現金化業者『あおぞらクレジット』口コミ・評判評価・最新情報

aozorakurezitto

あおぞらクレジットは買取方式で現金化?計画的な利用で換金率を上げよう

明るい公式サイトが印象的なあおぞらクレジットは、買取方式を採用した現金化業者です。クレジットカード現金化方法には様々な方式がありますが、複数のプランが用意されているあおぞらクレジットは、各プランごとにどのような違いがあるのでしょうか。プランごとの違いをチェックしておけば、クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に、計画的な返済と共になるべく高い換金率で利用できるようになります。

クレジットカード現金化のイメージ

あおぞらクレジットなら高率還元出来る?換金率表の種類とは

あおぞらクレジットは、87%~95%といった高い換金率を公式サイトに掲示していますが、3つのプランが用意されていて実際にはどのくらいの換金率となるのでしょうか。

あおぞらクレジットの換金率表を確認しよう

あおぞらクレジットの公式サイトには、手数料を含んだ換金率として3つのプランが用意されています。実際には表記の換金率から手数料が控除された上で現金振込が行われるので、少なくとも消費税と手数料分は換金率表から引かれると考えて良いです。

金額当日プラン通常プランキャンペーンプラン
1万円~10万円87%93%90%
11万円~50万円89%93%93%
51万円~100万円92%95%95%
101万円~200万円94%ASKASK

通常プランとキャンペーンプランにおいては、101万円~200万円の範囲内では95%を超える換金率となることが想定されており、具体的にはあおぞらクレジットへ問い合わせてみないと分かりません。また、あおぞらクレジットの換金率表から分かるように、最低換金額は1万円に設定されていて、最高換金額は200万円迄としています。クレジットカードのショッピング枠現金化は、手作業による事務手続きが多いため、1万円以上としなければ人件費を賄うことが出来ません。さらに、200万円を超える高額な現金化は滅多に無いため、上限額に200万円の制限を設けている状態です。

3つのプランはどのような違いがあるの?

3つの現金化プランは、少しずつ換金率に違いがあるものの、実際にどれを選べば良いのか違いを知らなければ分かりません。そこで、基本的なプランの違いを最初に確認しておく必要があります。

当日プラン

通販サイトを利用したクレジットカードによるオンライン決済を行い、あおぞらクレジット側で決済の確認が取れた時点ですぐに現金振込を行う方法です。クレジットカード決済確認から現金振込までを手作業にて行いますが、最短20分前後で現金振込手続き完了となります。ネット銀行口座を振込口座へ指定することで、当日振込手続き完了だけでなく、当日入金が可能となるために急な出費に対する要望に応えられるわけです。

通常プラン

通販による買い物を行い、利用者から発送した商品があおぞらクレジットへ到着してから査定を行い、入金するという流れとなる現金化方法です。通販による決済から利用者宅へ商品が届くまでの時間と、自宅に届いてからあおぞらクレジットへの発送を利用者自らが行い、商品があおぞらクレジットへ届いて初めて買取査定が行われるわけです。このため、現金化までに1~2週間程度掛かるものの、現物商品の売買による現金化となるために高い換金率を期待出来ます。注意点として、あおぞらクレジットへの商品到着が土日・祝祭日となる場合には、査定自体が平日のみとなるために現金振込は翌営業日となります。

キャンペーンプラン

当日プランと同じ仕組みではあるものの、あおぞらクレジット内での換金処理が完了してから振込手続きに入るため、なるべく即日で振込手続きまで完了させることを目標としているプランです。当日プランとは異なり、確実に当日中の着金を約束するものではなく、あくまでも換金率を重視した特別プランとなっています。

キャンペーン期間なら迷わず利用してみよう

当日プランとキャンペーンプランのどちらにしようか迷ったならば、必ず当日中に着金が必要でネット銀行口座を持っているなら当日プランが適しています。キャンペーンプランは、必ずしも当日中の着金ではなく翌日となる可能性を了承した上での特別換金率となるので、あおぞらクレジット自体が混雑している日に申し込みをすると翌日入金となる可能性が高くなるわけです。通常プランでは間に合わないけれども、当日中の着金までは急いでいないならば、キャンペーン期間限定ではあるものの対象期間中なら迷わず利用してみると換金率が違います。

