典付与ならば合法と認めていますが、クレジットカード現金化では80%前後の高還元率でなければそもそも利用する人はいません。

実は、景品表示法ではもれなく型の例外として、誰でも同じキャッシュバック金額で受け取ることが出来る場合については例外的に不公平が無いものとして高還元率表記を認めています。

名称がややこしいですが、同じクレジットカードを同じ日に使用して現金化した場合に同じキャッシュバック率ならば、合法的にキャッシュバック方式により現金化しても問題ないという点を利用しているわけです。

同一日に同一商品を購入した時の特典という形になるので、日付が異なったりクレジットカードがそもそも違えば換金率に違いが出ても問題有りません。

確かにクレジットカード会社の利用規約では、クレジットカード現金化が禁止されているものの、キャッシュバック方式ならば商品選定次第では合法となります。

現金化に興味がある方へ

現金化サイトはこちら
現金化業者を40社以上徹底的に調べ上げユーザーの方が見やすいように比較表にしています。

amazonギフト券買取サイトはこちら
自宅にamazonギフト券は余っていませんか?
amazonギフト券があっても使わないという方におすすめの、amazonギフト買取で現金化できる業者の一覧です。

キャッシュバック方式を採用実際に送られてくる商品は主にパワーストーン

24キャッシュにて現金化サービスを利用すると、実際に送付されてくる売買対象の商品は、主にパワーストーンとなっています。

日本国内では民法上で定められた契約自由の原則に伴い、売買価格は当事者同士で納得出来れば自由に決められます。

メーカー小売希望価格が存在せずにオープンプライスとなっている商品が増えており、需要と供給により価格は決まるという市場原理が働いているわけです。

24キャッシュとの間で売買契約を行うパワーストーンについては、電話連絡時にどのようなものか詳しく質問することが出来ますが、最終的に納得出来なければ別の商品に変更できないか相談してみることも1つの手段です。

24キャッシュが行っているキャッシュバック方式によるクレジットカードショッピング枠の現金化は、換金率が80%以上と高い割合に設定しているために、原価率があまりにも高い商品は売買対象として相応しくありません。

本来ならばオリジナルノウハウといった当事者間のみで価値を持ち、いくらでも量産出来るタイプが望ましいですが、パワーストーンについても信じる人にとってはそれなりに価値を持たせることが出来る商品です。

クレジットカード現金化は、売買契約が基本となるので該当するパワーストーンとキャッシュバック額の双方を比較し、納得出来た場合のみ売買契約を行ってキャッシュバック特典を受け取れば良いという話になります。

分割払いやリボ払いを行ったら完済まで送られてきた商品を保管しよう

クレジットカード現金化を24キャッシュにて行った場合には、送られてきた商品を自宅で確実に受け取ったという事実が最も重要な意味を持ちます。

なぜなら、売買契約は代金支払いと共に商品引き渡しが完了しなければ、取り消し対象となってしまうからです。

24キャッシュを使ったクレジットカード現金化は、基本契約となる商品売買契約が有効に引き渡しまで完了して初めてキャッシュバック特典が有効となります。

このため、先にキャッシュバック特典を受け取っていたとしても、後日24キャッシュから送られてきた購入商品を受け取り拒否してしまうと、キャッシュバック特典自体も無効となってしまうわけです。

また、送られてきた商品の所有権は完済するまでクレジットカード会社にあるので、分割払いやリボ払いにてクレジットカード現金化を行った場合には、完済まで商品をしっかり保管しなければなりません。

万が一商品を無くしてしまうと、クレジットカード代金滞納時に元々のクレジットカード現金化について問題にされてしまうリスクがあります。

\商品の受取&保管が重要/

24キャッシュは本人確認が特に厳格だからこそ7年以上継続営業出来る

クレジットカード現金化業者の中には、現金化サービス利用者の本人確認が甘いために他の利用者までクレジットカード現金化がバレて利用停止処分となった業者もいます。

24キャッシュは、本人確認が特に厳しい現金化業者として知られており、盗難紛失クレジットカードを利用されないよう徹底した工夫が行われています。

では、他の現金化業者とは異なり、どれほど本人確認を徹底しているのでしょうか。

24キャッシュの本人確認は写真付き身分証明書とクレジットカードの両面

本人確認処理を行うために24キャッシュが求めているのは、次の3つ全てを提出することです。

本人確認に必要な提出物
  • 運転免許証の両面
  • クレジットカードの両面
  • 顔写真付き身分証明書を顔の横に掲示した状態での自撮り画像

他の現金化業者とは異なり、24キャッシュでは盗難紛失クレジットカードを不正利用されないために徹底した本人確認を行っています。

そこまで厳しくすることに抵抗がある人もいますが、逆に誰か1人のクレジットカードが不正利用されたとクレジットカード会社から調査を受けると、他の利用者まで巻き込んで24キャッシュを利用した人全員のクレジットカードが一旦利用停止措置を取られてしまうリスクがあるわけです。

