ファストキャッシュ!クレジットカード現金化口コミ・評判最新情報

ファストキャッシュ

ファストキャッシュが換金率と顧客満足度NO.1を目指しているのは本当なの?

ファストキャッシュは、2017年より営業開始している比較的新しいキャッシュバック方式を採用したクレジットカード現金化業者です。

これから事業拡大を行うために顧客満足度向上だけでなく、事業継続の安全性を重視した運営を行っており、これから老舗になることが期待されている現金化業者と考えられます。

では、ファストキャッシュは、他の現金化業者と異なり具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか。

\キャッシュバック方式で安全性◎/

ファストキャッシュの取引方法を確認しよう

ファストキャッシュとの取引方法は、キャッシュバック方式と呼ばれる現金化方法です。

一概にキャッシュバック方式とは言っても中には代理購入という怪しい手法が含まれている場合があるので、必ずどのような取引方法となるのか確認しなければなりません。

クレジットカード決済にてキャッシュバック付き商品購入を行い、商品売買契約特典としてキャッシュバックを現金により受け取る一般的なキャッシュバック方式をファストキャッシュでは採用しています。

具体的な利用手順を知っておけば、慌てる心配がありません。

ファストキャッシュの取引方法は4ステップ

ファストキャッシュの取引方法は簡単4ステップ

ファストキャッシュとの取引方法は、以下の4つのステップを踏むことで確実に商品売買契約を進めることが出来ます。

クレジットカード現金化をキャッシュバック方式にて行う場合には、現金振込を受ける条件として必ず商品売買契約が有効に成立した上で、商品受け渡しまで完了して全取引が完了している必要があるわけです。

電話またはWEBフォームから申し込みする

ファストキャッシュへの申し込みは、電話ならば営業時間内の8時~20時の間に行い、WEBフォームからは24時間いつでも申し込み手続きを行えます。

必ず伝達しなければならない情報は、次の通りです。

必須情報

・氏名
・携帯電話番号
・メールアドレス
・利用希望金額

必要最小限の情報のみで最初は申し込みを行えるので、正式手続きへ進む前に問い合わせをしたいと考えている人には気楽にコンタクトを取れます。

\まずは気軽にweb申込み/

折り返し電話連絡に対応(申し込み意思確認と売買契約方法に同意)

WEBフォーム経由での申し込みについては、折り返しファストキャッシュからの電話連絡が入るので、申し込み意思確認と売買契約について説明があります。

具体的な換金率に関する情報は、この時点では公式サイトを確認するよう促されるので、最終的に現金振込対象となる換金額は分からない状態です。

同業他社からの問い合わせでは無いことを確認するだけでなく、悪戯目的での申し込みを避ける意味合いがあります。

本人確認書類・指定商品購入アドレスから決済手続きを行う

ファストキャッシュが指定する本人確認書類を全てしっかり揃えて提出出来た利用者に対してのみ、正式な現金化手続きを行うことになります。

希望する金額に応じて用意された専用のキャッシュバック付き指定商品を購入出来るアドレスがファストキャッシュから送付され、クレジットカード決済を自分で行うことにより現金化を行う準備が出来るわけです。

予め届け出たクレジットカードにて決済を行う際に、分割払いやリボ払いを選択することも出来るので、慌てずにじっくり手続きを行うことが望ましいです。

クレジットカード決済をファストキャッシュ側で確認出来た時点で、指定した預金口座へ換金額が現金の形でキャッシュバックとして振り込まれます。

後日届く指定商品を自宅にて受け取る

ファストキャッシュを利用した現金化サービスは、キャッシュバック付き商品の特典として現金化が行えるわけですから、商品受け取りが後日あります。

宅配便にて自宅へ届けられた商品の受け取りが完了するまでは、先払いを受けたキャッシュバック金額は正式に利用者のものとはなりません。

うっかり指定商品の受け取りを忘れてしまうと、商品売買契約が無効となるだけでなく受け取ったキャッシュバック自体を返金しなければなりません。

このため、ファストキャッシュから届く指定商品の受け取りがすぐには難しい場合、事前にファストキャッシュへ相談してからの申し込みが必要となります。

キャッシュバック方式を採用しているので最後の商品受け取りまでしっかり行う

キャッシュバック方式を採用したファストキャッシュの現金化は、商品受け取りが行われて初めてキャッシュバックが有効となる点に注意しなければなりません。

商品売買契約には、代金の支払いと商品の引き渡しがセットであって、どちらか一方が行われなければ売買契約が取り消しとなってしまうからです。

取り消しとなってしまった売買契約では、キャッシュバック特典は不当利得という形になるので、そのまま返金せずにいると不当利得返還請求訴訟提起を起こされかねません。

なぜキャッシュバック方式では商品を受け取らなければならないのか

買取方式とは異なりキャッシュバック方式を使ったクレジットカード現金化は、自宅で指定商品を受け取らなければならないことになっていますが、なぜ商品を受け取らなければならないのでしょうか。

