アーク(arrk)クレジットカード現金化口コミ・評判最新情報

arrk

アーク(arrk)は男性向けのクレジットカード現金化業者とされるのはなぜ?

クレジットカード現金化業者の中には、女性向けサービスとして換金率を優遇している現金化業者がありますが、アーク(arrk)は男性の換金率をアップさせている現金化業者として知られています。数多くの現金化業者がひしめく中で繰り返し利用してもらえる顧客を確保するための方法として、アーク(arrk)では男性に特化した換金率優遇サービスを行っているわけです。しかし、実際にはアーク(arrk)を利用している女性がいることから、なぜ多くの人に利用されているのか秘密をチェックしてみましょう。

アーク(arrk)は取引の秘匿性が高い現金化業者

アーク(arrk)は10年以上の営業実績を持つ現金化業者とされていますが、公式サイトのドメインを確認すると新規ドメイン取得された日付が2018年10月となっています。そこで、新たに公式サイトを移転したか新規事業者として開業した可能性があるわけです。アーク(arrk)に関する情報は、取引内容を含めて秘匿性が高いという点に特徴があり、具体的な取引方法は利用した人にしか分からない仕組みとなっています。

公式サイトの換金率は手数料込みの金額を掲出

クレジットカード現金化業者を選ぶ際には、公式サイトに掲出されている換金率が1つの目安となっています。しかし、複数のクレジットカード現金化業者へ問い合わせたことがある人ならば分かるように、公式サイトに掲出されている換金率は手数料控除前の手数料込みとなる金額に過ぎません。

アーク(arrk)の公式サイトでは高い換金率を掲出

アーク(arrk)公式サイトに掲出されている換金率は、以下のようになっています。

金額快速プラン男性限定!超速プラン
1万円~10万円90%91%
10万円~30万円91%94%
31万円~50万円92%95%
50万円~80万円93%96%
80万円~100万円94%97%
100万円~95%98%

3%UPキャンペーンを使うと100万円超えでは男性限定の超速プランを使うことで換金率が101%となってしまい、そもそも手数料込み以外には考えられない換金率だと分かります。クレジットカード現金化では、事業として行っている以上、一定の利益をアーク(arrk)側で得なければならないので収益性が無い取引は行われません。

実際の換金率は本人確認終了後に聞けば答えてくれる

手数料及び税金を控除した実際の換金率は、本人確認終了後に聞けばアーク(arrk)の場合には答えてくれるシステムです。アーク(arrk)では、他社とは異なり同業他社を含む問い合わせだけの利用を拒否する姿勢により、本当にクレジットカード現金化を利用したいと考えている人だけが安全に利用できる環境を目指しています。多少不便に感じる人が出たとしても、安全性を最優先とする姿勢を貫いているわけです。

アーク(arrk)の本人確認は現金化業者の中でも特に厳しい

アーク(arrk)へ申し込みを行い本人確認を行う際には、必要な画像データとして以下の3種類の提供が全て必要です。

  • 写真付き身分証明書の両面画像データ
  • クレジットカード券面の両面画像データ
  • 肩から上の自撮り画像データ

どれか1つでも欠けていると、アーク(arrk)では換金率についても正確な金額を提示しないほど徹底しています。本人確認書類無しで換金率を聞くと、60%~80%の間で購入商品により異なるという案内を受ける状態です。具体的な換金率をズバリ聞くためには、上記3つの情報を全て提出する必要があるので、利用者の大半が必然的に男性となるわけです。そもそも女性が本人確認書類提出を躊躇う状況だからこそ、敢えて本人確認書類提出可能性が高い男性のみをターゲットとして訴求する方針としています。

取引方法は本人確認終了後に個別案内される

実際にアーク(arrk)へ本人確認書類を提出した結果、換金率と共に案内される取引方法は、クレジットカードとの組み合わせにより複数の取引方法から個別に案内されます。どうしてもアーク(arrk)が指定する取引方法が嫌な場合には、断ることが出来るだけでなく別の方法による現金化も提案してもらえて便利です。特定商取引に関する法律に基づく表記として会社概要を確認すると、古物営業許可番号の掲示が無いのでキャッシュバック方式と考えられますが、第三者を介した買取方式を提案される可能性があります。キャッシュバック方式以外の方法をクレジットカードと金額の組み合わせにより提案された場合には、古物営業許可番号を必ず確認しなければなりません。なぜなら、買取営業を業として行えるのは古物商に限られており、古物商以外の相手に対して売買を行った結果としてトラブルが発生しても古物営業法による保護を受けられないからです。

