Amazonギフト券買取にも危険は潜む!現金化の際に気を付けるべきポイントとは

急速に普及したネット通販サービスのなかでも国内最大級の規模を誇るモール型ECサイトであるAmazonは多種多様のサービスを提供し、既に非常に多くの利用者の生活を支える生活インフラの1つと言っても過言ではないほどに成長しています。

Amazonでの商品購入やサービス料金の支払いに使用されるAmazonギフト券に対する市場ニーズは年々高まりを見せ、Amazonギフト券買取を行う業者を利用した現金化が考案され現在最も活発に利用される現金化手法として位置付けられています。

他の現金化手段と比較しても現金化速度・換金率・安全性が見劣りしないことからAmazonギフト券買取を利用した現金化は危険の少ない現金化手法だと言われていますが、利用方法を誤ると思わぬトラブルに巻き込まれる危険が潜んでいますのでAmazonギフト券買取に潜む危険を紹介します。

Amazonギフト券買取を行う業者に売却する現金化が法律違反になる危険はない

ショッピング枠を現金に置き換える現金化に対して「グレーゾーンに位置付けられる危険な現金調達方法」という意見が存在することから「クレジットカードを利用して現金を手に入れられるのはキャッシングだけ」というイメージを持つ方も存在します。

しかし現在の国内法に現金化を禁止する法律が存在しないことから現金化の利用が違法行為となる危険は存在しませんので、「Amazonギフト券買取を利用してショッピング枠を現金に置き換えると違法行為となる危険があるのでは?」と現金化をためらう必要はありません。

新たな手法が考案され続けてクレジットカード現金化手法は驚くほど多種多様で、既に多くの利用者がいるというのに「現金化の利用が違法行為になる危険はない」というのがなかなか普及しないな。
そうだな、カード会社や業界団体が「クレジットカード現金化はグレーゾーンで違法行為として訴えられる危険がある」という警告を発信し続けているのが大きく影響しているのではないかと考えられるな。
カード会社的には金利手数料でしっかり利益を上げられるキャッシング機能を利用してほしいというのが本音なのかな?しかしキャッシング枠の利用上限額が少なすぎるのが俺にとっては問題なんだけど。
確かにキャッシングの金利手数料はショッピング枠の決済手数料より利益を上げやすい側面があるからな。貸金業法の総量規制で利用上限額が規制されているのは、多重債務に陥らないための利用者救済対策に位置付けられているからしょうがないな。
必要な時に現金調達できないんじゃ救済にならないよ!だから現金化がクローズアップされて利用者が増加し続けているんじゃないの?しかし現金化をグレーゾーンとして位置付ける根拠は何なんだろう?
現金化をグレーゾーンに位置付ける根拠として、「所有権留保の存在」と「詐欺行為に該当する危険」の2つが挙げられるな。現金化に違法行為となる危険がないことを理解するために現金化をグレーゾーンに位置付ける根拠を確認していこうか。

現金化をグレーゾーンに位置付ける根拠の所有権留保の存在とは?

利用者が購入した商品の代金をカード会社が一旦立て替えて販売店に支払い、カード利用料金を月毎に利用者に請求するのがクレジットカードのショッピング機能ですが、利用者が利用料金の支払いを完了するまで購入商品の所有権はカード会社に属すると言うのが所有権留保です。

カード会社や業界団体は所有権留保の存在を指摘し現金化がグレーゾーンであることを主張していますが、所有権留保が厳正に行われるとプレゼントをカードで購入する行為も違法行為となる危険が生じるため所有権留保の存在で現金化をグレーゾーンに位置付けるのは現実的ではないと言えるでしょう。

仮に所有権留保を行使された場合は利用者が横領罪に問われる危険がありますが実際に横領罪を問われたケースは存在しないことから、所有権留保の存在によって現金化が違法行為となる危険は机上の空論であると言えるでしょう。

現金化をグレーゾーンに位置付ける根拠その2「詐欺行為に該当する危険」とは?