実は、キャッシュバック方式を利用したクレジットカード現金化は、有効に売買契約が完了された場合のみ合法となるからです。

売買契約の完了が行われなかった場合には、売買契約そのものが取り消しという形になり、取り消し処理を双方がつつがなく行わなければ違法となります。

安全性が高いクレジットカード現金化方法としてキャッシュバック方式は買取方式から移行する現金化業者が老舗ほど多いですが、一方で商品を受け取らないという利用者側のマナー次第では利用者が違法行為を行うことになりかねません。

クレジットカード現金化は、商品売買契約を基本とした現金化サービスという点を忘れてはならないわけです。

\キャッシュバック方式の現金化で安全性◎/

ファストキャッシュの換金率表を確認しておきたい

ファストキャッシュを利用して現金化する際には、公式サイトに掲載されている換金率表が手数料込みの換金率としてすぐに確認出来ます。

実際には消費税やカード決済手数料に相当する控除額が発生するので、あくまでも参考程度に過ぎません。

なぜなら、商品売買契約を基本とするクレジットカード現金化は、売買を行う以上は少なくとも消費税の支払いは必須だからです。

消費税を控除した金額以上の換金率は、現実的にはありえないことは誰の目から見ても明らかです。

金額即日プラン法人カードプラン
1万円~20万円90%91%
21万円~50万円92%93%
51万円~80万円95%96%
81万円~100万円97%98%
101万円~98.5%98.5%

ファストキャッシュの換金率表は、個人ならば即日プラン・法人ならば法人カードプランを確認すれば良いので、希望館金額が決まっていれば目安を確認出来ます。

複数枚のクレジットカードを利用する場合には、先にファストキャッシュへ申告しておくことで合計額による換金率を出してもらえますが、後出しした際には個別の2回取引となりかねません。

\先に申告で複数枚の同時利用可!/

ファストキャッシュの特徴をチェック

ファストキャッシュの現金化サービスにおける特徴を知ろう

クレジットカード現金化業者は、独自のノウハウにより現金化手法だけでなく換金率にも違いがあります。

現金化ノウハウを外部に流出させないために、取引内容を具体的に明かさない現金化業者が少なく有りません。

では、ファストキャッシュの現金化サービスにはどのような特徴があるのでしょうか。

最低利用額は1万円・最高利用額はクレジットカード次第

ファストキャッシュでは、最高利用額の上限を設けていない代わりに最低利用額は1万円以上と決められています。

公式サイトに掲出されている換金率表にも、1万円からの金額しか掲載されていないことからも1万円が最低換金額という点は明らかです。

ファストキャッシュは、利用者が持つクレジットカードの利用可能額のうち残りの利用可能額を利用者からヒアリングした上で、決済推奨額の上限をアドバイスしています。

本来ならば利用限度額いっぱいまでクレジットカード決済を使えば、ファストキャッシュ側も利益が大きくなるはずですが、あくまでも利用者の今後を考えて目立つクレジットカードの利用を避けるアドバイスを行っているわけです。

最終的には利用者が取引額を判断しますが、独自のノウハウを持っているからこそ安全に取引出来る範囲を見極めています。

創業以来カードトラブルゼロ

クレジットカード現金化業者の中には、クレジットカード会社の監視システムに引っ掛かる取引を行った結果として、利用者のクレジットカードが利用停止または強制解約処分となる例があります。

しかし、ファストキャッシュでは、2017年の営業開始以来カードトラブルゼロを宣言しています。

クレジットカード現金化を行った結果として、クレジットカード会社のチェックに引っ掛からない工夫を行っているわけです。

ファストキャッシュの運営者情報を確認すると、創業が平成15年3月となっていることから分かるように、ファストキャッシュとしての営業は2017年からであっても運営者の創業は老舗の部類に入り、営業ノウハウを蓄積していることが分かります。

ネット銀行を振込先口座に指定すれば土日祝日でも即日現金化可能

クレジットカード現金化は、受け取る側の銀行口座がネット銀行やゆうちょ銀行以外の場合には、他銀行間取引を行うためには平日の15時迄に振込手続きが完了していなければなりません。

