クレジットカード現金化詐欺被害 相談場所は警察? 弁護士?

sagi

クレジットカード現金化にはちょっと注意しなければならないトラブルもあるようです。

本当にお金が必要という時にはクレジットカード現金化は有効的手段かもしれませんが、私達はそれなりにクレジットカード現金化に注意しなければならないこともあります。

そしてトラブルが起きたとき、どこが適切な相談場所なのでしょうか。

そのようなことも、万が一のことを考え、いまリサーチしておくべきことでしょう。

クレジットカード現金化はトラブルになってしまうかも

クレジットカード現金化はとてもスムーズにできて、お金が即欲しいとき、何も消費者金融のお世話になる必要はないと思っているかもしれないですよね。

消費者金融のキャッシング枠がなくても、もう安心です。

総量規制で規制を受けてしまった人たちも、クレジットカード現金化は安全圏と思っているかもしれません。

しかし、それでもクレジットカード現金化のトラブルが起きてしまうことがあります。

あわててクレジットカード現金化する人たちもいるでしょう。

そのような人たちは、現金化ということだけで頭は一杯一杯です。

後日振り込まれる予定なのに現金が振り込まれなかった

後日振り込まれる予定なのに現金が振り込まれなかった
後日、クレジットカード現金化して、当然振り込みされるものと思っていたのに振り込みが実際にないというケースがあります。

本当に最悪の事態ですね。

しかし、最悪の事態は間違いなくクレジットカード現金化で起きているようです。

クレジットカード現金化という手段がフェアかといえば、ちょっと闇の部分もあって、不安感もつきまとう方法です。

ですから、このような雰囲気につけこむ業者があります。

そのような悪徳業者につかまってしまうと、当然現金化できるものと思っていれば振り込みされないというケースがあります。

クレジットカード現金化には即日現金化できる方法がありますが、時として後日振り込みのほうが還元率が高いことがあります。

期日的に余裕のある人たちは、それを選択してしまうかもしれないですよね。

しかし、待てども全然業者はあなたの口座に振り込みはしてくれないのです。

クレジットカード現金化はとても身近な方法です。

しかし、あまりにも身近だという甘い考えで何も業者のリサーチをしないとこのような罠にはまる確率も高くなってしまうでしょう。

クレジットカード現金化をする時、どのような業者を選べばいいのかをしっかりインターネットでリサーチしましょう。

リサーチして、この業者にしようと思えばその時ほとんど悪徳業者の罠にはまることはないでしょう。

ランキングトップの業者などを利用する分には、ほとんど間違いは起こらないです。

たとえば以下のようなものを総合的に比較し、口コミでチェックしましょう。

  1. スピードチェック
  2. 還元率比較
  3. お客様対応で比較
  4. 土日祝日営業で比較
  5. 15時以降の振込で比較
  6. キャンペーンで比較

優良業者をピックアップする方法はいくらでも見つけることができます。

時間をかけて、まずは業者探しからです。

相談場所と言いますが、そんなところはなかなか見つからないかもしれません。

相談場所がなくとも、自分自身で詐欺被害に遭わないで済む方法はいくらでも学ぶことができます。

電話もつながらず所在地にない

クレジットカード現金化する上でしっかりリサーチしないことには、業者の住所を確認するのを忘れたばかりに、電話もつながらず所在地もなかったという事件も起きてしまいます。