個人情報保護の徹底度合いを無店舗型ゆえに確認出来ない点を不安に思う点はたしかにあるものの、クレジットカードの不正利用を徹底的に取り締まる姿勢から個人情報保護については安心できると考えられます。

24キャシュが7年以上も継続営業し続けることが出来るのは、クレジットカードの不正利用を許さないという強い姿勢に基づき、本人確認を継続して厳格な運用に拘っているからと考えて良いです。

運転免許証以外の場合は写真付き身分証明書と健康保険証の両方が必要

本人確認書類として都市部で生活している人の中には、運転免許証を保有していない人が少なく有りません。

では、運転免許証以外の証明書類であっても実際に24キャッシュへ受け入れてもらえるのでしょうか。

ポイントとなるのは、顔写真と住所確認を確実に出来るかどうかです。

運転免許証は本人確認書類として厳格な管理が行われていて、各都道府県の公安委員会へ住民票の写しを提示しなければ運転免許証の住所変更手続きを行えません。

対面で公安委員会にて行う手続きならば、顔写真との照合がその場で行われるからこそ確かに本人が来ていると確認出来るわけです。

このため、24キャッシュではマイナンバーカードや住民基本台帳カードといった顔写真付きの身分証明書のみ認めています。

しかし、住所情報については現住所確認のために別途健康保険証の提示を求めているので、運転免許証以外を使う場合には複数の書類を用意しなければならないほど本人確認を徹底しています。

顔写真付き身分証明書を顔の横に添えた自撮り画像の送付も求められる

運転免許証を保有していても、必ず本人かどうか分からないわけですから、たまたま財布を拾った人が本人になりすまして現金化を行っている可能性を否定出来ません。

そこで24キャッシュでは、顔写真付き身分証明書を顔の横に添えた状態で自撮り写真を撮影して送付するように求めています。

顔写真付き身分証明書を本人が手持ちして顔写真の横に添えた自撮り画像ならば、本人以外には出来ないこととして信頼性が高い本人確認方法となります。

ここまで徹底した本人確認を行う時点で、24キャッシュに対する信頼度が高まるはずです。

本人確認を徹底しているからこそ盗難クレジットカードの利用が無い

24キャッシュを初めて利用する人にとって、クレジットカード情報だけでなく個人情報を細かく提示する必要がある点に警戒してしまいがちです。

しかし、24キャッシュが求めている情報は、安全にクレジットカードの現金化を行うために必要な情報に限定しているので、必ずしも全て個人情報を提示しなければならないわけではありません。

ここで、各必要な情報に関して、なぜ必要なのか?と疑問に思い調べたので、まとめておきます。

氏名
本人確認とクレジットカード及び振込先口座の名義が一致していることを確認するために必要
住所
キャッシュバック方式のため購入商品を自宅で受け取った履歴を残すために必要
電話番号
WEB申込後に申し込み意思確認や手続き内容の連絡に必要
メールアドレス
銀行預金口座番号の連絡や本人確認書類画像データの送受信及び確認のため必要
本人確認書類及び自撮り画像
本人確認書類・クレジットカードが本人の顔写真と一致することを確認するために必要

名義確認と本人確認を徹底することにより、盗難紛失クレジットカードが現金化サービス利用者の中に紛れ込まないよう24キャッシュでは管理を厳しくしている状態です。

頻繁に決済代行業者を替える必要が無く、安定したショッピング枠現金化サービスを提供出来る工夫をしています。

\本人確認を徹底=信頼◎/

24キャッシュを利用する際の流れはどうなっているの?