あおぞらクレジットの当日プランはギフト券買取方式

あおぞらクレジットを利用する際に当日プランを選択すると、ギフト券買取方式の案内を受けることになります。クレジットカードにて購入可能なギフト券を選択してクレジットカード決済を行い、あおぞらクレジットへ直送することで当日中に現金化可能となるわけです。

当日プランは何を買取するのか

当日プランを利用すると案内されるギフト券は、アマゾンギフト券Eメールタイプとなっていて、Eメールタイプ以外を選択すると通常プランへと自動的に変更されてしまう点に注意が必要です。また、アマゾンギフト券を先に購入していると、換金率が実際は72%まで下がってしまうと知っておけば、先に購入することは損だと分かります。なぜなら、アマゾンギフト券は額面の単位により買取率が変わるので、その時に最も高価買取可能な額面を単位として現金化すると、それだけで換金率に違いが出るからです。
例えば、額面50,000円のアマゾンギフト券Eメールタイプなら買取率が72%であっても、額面10,000円のアマゾンギフト券Eメールタイプ5口ならば買取率が78%という例が少なくありません。背景として、アマゾンギフト券Eメールタイプはメール転送によりコード番号を第三者へ送ることが出来るので、アマゾンギフト券そのものの転売市場が存在するために特定の額面のみその日は高値売買が可能です。指定の額面以外は通常通り、アマゾンアカウントへ登録して商品購入を行い、買取業者へ持ち込むという通常の手順を踏むことになる結果として換金率は常に固定となります。全く同じ金額をクレジットカード決済するなら、利用者にとっては同じ手間ですから換金率が高い方法が望ましいです。このため、あおぞらクレジットの当日プランを利用する際には、あおぞらクレジットの指示通りに打ち合わせを行ってからクレジットカード決済を行う必要があります。

アマゾンギフト券Eメールタイプなら1時間以内にあおぞらクレジットへ届く

アマゾンギフト券Eメールタイプは、amazon公式サイト経由でクレジットカード決済により購入出来ます。予めあおぞらクレジットへ申し込み手続きを行い、本人確認書類と使用するクレジットカードを写真撮影して送付し、盗難紛失クレジットカードではなく本人のクレジットカードによる現金化であることを証明します。あおぞらクレジットから換金率に関して説明を受けて、振込手数料と配送料1,000円の自己負担について了承すると、指定の送付先情報を受け取ることが可能です。アマゾンギフト券のEメールタイプは、クレジット決済時に指定のメールアドレスへプレゼント目的で送付出来るので、1回で複数口のアマゾンギフト券を購入して送付することが出来ます。しかし、あおぞらクレジットでは、amazon公式サイトで購入するEメールタイプのギフト券に対して、クレジットカード会社から目をつけられにくい安全な購入方法とタイミングを教えてもらえるので安心です。独自のノウハウと過去の実績に加えて、クレジットカード会社に関する独自情報から、1回で購入出来るアマゾンギフト券の金額と頻度について指示を与えられます。

同じ宛先へ複数口を一斉送付することは目立つ買い物方法

あおぞらクレジットが安全性重視でアマゾンギフト券の購入方法を教えてくれることは、同時に複数のメールアドレスへアマゾンギフト券Eメールタイプが送付されるなら安全ということを意味します。券種が30,000円と大きめな場合であっても、同じ宛先へ10口送付すれば明らかに不自然な形と判断されても不思議ではありません。普段使用している自分のメールアドレスへ一旦送付し、転送するという方法ならば安心して複数口購入が可能です。クレジットカード会社ごとに警戒対象となる使い方には違いがあり、後から調査対象となった時にクレジットカード会社の追求を逃れられる範囲の取引としておけば問題ないわけです。クレジットカード会社ごとの違いを無視してアマゾンギフト券購入を強行すれば、しっぺ返しとしてクレジットカード利用停止または強制解約という惨事が訪れてしまいかねません。