あなただって、この程度の詐欺被害に遭遇してしまう確率はいくらでも存在しているのです。

振り込みが即あれば何も問題は起こらないですが、振り込みがなくて業者と連絡を取ろうと思うものの取れないことは結構あるようです。

業者が雲隠れしてしまうことなどそれ程難しい訳ではありません。

特にインターネットの世界では簡単にできてしまうのです。

相手が実際に九州にいるということがわかっても、東京に住んでいる人たちはなかなか行くことができないですよね。

交通費を使用したら、割が合わないケースも出てきてしまうかもしれません。

しかし、実際に行けばそのような住所がなかったり、住んでいなかったということもあります。

住所はあるけど、そこに会社が存在しないということは悪徳業者に往々にしてあることです。

だから住所があるから安心とはならないのです。

しかし、利用するときに普通はいちいち住所までチェックしないですよね。

もしも、電話番号などわかれば一度電話して業者の雰囲気などチェックしてみるといいかもしれません。

そのようなとき、悪徳業者ならではの雰囲気が漂っているかもしれませんし。

あなたがこの業者は雰囲気が悪くて怪しいと思えば、やっぱり使用しない方がいいのではないでしょうか。

クレジットカード現金化業者には、悪徳業者がいるという思いがあればあなたができる対策はいろいろあると思います。

あらかじめトラブルに遭遇してしまった時には……ということを考え、相談場所をリサーチしておくことも大事なことかもしれません。

業者は業者で、クレジットカード現金化をしようとしているあなたにも負い目があり、相談場所にはなかなか相談にいけないと思っていることもあるかもしれません。

クレジットカード現金化相談場所

クレジットカード現金化相談場所
クレジットカード現金化でいろいろトラブルに巻き込まれてしまった人たちがいるかもしれません。

しかし、そのような人たちは負い目があり相談場所を見失っていることはないでしょうか。

相談場所へ行けば、クレジットカード現金化なんてするからいけないんじゃないですか! と叱られてしまいそうですね。

でも警察弁護士ならそんなあなたを守ってくれそうです。

しかしそのような人たちはあまり適当ではありません。

警察は詐欺にはそれ程積極的に動く存在ではありません。

詐欺に遭ったのに警察に届け出を受けてもらえないというケースもあるでしょう。

警察は積極的に動くのは事件に対してです。

その詐欺はなかなか事件という判断をしてもらうことができないかもしれません。

あなたは間違いなく詐欺と思っている訳ですからそのような相手に本当にイライラしてしまうことでしょう。

詐欺にするには証拠不十分というのも警察で言われるおきまり文句です。

警察は相談場所?

そもそも相談場所というものの、詐欺が何か、警察が何か、警察に詐欺の被害を訴えるのに妥当かということがまだはっきりと理解できていない段階ではないでしょうか。

警察官はいざという時に頼るべき存在であり、当然クレジットカード現金化詐欺被害の相談場所となると考えるでしょう。

実際に警察官は田舎警察でも、一日一件程度詐欺被害の訴えを受けると言います。

しかし、警察がそのような案件に対して詐欺と断定するかです。

警察で詐欺の断定をしなければ、詐欺の数は必然的に少なくなってしまう訳ですが。

警察官に聞いて、詐欺事件なんてそれ程ありませんよと言われてしまえば、全部被害が跳ね返されてしまっているのかもしれないですよね。

跳ね返されて被害を受けた人も、ひょっとしたら詐欺ではなかったのかもという認識の仕方をしてしまうのかもしれません。

大事なのは、この被害は絶対に詐欺だと自身で断言することです。

詐欺とはなんなのかと言えば、刑法第246条第1項に定められています。

人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。”とあります。

しかし、非常に簡単にしか書いていないと思いませんか?

だから、詐欺という判断はなかなか難しいのかもしれません。

人を欺いてという意味合いは、もちろんクレジットカード現金化でだまされてしまうことです。

法律的には、欺罔(ぎもう)という言い方をするようですが。

嘘の話を相手がもちかけて、そうすれば、人たちはその話を真実として受け止めてしまえば、だまされてしまうことになります。

そこに錯誤(さくご)が起きてしまうことになります。

欺罔・錯誤・交付

財物を交付させたという意味合いは、お金や物品を自ら差し出させるという意味合いです。

「交付」という言い方を法学的にします。

以下のものが、詐欺が成立する要素です。

  • 欺罔
  • 錯誤
  • 交付

では、あなたのトラブルが詐欺かどうか正しい判断をしてみましょう。

クレジットカード現金化において、悪徳業者の言っていることに対して嘘が混じっていれば詐欺である可能性があります。

「後日振り込みします」と言って振り込みされないのなら、間違いなくそれは嘘なので詐欺です。

しかしその嘘は、真実のように見えてしまうため、だまされる人たちがおり、非常に厄介なのです。

こんな状態ではクレジットカード現金化で、今後も詐欺にだまされてしまう人たちは多く続出することでしょう。

詐欺が成立するためには、詐欺にだまされる必要があります。

当然でしょうと言われるかもしれませんが、とても大事なことです。

後日振り込みをしますと言われて、あなたが今日は振り込みがなかったけど、明日なら振り込みしてもらえるかもしれない……という思い方をしている以上、まだ相手を犯人と決めつけられないでしょう。

でも、待つにも限界はありますよね。

そのタイミングが非常に難しいと言えば難しく、いつ警察に行けばいいかという悩みもあります。

警察も、もうちょっと待ってみたらどうですかというかもしれません。

詐欺の犯人も、そのような点は巧みなのかもしれません。

問われれば、支払いしないなんて言ってません、明日振り込みしようと思っていたところだった、というかもしれません。

例えば、悪徳業者だと最初から思っていましたよ、振り込みしてくれないかもと思っていたら案の定振り込みしてくれませんでした……という言い方をしたら、警察程度のレベルではすんなり受け止めてくれるかもしれませんが、検察官や裁判官、または犯人の弁護士レベルでは、あなたは、錯誤に陥っている訳ではないと言われ、詐欺を覆されてしまうかもしれません。

