現金化に潜むリスク!悪徳業者や詐欺業者の最新の手口を紐解きながら徹底解剖

現金化に潜むリスク!悪徳業者や詐欺業者の最新の手口を紐解きながら徹底解剖

クレジットカードのキャッシング枠と、ショッピング枠は、別枠として扱われるので、キャッシング枠を利用上限まで利用し、新たな借り入れができない場合でも現金化は可能です。

またショッピング枠を現金に置き換える現金化は、いざという時のために、キャッシング枠を残しながら、現金を手に入れられるので、利用者数が増加している現金調達手段です。

しかし、悪徳業者や詐欺業者も存在し、ウッカリ引っかかると深刻なトラブルに発展する可能性もあるので、リスク回避のため悪徳業者や詐欺業者の最新の手口について紹介します。

非常に魅力的で効果的な現金調達を実現できるのがクレジットカードの現金化

非常に魅力的で効果的な現金調達を実現できるのがクレジットカードの現金化
予定外の出費は、手持ち現金が少ないタイミングに限って発生するもので、現金調達に頭を痛めたことは、誰でも経験するものだと言えます。

カードローンや消費者金融ローン、キャッシングなどで簡単に現金が手に入りますが、利用の度に限度額が減っていくので、できるだけ借入額は増やしたくないものです。

そこで賢い消費者に選ばれているのが、カードのショッピング枠を現金に置き換える現金化で、現金化ならキャッシングの利用限度額を保ちながら現金を手に入れられます。

クレジットカードで、手っ取り早く現金を手に入れられるのはキャッシングだけど、借入になるから年収の1/3までしか、利用できないんだよな融資サービスって。
そうそう、貸金業法の改定で総量規制が導入されて、借入総額は年収の1/3までに制限されたんだ。多重債務に陥らないようにする利用者保護のための法規制ということだな。
借入しないと、どうしても家計をやりくりできないケースもあるだろう?
やりくりが厳しい状況なのに、借入総額を規制すると、破綻するケースもあるんじゃないの?
そうだな。借入なしで回せるなら誰も借入しないと思うけど、現実的には借入額が制限されて行き詰まるケースも、決して少なくないだろうな。闇金が登場した原因とも言えるし。
と言うことは、貸金業法で規制されない方法で、現金を手に入れる必要が発生するわけだよな。だから現金化がクローズアップされて、多くの利用者に活用されているってことか。
そういうこと。キャッシング枠は貸金業法だけど、ショッピング枠は割賦販売法の規制を受けるから、同じカードに搭載されていても、2つは別枠として扱われるからな。

主な現金化の方法は買取方式とキャッシュバック方式に分類できる

ショッピング機能は、購入商品や利用したサービスの代金をカード会社が立替えて決済し、1ヶ月の利用額を利用者に請求する機能で、本来現金に置き換えることができません

現金化は業者に購入商品を売却して、現金を手に入れる買取方式や、業者から商品購入し、キャッシュバックで現金を手に入れるキャッシュバック方式で行われます。

どちらの方法も商品購入が関係し、ショッピング枠を利用できる点に着目したのが現金化で、カード会社の利用規定違反ですが、違法行為ではない現金調達手段です。

  • 買取方式は、購入商品を転売して現金を受け取るものです。
  • キャッシュバック方式は、本来の市場価値以上の金額で業者から商品購入し、市場価値との差額が払い戻されます。

買取方式・キャッシュバック方式共にオンライン取引が現在の主流

リサイクルショップや金券ショップなど、店頭取引で商品を現金に置き換えるのが、オーソドックスな現金化ですが、現在はオンライン取引で完結する現金化が主流となっています。

オンライン取引には

  • 年中無休の24時間365日対応
  • 全国各地から利用できる
  • 最短30分や即日振込などのスピード取引を実現

などのメリットがありますが、利用する業者の見極めが難しく、ウッカリ悪徳業者や詐欺業者に引っかかってしまい、トラブルに巻き込まれるリスクも存在しています。

なるほど、オンライン取引は便利に利用できる反面、悪徳業者や詐欺業者が暗躍しやすくなるという側面があるのか、なんでもネットに頼るのは危険だってことだよなぁ。
まぁな、しかしここまで便利なシステムが普及してしまうと、「昔の対面取引には戻れない」と感じる利用者が大半だろうから、細心の注意を払って、オンライン取引するべきだろうな。

ウッカリ引っかかるとトラブルに繋がりかねない悪徳業者や詐欺業者とは?