クレジットカードはカード会社の利用規約に同意した利用者に発行されるシステムでカード利用自体が利用規約への同意を意味しますので、利用規約に反する現金化は契約違反の詐欺行為に該当する危険があるという考えがグレーソーンに位置付けられる根拠になります。

しかしカード会社の利用規約では「現金化目的のショッピング枠の使用禁止」という旨が謳われているため「実際に購入商品を手にしてみると気に入らなかった」などの理由での購入商品売却が禁じられているわけではありません。

契約違反の詐欺行為を行ったとして立件するためには「利用者が現金化目的で購入商品を行ったことを立証する」必要があり、非常に困難なのも事実ですのでカード会社が利用者を詐欺行為で訴えた例も存在しません。

禁止法律が存在しない現金化には違法行為となる危険が存在しない

既述のように現金化をグレーゾーンに位置付ける根拠として「所有権留保の存在」と「詐欺行為に該当する危険」が挙げられますが、双方とも机上の空論の域を脱しないため現金化が現在の国内法令に違反する違法行為となる危険は存在しないと言えます。

しかしカード会社の利用規約では現金化を禁止しているため、カード会社に現金化を突き止められるとペナルティを科せられる危険や、Amazonギフト券買取に利用する現金化ツールAmazonギフト券の利用規約の存在も気になるところですので次項で紹介します。

違法行為の危険はないがカード会社とAmazonの利用規約違反になる危険がある?

現金化でショッピング枠を現金に置き換えることは禁止法令が存在しないことや現金化をグレーゾーンに位置付ける根拠が現実的ではない机上の空論であることから現金化の利用が違法行為になる危険がないことは既に紹介したとおりです。

しかし違法行為になる危険はないもののカード会社や人気の高い現金化ツールのAmazonギフト券の利用規約では「現金化を目的として利用」が禁じられているのでカード会社とAmazonの利用規約違反としてペナルティが科せられる危険は存在します。

現金化をグレーゾーンに位置付ける根拠は確かに説得力のあるものだけど机上の空論で実際には現金化が違法行為となる危険はないってことが良く判ったから安心して現金化を利用できるな。
確かに「所有権留保の存在」と「詐欺行為に該当する危険」は法律論では現金化が違法行為になる危険があることを指摘しているだけで、現実的ではないからグレーゾーンというところに落としてるんだろうな。
それなら何も利用者を脅かすようなグレーゾーンなんて言わなくても良いのにな!カード会社も業界団体も結構意地が悪い感じがするな。
はははっなに言ってるんだよ、カード会社や業界団体から見たら君のように「積極的に現金化を利用する利用者って結構感じ悪いよな」って思われているんじゃないの?利用規約違反だからな現金化は。
利用規約違反ってなんか生々しくてドキドキする言葉だけど、利用規約に違反しいたからって違法行為になる訳じゃないから、そこまで危険じゃないだろう?警告書とか厳重注意とかで怒られる位じゃないの?
おいおい、カード会社やAmazonの利用規約違反が突き止められるとなかなか厳しいペナルティが科せられるぞ。下手すると経済行為がストップするほどインパクト大のペナルティだから甘く見ないよう利用規約違反がバレたらどうなるか見ていこう。

カード会社から利用規約違反のペナルティを科せられる危険とは

カード会社は利用者がAmazonギフト券買取などで現金化を行っていること突き止めると、利用規約違反を行った利用者に対して非常に厳しいペナルティを科す対応をとっています。

カード会社はクレジットカード会員に対してカード発行を行っていますが、利用規約違反を行った会員に対しては

・カードの使用停止処分
・強制退会処分
・強制退会時に利用額の一括清算

などのペナルティが科せられるので現金化のためにAmazonギフト券購入に使用したカードが使えなくなってしまい、解約させられるカードを利用したキャッシングや商品購入の代金全額を一括清算することが求められます。

複数のカードを保有している場合は「カードが1枚使えなくなっても大丈夫!」と処分を軽く捉えるかも知れませんが、全ての信用取引情報は国内3つの信用情報機関に集められ金融機関内で情報共有されるので1枚のカードが強制解約されると他のカードに連鎖します。

カード使用停止や強制解約が連鎖するとクレジットカードの使用が完全に停止しますし、さらに危険なのはカードの新規契約やローン借入時に行われる審査にも影響を及ぼして全ての信用取引が利用不能となり現金決済だけしか対応してもらえなくなる点です。

カードの強制解約は一般的にブラックリストと呼ばれる信用取引事故情報として扱われるので、カード会社に現金化を突き止められると経済活動が完全に停止する事態に陥る危険が生じると捉えるべきでしょう。

Amazonから利用規約違反のペナルティを科せられる危険とは

ネット通販の代名詞と言っても過言ではないAmazonは利用者にとって非常に便利なモール型ECサイトでAmazonで商品購入の多くを行っている方は少なくないのではないでしょうか?