返済の意思・能力

返済の意思・能力

要は、返済する意思も能力もないということが証明されればいい訳ですが、実際にそれが難しいのです。

ですから立証のため、返済の意思・能力など調査することになります。

預金口座にいつ、いくら程度の入金があるのかと言ったことや、毎月何に対しいくらくらいの出費があるのかということなど細かい分析をすれば、とてもじゃないけど計画性をもって振り込みすることができるはずはない、これは紛れもない詐欺性を持っているということが判明します。

しかし、やっぱり詐欺の立証は難しいと言わざるを得ないです。

証拠の保全

いろいろ詐欺には難しい厄介な問題がはらんでいますが、みなさんがクレジットカード現金化において詐欺被害にあってしまったとき、優先してしなければならないのは証拠の保全です。

犯人と交わした書類、たとえば借用書・領収書・念書と言ったものが充分証拠としての意味をもたせることができますし、通話履歴やメッセージのやりなどがあれば詐欺を証明しやすいです。

警察そもそも被害を受けたいと思っていない

クレジットカード現金化被害の相談場所が当然警察と思うものの、警察では詐欺の被害を受けてくれないケースが目立ちます。

非常に警察は無責任という感じがありますよね。

それは明らかな事件性をもったものよりも、捜査が面倒くさいからです。

警察には、民事不介入という概念があります。

詐欺が民事とは言いませんが、中途半端なエリアは警察の介入範囲ではないという考えをついついしてしまうことでしょう。

詐欺の場合は詐欺事件のおそれがあるため、相手に確認を取るという段取りが非常に面倒くさいのです。

そして警察官一人一人に対して、詐欺の被害届を取るスキルがあまりなかったりします。

警察、そして弁護士、トラブルを解決してくれる適任者ともいうことができる人たちですが、弁護士に依頼をしても相当時間がかかりそうです。

弁護士について長くは解説はしませんが、依頼すれば高額を要求されてしまうでしょうし、あなたのクレジットカード現金化詐欺被害額では、それ程相談場所として期待できないのではないでしょうか。

時間がかかるというのも弁護士のデメリットです。

それでも弁護士の方が、早期解決の可能性はあります。

無料で法律相談できる場所もありますが、それでも弁護士とお金は無関係ではなく、訴訟を起こすときには着手金を必要とします。

クレジットカード現金化でお金を取り戻すことができたとしても、それ以上のお金を弁護士に支払いしなければならないのはどう見ても賢い方法と判断できないでしょう。

ではクレジットカード現金化トラブルの適した相談場所がどこかということですが、一番おすすめしたい相談場所は国民生活センターです。

名前はすでに聞いたことがある人たちが多いのではないでしょうか。

国民生活センター(国民消費者センター)に相談

国民生活センター(国民消費者センター)に相談
クレジットカード現金化トラブルの相談場所として的確なのは、国民生活センター・国民消費者センターです。

国民消費者センターは、強いトラブル解決のノウハウを持っています。

そして、相談料金も無料なのでお金のない人たちに適した方法ということができます。

まずは、国民生活センターに相談するというのがいいでしょう。

国民生活センターとは、消費者庁が直轄している独立した行政法人です。

このようなクレジットカード現金化トラブルも、すでに多く受けて実績も存在していることでしょう。

日本クレジットカード協会と情報提供もしているから、クレジットカードトラブルの豊富な実績があります。

何よりもみなさんが、警察や弁護士よりも気軽なモチベーションで向き合うことができる相談場所です。

国民生活センターを相談場所としている人たちは意外と多い

やっぱり身近なモチベーションで向き合うことができるから、国民生活センターを相談場所としている人たちが意外と多いようです。

普段、それでもそのような場所は無縁と考えているでしょう。

そしてクレジットカード現金化トラブルも無縁と思っているのではないでしょうか。

しかしそのような事件に遭遇してしまうことは、やっぱりリスクの存在している場所に立ちいってしまうからおこることなのです。

そのような被害者が一番多く利用している相談場所が国民生活センターです。

国民生活センターに相談している数は、毎年100件以上程度の数です。

クレジットカード現金化被害だけの数なので、これ以上にクレジットカード現金化をする人たちがいて、だまされる被害を受けている人たちが多いということです。

まとめ

いかがでしょうか。

何よりもクレジットカード現金化詐欺被害にあわないことが大事なポイントです。

クレジットカード現金化詐欺被害にあう可能性があるということを認識するだけでも私達は、そのようなトラブルを回避することができるかもしれません。

クレジットカード現金化被害に遭ってしまった負い目もあるかもしれませんが、とにかくあなたに相談相手が必要なのではないでしょうか。

それは、警察、弁護士ではなく国民生活センターです。