24キャッシュを利用する際には、どのような流れで申し込みを行えば良いのでしょうか。

一度流れを理解してしまえば難しいことはありません。

以下のような3ステップを辿るだけですから、比較的スムーズです。

Step1.WEB経由で申し込み

気になる点があれば事前に24キャッシュのフリーダイヤルへ電話連絡を行い、疑問点を解消した上でWEB経由での申し込みを行うことになります。

電話連絡のみで申し込みを行おうとしても、漢字1つ1つを説明しながら行うことはコールセンター勤務経験がある人以外は困難です。

そこで、24キャッシュでは申し込みを公式サイトのWEBフォーム経由のみと限定しています。

WEBフォームへ入力した内容に基づき、電話連絡が9時~23時の間で入り、申し込み意思確認と手持ちのクレジットカード種類に応じた換金率を提示されるわけです。

換金率について納得出来たら、そのまま申し込み手続きを進められます。

氏名・住所・連絡先電話番号・メールアドレスといった基本的な項目に加えて、利用希望額を正確に記入しなければなりません。

Step2.指定のネットショッピングサイトで商品をクレジットカード決済

WEBフォームへの入力後、24キャッシュから営業時間内の9時~23時の間に電話連絡が入り、申し込み意思確認と手続きの流れを確認された上で指定のネットショッピングサイトで商品をクレジットカード決済することになります。

実際にはクレジットカード決済を行う前に初回限定で本人確認書類と自撮り画像を支持された通りに提出することで、本人確認を済ませておく必要があります。

また、銀行預金口座についても届け出を行うことで、クレジットカードショッピング決済を行ったことが確認出来た時点ですぐに24キャッシュは振込作業に入れるわけです。

Step3.現金振込完了後数日して届く商品を受け取り取引完了

指定した銀行預金口座への入金を確認しても、24キャッシュとの取引はまだ完了ではありません。

住所確認を正確に行った理由として、キャッシュバック方式では商品の受け渡しを行った履歴が必要となるので、宅配便によりしっかり後日届く商品の受け取りを完了させなければならないわけです。

万が一、商品の受け取りを行わない場合には、キャッシュバック自体が無効となるので即日現金化した金額を返金しなければなりません。

24キャッシュは手続きをしっかり行うことに定評があるので、返還請求を受けた時に無視しようとしても裁判所から支払督促が届くことになりかねない点に注意が必要です。

24キャッシュは手続きを厳密に行うことで信頼を勝ち取ってきた現金化業者ですから、一切逃げ得を許しません。

単に購入商品を受取るだけで良いので、出張などの理由により受け取りにくい可能性がある場合には、クレジットカード決済前に在宅可能な日付を連絡しておけば済みます。

\3ステップで簡単に現金化/

24キャッシュならではの特徴とは

24キャッシュを利用している人の多くは、1度利用した経験に基づきリピーターが多いという点が挙げられます。

公式サイトに掲載されている換金率の変動が少なく、なるべく換金率が大幅に変動しない工夫が施されているからです。

では、24キャッシュならではの特徴として、どのような点があるのでしょうか。

公式サイトの換金率は参考情報に過ぎない

24キャッシュを利用して現金化するか悩んでいる時には、換金率を参考にする人が少なく有りません。

しかし、公式サイトの換金率はあくまでもVISAやMASTERカードを利用した場合の一般的な換金率であって、カード決済手数料が高い国際決済ブランドを使っていると換金率は下がります。

実際の利用金額に応じた換金率として以下のように掲載されていますが、細かく複数回に分けるよりも1回にまとめて決済することが望ましいです。

金額 換金率
1万円~10万円 87%
11万円~30万円 89%
31万円~50万円 91%
51万円~100万円 93%
101万円以上 要問合せ

※クレジットカードが利用停止を防ぐために特殊なシステムを使う為、システム手数料がかかります。

24キャッシュの換金率は当日に問い合わせて確認しよう

24キャッシュを利用した換金率は、公式サイトに掲載されている換金率がそのまま適用されるわけではなく、実際には消費税・カード決済手数料・24キャッシュの事務手数料及び利益の3つが引かれます。

