現金化サービス利用時の本人確認は必要?電話なしの現金化を掲げる業者とは

dennwanasi

現金化は誰にも知られず行いたいものですが利用時には電話での本人確認が行われ、これを煩わしく感じる方は少なくないようで「電話なしでの現金化」を掲げる現金化業者が利用されるケースも存在します。

利用を知られたくない顧客ニーズに反して現金化業者が本人確認を行う理由や、電話なしでの現金化を掲げる現金化業者の利用に潜むリスク、電話なしで安全な現金化を実現する方法などを掘り下げながら詳しく紹介します。

クレジットカードに代表される現金化の際に本人確認が行われる理由とは?

業者を利用してクレジットカードのショッピング枠を現金に置き換える現金化は、キャッシング枠が利用限度額に達していても利用できる資金調達方法として非常に多くの方に利用されていますが、利用時に行われる電話での本人確認に抵抗を感じる方は少なくないようです。

業者を利用して現金化する際、業者から本人確認の電話がかかってくるだろう。あれ、なんとかならないものなのか?現金化の利用がバレそうになってヒヤヒヤしたぞ。
現金化利用を知られたくない相手と一緒の時に電話が来たのか?最悪のタイミングで電話がかかってきたな。
そもそも自分のカードで購入した商品を売却するのに、なんで本人確認が必要なのかが理解できないぞ。
一度消費者の手に渡った商品の買取りを行う業者は法律の規制を受けるからな。自由に個人からの商品買取ができなくて、業者には購入元の本人確認が義務付けられているんだよ。
買取りする業者側の都合で本人確認されているのか?本人確認に同意する必要あるの?
本人確認を行わすに商品買取りを行うのは違法行為だからな。業者を利用して行う現金化を規制する法律について見ていこう。

業者を利用して行う現金化は古物営業法の規制が適用される

消費者が購入し所有権が消費者に帰属した時点で、例え未使用でも商品は新品ではなく、法的に「古物(こぶつ)」と呼ばれる中古品として扱われます。売買などで古物を取り扱う業者には古物営業法が適用されるため、現金化業者は古物商法の規制のなかで商品買取を行い現金化を行います。

古物営業法では古物を取り扱う業者を古物商・古物市場主・古物競りあっせん業者などに分類していて、それぞれ公安委員会から許可を得なければ古物取扱いの営業が行えず現金化業者の営業には古物商の許可が必要です。

古物営業法は盗品の売買防止や迅速な発見を目的に作られた法律で盗品が持ち込まれた場合、古物商は警察に申告することが義務付けられていますし、帳簿の記録や取引相手の確認も義務付けられています。

電話なしでは現金化は行えない?業者には本人確認が義務付けられている

既に紹介したとおり中古品の売買を行う業者には古物営業法の規制が適用されるので、現金化業者は公安委員会から古物商の許可を得て営業する必要があると共に次の三大義務が義務付けられています。

・盗品が持ち込まれた際に警察に申告する「不正品の申告義務」
・取引履歴確認のために取引記録を行う「帳簿の記録義務」
・商品買取り元を特定するために行う「取引相手の確認義務」

現金化の際に行われる本人確認は既述の古物商の三大義務の「取引相手の確認義務」に基づいて行われるもので、古物商に商品売却を行う際は必ず本人確認を行う必要があるため業者を利用した現金化の際には必ず本人確認が行われます。

本人確認では住所・氏名・年齢・職業などを確認し、対面取引の場合は運転免許証などで本人確認を行いますが、インターネット取引きの場合は本人確認の精度向上のために本人確認書類の提出と登録番号への電話で確認が行われます。

法的には電話なしでも現金化は可能!電話以外でも本人確認は行える

インターネット経由で業者を利用して現金化が行えるのは非常に便利ですが、許可を得て正規に古物取引を行う業者ほど本人確認の精度向上のために電話での本人確認を行う傾向にあります。しかしインターネット経由で行える本人確認の方法は電話だけではなく、業者を利用して行う場合でも電話なしで現金化ができるケースも存在します。

コミュニケーションツールが発達しているのに電話で本人確認って時代遅れだし、プライバシー性の高い電話番号を業者に知らせるのには抵抗を感じるな。
確かにコミュニケーションツールが多様化し通話回線の利用率は低下しているし、電話番号などの個人情報を知らせたくないと考える人が増えているのも事実だな。
しかし古物営業法で電話での本人確認が義務付けられているのでは電話なしでは無理だよな。
いや古物営業法で義務付けられているのは本人確認であって、特に電話の使用が指定されているわけではないぞ。
えぇっ!そうなの?電話以外での本人確認も可能なのか?
実際に対面で本人確認が行われる実店舗での古物取引であれば、電話なしで現金化が可能だろう。古物営業法で定められる本人確認について確認してみよう。

業者を利用する現金化の際に義務付けられている本人確認の方法とは?

既に紹介したとおり現金化業者は公安委員会から古物商の許可を得る必要があり、古物商は買取・交換・売却や交換の委託を受けるなどの方法で古物取引を行う際に取引相手の確認が義務付けられています。

しかし本人確認の方法については対面取引の際は
・自筆で署名捺印した確認事項を記載した書面を提出する方法
・運転免許証や健康保険証などの身分証明書の提示を受ける方法
・家族などに問い合わせて確認する方法
で行われ、家族などへの問い合わせの際に電話が使用されますが、通常は署名した書面の提出と身分証明証の提示で本人確認が完了するため電話なしで現金化が行えます。

またインターネット上など対面で行われない取引の場合は身分証明証の提出と共に
・取引先が電子署名したメールの送信を受ける方法
・印鑑登録証明書と実印を押印した書面の送付を受ける方法
・本人限定郵便などで到達を確認する方法
などで本人確認を行うことも認められているので、業社が電話なしで現金化を行うことは違法行為ではありません。

何故、多くの現金化業者が電話での本人確認を行うのか?