利用者優先主義の優良企業のように見えるAmazonですが会員登録時に会員規約への署名で利用規約遵守を求めていて、登録会員は規約に同意したと見なしているので利用規約の違反行為に対しては非常に厳しい対応を取る企業であると言う側面を持っています。

規約違反の会員はカード会社同様に強制退会処分が科せられ会員資格が剥奪されますが、他のECサイトのように再入会すれば再びサービス利用ができるものではなく、強制退会処分を科された元会員は再入会することができなくなります。

会員登録時の登録情報を変更してもAmazonの高い技術力で個人が特定されるので、仮に一時的に再入会できた場合でも個人が特定された時点で再び強制退会処分が科せられるので一度強制退会処分を科せられると二度とAmazonのサービスを利用できなくなると捉えるべきでしょう。

Amazonギフト券買取の利用に違法性の危険はないが利用規約違反になる危険はある

現金化は禁止法令が存在しないのでAmazonギフト券買取を利用することに違法性の危険はありませんが、カード会社やAmazonにAmazonギフト券買取で現金化を行ったことを突き止められると利用規約違反として非常に厳しいペナルティが科せられます。

どちらのペナルティも日常生活に支障をきたしかねないものですので、Amazonギフト券買取で現金化を行う際は、カード会社やAmazonに現金化を突き止められないように細心の注意を払う必要があると言えるでしょう。

しかし非常にペナルティを科される危険があるにも関わらず、Amazonギフト券買取で多くの利用が現金化を行っているということからも、Amazonギフト券買取を利用した現金化が効率的で魅力的な現金調達手段であることが判るのではないでしょうか?

突き止められる危険はあるもののAmazonギフト券買取での現金化は魅力的

Amazonギフト券買取での現金化はカード会社とAmazonのどちらに突き止められても深刻なペナルティを科せられる危険があるものの、現在の現金化のメインストリームに位置付けられるほど多くの利用者が活用する魅力的な現金調達手段だと言えます。

効率的で魅力的な現金化手段であるからこそ活発に行われているのではないかと考えられ、Amazonギフトカード買取での現金化はハイリスク・ハイリターンの現金調達手段だと言えますが、危険の回避策は十分に講じるべきだと言え増すので、カード会社やAmazonに突き止められずAmazonギフト券買取で現金を手に入れる方法を紹介します。

カード会社もAmazonも利用規約違反に対して物凄く厳しい態度で臨んでいるんだなぁ。それでもメリットが大きいから多くの利用者がAmazonギフト券買取での現金化を活用してるからAmazonギフト券買取がいかに魅力的なのかが良く判るわ。
そうだな、現在利用されている現金化手法のなかでもAmazonギフト券買取は群を抜いて利用者数が多い現金調達手段だから、利用者の多さがAmazonギフト券買取のメリットの大きさを物語っていると言えるな。
しかしカード会社やAmazonに現金化を突き止められたら、目も当てられないほどの大ダメージを受けることになるのは危険だよな。最少のリスクで大きなリターンを受けるのが俺の好みなんだけど。因みに俺の好きな言葉は「漁夫の利」。
はははっ、漁夫の利というのは一寸難しいけど利用の際に気を付けるだけでカード会社やAmazonに現金化を突き止められる危険を大きく引き下げる方法は存在するんだなこれが。
マジっすか?それはAmazonギフト券買取で現金化する俺が絶対に知っておくべき非常に重要な情報ではないですか!教えて!教えて!
コラコラ、落ち着け!うっかり現金化を突き止められる危険を大きく引き下げる方法を確認していこうか。

カード会社やAmazonに突き止められずAmazonギフト券買取で現金を手に入れる方法

Amazonギフト券買取での現金化を絶対にカード会社やAmazonに突き止められない方法は残念ながら存在しませんが、突き止められる危険を限りなくゼロに近づけるために効果的な方法であれば存在するのでAmazonギフト券買取での現金化を行う際は実践することを強くおすすめします。

カード会社やAmazonに現金化を突き止められない方法として

・Amazonの新規アカウントや新規作成したカードは使用しない
・Amazonへの登録情報と同じ登録情報のカードを利用する
・キャッシング枠を利用限度額まで使用しない
・高額購入・連続購入をしない
・Eメールタイプで現金化を行う

