金券を利用した理想的な現金化はFamiPayで実現できる?FamiPayの現金化とは

famipei

コンビニ大手であるファミリーマートが提供するバーコード決済サービスのFamiPayはAmazonギフト券に代表される金券購入が行える珍しい電子マネーで、FamiPayを利用すれば代表的な高換金率商品である金券を利用して効率的な現金化が行えます。

またFamiPayはオンライン決済での利用や合計還元率1.5%のポイント還元が行われるなど、日常使いでもお得な電子マネーだと言えますのでFamiPayの特徴やFamiPayで金券を購入して行う効率的な現金化の方法などを紹介します。

FamiPayはファミマ以外での決済にも利用でき金券購入も可能な電子マネー

ファミリーマートが2019年7月から提供を行っているバーコード決済のFamiPayはファミマでの支払い以外にオンライン決済にも利用できる電子マネーで、Amazonギフト券に代表される金券購入にも利用できるため、効率的な現金化の実現が期待できます。

なんか最近コンビニの支払い方法が増えすぎて、どの方法で支払うのがお得なのか判り難くなってきてない?
セブンイレブンはnanaco、ファミリーマートはFamiPay、ローソンはローソンスマホレジ、ミニストップはWAONと各社が推す電子マネーが異なるからな。
最寄りのコンビニがファミマだからFamiPayを作ったんだけど、出先でファミマを見つけるのが面倒で。
なんだFamiPay持ってるの?確かにファミマはセブンより店舗数が少ないけど、業界第二位の規模だから問題ないだろう。ポイント還元率も高くて魅力的だと思うけどな。
えっ、知らなかった!FamiPayってポイント還元率高いの?
知らずに使ってたの?FamiPayの概要を確認してみよう。

FamiPayは合計還元率1.5%でお得にポイントをゲットできる電子マネー

FamiPayを利用してファミマで支払いすると200円に対して1ポイントの利用ポイントが還元されるのでFamiPayのポイント還元率は0.5%であるように感じますが、T
ポイント・楽天ポイント・dポイントと連携してダブルポイントを獲得することができます。

また、クレジットカードを利用してFamiPayへチャージを行うとチャージ額の0.5%がFamiPayボーナスとして還元されるので、FamiPayは合計1.5%の高い還元率で利用できる電子マネーだといえます。

しかし、全てのクレジットカードでFamiPayへのチャージが行える訳ではなくFamiPayへのチャージはファミマTカードで行う必要があり、FamiPayとファミマTカードの組み合わせで高い合計還元率が実現されます。

FamiPayはファミリーマートでの支払い以外にも使用でき金券購入も行える

FamiPayはファミマでの支払いはもちろん、Kaema・ラクマ・GREE・Amebaコイン・CAMPFIRE・Subyshare保管サービス・サブカレ!・ムビチケ・Mellowtrillなどのサイトでのオンライン決済にも使用できる電子マネーです。

しかしFamiPayの最大の特徴は他の電子マネーやスマホ決済では基本的に購入できない金券購入ができる電子マネーであることだと言え、ファミマで取り扱われているAmazonギフト券・iTunesカード・Google Playカードなどの金券をFamiPayで購入できます。

Amazonギフト券・iTunesカード・Google Playカードなどの金券は高い換金率で売却できるため効率的な現金化のために活用したい商品ですが、既述のとおり一般的な電子マネーでは金券購入が難しいためFamiPayは現金化と相性の良い電子マネーだと言えます。

FamiPayはファミマTカードとのセットで現金化と相性の良い電子マネーになる

FamiPayはファミマで取り扱われるAmazonギフト券などの金券購入に使用できる電子マネーですが、FamiPayで効率的な現金化を実現するためにはファミマTカードとセットで利用する必要があります。

知らなかった。FamiPayって高還元率でポイント還元を受けられる上に、現金化と相性の良い電子マネーだったのか!
驚いた!FamiPayを持ってるっていうから、てっきり現金化に活用しているもんだと思ってたけど知らなかったのか?
ん、まぁな。日常使いに便利な電子マネー位に考えてたし、ほらキャッシュレスって格好良いじゃない。
はははっ!君らしいと言えば君らしいが、FamiPayは効率的な現金化を行える数少ない電子マネーだから効果的に使用したいものだよな。
確かに!FamiPayを利用した効率的な現金化のポイントを見ていこう。
こらっ!それは俺の言うべきセリフだろ!FamiPayで効率的に現金化を行う方法を早速確認していくぞ!

