現金化業者『ファミリークレジット』口コミ・評判評価の最新情報

ファミリークレジット

ファミリークレジットなら分かりやすくスムーズに女性でも現金化サービスを利用しやすい

女性向けの1%還元率アップを行っているファミリークレジットは、家族と同居していて自宅に荷物が届くと問題がある人でも利用しやすい現金化業者です。

キャッシュバック方式では自宅へ荷物が届いて困ると考えているならば、商品買取方式を3店方式で行っているファミリークレジットが適しています。

では、ファミリークレジットが人気となっている理由はどこにあるのでしょうか。

ファミリークレジットはなぜ手数料無料で営業出来るのか

ファミリークレジットは手数料無料!その理由はこれだ!
ファミリークレジットでは、本来かかるはずの手数料6%が無料と謳っているので、他の現金化業者とは異なりなぜ手数料無料で営業出来るのか不思議だと考える人が多いはずです。

手数料が必ずしも6%固定というわけでは無いものの、相場として6%を取っている現金化業者が少なくありません。

では、なぜファミリークレジットは手数料無料で営業が可能となっているのか、具体的な理由を確認してみましょう。

ファミリークレジットの手数料は買取業者に関する手数料を指す

ファミリークレジットの手数料は、買取業者に支払う手数料6%を利用者から受け取らないという意味で手数料無料という表現を使っています。

このため、消費税相当額やファミリークレジットの利益についてはしっかり確保されているので、ファミリークレジットの経営状態を心配する必要はありません。

実際に公式サイトへ掲示されている換金率は、利用金額が大きいほど高く設定されていて、以下のような表記がされています。

金額換金率
1~30万90%~
31~50万94%~
51~100万98%~
100万~ask

注意しなければならない点として、公式サイトの換金率表の下に

「※表記の%は最大値となりますので詳しくはお問い合わせ下さい。」

という注釈が出ている点です。

換金率表に記載されている換金率は、あくまでも理想的な特定条件における最大値となっているので、誰もが適用される換金率ではありません。

手数料無料ではあっても、消費税は税金ですから手数料とは無関係に税金は控除されることを忘れてはなりません。

そもそもファミリークレジットの手元に残る金額以上を換金できることはあり得ないので、営利目的で行っている以上は利益を確保した上での現実的な換金率が適用されます。

では、ファミリークレジットが行っているクレジットカードのショッピング枠現金化はどのような仕組みで成り立っているのでしょうか。

ファミリークレジットは3店方式の買取を行う

ファミリークレジットが採用している現金化方法は、商品買取を3店方式で行う手段となっています。

具体的には、ファミリークレジット・商品買取業者・利用者の3者間で取引を行うわけです。

利用者の希望額に応じて、指定ショッピングサイトから希望の換金額となるよう、ファミリークレジットからアドバイスを貰った商品を利用者がクレジット決済により買い物をします。

買い物した商品の配送先はファミリークレジットとなるように指定し、届く商品を商品買取業者が買い取り、ファミリークレジットが消費税と自社利益を控除した金額を利用者の指定した銀行口座へ振り込む形となるわけです。

このため、利用者は希望金額に応じた指定商品の中から希望額となるまで買い物を行い、ファミリークレジットへ送付して売却代行を依頼する形となります。

ファミリークレジットと商品買取業者が別業者となり、利用者とは直接関わらないからこそ利用者はクレジットカードにて買い物をするだけで現金振込を待てば良いことになります。

従来の商品買取方式によるショッピング枠の現金化では、現金化業者が利用者へ販売した商品を自ら買い戻していた点が、売買実績無しという評価を受けてしまいがちでしたが、3店方式なら自己売買とはなりません。

あくまでも買取は第3者に行ってもらうからこそ、安全性を確保出来るわけです。

3店方式に違法性は無いのか

クレジットカードのショッピング枠を利用した買い物を行うと、厳密には購入した商品の所有権はクレジットカード会社に帰属するので、完済前に転売することは他人物売買となってしまうので詐欺罪の構成要件に該当します。

また、そもそも最初から転売目的でクレジットカードを利用することは、横領罪にも該当する可能性が出てしまいがちです。

しかし、3店方式を使った商品買取方式では、プレゼント目的で購入した商品を送った相手から返礼品を受け取ったと考えている人に対して、詐欺罪での適用は難しいと考えられます。

