どんなときもクレジットでクレジットカード現金化がスピーディな理由!

donnatokimo

支払いに急を要する場合や予定外の支出による現金不足、税金や家賃などでまとまった現金を必要とする場合など事情はさまざまです。季節やその時々の事情によって、多くの人の金銭事情は変動します。現金が必要ではあるが、金融機関は融資を受けられないケースや一度に大きな金額をできるだけ早く用意したいときに不便でしょう。そこで、現金化業者を利用する手段があります。本記事では、現金化業者として知られる「どんなときもクレジット」の概要(換金率・振込み速度)や利用上のメリット等について紹介します。

どんなときもクレジットの現金化とは

どんなときもクレジットとは、近年注目されているクレジットカード現金化を行う会社です。ここでは、どんなときもクレジットの現金化の特徴や仕組みについて取り上げます。

明日、急いで支払わないといけない請求書があるんだが、すぐに現金を用意する方法はないだろうか?何か方法があれば教えて欲しい。
クレジットカードを持っているなら現金化が可能などんなときもクレジットを利用する手段があるぞ。クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するから、買い物決済が使えさえすれば誰でもOKで利用も簡単なんだ。
そんな手段があるのか。借金するしかないと思っていたが、すぐに現金を用意できそうになかったから助かった。クレジットカード現金化に詳しくないからその辺のことをもっと知りたい。先の話に挙がった「どんなときもクレジット」がどんな会社なのか教えてくれ。
どんなときもクレジットはクレジットカードをショッピング枠利用して換金するキャッシュバック方式を採用している現金化業者なんだ。会社指定の商品を購入決済して、その金額から換金率にあわせて現金化。それを指定口座に振り込んで現金化するぞ。

クレジットカードの現金化とは

どんなときもクレジットは、クレジットカードを現金化する会社です。キャッシングや融資とは異なり、クレジットカードを現金に換金する方法が特徴でしょう。クレジットカードの使用目的は本来的にショッピングや料金支払い等に行われます。しかし、急な支払いや支出目的で現金キャッシュが必要になった時に、必ずしもそれがクレジットカードで支払えるとは限りません。主に、カードの使えない支払い請求書やカード決済できない現金支出、冠婚葬祭などが代表的です。上記のシチュエーションでは、クレジットカードの現金化が有用であり、それを実現するのがどんなときもクレジットという現金化業者です。

どんなときもクレジットが提供する現金化の仕組み

現金化には、さまざまな方法があり、中でもクレジットカードを使った現金化は多くの業者が行っています。どんなときもクレジットの現金化では、ショッピング枠を現金に換えることを前提に、「キャッシュバック方式」による現金化の仕組みを構築しています。例えば、申し込み後に現金化手続きとしてクレジットカードで買い物の決済を行うことが取り決められています。つまり、現金化の仕組みとしては、指定の商品を購入することで銀行口座にキャッシュバックを受ける、その仕組みをどんなときもクレジットは採用しているのです。

年中無休で土日営業

急な現金の入用に便利などんなときもクレジット。金融機関のように土日休みが法的に決められていて、例外的に営業しているところがわずかにあるだけの金融組織や法人企業とは違います。いつ、どんなときでも現金化に対応するため、平日以外に土日営業など年中無休で現金化に対応しているのです。そのため、現金化の申し込みを平日まで待たないといけない状況がなくなり、休日でも申し込みが可能です。同様な現金化業者の中には、営業日が土日を除く(平日のみ)ケースも見られるため、どんなときもクレジットは利用者の負担が少ない現金化業者でしょう。

現金化業者であればどこでも土日営業している訳じゃなかったんだな。土日でも手続きを進められるのは便利そうだ。
土日を挟んで来週の支払いが迫る人や事業主として資金を一定額すぐにでも用意しないと行けない人にとって利便性は目を見張るものがある。年中無休でいつでも申し込める体制は安心感が段違いなんだ。