の5つのポイントがありますので具体的に紹介します。

Amazonの新規アカウントや新規作成したカードは使用しない

既に利用履歴があるAmazonアカウントやクレジットカードでAmazonギフト券を購入しても、特に不自然な購入には見えませんが、新規アカウントや新規作成カードでAmazonギフト券を購入すると「現金化目的でのAmazonギフト券購入ではないか?」と疑われる危険があります。

また利用履歴があるAmazonアカウントの場合でも普段からAmazonの利用頻度が高ければAmazonギフト券購入が目立ちませんが、普段利用されていないアカウントが突然Amazonギフト券の購入を始めると悪目立ちする危険が高まります。

Amazonへの登録情報と同じ登録情報のカードを利用する

クレジットカードを利用してAmazonで商品購入するとカード会社に決済されたアカウント情報が共有されるため、Amazonへの登録情報とカード会社への登録情報が一致しないと注目を集め思わぬ角度から現金化を突き止められる危険が高くなります。

カード会社は高換金率の商品購入を自動検知するシステムを導入するなどで利用者の利用履歴を常に監視していますが、不正使用防止で利用者保護を行う目的で監視を行っている側面もあるので登録情報の異なるAmazonアカウントでの利用は目を付けられる危険があります。

キャッシング枠を利用限度額まで使用しない

カード会社はAmazonギフト券が高換金率の現金化ツールであることを掴んでいますので、利用限度額までキャッシング枠を利用している利用者がAmazonギフト券を購入すると「現金化目的の購入ではないか?」と疑われる危険が非常に高くなります。

現金化をキャッシング枠が利用できなくなってからの現金調達手段として捉えるよりも、計画的な現金化でキャッシング枠を温存しながら現金調達が行える現金調達手段として利用する戦略的な現金化の利用を行えば現金化を突き止められる危険が低くなります。

高額購入・連続購入をしない

現金化の際には高額なAmazonギフト券を利用したくなりますが、5万円や10万円などの高額券を購入すると利用履歴をマークされる危険が高まりますし、連続購入も利用履歴の調査対象になる危険が高まります。

逆説的に捉えると1万円以下の低額なものであれば不自然な購入に見えないということになりますので、5,000円や10,000円のAmazonギフト券を券面額に変化を付けながら購入し、現金化すれば突き止められる危険は高くないと言えます。

Eメールタイプで現金化を行う

さまざまなタイプのAmazonギフト券が存在するなかで購入方法がクレジットカード決済に限定されているEメールタイプのAmazonギフト券は、繰り返しクレジットカードで購入してもカードでの購入が不自然だと判断される危険がありません。

EメールタイプのAmazonギフト券はAmazonギフト券買取で現金化を行ってもカード会社に現金化を疑われる危険が最も低いAmazonギフト券だと言えるので、現状では現金化に最適なAmazonギフト券だと言えるでしょう。

現金化を突き止められる以外のAmazonギフト券買取に潜む危険

Amazonギフト券買取で現金化を行う際はカード会社やAmazonに現金化を突き止められないよう細心の注意を払う必要がありますが、Amazonギフト券買取での現金化にはそれ以外の危険が潜んでいるので注意が必要です。

通常Amazonギフト券買取での現金化はオンライン取引で完結する無店舗型の現金化業者を利用して行うため、悪質業者を利用すると理想的な現金化を実現できないばかりか思わぬトラブルに巻き込まれる危険があります。

また、効率的な現金化実現のカギとなる換金率や振り込みまでの時間は業者によって異なるので、現金化業者選択は慎重に行うべきだと言えます。

カード会社やAmazonに現金化を突き止められる危険を低下させるAmazonギフト券買取の利用方法はマジで参考になるなぁ。現金化の際は5つのポイントを守って現金化を突き止められる危険を回避しようっと。
そうね、5つのポイントを守ればカード会社やAmazonに現金化を突き止められる危険は大きく低下するから、5つのポイントは重要だけど安全に現金化を行うためにはそれ以外に潜む危険があることを知っておくことが重要だと言えるぞ。
えっ!まだ危険が潜んでるの?Amazonギフト券買取での現金化って本当に効率的な現金調達手段なのか?
それな、じゃあ尋ねるが効率的な現金化を行うために君はどうやって現金化業者の選択を行うのかな?
そりゃ換金率が一番高くて即時振込の現金化に対応してくれる、超良心的な現金化業者を利用しますよ、当然。
そこそこ、その利用者心理を突いた危険がAmazonギフト券買取の現金化には潜んでいるから、うっかり引っかからないようにしっかり確認していこう。

