現金化業者『キャッシュライン』口コミ・評判評価の最新情報

キャッシュライン

キャッシュラインはクレジットカード現金化の方法が分かりやすいと評判なのはなぜ!?

2011年10月創業のキャッシュラインは、現在の営業スタイルに切り替わった2016年以降、多くのリピーターを増やし続けているクレジットカード現金化業者です。

クレジットカード現金化業者に対するイメージとは異なり、電話対応時の柔軟性に優れている特徴があります。

\電話対応◎でリピーター増/

では、キャッシュラインを利用したクレジットカード現金化は、シンプルで分かりやすいと言われているのはなぜでしょうか。

キャッシュラインは買取方式によるクレジットカード現金化を提供

大手の業者だから安心して利用可能
キャッシュラインが行っているクレジットカード現金化は、買取方式を採用しているので初めて利用する人であっても分かりやすいシステムとなっています。

また、買取方式の特徴として自宅へ商品が届かないため、家族に不審な思いをさせることなくこっそりクレジットカード現金化サービスを利用可能です。

キャッシュラインが取り扱う現金化方法は2種類

キャッシュラインでは、商品買取方式による現金化を専門に行なっており、古物商として正規の取引を行っています。

公式サイト上に本来ならば表示してある古物営業許可番号と正確な住所情報は、セキュリティー面から一部を伏せて営業が行われているものの、利用者からの問い合わせがあれば口頭にて回答を行っている状況です。

キャッシュラインの公式サイトに明記されている通り、買取方式による現金化を行っていますが、営業実績が長くなるにつれて複数の買取方法の開発が行われた結果として、現在では2種類の買取方法を選択的に行っています。

実際の買取方式は、以下の2種類となっています。

2つの買取方式
  • 現物商品を販売し即座に買い取る方式
  • amazonギフト券Eメールタイプを買い取る方式

上記2種類の買取方法は、メリットだけでなくデメリットもあるので、希望換金額と取引条件を比較して選ぶと良いです。

商品買取方式による現金化は買い戻しが基本となる

商品買取方式による現金化は、キャッシュライン創業時から行われている最もシンプルなクレジットカード現金化方法です。

3店方式や購入代行への移行が進む中で、取引のシンプルさを重視して初めて利用する人でも分かりやすい方法を採用し、キャッシュラインでは初心者に優しい現金化サービスを目指しています。

このため、キャッシュラインが利用者へ直接販売した商品を即座に買い戻すという方法により、買取方式による現金化を行うわけです。

近年では所有権移転問題を避けるために、老舗の現金化業者では敬遠する方法ですが、多少のリスクをキャッシュラインが負担することにより、最もシンプルな買い戻しによる商品買取方式を実現しています。

買い戻しによる商品買取方式ではクレジットカード両面情報の提出が必要

キャッシュラインが行う商品買取方式では、クレジットカード決済を行うために必要な情報を利用者がキャッシュラインへ提供しなければなりません。

紛失盗難クレジットカードの利用を防止するため、写真付き本人確認書類に加えて、クレジットカード両面画像データの提出が求められます。

クレジットカード決済を行うために必要な情報一式をキャッシュラインへ渡すことになるので、十分に信頼できるクレジットカード現金化業者だと分かるまでは利用者も警戒するはずです。

このため、クレジットカード裏面画像データの提出に対して難色を示す利用者が少なくありません。

キャッシュラインの高い換金率を維持したまま現金化を行うためには、買い戻しによる商品買取方式以外には方法が無い点を考慮する必要があります。

amazonギフト券買取なら本人確認書類のみで取引可能

換金率が買い戻しによる商品買取方式よりも下がっても問題なければ、キャッシュラインではamazonギフト券Eメールタイプの買取による現金化も行っています。

amazonギフト券Eメールタイプは、amazon公式サイトにて利用者が自らクレジットカード決済を行うことになるので、キャッシュラインへの本人確認書類は写真付き身分証明書のみです。

なぜなら、amazonギフト券買取方式ではキャッシュラインはあくまでも古物商としてのみ営業することになるからです。

クレジットカード決済を使った現金化を行っていることに変わりはありませんが、amazonギフト券Eメールタイプは利用者が届け先メールアドレスを指定するだけで、最初からキャッシュラインへamazonギフト券コード番号を伝えることが出来るわけです。