利用の際に安心な事故ゼロの業者

クレジットカードの現金化で利用者の不安としてあるのは、クレジットカードを使うことによる事故や情報漏えいなどです。その点、どんなときもクレジットの場合は、カード事故ゼロを広告でも取り上げているほど自信を持ってサービスを提供しているため、リピーターや初めてどんなときもクレジットを使う方でも安心して申し込みできます。万が一、情報が漏洩してしまうことのないように、万全の社員教育や情報保全の徹底などが実施されている訳です。

換金率の充実した現金化業者

換金率が最大98%ってのを目にしたんだが、そもそもどんなときもクレジットが提示する現金化の「換金率」ってのは何なんだ?まるでポイントキャンペーンを連想させるんだが。
どんなときもクレジットがいま公表している換金率は、受け取り金額を計算する上で必要な指標割合のことなんだ。10万円の現金化では、換金率表に照らし合わせると最大で「45,500円」が受け取れる。最大割合だから、全ての人に同じ割合でという訳にはいかないが、自分がどの換金率が適用されるのかをおおまかに知ることができるぞ。
換金率が分かれば、あらかじめどのくらいの現金を用意できるかをシミュレーションすることができるんだな。確かにそれができれば、いくら必要で、どのくらいの金額分を利用すれば良いか、事前に分かるな。

変動換金率の利用

どんなときもクレジットは最大換金率を98%に設定して、88~98%の変動換金率を取り入れています。したがって、すべての金額に対して一律の規定された割合(オール80%など)で現金化するのではなく、10万円の場合はこの割合、100万円の場合はさらに別の割合を適応することで、金額の範囲から受けられる割合に差を設けています。すなわち、基本的には大きな金額を現金化するほど、大きな割合で現金化を受けられるということです。金率は、利用金額と換金率、それから最大の受け取り金額で構成されています。以下は換金率表です。

<換金率表と最大受け取り金額>
利用金額 換金率 最大受け取り金額
5万円以上10万円未満 91%(45,500円~91,000円)
10万円以上30万円未満 93%(93,000円~279,000円)
30万円以上50万円未満 95%(285,000円~475,000円)
50万円以上80万円未満 96%(480,000円~768,000円)
80万円以上100万円未満 97%(776,000円~970,000円)
100万円以上 98%(980,000円~)

10万円以降は、20~30万円単位で換金率の割合が上昇しているようだな。30万円利用するのと29万円を利用するのとでは、2%(10万円単位で2,000円ベース)も違いがあるな。利用金額は50万円ぐらいを想定していたが、30万円でも意外に利用できそうだ。
利用する金額は一概に決めることはできない。個人の必要に合わせるものだけど、表にある利用金額の換金率上昇率は、より金額の高い方が効率は良くなると見るべきだ。その点を含めて、実際に適用される換金率などを問い合わせて確認すると良いぞ。換金率に納得できれば試しに利用してみるのもおすすめだ。

換金率表は一つの目安であり、最大受け取り金額は各両端の金額で申し込んだ場合の最大換金率を適用した場合です。そのため、利用回数(初回・リピート利用等)や適用換金率によっては、最大の金額とは異なることがあるので気をつけましょう。

即日振込みの最短5分で手数料要らず

クレジットカードの現金化で気になる項目の一つが手続きの速さと手間がかからないことです。

クレジットカードの現金化と聞いたとき、融資と同じようにすごく手間のかかる方法だと考えてしまった。実際はどのくらい手間がかかるものなんだ?
どんなときもクレジットは現金化の中でもクレジットカードの決済を専門にショッピング枠で現金化する方法に特化しているんだ。だから、面倒な現金化の対象の選択肢(ギフト券等の選択)がなく、クレジット1択で申し込みできるぞ。その上、即日振込みを徹底していて、最短5~10分程度の振込みが完了するところも魅力的だ。
ちょっと急いで振り込んで欲しいと思ったときに便利だな。人によっては、数分でも長く感じることもあるよな。クレジットカードで買い物決済を済ませたのに、「口座に振り込まれなかったらどうしよう」とか考えてしまうから、その不安がない。安心できる現金化業者なんだな。