また、しっかり完済してしまえば特に誰にも迷惑をかけたことにはならないので、クレジットカード会社から見てもショッピング利用しただけと判断されることになるわけです。

ファミリークレジットでは、クレジットカード決済購入した商品のキャンセルを認めていないので、キャンセルできないという点をしっかり守り、返済を滞納しない限りは、クレジットカード会社の利用規約には反するものの、違法性が明らかとまでは言えません。

プレゼント品をクレジットカードで購入出来ないということは無いわけですから、買い戻し契約では無い以上はさほど問題とならないわけです。

利用者は商品を選んでクレジットカード決済するだけとシンプル

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、買取方式とキャッシュバック方式がありますが、キャッシュバック方式では自宅へ商品が届いてしまい家族から指摘されるリスクがありました。

ファミリークレジットが採用している3店方式の商品買取ならば、ファミリークレジットは購入商品のアドバイスは行うものの、外部サイトからの購入となるのであくまでも取引の中には買取代行という形でしか登場しません。

複雑な仕組みを説明しなくても、クレジットカードにて希望額に応じたショッピングを行えば、商品の代わりに換金率に応じた現金振込が行われると考えれば分かりやすいです。

利用目的を問われずに利用できるからスマートフォン1つで商品を購入する感覚で利用可能

ファミリークレジットを使ったクレジットカード現金化は、ショッピング枠の利用可能残高を使ってオススメ商品を購入するだけというシンプルなものです。

スマートフォン1つあれば、問い合わせから購入決済手続きまで全て完了させることが出来るので、自宅から1歩も出ずに現金振込まで完了させることもごく自然に行なえます。

利用可能残高を調べる部分だけ先に行っておく必要がありますが、利用可能残高さえ把握しておけば全て使い切らない程度に調整しつつクレジットカード現金化を行えます。

複数枚のクレジットカードを使ったショッピングを行うことは、日常生活であっても珍しいことでは有りません。

クレジットカードの使い分けを行う感覚で、ファミリークレジットへ依頼すれば、最短即日で現金振込を受けられます。

ファミリークレジットならカード決済手数料を気にしなくて良い

他の現金化業者では気にしなければならないこととして、カード決済手数料の分だけ換金率が下がるという問題があります。

しかし、ファミリークレジットならば、そもそも指定オンラインショッピングサイトはファミリークレジットと直接関係が無いために、カード決済手数料について気にする必要がありません。

商品を第三者となる買取専門業者へ買取依頼するからこそ、売却時の消費税実質負担についてはやむを得ないことですが、カード決済手数料まで気にせず現金化出来ることは大きなメリットです。

ファミリークレジットはなぜ多くの女性に支持されているのか

ファミリークレジットは、2009年創業以来10年以上の営業実績を誇っていて、顧客の要望を常に取り入れる姿勢を示しています。

開業当初時には無かった女性向けサービスを顧客からの要望に応じて導入した結果として、リピーターを増やすことに成功しています。

では、ファミリークレジットはどのような女性向けサービスを提供しているのでしょうか。

女性なら1%換金率アップ施策の常時対象となる


手数料無料を謳うファミリークレジットでは、換金率の最大値を公式サイトへ公開していて、実際の換金率は手持ちのクレジットカード種類や金額に応じて変わります。

クレジットカード現金化業者を利用する人の割合は男性が多いので、女性比率を上げて利用しやすくするキャンペーンとして、「女性なら1%換金率アップ」という施策を実施している状況です。

本人確認書類提出時に、法的に女性であることを確認出来る健康保険証を合わせて提示すれば、女性限定で換金率1%アップ特典を受けられます。

1%の違いであっても換金額が大きいほど差が増えるので、少しでも換金率が高いことは嬉しいポイントです。

なるべく複雑な取引はしたくない女性のニーズに合っている

商品買取方式からキャッシュバック方式へ移行する老舗現金化業者が多い中で、ファミリークレジットでは商品買取方式に3店方式を導入してあくまでも買い物代行を行っているだけというファミリークレジットの立ち位置を確保しています。