ファストキャッシュでは、8時~20時という営業時間内ならば、以下の3つの銀行に限り土日祝日関係なく平日15時以降でも即日入金可能です。

土日祝日・15時以降も入金◎
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

なぜなら、ネット銀行間では相互接続を独自に行う協定が結ばれていて、他銀行間であってもシステムメンテナンス時間以外は24時間いつでも相互振込出来ます。

リアルタイム反映されることから、振込手続きが集中していない限りは、即日振込を行った結果が当日中に反映されるわけです。

ファストキャッシュでは上記3銀行口座ならば常に即日入金可能としているので、該当する銀行に預金口座を有していると考えられます。

同一銀行同士ならば支店名が異なっていても、自らの銀行内での振替処理となるのでシステム稼働さえしていれば問題なく取引可能です。

\土日祝日・15時以降も入金◎/

法人カードプランがある安心感

ファストキャッシュが他のクレジットカード現金化業者よりも信頼性が高いと考えられる理由の1つとして、法人カードプランを設けている点を挙げられます。

個人向けのクレジットカード現金化と法人ビジネスカードは、クレジットカードとしての特性だけでなく利用限度額にも大きな違いがあります。

実際に1日に決済可能な金額の桁が違うという例もあるくらいです。

クレジットカード現金化業者は、クレジットカード決済を行った売買契約を基準として現金化を行いますが、実際に現金化業者の手元に現金が振り込まれるのは早くて2ヶ月後です。

法人カードプランにより多額の現金化が行われると、一時的に現金振込資金が枯渇するリスクがあります。

このため、規模が小さく資金力に余裕が無い現金化業者ほど、買取方式による現金化を採用しがちです。

キャッシュバック方式を採用して安全性が高い取引をしつつ、法人カードプランまで対応出来ることは、ファストキャッシュの資金力に余裕があることを示しています。

クレジットカード現金化を行う際に、資金力が豊富な現金化業者なら安心して任せることが出来ると考えられるわけです。

ファストキャッシュを利用する際の注意点とは

ファストキャッシュを利用する際の注意点~不明点は問い合わせよう~
ファストキャッシュを利用してクレジットカード現金化を行う際には、初めて利用する人にとってどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

公式サイトに記載されている情報を鵜呑みにせず、不明点を必ずファストキャッシュに電話問い合わせする姿勢が大切です。

実際の換金率は70%~80%

ファストキャッシュが掲出している換金率は、90%以上という高い換金率となっていますが、キャッシュバック方式を採用している以上は実際に振り込まれる換金率が89%を超えることはありません。

なぜなら、消費税に加えてカード決済手数料が3%以上は確実にかかってくるため、ファストキャッシュの利益や事務手数料以外でも11%~16%程度の控除額が必ず発生するからです。

実際にはファストキャッシュが現金化手続きを行う際の事務経費と人件費に加えて一定の利益まで考慮しなければならないので、全体の控除率は15%~25%程度の範囲となります。

クレジットカード決済を行った金額から逆算すれば、実際の換金率は70%~80%程度の範囲内に収まります。

希望利用額の多少に関わらずファストキャッシュ内部での現金化手続きは手作業が多いので、現金化する金額が少ないほど換金率は下がります。

このため、高額換金を行うほど換金率が高くなるわけです。

\高額換金で高換金率!/

本人確認はクレジットカード現金化業界でも特に厳しい

ファストキャッシュが行っている本人確認手続きは、盗難・紛失クレジットカードを使われないようにするために必要なことです。

クレジットカード現金化業者にとって、盗難紛失クレジットカードの利用を許してしまうと、調査のために業務自体が数日間止まってしまうリスクがあります。

そこで、本人確認を厳格化して、利用者本人以外が用意出来ない本人確認処理を徹底しているわけです。

具体的には、手数料を引いた正確な換金額を回答して正式申込へつなげるためには、以下の4つの本人確認書類を全て提出する手順が必要です。

4つの必須書類(本人確認用)
  • 運転免許証の裏表両面画像
  • 保険証の裏表両面画像
  • クレジットカードの裏表両面画像
  • 現金振り込み希望の銀行キャッシュカード表面画像

クレジットカード現金化業者の中には、運転免許証の裏表両面画像とクレジットカード表面画像のみで良いとする業者が少なくありません。

しかし、ファストキャッシュでは必ず本人が保有しているクレジットカードであることを確認するため、本人確認書類の数が多くなります。

問題となるのは、各クレジットカードや銀行キャッシュカードを手持ちした自撮り画像では無いために、財布をそっくり紛失した場合には上記4種類の画像提示を行ってもなりすましが出来てしまう点です。

それでも盗難紛失クレジットカードを使おうとする人にとっては、提出書類が多いファストキャッシュを敬遠して別の現金化業者を利用しようという思惑が生まれると考えられます。

盗難紛失クレジットカードは、利用者本人がクレジットカード会社に対して緊急利用停止措置を取るまでの時間が短いと考えられるので、なるべく急いで現金化しようと考えるはずです。