ウッカリ引っかかるとトラブルに繋がりかねない悪徳業者や詐欺業者とは?
買取方式による現金化は、古物営業法の規制を受ける古物取引に該当するので、業者は公安委員会から古物商の許可を得て営業する必要があります。

キャッシュバック方式は、商品購入の特典としてポイントではなく、現金を還元する商法となるので、古物商や貸金業者の許可がない業者でも運営できます。

現金化に悪徳業者や詐欺業者が介入しているのは、実店舗の対面取引よりオンライン取引の利用が、活発になったことが影響するんだろうな。
そうだな、業者と対面する必要のないオンライン取引は、利用者にとって、メリットがある方法だけど、新しいリスクが発生したのも事実だと言えるだろうな。
買取方式は、公安委員会から古物商の許可を得る必要があるのに対して、キャッシュバック方式は特に許可がいらない現金化の方法なのか。買取方式の方が安心できるってこと?
いや、買取方式にも悪億業者や詐欺業者は存在するし、信頼できる優良業者が、キャッシュバック方式で現金化を行っているケースもあるから、どちらが良いとは一概には言えないな。
ウッカリ悪徳業者や詐欺業者に引っかかると、どんなトラブルに発展するんだろう?
やっぱり希望どおりの現金が手に入らないとかなのか?
嫌だなぁ、悪徳業者や詐欺業者って。
闇金が関係するケースもあるようだし、現金化が必要な状態の利用者の弱みに付け込むのは許しがたいのは確かだ。引っかからないように、どんな手口が使われるのか見てみよう。

現金化に潜む闇!悪徳業者や詐欺業者のオーソドックスな手口とは?

現金化に潜む闇!悪徳業者や詐欺業者のオーソドックスな手口とは?
現金を必要とする利用者の弱みに付け込む悪徳業者詐欺業者が許しがたい存在であることは間違いありませんが、引っかからないようにするしか、自衛策がないのも事実です。

悪徳業者や詐欺業者の利用を回避するためには、「どのような手口が利用されているのか?」を掴んでおくことが、効果的だと言えるでしょう。

オーソドックスな手口としては

  • 現金化しても支払いが行われない
  • 現金化の入金が遅れたり分割入金される
  • カード情報が抜き取られる

などが挙げられますので、個別に詳しく手口を暴きながら紹介します。

現金化しても支払いが行われない

最もオーソドックスな手口だと言えるのが、現金化しても支払いが行われない手口で、買取方式とキャッシュバック方式の双方に、悪徳業者や詐欺業者が存在します。

  • 買取方式の場合は、売却した商品の買取価格が振り込まれずに商品が取り上げられ、現金を手に入れられない上に、現金化に利用した商品購入費用がカード会社から請求されます。
  • キャッシュバック方式では、商品購入後にキャッシュバックされるはずの現金が振り込まれず、必要のない商品購入費用だけがカード会社から請求されます。

カード会社の利用規定で現金化が禁止されているので、「悪徳業者や詐欺業者に商品を騙し取られた」とも言えず、利用者が泣き寝入りするパターンが多い手口です。

現金化の入金が遅れたり分割入金される

想定外の出費に対応するために、現金化を利用するケースが多い傾向にあり、即日入金や最短10分や30分などのスピード現金化を掲げる業者も少なくありません。

しかし、悪徳業者や詐欺業者を利用すると、スピード現金化を行っても一向に現金が振り込まれないケースが珍しくなく、必要な時に現金が手に入らない状態に陥ります。

何度も請求を行うと、現金化を行って10日~2週間後に、ようやく入金されたり、一括入金ではなく、分割で入金される場合もあります。

既述の支払われない手口より遅く・分割でも入金されるのが救いですが、何度も請求しなければ支払われない可能性もあり、必要な時に現金化できなければ利用価値がありません。

カード情報が抜き取られる

利用者が、現金化業者から商品購入するキャッシュバック方式では、商品購入の際に入力したカード情報が抜き取られ悪用する手口も発生しています。

また買取方式の場合でも「現金化の手続きに必要な情報」などと、巧みにカード情報を引き出そうとする悪徳業者や詐欺業者が存在しますが、絶対にカード情報は伝えないでください。