直接買取を行うわけでは無いために、古物商許可を得る必要が無いことから、利用者にとって手間が掛からないシンプルな取引が可能です。

利用者にとっては、希望する換金額となるようにファミリークレジットへ相談して、指定ショッピングサイトから商品を選んでクレジットカード決済にて購入するだけです。

送り先をファミリークレジットの住所とするだけで良いので、大した手間は掛かりません。

商品を自宅で受け取り転送するといった面倒なことをしなくて済むからこそ、複雑な取引をしたくない女性に人気です。

業界初の担当指名制度が女性のリピーターを増やす

ファミリークレジットでは、クレジットカード現金化業界では初めての試みとして、担当指名制度により女性オペレーターを希望する女性会員に対して、決まった担当者が毎回手続きを行うことが出来ます。

初回利用時に気に入った女性オペレーターがいれば、名乗った担当者名を記録しておき、次回以降も同じ担当者へ現金化サービスを利用したいとリクエストを出せます。

女性オペレーターの比率を7割以上へと引き上げており、別の担当者が良い場合には申し出ることにより変更することも可能です。

ファミリークレジットに女性リピーターが多いことは、女性顧客からの要望をいち早く取り入れて担当指名制度を作ったことにあります。

万が一、担当者が次回利用時までに退職している場合には、同系統の別担当者を付ける旨を説明した上で対応するので安心です。

過去の対応履歴に基づき、きめ細かい現金化サービスを提供出来るからこそ、クレジットカード現金化業者に対する怖いというイメージをファミリークレジットは払拭しています。

ファミリークレジットを利用する際の注意点とは

ファミリークレジットを利用するときの注意点まとめ
クレジットカード現金化業者を利用する際には、残念ながら全てを完璧に満たした業者は存在しません。

なぜなら、一部の悪質現金化業者による嫌がらせに優良現金化業者は日々晒されているからです。

ファミリークレジットは、女性顧客に対する優遇措置を採用しているので、一部男性顧客からの不満が溜まっているとも考えられます。

そこで、セキュリティー面を重視して、創業時とは別の場所へと移転しているので公式サイト以外の情報とは現在のサービス内容と提供場所に違いがあります。

では、現在のファミリークレジットを利用する際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

特定商取引に関する法律に基づく表記はセキュリティ重視で曖昧にしている

ファミリークレジットは、無店舗型のインターネット通販を利用したクレジットカード現金化サービスを提供しています。

インターネット通販を利用している時点で、特定商取引に関する法律に基づく表記が義務付けられており、ファミリークレジットについては公式サイトの会社概要欄から確認可能です。

法律上要求されている表記と異なる点として、ファミリークレジットでは住所と代表者氏名が不十分な表記となっています。

・代表者氏名が矢野という苗字のみの表記となっていてフルネームが省略されている
・住所地として 東京都中央区銀座一丁目27番8号と表記すべきところを丁目までの表記へ省略している

また、ファミリークレジットの登録住所は、別の現金化業者として知られるセーフティーサポートと全く同じ場所となっており、正確な部屋番号まで確認したい場合には電話問い合わせを行ってファミリークレジットの担当者から聞く必要があります。

換金率の問い合わせのみの対応は行っていない

クレジットカード現金化業者の中には、問い合わせのみの対応であっても換金率を教えてくれる所が少なく有りません。

しかし、ファミリークレジットでは悪戯防止や同業者からの嫌がらせ回避のために、本人確認が終わっていない人からの問い合わせを拒否しています。

他のクレジットカード現金化業者とは異なり、ファミリークレジットでは、本人確認を済ませた利用者に対してのみ換金率の問い合わせに応じているので、冷やかし目的や同業者からの嫌がらせ対策にも取り組んでいることが分かります。

手数料無料という部分を面白く思わない他の現金化業者からの電話が多いことが良く分かります。

ファミリークレジットは、電話番号がフリーダイヤルとなっているので、長時間回線を占有されてしまうと本当にクレジットカード現金化サービスを利用したい人が回線の空きが無くて電話連絡出来ない状態となってしまいがちです。

特にオペレーター数が少ない深夜早朝には、繋がりにくい場合もあるので、事前にWEB申し込みを行った上で連絡待ちを行う方法がスムーズに現金化手続きを済ませる方法と考えられます。