カード決済手数料にはバラツキがあるものの、VISAやMASTERブランド利用時で15%、JCB利用時で18%が上記換金率から引かれると考えれば分かりやすいです。

なぜなら、24キャッシュの手元に残る金額から事務手数料と利益を引いた金額しか現金キャッシュバックとして還元出来ないからです。

24キャッシュは法律に従った厳格な運用を行うことで信頼を勝ち得て来ているので、消費税をしっかり納めてカード決済手数料も実費で手数料に組み入れます。

このため、利用したいクレジットカード次第で異なるカード決済手数料により、換金率に大きな開きが出るわけです。

複数枚のクレジットカードを持っているならば、どのクレジットカードが最も換金率が良いか確認してから利用する必要があります。

取引内容が理解できなければ無理に取引しないことを勧められる

24キャッシュが他の現金化業者と最も異なる点として、納得できない取引はしないことを勧められる点です。

利用しようか悩んでいる段階ではクレジットカード現金化を行わないことを勧めるので、強引な取引は一切行いません。

また、キャッシュバック方式について取引方法と注意点を説明しても利用者が理解出来ない場合には、24キャッシュから取引出来ない旨を伝えられます。

目先の1契約よりも現金化サービス利用者全体の安全を考えた取引を行うことが、24キャッシュのリピーターを増やす結果に繋がっているわけです。

他社現金化業者へ問い合わせを行った経験がある人ならば、すぐに申し込みするかどうかを迫る姿勢に恐怖を感じたことがある人が少なくありません。

24キャッシュのソフトな対応は、本当に現金化が必要で確実にキャッシュバック方式による取引を行いたい人限定で利用して欲しいという方針が窺えます。

\まずはwebで仮申し込みから/

50万円を超える高額取引は決済を2回に分ける

他の現金化業者は、利用者が希望した金額をまとめて決済して、後のことは知らんぷりというケースが少なくありません。

24キャッシュでは、クレジットカード会社の決済履歴チェックについて独自のノウハウを持っているので、例えば80万円のクレジットカード決済を行う場合には、43万円と37万円の2回に分けて決済を行うといった使い方を提案します。

どうしても1回の決済が良ければ行ってくれますが、なるべく1回の決済額を49万円以内に抑えることでクレジットカード会社側の監視を引き付けない工夫を行っているわけです。

全てのクレジットカードに対して同じ対応をするわけではなく、過去の利用者実績を加味した独自の基準により提案されるので、少し時間を掛けてでも安全な取引を目指すなら24キャッシュの提案に乗るとリスクヘッジが出来ます。

手持ちのクレジットカードごとに異なる換金率となることを明示する

24キャッシュへ申し込みを行うと、最初の確認電話の時点で手持ちのクレジットカードが複数枚存在するなら、最も換金率が高くなるクレジットカードの使用をアドバイスを受けられます。

初めて利用する人に対して、本人確認書類の提出方法を案内する際に、合わせて振込先銀行口座もネット銀行を持っていれば土日祝祭日でも振込可能という案内も行われます。

ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行といったネット銀行口座があれば、最初から振込先銀行口座として申告することにより、入金時間を気にせずにクレジットカード現金化申し込み作業へ集中しやすくなるわけです。

最終的にどのクレジットカードを使ってショッピング枠を現金化し、どの銀行口座へ振り込むのか利用者が自由に決められるので、返済計画を立てつつ現金化サービスを利用出来ます。

最初から分割払いやリボ払い決済が出来るから返済計画を立てやすい

24キャッシュが採用しているキャッシュバック方式は、クレジットカード会社から見れば通販サイトで単に買い物を行っただけにしか見えません。

商品買取方式では一括払いしか利用出来ませんが、キャッシュバック方式では最初から分割払いやリボ払いを利用可能です。

24キャッシュを初めて利用する際には、先に本人確認書類提出手続きが必要となる点を利用して、現金振込されるキャッシュバック還元率を伝えられた時点で分割払いやリボ払いの返済計画を立ててから正式に手続きを行えます。

本人確認書類の提出を行わなければそのまま取引は中止となるので、換金率と返済計画がしっかり出来上がってから最終判断を下せるわけです。

このため、WEB申し込みを行ったからといって必ずしも最終的な商品売買契約まで至らなくても問題なく、最初の申し込みは仮申込という程度の認識を持っておく程度となります。

24キャッシュへの現金キャッシュバック申し込みを途中でキャンセルする場合には、メールアドレスへ連絡するだけで手続きが済むので、無理な勧誘を受けること無く再申込時にはまた通常通りの手続きにて対応してもらえます。

24キャッシュなら手順を踏んでリスクヘッジしつつクレジットカード現金化を行える

24キャッシュのクレジットカード現金化サービスは、本人確認が特に厳しいことで知られていて、顧客管理を徹底して盗難紛失キャッシュカードの不正利用を許さない姿勢がリピーターから高い評価を得ています。

初回利用時のみ本人確認書類の多さに最初は驚くかもしれませんが、全員に対して新規申込時は求めていることであって、一部の利用者のみ本人確認を厳格化しているわけではありません。

クレジットカードの不正利用が出ないからこそ、クレジットカード会社からの個別調査を受ける可能性が低く、安全にクレジットカード現金化を行えるわけです。

24キャッシュならば、取引内容を双方が納得した場合のみ商品売買契約を結ぶという慎重な方法を採用しており、安全性重視で老舗のクレジットカード現金化業者を選びたいなら24キャッシュが適しています。

その他のおすすめ業者

ギフトクレジット
換金館
スピードクレジット