Amazonギフト券買取を行う現金化業者のなかには悪徳業者が潜んでいる危険

既述のとおりAmazonギフト券買取での現金化はオンライン取引で行われるため、利用者は「利用する現金化業者がどのような現金化業者であるのか?」を知ることは非常に難しいのが実状です。

また市場ニーズが高いAmazonギフト券は現金同等の価値がある電子ギフト券であるため、Amazonギフト券を利用した詐欺事件などが頻発していることは多くのメディアで広く報じられているとおりです。

サイト内で非現実的なほどの高い換金率を提示し利用者をおびき寄せAmazonギフト券買取を行いますが、実際に利用者に振り込まれる際には多くの手数料が差し引かれ提示している換金率とは全くかけ離れた少額だけが振り込まれるのが悪徳業者の手口です。

また「手続き後数秒での振込」などのスピード買取を掲げていても実際には現金が振り込まれるまでに数日~数週間を要するケースや、Amazonギフト券だけが取り上げられ現金が振り込まれないなど非常に悪質なケースも存在します。

現金化の際は換金率が非常に気になるものですがAmazonギフト券買取での換金率は70~90%が一般的で、95%を超えるような非現実的な換金率を掲げる業者は悪徳業者である危険が高い傾向にあると言えます。

一般的な業者では70~85%の換金率、85~90%の換金率でAmazonギフト券買取を行っている業者は優良業者であるケースが多いと言えます。

悪徳業者を見極めるポイントを掴めばトラブルに巻き込まれる危険を回避できる

Amazonギフト券買取での現金化で理想的な現金化を実現するためには利用の前に悪徳業者であるかどうかを見極める必要がありますが、既述のとおりAmazonギフト券買取はオンライン取引で完結するので業者の見極めが困難であるのも事実です。

しかし現金化業者のサイト確認のポイントを掴めばある程度はどのような業者であるかを推測することができるので、悪徳業者に引っかかる危険を回避することができます。

現金化業者のサイトのなかで確認すべきは

・初回取引換金率と通常換金率
・振込までの時間
・古物商営業許可番号が開示されているか
・連絡先の電話番号やメールアドレスが開示されているか

の4つのポイントです。

Amazonギフト券買取を行う業者は所在地を管轄する公安委員会から古物商の許可を得る必要あがあり、オンラインで古物取引(Amazonギフト券買取)を行う場合はサイト内に古物商営業許可番号を開示することが義務付けられています。

各都道府県の公安委員会公式サイトでは認可した古物商の一覧を確認することができるので取引前に正式な業者登録を行っているかを確認するだけでも騙される危険を大きく低下させられます。

また連絡先の電話番号やメールアドレスに実際に連絡して換金率(実際にいくらの現金が振り込まれるのか?)と振込までの時間を確認できる業者は比較的危険が少ない傾向にあると言えます。

Amazonギフト券買取に潜む危険は最新の正確な現金化情報を掴めば回避できる

効率的な現金調達手段として活用される現金化のなかでもAmazonギフト券買取での現金化は、現在最も利用されている現金化手法だと言えますがカード会社やAmazonに現金化を突き止められる危険や悪徳業者を利用してしまう危険などが伴うのも事実です。

しかし闇雲に現金化に潜む危険に怯えていては想定外の現金支出を解決することはできませんので、いかにして現金化に潜む危険を上手に回避するかが理想的な現金化を実現するポイントになると言えるでしょう。

現金化に潜む危険を上手に回避するためには情報収集が非常に重要ですがネット上で非常に多くのクレジットカード現金化の情報が溢れているので、どの情報を信用するのかの判断が難しいのも事実です。

「俺LOVE現金化」は現金化に特化した現金化専門情報サイトでAmazonギフト券買取での現金化情報や、Amazonギフト券買取以外のさまざまな現金化の最新情報などを発信しています。

全国の現金化業者の最新情報のなかから信頼できる現金化業者情報をピックアップして提供していますので、Amazonギフト券買取で理想的な現金化を実現したい方は「俺LOVE現金化」の掲載情報をチェックし最新の現金化情報を正確に掴むことをおすすめします。