申し込み時に本人確認を済ませてから換金率の案内を受けた時点が最終的な申込取消期限

ファミリークレジットを利用するためには、先に本人確認書類を送付してから換金率の案内を受けます。

なぜなら、同業他社からの悪戯や嫌がらせ回避という目的だけでなく、冷やかし半分で問い合わせをする人が後を絶たないからです。

正式な契約を行う時期として、本人確認後に換金率を提示されて了承するかどうかというポイントで、同意すれば契約となり、低すぎると拒否すればキャンセルとなります。

3店方式による商品買取では、買取専門業者の事情により買取価格に相場の影響が出てしまうので、金額に応じた換金率は購入商品との組み合わせで決まる仕組みです。

希望換金額に応じて、複数の商品の中から購入商品を選択し、自らクレジットカード決済を行えば良いので、最終的な判断を行うのはあくまで利用者本人です。

申し込み当日の換金率に納得出来ない場合であっても、本人確認までは済ませているので翌日または数日後に再度換金率を問い合わせる旨を伝えれば、何ら問題有りません。

一般的なクレジットカード現金化業者とは異なり、換金時の買取相場に影響を受けるので、提案してもらえる商品の買取相場の影響を受けてしまいます。

だからこそ、現金化を急いでいないならば、何回かに分けて納得出来る換金率となったタイミングで申し込みを行うと同じクレジットカード決済額であっても、現金化出来る金額がアップするわけです。

希望換金額から逆算して購入商品のリストを案内してもらえる点に注意

クレジットカード現金化を行う際に商品買取方式を利用するなら、必ずしも希望換金額ピッタリとなるとは限らない点に注意しておく必要があります。

例えば、10万円の現金を調達したいと考えた時に案内される商品には、140,000円の時もあれば138,000円の時もあり、結果的に10万円前後の現金調達が可能です。

しかし、10万円を1円でも下回ったら困るというなら、140,000円の商品を購入して10万円を少し上回る金額の現金化を受ければ問題ありません。

どうしても10万円ピッタリの金額でなければ気が済まないという場合には、換金率を下げることで調整されてしまうので、商品買取方式では希望換金額に近い金額の現金化となる点を理解した上で取引をしなければなりません。

ファミリークレジットでは、3店方式を採用しているので、商品買取時に買取専門業者の相場事情にも左右されます。

全く同じ商品購入であっても日毎に換金額にバラツキが出ることから分かるように、ある程度換金額に幅を設けることが出来れば換金率を下げずに現金化しやすいです。

ファミリークレジットならではの特徴

クレジットカード現金化を利用する際には、複数の現金化業者の中から選ぶことになりますが、ファミリークレジットならではの特徴を把握しておくと選択しやすいです。

では、既に利用している多くのリピーターは、ファミリークレジットのどの部分に魅力を感じて利用しているのでしょうか。

ファミリークレジットが多くの人から支持されている秘密をチェックしてみましょう。

モアタイムシステムによる24時間365日対応の即日振込み

クレジットカード現金化を行って資金調達をしなければならない時には、場合により土日祝祭日や夜間であっても緊急対応して欲しい時があるはずです。

ファミリークレジットでは、モアタイムシステムと名付けられた24時間365日対応で即日振込みを行うシステムを採用しています。

利用者が以下の銀行に預金口座を保有しているならば、ファミリークレジットを利用することで商品買取手続きが完了した時点ですぐに振り込んでもらえます。

即日入金可能な銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBI銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 北洋銀行
  • じぶん銀行
  • 山陰合同銀行

一般的に広く使われているネット銀行だけでなく、都市銀行や地方銀行の一部にも対応しているので、システムメンテナンス時間帯を除いてファミリークレジットならいつでも即座に振込が反映されます。

平日の15時までという時間的な縛りが無くなることにより、必要な時に必要な金額だけクレジットカード現金化が出来るわけです。

モアタイムシステムに対応している銀行口座は、順次増えているので掲載されている以外の銀行口座であっても対応出来る場合があります。

ファミリークレジットへ問い合わせする際には、即日入金可能な銀行口座について手持ちの預金口座が対応しているか調べてもらうと待ち時間を減らせます。

せっかく現金化手続きを行っても、入金まで時間がかかるようでは、タイミングに注意しなければなりません。

モアタイムシステムをフル活用出来るならば、いつでも好きなタイミングでファミリークレジットを利用出来ることになります。

セキュリティ重視で利用できる

ファミリークレジットを利用する人の中には、他の現金化業者よりも女性向けサービスが充実しているために女性利用者が多いと考えられます。

しかし、実際にはセキュリティを重視した運用を行っていることが支持された結果として、男女比率が他社よりも均衡している状況となっています。

なぜなら、本人確認を徹底する点は各現金業者にとって盗難紛失クレジットカードの不正利用を防ぐという観点から共通ですが、クレジットカード情報を全て渡さなくても手続き可能という点が利用者にとってメリットとなるからです。