当日プランのクレジットカードは事実上本人確認のために提示するだけ

当日プランを利用する際には、amazon公式サイトへ自分でクレジットカード決済入力を行うので、本来ならばクレジットカードの画像データをあおぞらクレジットへ送る必要が無いと考えがちです。確かにセキュリティコードまで送付する必要はありませんが、本人のクレジットカードであることを証明するために、本人確認書類とクレジットカードの表面の送付は必要となります。また、裏面にはカード会社名が正確に記載されていることが多いので、セキュリティコード部分のみ伏せて送付すれば、クレジットカード会社名の確認が可能です。クレジットカードにより1度に決済しても安全な金額と回数に違いがあるので、あおぞらクレジットが持つノウハウによりアドバイスを受けながら現金化を行うことがより安全な方法だと考えられます。

あおぞらクレジットの通常プランは商品が届いてからの買取となる

あおぞらクレジットを通常プランにて利用すると、実際に現金化が完了して振込されるまでの期間として、1~2週間程度必要となります。では、なぜ通常プランは多くの時間が掛かってしまうのでしょうか。換金率がアップするメリットがあっても、可能な限り納得した上で利用したいと考えることはごく自然なことです。

通常プランは換金額重視で1~2週間待てる人向け

あおぞらクレジットの通常プランは、現物商品を買い取ることで現金化する方法です。あおぞらクレジットの会社概要欄に記載されている通り、「チケット・金券類・電化製品等・ブランド品・宝飾品等電子機器新品、 中古の買取・全般買取」という業務内容がそのまま適用されるのが通常プランの中身です。あおぞらクレジットから金額に応じた高額買取可能な商品の紹介を受けて、通販サイトを利用して商品を購入し、自宅で受け取ってからあおぞらクレジットへ転送して届いてから買取査定を行うという方法のために時間が掛かります。配送手続きを2回行うだけで時間を要するだけでなく、そもそも出荷作業にも時間が必要です。中には通販サイトから直接あおぞらクレジットへ商品発送してしまえば良いと考える人もいますが、厳密には問題ある行動であってプレゼント目的といった理由が無い限り許されません。プレゼント目的で送付した場合には、キャッシュバック還元として現金受取をするしかないので、キャッシュバック還元率は額面の10%以内に限られて誰も納得しません。このため、一旦自宅で受け取りあおぞらクレジットへ転送するといった配送履歴を残すことが必要となるわけです。あおぞらクレジットにとっては、予め買取したい商品を指定した上で仕入れた物を送ってもらえるので、大幅に手間が省けるだけでなく余計な手数料が掛かりません。なぜなら、購入時の消費税やカード決済手数料を買取店であるあおぞらクレジットが負担する必要が無いからです。

商品配送状況は自分で確認しよう

通販サイトを利用して購入した商品は、在庫切れや注文商品に気をつけて発注すれば、比較的早期に届きます。あおぞらクレジットから案内された金額に応じた商品には、買取価格有効期限が設定されているので、期間内に届かなければ相場による買取となってしまいかねません。そこで、通販サイトを利用する時点から、商品配送状況を伝票番号等で管理しておき、早期転送が出来る状態を整えておく必要があります。配送管理を徹底すれば、通常プランの入金最短期間である1週間後入金も可能です。

毎回異なるサイトで通常プランは購入することもある

あおぞらクレジットの通常プランでは、金額に応じた高額買取可能な商品が常に変わることから、前回は家電製品であっても次回利用時にはブランドバッグという可能性があります。宝飾品や金地金といったタイプの取引も可能ですが、基本的に通販サイトによる商品購入が一般的です。なぜなら、店頭購入を行った場合には、買取店への持ち込み価格との差が少なくなってしまうと、現金化のためにあおぞらクレジットを利用したつもりが高額買取可能な商品情報のみをあおぞらクレジットから教えてもらったというだけとなりかねないからです。そこで、あおぞらクレジットを通常プランにて利用する際には、本人確認書類と利用するクレジットカード情報の両方を画像データとして送付することで、確実に商品買取出来るようにしています。

あおぞらクレジットを利用してクレジットカード現金化する時の注意点とは

あおぞらクレジットを利用してクレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、どのような点に注意して利用すれば良いのでしょうか。初めてあおぞらクレジットを利用する時に何もチェックせずに使ってしまうと、後から手数料や換金率が公式サイトの表記と違うというトラブルになりかねません。あおぞらクレジットでは、現金化を行う際にしっかりした説明を行っているものの、現金化を急いでいる時には視野が狭くなっていて話を聞いていない人が少なくない状況です。少なくとも公式サイトに記載されているあおぞらクレジットに関する情報の真偽程度は、慎重に確かめた上で納得して利用することが望ましいです。