FamiPayへのチャージ方法は3種類!現金以外のチャージで現金化が行える

一般的に電子マネーは料金先払いのプリペイド方式が採用されているため、電子マネーは現金化との相性が良くないと言われています。

FamiPayもプリペイド方式の電子マネーですが、現金やFamiPayのポイントであるFamiPayボーナス、ファミマTカードのクレジットカードの3種類でチャージできるため現金化と相性が良い電子マネーだと言えます。

現金でチャージした電子マネーを現金化するのは現実的ではありませんが、ファミマTカードのクレジットカードでチャージすればポイント還元を受けられる上に現金化を実現することが可能になります。

ファミマTカードでチャージしたFamiPayでファミマで取り扱われるAmazonギフト券・Tunesカード・Google Playカードなどの金券を購入し、売却するのがFamiPayでファミマTカードのショッピング枠を現金に置き換える方法です。

また頻繁にファミマを利用する場合は三重取りで1.5%となる合計還元率でゲットしたポイントを上記の方法で現金化することも可能ですので、現金化との相性が良くない電子マネーのなかでFamiPayは特別な存在の電子マネーだと言えるでしょう。

電子マネーでも金券を利用するのはハイリスク!FamiPayの現金化は金券以外でも可能

ファミリーマートで取り扱うAmazonギフト券・iTunesカード・Google Playカードなどの金券をFamiPayで購入し売却するのがFamiPayの主な現金化の方法です。金券を購入できる数少ない電子マネーであることと、クレジットカードでチャージできることでFamiPayは現金化と相性の良い電子マネーだと言えます。

しかし、Amazonギフト券に代表される金券は新幹線回数券と並び高い換金率で現金化が行えるため現金化に広く利用されていますが、カード会社もどのような商品が高換金率であるかを掴んでいるのでクレジットカードでの金券購入は制限される傾向にあります。

FamiPayはクレジットカードではなく電子マネーであるため金券購入がカード会社にバレにくい気はしますが、ファミマとファミマTカードは同系列のグループ企業ですので利用履歴は共有されています。

金券を利用した現金化を繰り返すとカード会社にバレる可能性が高くなりますので、既述のオンライン決済を利用して購入した商品を売却する現金化を併用することで現金化がバレにくくなる効果が期待できます。

オンラインストアではさまざまな商品が実店舗よりもお得な価格で販売されていて平均4~5%、オンラインセールの際には50%を超える値引き率の商品も存在しますので、オンライン決済にも使用できるFamiPayで購入した商品を売却すれば現金化が可能です。

リサイクルショップなどへ持ち込み売却する方法がスピーディな現金化の方法ですが、時間に余裕がある場合はオークションサイトへ出品すればより高額で売却できる可能性があると言えます。

購入する商品は家電品やゲーム機、ゲームソフトなどが比較的高額で取引される傾向にありますが、金券以外の商品購入での現金化は季節も大きく関係するので「現在どのような商品にニーズがあるのか?」をあらかじめリサーチしておく必要があるのも事実です。

FamiPayは現金化と相性の良い電子マネーだが自由度が高い訳ではない

FamiPayは電子マネーのなかでは現金化との相性が良いものの自由に現金化が行える訳ではなく、FamiPayで現金化を行う際も細心の注意を払わなければファミマTカードに現金化がバレて、手痛いペナルティを科されるリスクも存在します。

FamiPayは憧れの高換金率を実現するAmazonギフト券での現金化ができるのか!なんだかすごく得した気分なんだけどどうしよう!
Amazonギフト券に代表される金券の換金率は券面額の85~95%、場合によっては98.5%で現金化できるケースがあるからな。
なんかFamiPayのおかげで生活に潤いが出る気がするな!俺LOVEファミマ!俺LOVE FamiPay!
おいおい、浮かれすぎるなよ。確かにFamiPayはAmazonギフト券に代表される金券を利用した現金化が行えるが、無制限に自由に現金化を利用するとカード会社にバレるぞ!
ファミマTカードでチャージしてファミマで金券購入するんだから、問題なんてないだろう?
いや、問題あるから!