早ければ5~10分に振込み

通常の銀行・消費者金融の融資ではないクレジットカード現金化を希望する利用者のほとんどは、急に現金が必要になった人です。どんなときもクレジットは、急な現金化に対応すべく、わずか5~10分の最短振込みとし、即日現金化によるスピーディな取引が行われています。そのため、現金化が完了するまでに時間が一切かからないため、公共料金の支払いや家賃支出等を目的に翌日や今週中に現金を用意しなくてはならないという方も使いやすい設計です。

手間がかからない

振込み完了までの時間とはまた別に、どんなときもクレジットは、手間要らずで、すぐに手続きが完了するのが特徴です。何かを手続きして質疑し、数時間や翌日にまで手続きが伸びるようなことはなく、最小限のやり取りと手間で現金化を実現します。金融機関の融資などでは、手続きにかかる手間がかかり、審査時間も長く、利用しにくいものです。特に審査や手続きの書類、電話での信用情報判断のための手続きなどが金融機関は大変でしょう。どんなときもクレジットでそうした時間を短縮することが可能です。

WEBから24時間申し込み可

手続き時の電話対応とは別にWEBからの申し込みでは、どんなときもクレジットの営業時間(9:00~18:00)に関係なく、24時間の申し込みが可能です。「すぐに申し込みしたいが、深夜や早朝は営業時間外」といった場合でもWEBフォームを使うことで簡単に申し込み手続きを完了できるでしょう。申し込み後にはフォームから選択した「連絡希望時間帯」(1時間単位の時間帯選択)の範囲で連絡が来て、現金化の手続きを電話で実際に行えます。現金化の特性上、初回利用者は特に具体的な申し込み後の手続きの流れが分からないケースも多いため、電話での丁寧な手続き説明を受ける必要があります。したがって、WEBと電話の両方を活用して、スムーズに申し込みと手続きの段取りが決められるのです。

審査なしで誰でも現金化の利用が可能?現金化のメリット

換金率や振込みの速さがすごいのは分かった。じゃあ、他にどんな良い点があるのか教えてくれ。現金化は融資と違うのは何となく分かるが、融資じゃないと何かメリットはあるのか?
どんなときもクレジットの現金化をするメリットは、誰でもどこからでも利用できることなんだ。融資には審査が必要だが、それも必要ないから、余計な手間がかからないだけじゃなくて、職業や収入に左右されずに、利用したい人が誰でも使えて、ネット環境があればどこからでも申し込めて、全国のATMに振り込まれるから住んでいる場所も関係ないんだ。

年収や職業によらない

どんなときもクレジットが提供している現金化では、成人していれば誰でも利用が可能です。具体的には、銀行や消費者金融の借入れなどで収入や職業等の審査基準を満たせず、利用を断られる人でも利用が可能です。利用可能な理由として、「審査不要」な点が挙げられます。クレジットカードの現金化には、返済や利息がないことと関係していて、業者側(どんなときもクレジット)が、利用者の返済不能な状況に陥ることを心配する必要がないことが背景にあります。返済が必要ないことは、同時に返済が滞る心配をしなくても良いことに直結しているため、審査なしでも現金化を受けることができる訳です。返済がないことが、融資ではないサービスを実現し、利用者に制限をかけずに提供できている理由な訳です。

キャッシングを利用せずに現金化できる

一般的にクレジットカードには、即日現金化できる小額の枠が設定されます。しかし、ショッピング枠以上に審査は厳しく、キャッシング枠がない人もいるでしょう。返済も通常の借入れとして発生するため、まとまった金額が必要な場合や審査の影響でほとんど枠が得られない人もいます。どんなときもクレジットが現金化に使うのはショッピング枠であるため、キャッシング枠とは関係なくショッピング枠を現金化に利用できるのは一つのメリットです。事実、キャッシングで借金をして返済が遅れれば信用情報に記載される可能性があり、通常の借金と同じ扱いがされます。