ファストキャッシュの本人確認方法は完璧では無いものの、一定の盗難紛失クレジットカード使用抑制効果が期待出来ます。

会社所在地が一部伏せられているので要確認

クレジットカード現金化業者と初めての取引を行う際には、本当に現金が預金口座へ振り込まれるか心配になります。

実際に現金が振り込まれずに騙されてしまう悪徳現金化業者が存在するので、初回取引は誰もが警戒して当たり前です。

ファストキャッシュは無店舗型のクレジットカード現金化業者ですから、特定商取引に関する法律に基づく表記により、屋号・住所・代表者氏名・連絡先電話番号・営業時間といった項目を一通り正確な表記を行うことが求められています。

ファストキャッシュでは、住所表記のみが丁目までしか記載されておらず、実際の住所は細かく記載されていません。

商品売買契約を基本とする現金化業界では、万が一のトラブル発生時に民事訴訟提起に至る可能性が隠れています。

商品売買契約を行いながら、取引相手の住所が本物かどうかを確かめずに利用することは問題です。

ファストキャッシュへ正式申込前に、番地まで含めた省略されていない正確な住所を教えてもらう必要があります。

\正式申込前に正確な住所を問合せ/

ファストキャッシュ利用者がリピートしようと考えるポイント

ファストキャッシュを利用した人にとって、次回もまたクレジットカード現金化サービスをファストキャッシュで利用しようと考えるかどうかがリピーター率にも大きく影響します。

では、短期間で多くの顧客を抱えることになったファストキャッシュは、どのような点で利用者がリピーターとなってくれるのでしょうか。

キャッシュバック方式の商品が必ず届く

キャッシュバック方式を採用したファストキャッシュでは、現金化の取引を行った後で購入商品が届かないという問題が発生しないように細心の注意を払っています。

なぜなら、キャッシュバック方式による現金化を行った際には、クレジットカード決済により代金の支払いが完了しても、発送した商品が届かなかったら売買契約が完了せず、大問題になります。

売買契約は引き渡し完了までが取引となっているので、ファストキャッシュによる確実な発送手配と、利用者による商品受け取りの完了が極めて重要となります。

ファストキャッシュを利用すれば、指定商品が必ず届くので安心して次回以降も取引可能です。

電話対応が親切丁寧

クレジットカード現金化業者には、利用希望者となる個人だけでなく同業他社の中でも悪質現金化業者が問い合わせ電話をしています。

悪質現金化業者が暇だからといって、優良現金化業者の業務妨害を行うことが珍しくありません。

ファストキャッシュへ電話連絡を行うケースや、折り返し電話をファストキャッシュからかける場合には、実際に不明な点を問い合わせてみると電話対応の良さが分かります。

本人確認書類を済ませなければ開示できない実際の換金率については、どのオペレーターへ電話連絡しても同じ回答を得られる点が電話対応の安定性に繋がっているわけです。

クレジットカード現金化業者の中には、電話対応が上から目線であったり横柄な態度を取ることがありますが、ファストキャッシュでは親切丁寧に質問に対して回答を明確に行ってくれます。

\親切&丁寧な電話対応だから安心/

本人確認書類提出後はファストキャッシュに関する情報提示に応じてくれる

ファストキャッシュが指定する本人確認書類4点を提出した後は、ファストキャッシュに関する住所情報を含めた取引に必要な情報開示に一通り応じてくれます。

初めて取引を行うまでの警戒は、どのクレジットカード現金化業者を利用する場合であっても常に双方が持つものであって、不正取引を防ぐためにも必要なことです。

ファストキャッシュが求める取引条件は毎回変わらないものの、同一電話番号からの複数回リピートについては、本人確認書類提出が次回以降は免除される点も高評価を受ける理由となっています。

携帯電話番号が変更となる場合や、クレジットカード番号として今まで未提出のクレジットカード情報を使う場合には、改めて本人確認書類の提出を求められます。

ファストキャッシュでは、内部で決められた手順に沿って画一的な対応が行われているので、公式サイトに掲載されていない情報であっても本人確認さえ済ませれば、必要な連絡事項として売買契約を円滑に進めるために開示依頼を行えます。

ファストキャッシュは安全性を追求したキャッシュバック方式による現金化サービスを提供

ファストキャッシュは、向上心を持って顧客満足度を上げる工夫を行っているクレジットカード現金化業者です。

顧客満足度NO.1を目指しているからこそ、敢えて厳しい本人確認書類提出を求めることにより、盗難・紛失クレジットカードが不正利用されないように防衛線を張っているわけです。

電話対応については画一的な基準に基づき運用しているので、不確実な情報を伝えずに現金化サービスに必要な情報のみ選択的な開示を行っています。

ファストキャッシュを1度利用すると、リピート利用したいという顧客が多い理由は、丁寧な電話対応により安心してクレジットカード現金化サービスを任せることが出来るからなのです。

\顧客満足度NO.1で高リピ率/