現金化を行う業者に義務付けられた本人確認に対して「身分証明書の提出だけで十分なのでは?」と感じる方が少なくないのではないでしょうか?しかし、身分証明書の確認だけだと拾ったものや盗んだもので現金化が行われるリスクがあるので、現金化の際に電話での本人確認を行い現金化業者は本人確認の精度を挙げるのが一般的です。

メールでの本人確認も可能ですが申し込みから現金化完了まで非常に多くのメール交換を行う必要があり、手間や事務的コストの問題からシンプルな電話での本人確認を選択する業者が多かったと言えます。

しかしスマホの普及で身分証明書が写り込んだ本人の顔写真の添付が簡単にできるようになったことで、近年メールで本人確認を行い電話なしでの現金化に対応する業者が急増しています。

また一度利用して既に本人確認が完了している場合は電話なしでのスピーディーな現金化が行えるため、高い換金率で効率的な現金化が行える信頼できる現金化業者を探すことで電話なしでの理想的な現金化の実現が可能になります。

さまざまな現金化のなかで電話なしで行いやすい現金化の方法とは?

現在さまざまな現金化の方法が存在しますが一般的に行われる現金化は「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2つに分類できますが、電話なしでの現金化に対応する業者はどちらの方法に多いのかが気になります。

現金化の方法には買取方式とキャッシュバック方式があるが、どちらの方法が電話なしでの現金化に対応しているのだろう。
電話なしでの現金化への対応は業者が決めることだから、現金化の方法によって電話ありと電話なしが決まるわけではないんだ。
それじゃ結局、直接現金化業者に確認するまでは電話なしでの現金化が可能なのか判断できないということなのか?
残念ながらそう言うことだ。
それじゃあ効率的な現金化の実現はなかなか難しいと言うことになるのか?
いや現金化の基本原則を確認すると電話なしで現金化しやすい方法を炙りだすことができるから、買取方式とキャッシュバック方式の基本原則を確認してみよう。

買取方式は利用者が購入商品を業者に売却する現金化の方法

Amazonギフト券や新幹線回数券などの商品を購入し業者に売却する現金化や現金化業者に会員登録し業者が指定する商品を利用者が代理購入して業者に売却する現金化は買取方式と呼ばれる現金化の方法です。

買取方式での現金化では購入した商品を利用者が現金化業者に売却するため古物取引に該当し、買取りを行う業者は古物商の許可が必要となり、取引先となる利用者は本人確認が必要となることは既に紹介したとおりです。

買取方式で現金化を行う業者は、古物営業法の規制を受けるため利用者の本人確認が義務付けられていることから電話なしでの現金化に消極的でしたが、近年身分証明書が写り込んだ本人の顔写真をメールすることで本人確認に対応する業者も増加しています。

キャッシュバック方式は古物営業法が適用されない現金化の方法

キャッシュバック方式は業者が販売する商品を利用者が購入し、購入特典として現金がキャッシュバックされる現金化の方法で近年誕生した比較的新しい現金化の方法だと言えます。

業者が販売する商品を利用者が購入し購入特典として現金がキャッシュバックされるキャッシュバック方式は古物取引が行われないため、業者には古物商の許可が必要ありませんし古物営業法の規制を受けないため本人確認の義務も存在しません。

現実的にはクレジットカードの不正利用防止のためにキャッシュバック方式の現金化業者も利用者の本人確認を行いますが、古物営業法で本人確認が義務付けられている買取方式より本人確認は緩やかで電話なしで手続きが完了する業者が多い傾向にあるのも事実です。

電話なしの現金化に対応する業者の利用には注意が必要?

現金化の際に行われる業者からの電話による本人確認は煩わしいものですが、逆説的には精度の高い本人確認を行う業者は信頼できる業者である可能性が高いと捉えることもできます。

買取方式で現金化を行う業者が本人確認を疎かにしている場合は無許可営業の悪徳業者である可能性が高いですし、キャッシュバック方式の場合でも商品購入だけ完了しキャッシュバックが行われないなどのトラブルも存在します。

電話なしでもメールでの本人確認を行う必要がある業者は「本人確認不要」を掲げる業者より遥かに信用できるのではないかと考えられますが、理想的な現金化を実演させるためには現金化の最新情報を常に掴んでおくことが非常に重要になると言えます。

二度目の利用以降は電話なしで利用できる業者であれば初回登録時だけでも電話での本人確認を行った方が安心だと言えますし、どうしても電話なしを希望する場合はメールでの本人確認を行い本人確認不要を掲げる業者利用は絶対に避けることを強くおすすめします。

「電話なしの現金化」の安全な実現には信頼できる業者かどうかの見極めが重要!

業者を使用したクレジットカードなどの現金化は手持ちの現金不足をスマートに解消する方法として非常に効果的で広く行われていますが、現金化は古物取引となるので業者には古物商の許可が必要です。

本人確認を行わない無許可の業者利用は思わぬトラブルに巻き起こまれるリスクがあるのでおすすめできませんが、信頼できる業者が電話なしの現金化に対応しているのであれば誰にもバレずに現金化を行える可能性が高くなりメリットが大きいと言えます。

信頼できる業者かを見極めるのは困難ですが、「俺LOVE現金化」の公式サイト内では電話なしで安全な現金化を実現している優良業者情報をはじめとするさまざまな現金化情報を提供しています。

現金化に対する法的対応や効率的な現金化の方法、信頼できる業者情報は常に変化し続けているので、「俺LOVE現金化」が提供する安全で効率的な現金化情報を参考にローリスク・ハイリターンの現金化を行って下さい。