住宅ローンやカードローン審査などにおいて、信用情報を気にされている場合はその事実が不利に働くこともあるでしょう。どんなときもクレジットを使えば、以上に挙げた融資における信用情報のトラブルが存在しない状態で、現金を用意する手段として活用できます。キャッシング枠では金額が小さすぎて、金融機関からはこれ以上借りられないという場合にも最適です。また、どんなときもクレジットは、信用情報の問題としては審査が必要ない現金化ができるため、すでに借金などで信用情報が載っており、借入にトラブルが生じている方でも問題なく使えるのです。

入金後の返済・利息なし

どんなときもクレジットの現金化は、融資・貸し金ではなく、あくまでもキャッシュバックを利用した買い物分の換金に過ぎないため、消費者金融で借りた後の面倒な返済や銀行などの返済計画を立てる必要などがありません。借金返済で見受けられる利息や利子のことを考える必要もないのです。つまり、現金化を利用して、その後、再利用がなければ連絡や手続き・返済などの手間がかかることは一切ありません。

借金だと返済や利息って当たり前についてくるよな。延滞すれば、連絡も来る。それがないって聞いたときは半信半疑だったが、現金化を運営している側は大丈夫なのか?
それがまったく問題ない。そのための仕組みがあるぞ。基本的に買い物分の何割かをキャッシュバックするから、元金となる支払いはカード会社がしている。よって、どんなときもクレジットのような現金化業者に利用者が直接何か現金を返済したり支払う必要がないんだ。もちろん、買い物分として支払った金額は、後でカード請求書で届くから使いすぎには注意しないといけないけどな。

申し込みからの即日入金を広告する消費者金融であっても返済手続きは口座振込みなどを必要とする手間のかかる消費者金融業者も少なくありません。返済が毎月であれば、毎月決まった時期に銀行振り込みや口座引き落としのための現金を用立てする必要がでてきます。その点、どんなときもクレジットはその場限りの付き合いで取引完了が可能です。

手数料が無料

現金化を利用した時に手数料のことを記載しておらず、後で手数料が発生していたという現金化業者もいたりして困ったことはないでしょうか。どんなときもクレジットは、振込み手数料および利用手数料が0円で利用できます。他の現金化業者の例では、換金額から振込み手数料を引いて振り込むケースや一定の利用金額以下には振込み手数料が500円程度かかるというところまであります。振込み手数料は明確に0円としているポイントは大きいでしょう。

銀行口座に振り込んでくれるだけでなく、その手数料は無料ってことか?大盤振る舞いに感じるが、手数料なしは魅力的に映るな。後から手数料だけ請求されたりしないのか?
どんなときもクレジットが掲げる手数料の無料宣言からも分かるように、振込み手数料は無料で設定されているんだ。後から請求されることもなく、予定の換金率から計算されていて、振り込まれた金額と決済分の差額に最初から必要な振込み手数料は含まれているんだ。
なるほど、現金化の振込み手数料は換金率の中に最初から組み込まれていて、後から徴収されることはないって事だな。目減りしないのは嬉しいな。

また、手数料の中には現金化サービスを利用したことによる一種の手数料がかかるところもあります。どんなときもクレジットにおける利用手数料はその時々で適用される変動換金率のみが適用され、手数料は名目上(振込み予定額から引かれる仕組み)のものとして原則かかりません。

満足度NO.1の利用しやすさ

どんなときもクレジットは特段、満足度の高い評価を受けているのがポイントです。利用者がサービスを使いやすく、現金化の結果に満足することが、業者としても大切であることを理解しているのです。決済に使えるクレジットカードは日本国内で利用のある5つの国際ブランド(VISA、JCB、マスター、アメックス、ダイナーズ等)です。