\写真付き身分証明書のみも可/

キャッシュラインならではの特徴

数あるクレジットカード現金化業者の中で、キャッシュラインを繰り返し利用するリピーターが多いことは、経営が安定している傾向を示しています。

常に変化するクレジットカード現金化業界の中で、キャッシュラインが他社とは異なる特徴としてどのような点が挙げられるのでしょうか。

LINEで相談出来る

フリーダイヤルを用意しているキャッシュラインは、問い合わせ対応に対して迅速かつ丁寧な応対をしていることに定評があります。

しかし、人見知りなタイプの利用者にとって、初めて通話する相手と上手にコミュニケーションを取りにくいというケースが少なくありません。

そこで、キャッシュラインが現金化業界初の試みとして行っているLINE相談ならば、メッセージ交換形式で相談することが出来るわけです。

問い合わせ時のWEBフォームへ自らのLINE IDを入力して、キャッシュラインからの連絡を待つ方法があります。

ある程度問い合わせ内容を確認してから通話へ切り替えることも出来るので、意思疎通をしっかり記録に残しながら行えるわけです。

クレジットカード現金化業者の中でLINE相談を行っている所はほとんどありません。

換金率表から実際の換金率を簡単に把握出来る

キャッシュラインの換金率は、公式サイトにある換金率表を参考にして、実際には手数料を引いた金額が入金される仕組みです。

買い戻しによる買取方式を使った現金化による最大値が公式サイトには掲示されているので、amazonギフト券買取による現金化は換金率が下がります。

実際の換金率表は、以下の通りです。

金額
(単位:円)
プラン
当日 通常 法人
1万~15万未満 88% 89% 90%
15万~30万未満 90% 91% 92%
30万~50万未満 92% 93% 94%
50万~80万未満 94% 95% 96%
80万~100万未満 96% 97% 98%
100万~ 98.8% 98.8% 98.8%

換金率表の数字から消費税分だけ引いた金額が実際の換金率

キャッシュラインの公式サイトに掲載されている換金率表は、カード決済手数料・事務手数料・キャッシュラインの利益を控除した換金率の最大値を示しています。

他のクレジットカード現金化業者は、公式サイト表記の換金率から手数料を控除するので、換金率が低くなりがちです。

キャッシュラインの換金率表から消費税のみ引けば、実際の振込み対象となる換金率を導き出せます。

このため、5万円を当日プランで現金化した際には、最大80%の換金率となるわけです。

カード決済手数料が高額で有名なJCBブランドのクレジットカードを使った場合には、キャッシュライン公式サイトの換金率表よりも低い換金率となりますが、そもそもキャッシュラインの問題ではなくアクワイアラと呼ばれるクレジットカード決済会社による手数料の問題です。

3つのプランの違いを知ろう

キャッシュラインにはプランが3つ(当日・通常・法人)ある
クレジットカード現金化業者の中でも複数のプランを用意しているキャッシュラインでは、当日プラン・通常プラン・法人プランという3つのコースにより現金化を行えます。

違いを知った上で利用すれば、同じ金額のクレジットカード決済を行っても得られる現金総額に違いが生まれるはずです。

当日プラン

クレジットカード決済を確認した時点で、速やかに現金振込手続きに入るので、当日中にキャッシュライン側での振込手続きが完了するプランです。

ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行といったネット銀行の一部ならば、平日15時以降に手続きが完了しても、速やかに即日振込と即日入金が完了します。

通常プラン

通常プランは、キャッシュラインにクレジットカード決済を行った事実が伝わっても、すぐには現金振込を行わずに1週間後の売上確定を待ってから現金化する方法です。

キャッシュラインに入る現金は、クレジットカード会社からの入金が2ヶ月以上先という例は珍しくありません。

このため、すぐに現金振込を行うと中にはクレジットカード会社から承認取り消しを行われてしまい、現金振込を行った金額を回収出来なければキャッシュラインは大損してしまうわけです。

そこで、通常プランとしてクレジットカード決済承認取り消しが行われず、確定する1週間後を待って現金振込をする通常プランならば、取り消しリスクを避けた上で当日プランよりも高い還元率を実現出来ます。

リスク負担を誰が行うかという点に着目して生まれたブランです。

法人プラン

法人プランを用意しているキャッシュラインでは、大口決済を行ってもクレジットカード会社からチェックが入りにくいコーポレートカードを取り扱っています。

法人向けのプランを用意している理由として、1度に多額の決済が可能な資金力がある現金化業者という面をアピールする狙いがあります。

また、実際に法人プランを利用する人の中には、ビジネスカードを使った個人事業主が少なくありません。

\選べる3プランで現金化充実!/

買取方式による現金化ではオンライン決済はキャッシュラインが代行する

買取方式による現金化を当日プランで行うためには、オンライ決済をキャッシュラインが代行する方法を採用しています。

キャッシュラインが使っている決済代行会社経由で商品の買い物決済を行い、すぐに現金振込を行うわけです。

本来ならば購入商品を自宅へ配送して送り返してもらうことで、返品扱いによる現金化や買取依頼を新たに受けたことにして現金化します。

しかし、キャッシュラインが行っている買取方式による現金化では、最初から買い戻しによるクレジットカード現金化を採用しているので、キャッシュラインが使っている決済代行会社によりクレジットカード決済を行わなければなりません。