アーク(arrk)を利用する際の注意点を確認しよう

実際にアーク(arrk)を利用する際には、公式サイトに記載されている内容を十分に確認した上で、不明点はフリーダイヤル0120-940-366まで確認する必要があります。なぜなら、アーク(arrk)に預ける個人情報は、他の現金化業者よりも遥かに情報量が多いので、悪用しようと思えば出来てしまう水準だからです。盗難・紛失クレジットカード対策を最も厳しく行っているからこそ、クレジットカード現金化を行う前の確認事項も厳しくなっています。では、アーク(arrk)を利用する際にどのような点を把握しておけば良いのでしょうか。

キャンペーンの適用は事前申告制のため先に申告必須

アーク(arrk)が公式サイトで行っているキャンペーンは、該当時期により異なるものの多くは次の3つのキャンペーンが有名です。

  • 男性申し込み限定で3%換金率アップ
  • 初めてのアーク(arrk)利用で最大5万円プレゼント
  • 他社現金化業者からの乗り換えなら最大3万円プレゼント

アーク(arrk)のキャンペーンは、時々変更になることがあるものの、適用可能なキャンペーンを併用出来るという特徴があります。しかし、全ての問い合わせに先立ちキャンペーン適用を自ら宣言しない限り、手続きの途中でキャンペーン適用を申し出ても対象外です。このため、WEBフォームを利用して手続きを行う場合には、質問または要望欄に「キャンペーン適用希望」と記載しておくことが適用条件となります。公式サイトには、ご利用後の適用申告はお受けできないと記載されている通り、全ての手続開始に先んじてキャンペーン適用を自己申告しなければなりません。また、最大5万円プレゼントや最大3万円プレゼントは、あくまでも最大値であってキャンペーン対象となる利用額として30万円以上の現金化という条件を満たさなければなりません。あくまでもキャンペーンは比較的大きな金額を現金化したい場合に有効になると考えておく程度が適切です。過度な期待をせずにキャンペーン適用を忘れずに宣言することが望ましいと考えられます。

アーク(arrk)を利用した実際の換金率は70%~78%

アーク(arrk)を利用したクレジットカード現金化は、公式サイトに掲出されている換金率にキャンペーンによる換金率アップを加えても実際の換金率は70%~78%程度と考えられます。なぜなら、クレジットカード現金化は、消費税とクレジットカード決済手数料は必ず控除対象となるからです。売買契約が基本となるために、消費税を払わないことは脱税扱いとなりかねません。そこで、消費税率とクレジットカード決済手数料3%~8%を加えた金額に、アーク(arrk)の事務手数料と利益幅を上乗せする必要があります。結果的に公式サイトに掲出されている換金率から、15%~20%程度控除した換金率が実際の換金率となるわけです。クレジットカード決済手数料は、手持ちのクレジットカードにより大きく異なるので、クレジットカード決済手数料3%と8%のクレジットカードを同率に扱うことは出来ません。

女性は利用しづらい男性向けサービスに特化している

アーク(arrk)が男性のみに3%換金率アップ特典を設けている理由や、男性向けプランを用意していることは、顧客の大半として男性をターゲットとしているからです。男性向けのサービスを基本とする背景として、本人確認書類を他社よりも多く画像データとして提出しなければならない点を挙げられます。女性にとって顔写真付き身分証明書・クレジットカード両面・肩から上の自撮り画像の3点セットを提出することは、個人情報漏洩リスクを考慮して最終的に応じない人の割合が極めて高くなることが分かります。個人情報保護方針がしっかり明示されているとしても、クレジットカード現金化業者という特性を考慮すれば、男性利用者が多くなることが最初から分かっています。同数の問い合わせに対して、最終的な成約に至る割合が多くなければ、アーク(arrk)にとって採算割れを起こすリスクも高くなってしまうはずです。そこで、最初から男性向けサービスに特化した販売促進キャンペーンを行うことにより、アーク(arrk)は業務の効率化を行っています。

アーク(arrk)は情報管理を徹底している現金化業者

アーク(arrk)が情報管理を徹底していることは、本人確認書類の多さと実際の換金率を開示するタイミングが遅いという点から分かります。問い合わせの電話連絡を行ってみると分かるように、本人確認書類を提出せずに実際の換金率をしつこく問い合わせすると、他社の方が換金率高い現金化業者があるからそちらを利用したらどうかとやんわり断ることすら徹底しているくらいです。アーク(arrk)の営業方針は、内部でしっかり決められているからこそ、電話対応にブレが無いという安心感があります。