商品送料と銀行振込手数料は利用者負担と明記されている

あおぞらクレジットの公式サイトに記載されている換金率は、手数料が含まれた金額であって、商品送料1,000円と銀行振込手数料は利用者負担と明記されている点を確認しましょう。なぜなら、選択したプランにより商品送料の意味合いが変わるので、少なくとも納得出来る手数料かどうかを自力で判断した上で売買契約を行うか決めなければならないからです。例えば、当日プランを利用した時には、アマゾンギフト券はEメールにて送付されるために本来商品手数料は掛かりません。しかし、アマゾンギフト券を直接あおぞらクレジットが換金出来るわけではなく、あおぞらクレジットが独自の方法で商品を購入して売却することで現金化を行っています。この際に売却に必要な商品送料として事前に1,000円を徴収しているわけです。一方、通常プランの商品送料は、送料先払いで購入出来るとは限らないので、着払い時用に現金振込額から商品送料1,000円を引くという意味合いに過ぎません。商品送料1つ取っても取引方法により意味が変わるので、事前に納得出来るまで説明を受けておくことが大切です。

あおぞらクレジットの会社概要欄をチェックして不足部分は電話で確認しよう

クレジットカード現金化業者には、店舗型と通販型の2種類がありますが、あおぞらクレジットは通販型に該当します。このため、特定商取引に関する法律に基づき表記が義務付けられており、利用者は個別に確認して不足する項目を電話連絡して確認してから利用しなければなりません。特に注意しなければならないのは、当日プランを利用するとアマゾンギフト券をEメール送付することになるので、あおぞらクレジットの住所情報を知らずに取引出来てしまうからです。実際にあおぞらクレジット公式サイトに掲載されている会社概要は、次の通りとなっています。

事業名あおぞらクレジット
代表者澤田
事業内容東京都公安委員会の古物商許可で営業している各種商品の買取 専門会社 チケット・金券類・電化製品等・ブランド品・宝飾品等電子機器新品、 中古の買取・全般買取
TELフリーダイヤル 0800-111-0156
営業時間9:00~21:00
お申込み方法メールFAX 24時間対応

買取方式を採用しているあおぞらクレジットとの取引前に不足した情報を電話連絡にて確認しよう

特定商取引に関する法律に基づき表記が義務付けられている事項のうち、情報が不足している点は、次の2点です。
①代表者氏名のフルネーム
②住所情報
売買契約を通販型にて行う場合には、法人名と代表者氏名がフルネームで必要になりますが、セキュリティー対策のために代表者の苗字しか掲示されていません。クレジットカード現金化業者同士で優良現金化業者ほど悪質現金化業者からの嫌がらせを受けるため、業務に支障が出ないように苗字のみの表記としている可能性が高いです。また、住所情報については、誰と取引したのか分からない状態では商品だけ持ち逃げされて現金が振り込まれなかった場合に訴えることが出来ません。このため、少なくとも実際に契約を行う時点までには電話連絡によりあおぞらクレジットの住所情報を把握しておかなければならないわけです。通常プランならば送付先住所を通知されるものの、実際には貸倉庫という場合が多いので会社の所在地とは限りません。利用者が万が一の時に自分を守るための手段として、すくなくともあおぞらクレジットの代表者フルネームと住所情報程度は知った上で取引しなければ、今後のことが不安になる水準です。

古物営業法に基づき古物営業許可番号の確認を忘れずに

買取方式による現金化を行うあおぞらクレジットでは、買取を業として行うためには古物商としての届け出が必要です。古物営業法に基づき正規の営業を行っている現金化業者は、多くが公安委員会から受けた古物営業許可番号を掲示しています。正規の古物商ならば、都道府県公安委員会の公式サイトに古物営業許可番号と屋号がデータベースとして公開されているので、本当にあんしんクレジットが正規の買取業務を行える業者かどうかを屋号と住所情報の一致により誰でも簡単に確認することが可能です。あおぞらクレジットと実際に取引を行う前に、電話連絡により古物営業許可番号が確認出来た上で、実際にクレジットカード番号を通販サイトで入力する前までに真偽を確認しておかなければなりません。