このため、写真付き本人確認書類に加えてクレジットカード決済を代行するためにクレジットカード両面画像データが必要となるわけです。

amazonギフト券買取ならクレジットカード情報を渡す必要は無い

amazonギフト券買取による現金化を行う際には、キャッシュラインへ提出する本人確認書類は写真付き身分証明書のみで十分です。

なぜなら、キャッシュラインはあくまでも古物営業法に基づく古物商としてamazonギフト券Eメールタイプを査定して買い取るだけの役割を果たすからです。

利用者がamazon公式サイト経由でクレジットカード決済により、amazonギフト券Eメールタイプを購入して、キャッシュラインの指定メールアドレスへ送付すれば良いので、クレジットカードについて確認を必須としていません。

本人確認書類はあくまでも古物商として1万円以上の買取を行う場合に法律上義務付けられている事項であって、盗難紛失クレジットカード対策とは無関係です。

なぜなら、実際にクレジットカードを使ってamazonギフト券Eメールタイプの購入を行うのは利用者であって、キャッシュラインはクレジットカード情報を知る必要が全く無いからです。

キャッシュラインを使った現金化を行う際の注意点

キャッシュラインで現金化する際の注意点とは?!
実際にキャッシュラインを利用してクレジットカード現金化を行う際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

複数のクレジットカード現金化業者を比較すれば分かるように、公式サイトから得られる情報を基にして、不足している部分は直接キャッシュラインへ問い合わせて納得した上で利用しなければなりません。

正確な住所情報を確認しよう

無店舗型の営業を行うキャッシュラインは、特定商取引に関する法律と古物営業法という2つの法律に基づき、取引開始前に利用者に対して正確な情報を伝達出来る環境に必ず置かなければなりません。

会社概要をチェックすることは最低限必要であって、代表者氏名が苗字しか無い点に加えて、住所が東京都府中市本町1丁目までしか記載されていない点を問題視出来るだけの判断力が求められます。

実際にキャッシュラインへ問い合わせを行うと、東京都府中市本町1丁目12-2という番地まで教えてもらえるので、万が一現金振込が行われずトラブルに発展した時に、被害届と訴訟提起出来るだけの情報を得ておくことが重要です。

キャッシュラインから見ても、正確な情報を確認する利用者は、取引内容をしっかり理解した上で利用してくれる優良顧客候補という認識が持てます。

細かく問い合わせしすぎて、「敬遠されたら困る」と考える必要は無ありません。

契約に必要な事項をしっかり問い合わせ出来る利用者こそ、信頼して取引できると考えてられます。

キャッシュラインの営業時間は9時から20時

公式サイトには、キャッシュラインの営業時間は表記されていないものの、WEBフォームには折り返し連絡希望時間を選ぶタブがあるので、9時から20時が営業時間だと分かります。

平日15時以降であっても、ネット銀行なら振込手続きの対応をしてもらえるので、会社帰りに連絡しても十分に間に合います。

WEBフォームからの入力手続きは24時間いつでも行えるので、慌てずに希望連絡時間帯を設定して、問い合わせから入ると冷静に取引が出来ます。

キャッシュラインという同じ名称の闇金業者がいるので間違えないよう注意しよう

キャッシュラインという屋号を使った業者は、クレジットカード現金化業者だけでなく闇金業者も同じ名称を使っているので、キャッシュライン公式サイトに掲載されている電話番号へ連絡して本物の現金化業者であることを確認しなければなりません。

最も簡単な確認方法は、買取方式を採用している現金化業者ならば、古物営業許可番号を利用者へ通知しなければならないので、問い合わせ時に聞いた古物営業許可番号を東京都公安委員会の公式サイトで確認すれば、正規の現金化業者かすぐに分かります。

同じ屋号を使っていても、正規の古物商はURLを最寄りの警察署経由で古物商として届け出ていなければならず、屋号・古物営業許可番号・住所・連絡先が完全一致していなければなりません。