URLが「https」ではなく「http」の決済ページは暗号化されていないので、利用を控えることや決済時に、必ずURLが「https」であることを確認することをおすすめします。

オーソドックスな手口だけで3つもあるの?
どの手口も悪質で悪徳業者や詐欺業者の呼び名は、伊達じゃないって感じだな。現金化の時に、こんなのに引っかかったら悲劇だな。
そうだな、特にカード情報が抜かれるってのは、被害が後を引きそうでおっかないだろう。オンライン取引は「生き馬の目を抜く」って言えるくらい、リスクがあるから要注意だ!

こんな手口も!次々に考案される悪徳業者や詐欺業者の最新の手口とは?

こんな手口も!次々に考案される悪徳業者や詐欺業者の最新の手口とは?
効率的な現金化の方法が、次々に考案されるのは喜ばしいことですが、悪徳業者や詐欺業者の手口も、、次々に考案され続け、巧妙化していますので、最新の手口について紹介します。

既に紹介したオーソドックスな手口も最新の手口も「驚くほどの高換金率で集客している」のが共通点で、高換金率に釣られてしまうと、悪徳業者や詐欺業者の餌食になります。

現在、確認できる悪徳業者や詐欺業者の手口は、驚くほど巧妙になっていて、最新のものとして次の手口が挙げられます。

  • 優良業者と偽って紹介料を騙し取る仲介詐欺
  • 取引時の提示額と入金額や請求額が異なる料金詐称詐欺
  • ショッピング枠のリセットでそそのかす振り込め詐欺
  • おとりの換金率でミスリードを誘う換金率詐欺

優良業者と偽って紹介料を騙し取る仲介詐欺

集客用に高換金率を掲げるものの確認すると、「諸事情で現在の換金率はこうなります。」などと、低い換金率を提示しながら、「他の優良業者を紹介します。」と持ちかける手口です。

ウッカリ利用すると、仲介手数料が発生し、利用を断ると原因不明の「キャンセル料」が発生する手口で、絵にかいたような悪徳業者・詐欺業者だと言えるでしょう。

紹介する優良業者というのも、仲間の悪徳業者や詐欺業者であったり、名称を変えただけの自社チャンネルの1つであったりで、利用価値は全くないと捉えるべきです。

取引時の提示額と入金額や請求額が異なる料金詐称詐欺

買取方式の現金化では、契約時に換金率のみ提示され、入金時に現金化手数料が差し引かれた額を振り込む手口は、料金詐称詐欺ですが、悪徳業者や詐欺業者の常套手段の1つです。

またカードで商品購入すると、購入から代金請求まで最大2ヶ月程度のタイムラグが生じるのを利用したのが、キャッシュバック方式で悪用される料金詐称詐欺の手口です。

細かく利用明細をチェックしない利用者であれば、約束の購入額より遥かに高額請求されているのをカード会社の請求書で知って、頭を抱える状況に陥ります。

ショッピング枠のリセットでそそのかす振り込め詐欺

悪徳業者や詐欺業者のなかには、利用者を陥れる驚くような手口を考案する悪人がいて、「現金化で振り込んだ額を、一旦振り戻せば、ショッピング枠がリセットされる」と持ち掛けます。

この手口が巧妙なのは、最初に現金を振り込み利用者を安心させ、あり得ない「ショッピング枠リセット」を持ちかける点だと言えます。

現金化で手に入れた額を業者に振り戻しても、カード会社には全く関係ないので、商品購入代金がリセットされることはありませんし、一旦振り戻した現金は利用者に戻りません。

おとりの換金率でミスリードを誘う換金率詐欺

一律98%の高換金率など掲げ集客するものの、利用規約に「複数枚の電子ギフト券換金に限り、最少額の1枚のみ95%、他のカードは18%での換金」などと明記する手口です。

仮に、1万円の電子ギフト券1枚を現金化すると、複数枚の最少額の95%が適用されず「他のカードの換金率の18%」となり、1,800円しか手に入れられません。

換金率詐欺の手口

2万円×4枚と、1万円×2枚で、10万円の換金で、95,000を期待しても
2万円は、3,600円×4で 14,400円、
1万円は、9,500円と 1,800円となり、
合計25,700円の現金化になります。