クレジットカード番号だけでなく、セキュリティコードまで現金化業者へ渡すことは、取引が完了した後で勝手に買い物をされてしまうリスクを含んでいます。

クレジットカードの紛失に伴う再発行ならば、クレジットカード番号は変更となるので安全性は確保出来るものの、現金化業者を利用するごとにクレジットカードの再発行を行うことはクレジットカード会社から不審に思われる原因でしかありません。

身分証明書は提出するもののクレジットカード情報は自分で決済するためセキュリティコード不要

ファミリークレジットを利用してクレジットカード現金化を行う際には、自分でクレジットカード決済を行うためにファミリークレジットに対してセキュリティコードまで提供する必要はありません。

本人確認書類とクレジットカードの名義人が同じかどうかの確認は必要ですが、取引が完了した後に悪用される心配が無い点は魅力的です。

換金率に関する問い合わせに本人確認が必要とする点は厳しいものの、双方のセキュリティバランスを考えれば妥当な線と考えられます。

期間を置いて再度利用しようと考えた際には、10年以上の営業実績がある老舗だからこそ、次回利用時にもファミリークレジットが営業しているという安心感があります。

応対履歴をしっかり残してくれるから複数回の問い合わせに強い

ファミリークレジットの本人確認は、連絡先電話番号とセットで紐付けられているので、応対履歴をしっかり残してくれているから問い合わせしやすいです。

匿名による問い合わせには応じていないために、同じ質問を何度も行う営業妨害を防ぐことが出来ます。

必要最低限の人員で営業しているからこそ、手数料無料という施策を継続運用出来ているわけです。

一度本人確認さえ済ませてしまえば、担当指名制度を利用して問い合わせ内容にズレが生じないよう話が通じるまま対応を任せることが出来ます。

また、次回利用時や複数クレジットカード利用時であっても、前回までの応対履歴を基にした対応が出来るので、話がすぐに進むわけです。

自宅に荷物が届かないから家族に内緒で利用できる

クレジットカード現金化業者選びを間違えると、キャッシュバック方式を使った現金化業者利用時には、安全性は高いものの自宅へ荷物が届いて家族から指摘が入るという問題点があります。

ファミリークレジットならば、商品買取方式を3店方式にて利用するので、自宅へ届く荷物が一切ないというメリットが魅力です。

自宅に届かずにクレジットカード現金化を利用出来るので、クレジットカード利用明細票をWEB明細へ切り替えておけば、家族に内緒で利用出来ます。

支払い部分だけ計画的に行い問題なく済ませることが出来れば、手軽に利用できる現金化方法としてファミリークレジットを繰り返し利用しやすくなるはずです。

リピーターが多いことで知られるファミリークレジットは、毎回換金率に細かい違いはあるものの相場をすぐに反映させているからこそ、安心感があります。

ファミリークレジットならセキュリティとシンプルさを両立させた現金化が出来る

ファミリークレジットは女性に大きなメリットがある現金化業者として知られていますが、セキュリティを重視しつつ手続きのシンプルさがあるからこそ老舗の現金化業者として多くの人に支持されています。

商品買取方式を採用した現金化業者の中でも、手数料無料で行ってくれる所は少ないので、実際の買取相場を直接反映してくれるからこそ安心感があるわけです。

いつまでにいくら必要という希望を叶えるために提案をしてくれるからこそ、ファミリークレジットならピンチを救ってくれる存在と考えられます。

おすすめクレジットカード現金化業者

他の現金化業者も気になる所だと思います。
下記に現金化業者の記事一覧をまとめています。

一度目を通して自分にあった現金化業者を探してください。

その他のおすすめ業者

24キャッシュ
なごみギフト
ひまわりギフト