正規の古物商かどうかを簡単に見分ける方法として知っておくと同名の屋号を使った偽物業者を見破れます。

写真付き身分証明書を用意できないと就業先の在籍確認がある

クレジットカード現金化業者を利用する際には、運転免許証やパスポートといった顔写真付きの本人確認書類が必要です。

しかし、中には運転免許証やパスポートを持っていない場合があり、健康保険証にて本人確認を行うケースがあります。

その場合、キャッシュラインでは勤務先への在籍確認を条件として現金化サービスを提供しています。

多くのクレジットカード現金化業者では、顔写真付き身分証明書が無い時点でクレジットカード現金化サービスを利用できない場合が多いので、柔軟な対応を行いつつも不正利用を防止しようという取り組みをしっかり行っていることが分かります。

キャッシュラインに向いている利用者とは

クレジットカード現金化業者の中から、キャッシュラインを利用すると良いと考えられる人には、どのような特徴があるのでしょうか。

クレジットカード現金化サービスは、利用者にとって合った現金化業者を利用しなければ、残念な結果となりかねません。

リピーターが多いキャッシュラインを使った現金化は、次のようなタイプの人にオススメできます。

買取方式によるクレジットカード現金化を希望している人

クレジットカード現金化には、老舗の多くが採用するキャッシュバック方式に加えて、古くからあるシンプルで分かりやすい買取方式があります。

キャッシュラインは、買い戻しによる買取方式とamazonギフト券Eメールタイプ買取という2つの買取手段を用意したクレジットカード現金化業者です。

状況に合わせて最適な買取方法を選びつつ、手軽に現金化サービスを受けたいと考えている人に向いています。

\状況に合わせて選べる!/

電話連絡時に必要事項を詳しくキャッシュラインへ聞ける交渉力がある人

キャッシュラインの公式サイトを確認すると分かるように、特定商取引に関する法律と古物営業法に基づく必須表記事項の一部が伏せられています。

このため、申し込みから契約に至る前の時点で、不足している契約に必要な情報を一通り聞き出せる交渉力を持った人に向いているわけです。

売買契約を確実に行い買取方式による現金化を行うためには、最低限以下の項目について確認しておかなければなりません。

3つの確認必須項目

(1)古物営業許可番号が正規のものであって東京都公安委員会にURL届け出されている情報と一致していること
(2)住所情報が部屋番号までしっかり確認出来ること
(3)代表者または責任者氏名をフルネームで確認出来ていること

上記3点を全て把握出来て初めて安心して利用できる正規のクレジットカード現金化業者と認められます。

買取方式では古物商以外の非正規業者との取引は、クレジットカード利用停止リスクが高いために避けなければなりません。

個人事業主や中小企業の経営者

キャッシュラインには法人プランが用意されていることから分かるように、事業性資金であってもビジネスカードやコーポレートカードを使うことで、多額の現金化に対応出来ます。

短期決済により一時的な資金繰り手段として利用することが出来るので、新たに銀行融資を受ける時間が勿体ないというスピードが命のビジネスチャンスを活かすために使えるわけです。

個人事業主は銀行からの融資に時間がかかり、中小企業はいつ新規融資凍結されるか不安な状況も時には生まれます。

キャッシュラインを利用すれば、新たな審査を必要とせずに必要な時に必要な金額だけ最短即日で用意出来る利便性があるわけです。

LINE相談を利用してみたい人

人見知りで人と話すのが苦手な方は、LINE相談を利用出来るキャッシュラインがオススメです。

ある程度問い合わせ内容をメッセージ交換により確認してから、担当者と最終的な契約内容の電話へ移行出来るので、人見知りの方でも安心して取引出来ます。

クレジットカード現金化業者の多くは、電話連絡に対応していてもメッセージ交換には非対応というケースが多いので、LINE相談が利用できるキャッシュラインは貴重な存在です。

クレジットカード現金化サービスを利用したことがない人にとっても、疑問点を解消しながら契約手続きを進められる安心感があります。

\LINE相談できるから安心/

キャッシュラインなら2種類の買取方式でスムーズに現金化出来る

キャッシュラインを利用したクレジットカード現金化は、買取方式によるシンプルなクレジットカード現金化サービスを希望する人にとって利用しやすい存在です。

自宅へ商品が届かずに取引を完了させることが出来るので、家族に不必要な心配をかけることなく安心して取引出来ます。

実際の換金率については、分かりやすい説明を受けられるので、慌てずに納得してから実際の買取依頼に進むことが出来ます。

おすすめクレジットカード現金化業者

他の現金化業者も気になる所だと思います。
下記にその他のおすすめ現金化業者をまとめています。

一度目を通して自分にあった現金化業者を探してください。

その他のおすすめ業者

ギフトクレジット
換金館
スピードクレジット