日本のクレジットカードJCBは現金化に厳しい?JCBカード現金化の注意点とは?

VISA・Master card・American Express・Diners Clubなど海外のクレジットカードの国際ブランドに並び国際的に利用されているのが、日本発のクレジットカードであるJCBで、JCBは中国の銀聯カードの登場まではアジア唯一の国際ブランドでした。

国内ではダントツの加盟店数を誇るJCBですが、VISAやMaster cardと比べると現金化を行うのが難しいと言われています。しかしJCBカードを利用したクレジットカードの現金化は不可能ではないので、効率的な現金化の方法や現金化の際の注意点を紹介します。

世界に誇る国際ブランドJCB!日本発のクレジットカードはどのようなカードなのか

全てのクレジットカードの券面にはカードブランドが記載されていて、券面を見るだけで「どのブランドのクレジットカードなのか?」がすぐに判るようになっています。中国の銀聯カードが凄まじい勢いでシェアを伸ばしていますが、一般的に世界中で利用されている国際ブランドと言えばVISA・Master card・American Express・Diners Clubに日本発のJCBを加えた5大ブランドを指していると言えるでしょう。

クレジットカードって星の数ほど種類があるけど、どのカードを利用するのが良いんだろう?
また随分と漠然とした質問だな、国内で作れるのはVISA・Master card・American Express・Diners Clubと日本のJCBの5ブランドだけど特徴があるからな。
American ExpressとDiners Clubはなんだか敷居が高い気がするから、VISA・Master card・JCBが現実的なのか?
そうだな、VISA・Master card・JCBの会員数が圧倒的に多いと言えるが、国内の加盟店数はJCBが圧倒的に多い傾向にあるな。
JCBって日本発のクレジットカードだよな。メイド・イン・ジャパンならクレジットカードも安心して使えるって訳か?
メイド・イン・ジャパン?まぁ、日本発の国際カードブランドとして世界中で利用されるJCBカードについて見ていこう。

国内のキャッシュレス化に大きく貢献した国産クレジットカードのJCBカードとは?

クレジットカードの国際ブランドとして広く知られるJCBは日本発の国際ブランドとして1961年の誕生から60年近く、非常に多くの利用者に利用され国内のキャッシュレス化に大きく貢献したクレジットカードだと言えます。

旧:東洋信託銀行(現:三菱UFJ信託銀行)・旧:日本信販(現:三菱UFJニコス)、旧:三和銀行(現:三菱UFJ銀行)の三社が中心となり設立された「Japan Credit Bureau(ジャパン・クレジット・ビューロー)」の頭文字からJCBと呼ばれ現在はJCBが正式名称です。

設立から約6年が経過した1967年 にアメリカン・エキスプレスと提携を行い国際カード発行を開始したことで国際ブランドとしての足元を固め、2019年3月時点で会員総数13,074万人(国内9,989 万人・国外3,018万人)の国際ブランドになっています。

JCBカードにはJCBが直接発行するカードと提携企業が発行するカードが存在する

国際ブランドがJCBであるカードは多数存在し多くの利用者がJCBカードを利用していますが、ひと口にJCBカードと言ってもJCBが直接発行するプロパーカードとJCBと提携した企業が発行する提携カードの2つに大別することができます。

一般的にプロパーカードよりも提携カードの方が審査基準が緩いと言われていますが、これは同じJCBカードであっても提携カードは提携企業が発行していることに起因していて、提携カードはプロパーカードより現金化に使用しやすい側面も存在します。

クレジットカードを選ぶ際にステイタスを重視する場合は審査が厳しいプロパーカードが有利ですが、クレジットカードとしての機能は同じですので新規カード申し込み時の審査基準や発行後に行われる途上与信の面では提携カードの方が有利だと言えます。

JCBは現金化が難しいクレジットカード?カード発行元で現金化の難易度は異なる

クレジットカードには比較的現金化に利用しやすいものと現金化が難しいものが存在していてAmerican Express・Diners Club・JCBは現金化が難しいクレジットカードだと言われています。