掲示する換金率は95%であっても、実質換金率が25.7%となる手口ですが、利用規約に明記しているため、警察が介入できない非常に悪質な手口だと言えます。

細心の手口も、オーソドックスな手口に輪をかけて、悪質で巧妙になってるな。なんだか現金化を利用するのが恐ろしくなってきたんだけど、使わざるをえない状況だしなぁ。
確かに、最新の手口は巧妙で悪質なものばかりだから、現金化業者に不信感を覚えるかもしれないけど、悪徳業者や詐欺業者は、ほんの一部だから優良業者を探すのが肝心だぜ。

ウッカリ悪徳業者や詐欺業者に引っかかった場合の対処法は?

ウッカリ悪徳業者や詐欺業者に引っかかった場合の対処法は?
現金化で、ショッピング枠を現金に置き換えようとして、悪徳業者や詐欺業者に引っかかった場合の対処法が気になりますが、実は、これといった有効策が存在しないのも事実です。

犯罪やトラブルに巻き込まれた場合は、警察へ通報するのが効果的のように感じますが、「民事不介入」なので、悪質業者や詐欺業者を刑事告訴しなければ、警察は介入しません。

警察に通報すれば「悪徳業者や詐欺業者を懲らしめてくれる!」って思ってたのに、警察は民事不介入だから悪徳業者や詐欺業者を取り締まれないの?
正義はどこにあるんだ!
刑事告訴すれば警察は介入できるけど、そうすると現金化の利用が、カード会社に知られるから利用者が被る不利益が、さらに大きくなるリスクがあるからな。
むむっ!悪徳業者や詐欺業者はそこまで計算しているのか?
なんて狡猾で悪質で巧妙なんだ、被害に遭った利用者は、泣き寝入りするしかないのかよ?
カード取引のトラブルは、国民生活センターが担当しているから、センターから紹介された弁護士を通じて、悪徳業者や詐欺業者と交渉するのが現実的だといえるな。
弁護士さんが正義の味方になってくれるのか!
しかし、悪徳業者や詐欺業者の悪質さを考えると、交渉は一筋縄じゃ行かないんだろうことが安易に予想できるよな。
そうだな、悪徳業者や詐欺業者の多くが、短期に仕掛けて、雲隠れする「ヒット&アウェイ」で運営しているケースが多くて、尻尾を掴むのに苦労するのが実状のようだぞ。

悪徳業者や詐欺業者の犯罪行為に警察が介入するケースも存在する

既述のとおり、民事不介入を理由に、警察が現金化を利用した悪徳業者や詐欺業者の摘発を行えませんが、実は既に現金化業者が摘発されたケースは存在します。

現金化の悪徳業者や詐欺業者に対して

  • 電子計算機使用詐欺罪
  • 貸金業法違反
  • 出資法違反

などが適用されると民事事件ではなく、刑事事件として警察が捜査できます。

摘発された業者は、貸金業法違反と出資法違反で逮捕され、既に有罪判決を受けているので、警察が悪徳業者や詐欺業者を一概に野放しにしているわけではないことが判ります。

オンライン取引で行われる現金化で、キャッシュバック方式は「通常の商取引を装い現金化を行った」と判断されると、虚偽の取引データで、カード利用していることになります。

虚偽の取引データでのカード利用は、カードの不正利用となり、詐欺罪の1つの電子計算機使用詐欺罪が適用される可能性があります。

またキャッシュバック方式は、貸金業ではないと位置付けられますが、「小売販売業社のキャッシュバックの規模を逸脱している」と貸金業と捉えられているのも事実です。

貸金業法が適用されると、事業運営に金融庁への届出が必要となるため、貸金業者登録を行っていない現金化業者に、無登録営業の貸金業法違反が適用される可能性があります。

さらに出資上では、年率20%を超える金利を禁止していて、これには手数料も含まれます。

換金率と手数料を合わせた実質換金率が、80%以下になる現金化業者は、出資法の拡張定義が適用されると、過剰金利の出資法違反となる可能性があります。

悪徳業者や詐欺業者が摘発されても利用者は巻き込まれない?