平日15時以降に入金可能な銀行口座をチェックしよう

クレジットカード現金化を行う際には、当日プランを選択する場合のみ平日15時以降に入金可能な銀行口座かどうか、あおぞらクレジットへ事前に確認しておく必要があります。なぜなら、ネット銀行口座であっても即日現金振込手続きは出来ても、必ずしも即日入金とはならないことがあるからです。同一銀行かつネット銀行口座ならば、原則として他銀行間振替システムを経由する必要が無いために、同一銀行内のみでリアルタイム振込処理が可能となります。あおぞらクレジットが対応している即日入金可能な銀行口座は、以下となります。
・ジャパンネット銀行

  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行

しかし、金額により必ずしも上記の銀行が全て即日入金に対応しているとは限りません。あおぞらクレジットへ電話連絡する際に、本日中に現金を手にしたいという希望を伝えた上で、どの銀行口座なら即日入金可能か確認しておく必要があります。

あおぞらクレジットとの取引をキャンセル可能なタイミングはいつまでか

あおぞらクレジットとの取引は、当日プラン・通常プラン・キャンペーンプラン共にいつまでにキャンセルすれば有効となるのでしょうか。ポイントとなるのは、会社概要に記載されている「お客様の都合による返品はお受けできません。」という表記です。あおぞらクレジットとの取引は、買取方式による現金化となるだけでなく、基本的に当日プラン・通常プランに関わらずクレジットカード決済は利用者が自ら手続きを行います。このため、本人確認書類の送付が済んだ後であっても、クレジットカード決済を自分で行わない限り手続きは進まないわけです。当日プランならば、換金率を確認した後で実際にアマゾンギフト券をamazon公式サイトへ購入するために訪れる前の段階で、あおぞらクレジットについて古物営業許可番号が屋号と住所共に伝えられた内容と合っているか都道府県の公安委員会にてデータベースから確認するはずです。納得出来なければクレジットカード決済前に限り、あおぞらクレジットへ理由を明言した上でキャンセルの申し出を行えばキャンセル出来ます。通常プランの場合には連絡を早期に行わないと、既に買取予定を立ててしまっているためにあおぞらクレジットからキャンセル出来ないという案内を受ける可能性があります。しかし、クレジットカード決済を行わない限り買取方式では手続きが進まないので、キャンセルの申し出を主張可能です。

あおぞらクレジットの電話はフリーコールの転送電話

あおぞらクレジットの連絡先電話番号0800-111-0156は、フリーコールと呼ばれる通話料無料の電話サービスです。フリーダイヤルとは異なり非NTT系列の電話会社によりフリーコールが提供されていて、実際に電話連絡してみると転送電話扱いになっていることが分かります。常に担当者がなるべく早期に電話対応出来るように転送電話設定されているため、周囲の環境音が聞こえることがある点に注意しなければなりません。場合により折り返し連絡になることがあると事前に知っておけば、慌てることはなくなるはずです。また、転送電話による対応となるためにあおぞらクレジットとの取引を行う際には、住所確認と古物営業許可番号の確認を両方共に行う必要があります。店舗型とは異なり取引を確実に行うためには、双方に信頼関係が必要となるので、少しでも不安が残っている限りは理由説明を求めることが大切です。

あおぞらクレジットは3つのプランから自由に選んで現金化出来る

あおぞらクレジットは3つのプランを提供している買取方式の現金化業者です。セキュリティーを重視して公式サイトに公開している情報量に制限を設けているので、実際にクレジットカード決済を行う前に所在地と古物営業許可番号の確認が必須となります。納得した上で取引を行わなければ、いかに高い換金率を誇っていても不安が拭えない状態での取引は望ましくありません。しかし、複数回取引を行ってみると換金率を高く設定するために、通常プランほど日々高い換金率となる商品案内を心がけていることが分かります。常に市場動向を確認しながらの営業を行っているからこそ、あおぞらクレジットは多くの人に支持されているわけです。

おすすめクレジットカード現金化業者

他の現金化業者も気になる所だと思います
下記が現金化業者の一覧になっていますので一度目を通して
自分にあった現金化業者を探してください