明細の送付がない

現金化で周囲に利用がバレてしまうことを避けたい人も少なくありません。どんなときもクレジットでは、利用明細書の送付なしで決済から現金化までを行うシステムのため、普通の生活の中で利用情報が漏れることがないでしょう。例えば、借入れなどでは、借入のための契約書が必要ですが、現金化をする際には必要なく、決済で利用した際にも内々の処理で終わるため、最終的に現金化を利用したことは家族でも知られることはありません。

現金化は使いたいが、周囲に知られたくない。特に家族や友人に知られるとバツが悪いんだ。どんなときもクレジットならそれも安心って事でいいんだな?
ああ、もちろんだ。現金化で使われた決済の書類は本人に発行されず同時に送付もされない。したがって、利用した痕跡は会社側からの行為で知られるようなことに繋がらないんだ。ただし、携帯電話やネットの履歴からちょっと調べれば現金化だと分かってしまうから、その辺は本人次第だな。
それは盲点だった。でもどんなときもクレジットとの取引がそれだけで情報が勤務先にも自宅にも行かないなら、利用した事実は知られずに済むな。

来店が不要!

どんなときもクレジットは一切来店せずに利用できる現金化業者です。現金を必要としている人の中には、融資などで支店や事務所に赴くことが難しい方や来店を面倒と回避するケースもあるでしょう。現金化の場合であっても、実店舗での取引を行うところもあり、コンビニや地方銀行のATMなど身近な場所以外にまで移動しなければならないのは大変です。首都圏の中央は多くの支店がありますが、地方では中心地区まで行かないと支店がない場合もあります。上記のよくあるケースとは対照的に、現金化では支店を置いていないことで発生する費用などを抑えられるメリットがあるでしょう。その分の費用を現金化の換金率に回せるのです。現金化利用後、日本各地から入金をATMで確認できるため、住んでいる場所や地方・首都圏に関係なく利便性の高さがあります。

申し込みや手続き3つの手順

どんなときもクレジットの申し込みから振込みまでは大まかに3つのステップで手続きが行われます。基本は申し込みの手続きから始まり、決済を経た後に振込みを確認します。

最後に申し込みの手順について知りたいんだが、とりあえず、どんなときもクレジットに申し込みでWEBフォームか電話からすればOKなのか?ネットなら24時間可能とのことだったが、違いはあるのか?
基本的に大きな違いはないんだ。WEBからだといつでも申し込みができて、営業時間に左右されないというだけで、電話の手続きは営業時間に行う必要があるから、後は事前に情報を伝えておくか、フォームに入力した個人情報や連絡事項があるかどうかだけの違いだ。
電話ですべての情報を入力するのは大変だからWEB(メール送付)と電話で手続きすればベストってことだな。
申し込みには、全部で3つのステップがあって、振込み完了までが一連の手続きとなるんだ。

1.フォーム・電話での申し込み(個人・本人確認&サービス概要・取引の説明)
2.クレジットカードによる買い物決済(ショッピング枠の利用による決済)
3.指定口座に振り込み(その後、国内ATMから即日振込み確認が可能)

申し込み後は、クレジット決済完了後までの間でキャンセルが可能です。ただし、決済が完了した後は、キャンセルできない仕組みのため注意が必要です。決済の確認後にすぐに振込み手続きに移行するため、早ければ10分程度の時間で振込みを確認できるでしょう。

安心・即日振込みのどんなときもクレジットがおすすめ

現金化は振込みまでのスピード感と利用時の安心感が重要項目として挙げられます。今回紹介したどんなときもクレジットは、振込みまでの時間が短く、カード事故ゼロで安心して利用できる現金化業者であることです。急な出費で素早く手続きできて支払いまでが早く、安全確実で利用できるどんなときもクレジットを検討してみましょう。