現金化の悪徳業者や詐欺業者に対して、現状では警察が介入するケースは少ないものの、現行法の拡張定義を適用すれば、刑事事件として業者を摘発できます。

連座して利用者が逮捕されるリスクが心配ですが、仮に既述の拡張定義が適用されても、処罰対象は悪徳業者や詐欺業者のみとなり利用者が巻き込まれることはありません。

しかし、利用した現金化業者が、悪徳業者や詐欺業者で摘発されると、利用履歴で現金化業者との繋がりをカード会社が突き止めてしまうリスクがあります。

現金化をカード会社に突き止められると

  • カード利用停止
  • 強制退会
  • 利用額の一括返済

などのペナルティが利用者に課せられます。

さらに強制退会の措置は、信用情報機関で共有されるので、現金化に使用していないカードでも、同様の措置が講じられる可能性が非常に高くなります。

悪徳業者や詐欺業者に引っかからないように、「細心の注意を払って現金化を行う」ことが、利用者が行える最善で最強の自衛策となると捉えるべきだと言えます。

警察が介入してくれて、悪徳業者や詐欺業者を懲らしめてくれるのはメシウマだけど、現金化業者との繋がりが、カード会社にバレるのは絶対に避けたい最悪の状況だよな。
そうそう、あの手この手で、利用者を騙そうとする悪徳業者や詐欺業者の存在は許せないが、現金化自体は違法行為ではないから利用者としては巻き込まれたくないよな。

悪徳業者や詐欺業者の判断は難しい?信頼できる優良業者との見分け方とは?

悪徳業者や詐欺業者の判断は難しい?信頼できる優良業者との見分け方とは?
ウッカリ悪徳業者や詐欺業者に引っかかると、金銭的なダメージを負ううえに、業者が摘発されても、カードが使えなくなるリスクが残ります。

悪徳業者や詐欺業者との関わりを持たずに、信頼できる優良業者で現金化するのが、理想的な現金化実現の鉄則ですが、信頼できる優良業者を発見するのが難しいのも事実です。

しかし、どんなに悪徳業者や詐欺業者が、一般的な現金化業者を装っていても、どこかに綻びが出るものですので、利用者は綻びから最新の手口で陥れようとする業者を見極めます。

利用しようと考えている現金化業者の公式サイトで、極端に会社概要の表示が少ない場合は、悪徳業者や詐欺業者の可能性を疑うべきだと言えます。

また常識外の高換金率を提示する業者や現金化に対する具体的な情報提供が少ない業者なども、最新の手口で待ち構えている可能性があるので要注意です。

誤字脱字や微妙なレイアウトなどで、悪徳業者や詐欺業者が、利用する使い捨てサイトの可能性を推測できますが、近年は見栄えのいいものを簡単に作れるので難しくなっています。

最も効果的なのは、業者名に悪徳業者や詐欺業者を加え口コミや現金化情報サイトの掲載情報で、最新情報を確認することだといえます。

悪徳業者や詐欺業者を回避!信頼の優良業者利用には現金化の最新の情報が必要

オンライン取引は、年中無休での対応や全国各地からの利用、現金化のスピード向上などのメリットがあるものの、「どのような業者であるのか?」の判断が難しいのも事実です。

信頼できる優良業者であれば、安心で効率的な現金化の実現が可能ですが、悪徳業者や詐欺業者に引っかかると、効率的な現金化はおろか、現金が手に入らないリスクも発生します。

悪徳業者や詐欺業者の利用を避けるためには、実店舗を持つ業者のオンラインサービス利用も効果的ですが、まずは口コミや情報サイトで、最新の業者情報を確認するのをおすすめします。

俺LOVE現金化は、次々に考案される理想的な現金化の方法現金化に活用する換金率の高い商品の情報信頼できる安心で高換金率な優良業者など最新の情報を提供しています。

悪徳業者や詐欺業者が、駆使する最新の手口なども研究しながら定期的に暴いていきますので、悪徳業者や詐欺業者に引っかからないよう最新情報を確認してください。

現金化のに特化した現金化情報サイト「俺LOVE現金化」の掲載情報をフル活用して、悪徳業者や詐欺業者ではない信頼の優良業者で理想的な現金化を実現してくださいね。