会社概要に記載されている項目はしっかりしている

アーク(arrk)は、無店舗型のクレジットカード現金化業者ですから、特定商取引に関する法律に基づき会社概要を売買契約に必要な範囲内で正確に記載していなければなりません。アーク(arrk)が開示している情報は、他の現金化業者とは比較にならないほど正確な情報が詳しく掲載されており、本来ならば代表者氏名のみの開示で良い所を責任者氏名を別途表記しているほどです。営業時間についても平日9時~20時 / 土10時~18時 / 日祝11時~18時と曜日ごとに異なる時間帯を詳細に表記しており、最初から電話連絡が可能な時間帯を公開しています。WEBフォームを使った問い合わせに対しては、営業時間内に順次対応しているので、折り返し連絡がアーク(arrk)から来た際に詳しく確認してみると取引に必要な情報が揃うはずです。

盗難紛失クレジットカード対策を徹底している

大半のクレジットカード現金化業者は、盗難・紛失クレジットカードに対しては本人確認書類の提出とクレジットカード券面確認のみで対応を済ませています。しかし、アーク(arrk)では肩から上の自撮り画像も合わせて提出を求めることにより、拾った財布から抜き取った身分証明書とクレジットカードを悪用しての取引は行えないよう工夫されています。顔写真付き身分証明書とクレジットカードのみをアーク(arrk)に画像データとして送信することは簡単ですが、自撮り画像データは本人以外に撮影することは出来ません。顔写真付き身分証明書を合わせて提出するため、自撮り画像データとの照合にも利用可能です。ここまでチェックしてもなりすまし行為が行われる事態は、アーク(arrk)であっても防げないレベルとなるので、可能な範囲内で最大限の盗難紛失クレジットカード対策を行っています。

クレジットカード現金化業者にとって盗難紛失クレジットカードを使わせないことが信用に繋がる

クレジットカード現金化業者は、様々な方法によりクレジットカード決済を行うことで後日手元に入金される金額を見込んで先払いによる現金振込を行っています。盗難・紛失の疑いが少しでもあるクレジットカードが現金化を行う決済の中に紛れていると、大半のクレジットカードは決済会社となるアクワイアラを経由しているので、アクワイアラとの契約を一括で打ち切られるリスクがあるわけです。不正利用に対する取り組みは、クレジットカード会社が徹底していることから、1枚盗難紛失クレジットカードが不正利用されただけで現金化業者にとっては大損害となりかねません。同じ現金化業者を使っていた過去の取引全てを再チェックされてしまうと、利用者全体からクレジットカード利用停止または強制解約者が出てしまいかねません。アーク(arrk)が本人確認を特に厳しくしていることは、顧客第一に考えた上での判断と考えられます。

アーク(arrk)は取引内容を分散させて1つの決済手段のみにとらわれない営業を行っている

クレジットカード現金化を行う際には、複数の取引手段をクレジットカードごとに使い分けることが出来れば、クレジットカード現金化が発覚しづらい低リスクな取引が可能となります。アーク(arrk)では、クレジットカードの種類と現金化希望額に応じて複数の現金化手法の中から最適な方法を利用者に対して提案しているわけです。利用者がアーク(arrk)から提案された取引方法を好まない場合には、リスク説明を行った上で代替手段を提案します。換金率重視の取引方法と安全性重視の取引方法という複数種類の現金化手法を用意しているからこそ、本人確認を済ませて申し込み体制に入っている状況下以外では具体的な換金率の話が出来ません。慎重かつ安全性を考慮したきめ細かいクレジットカード現金化に対して理解が得られる利用者のみをアーク(arrk)は顧客として相手にしているわけです。

アーク(arrk)は顧客となりやすい男性向けの優遇サービスを行うクレジットカード現金化業者

アーク(arrk)が他のクレジットカード現金化業者と大きく異なる点として、盗難・紛失クレジットカードを絶対に使わせないという確固たる方針を貫くことで、安心して顧客がクレジットカード現金化出来る環境を作っていることが挙げられます。利用しやすさを優先して顧客のクレジットカードが利用停止となる自体を避けるため、本人確認を厳しくした上で取引方法についても申込後に提案する方針を採用している状態です。顧客の安全を守りつつ正式申し込みを行ってもらいやすい男性顧客を積極的に集めるため、男性顧客優遇サービスを実施しています。