FamiPayを利用した現金化はクレカであるファミマTカードの現金化を意味する

既述のとおりFamiPayはファミマで取り扱われているAmazonギフト券・Tunesカード・Google Playカードなどの金券を購入できる点と、ファミマTカードでチャージが行える点で現金化との相性が良い電子マネーだと言えます。

しかしFamiPayの現金化は一見電子マネーの現金化に見えますが、実際にはFamiPayを経由してファミマTカードを現金化しているので、ファミマTカードに現金化がバレると強制解約や利用額の一括請求などの手痛いペナルティが科せられます。

FamiPayにチャージが行えるクレジットカードはファミマTカードに限定されているため、他のクレジットカードからFamiPayへのチャージは行えませんのでFamiPayの現金化は全てファミマTカードのショッピング枠を現金に置き換えていると捉えるべきでしょう。

FamiPay利用のためにファミマTカードに加入した場合は要注意!

FamiPayが2019年7月から提供が開始された比較的新しいサービスであることも、FamiPayでの現金化の自由度が高くない原因に影響していると言えるでしょう。

ファミマTカード自体は2007年から発行されていますのでFamiPayの提供前からファミマTカードを利用している場合は該当しませんが、FamiPay利用のために新規加入した場合はカード会社への信用を示すクレジットヒストリーが育っていないと言えます。

クレヒスのスコアが十分でない状態でAmazonギフト券など換金率の高い金券を購入すると、カード会社から現金化を疑われマークされてしまう恐れがあります。

FamiPayで金券を購入して現金化を行う場合は券面額が高額な金券は避けるべき

頻繁な現金化を避けるために券面額が高額な金券を購入し一度の現金化でより多くの現金を手に入れるのが、カード会社にバレずに現金化を行うのに効果があるように感じますが高額な金券購入は逆にカード会社にマークされやすくなるので危険です。

1~2万円までの券面額であればAmazonギフト券・Tunesカード・Google Playカードのどの金券を購入してもあまり不自然ではありませんが、5万円など券面額が高額な金券はどのような金券であっても不自然に映るのでカード会社から現金化を疑われるリスクが高まります。

Amazonギフト券・Tunesカード・Google Playカードなど他の電子マネーで購入するのが難しい高換金率の金券を購入できるのがFamiPayの魅力ですが、高頻度での金券購入や高額な金券購入を行うとFamiPayでの現金化がバレて利用できなくなります。

FamiPayを利用した現金化以外にも効率的な現金化は数多く存在する

ファミリーマートが提供するバーコード決済サービスのFamiPayは効率的な現金化に活用できる数少ない電子マネーの1つですが、頻繁に現金化を行うとファミマTカードに現金化がバレるリスクが高まります。

現金化には実にさまざまな方法が存在しますのでFamiPayでばかり現金化を行わず、複数の方法を活用しながら現金化をおこなうことが重要ですし、信頼できる現金化業者を利用することでカード会社にバレずに効率的な現金化の実現が可能です。

しかし現金化はカード会社との情報戦と言っても過言ではないため、従来の方法では効率的な現金化が行えなくなっていき、より効率的な方法が新たに考案されるなど現金化の状況は驚くほどの速度で変化しているのも事実です。

刻一刻と変化する現金化の最新情報をしっかりと掴んでおかなければ効率的な現金化を行うことは難しく、せっかくの現金化が不利な条件となったり最悪の場合カード会社にバレてしまい、手痛いペナルティが科されるリスクも存在します。

「俺LOVE現金化」はサイト名からも判るとおり現金化情報サイトとして常に最新の効率的な現金化の方法や信頼できる現金化業者情報、現金化に関わる法律やカード会社に現金化を疑われた際の対処法など現金化の総合情報を提供しています。

理想的な現金化の実現のために必要な現金化の最新情報は「俺LOVE現金化」で提供していますので、現金化の際には必ず「俺LOVE現金化」の最新情報を確認することでより効率的に理想的な現金化が行えると言えます。