プロパーカードしか存在せず会員資格に非常に高い経済力が求められるDiners Clubは発行時の審査基準が非常に厳しく、保有していることがステイタスになるクレジットカードですので現金化には縁のないクレジットカードだと言えます。

American Expressもかつてはハイステイタスカードとして扱われましたが提携カードが発行されるようになり、カジュアルなカードになったと言えるものの利用履歴の監視体制が強力で現金化に対するハードルは高く保たれています。

JCBもカードのステイタスを保つために比較的審査基準や途上与信が厳しいと言われていますが、これはプロパーカードに限ったことで提携カードの場合は現金化のハードルがグッと下がると言えますので提携カードなら現金化に利用できます。

JCBカードを利用して効率的な現金化を実現するためのポイントとは?

日本発の国際ブランドとして現在世界中で利用されているクレジットカードのJCBですが、既述のとおりブランドのステイタスを保つためプロパーカードは新規発行時の審査基準や発行後に行われる途上与信が厳しい傾向にありJCBは現金化に向かないと言われています。

日本発の国際ブランドであるJCBに対する興味は湧いたけど、現金化が難しいクレジットカードなのでは魅力が半減するな。
おいおい、クレジットカード機能には興味なしかよ。確かにJCBが直接発行するプロパーカードは監視が厳しくて現金化に向かない傾向にあると言えるが、提携カードを利用する手があるぞ。
しかし、「万一JCBが提携カードの会員の利用履歴をチェックしたら」と思うとおっかなくて現金化に利用できないよ。
はははっ!意外と気が小さいんだな。JCBは他の国際ブランドでは実現不可能な現金化の方法で現金化が行えると聞いてもJCBでの現金化を敬遠するのかな?
なにっ!他の国際ブランドでは実現不可能な現金化をJCBカードで実現できるのか?がぜん興味が湧いてきた!日本人は日本発の国際ブランドを使うべきだよね。
また調子が良いことを…。とにかくJCBカードでのみ実現できる現金化の方法などを確認していこう。

JCBカードなら可能で他の国際ブランドでは実現できない現金化とは?

換金率の高い商品を効果的に利用することで効率的な現金化を行うことができ、換金率の高い商品としてAmazonギフト券などの金券や新幹線の回数券が利用されていることは広く知られています。

しかしAmazonギフト券や新幹線の回数券は現金化のツールとしてあまりにもポピュラーになりすぎたため、商品購入を自動検知するシステムがすでに開発されていてこれらの商品を利用した現金化はカード会社に突き止められるリスクが高くなるのも事実です。

カード会社に突き止められることなく効率的な現金化を行うためには広く知られていない高換金率の商品を利用する必要がありますが、JCBカードでしか購入できないマイナーな交換金率の商品が2つ存在します。

1つは全国100万軒以上の取扱店で利用できる商品券の「JCBギフトカード」で、1,000円と5,000円の二種類の券面額で発行されていてJCB公式サイト内の会員専用WEBサービス「MyJCB」にログインすればJCBカードでJCBギフトカードを購入できます。

また全国のJCBギフトカード販売店の店頭でも購入できますが一部クレジットカード払いに対応していない販売店も存在するので注意が必要ですし、JCB公式サイトでJCBギフトカードを購入すると440円の発送手数料が発生しますのでこちらも注意が必要です。

2つ目の商品は全国のコンビニ・ドラッグストア・飲食店などで広く利用できるプリペイド式の全国共通ギフト券と呼ばれるクオカードで、公式サイト内で500円・1,000円・3,000円のクオカードが販売されていてJCBのクレジットカードで購入できます。

クオカードはクオカード公式サイト内でも販売されていますが一般カードの取扱いがなく、券面デザインを自由に行えるカードのみクレジットカードで購入可能で券面総額2,500円のカード購入に6,870円、25,000円のカード購入に38,670円かかるなど割高です。

JCBカード会員であればJCB公式サイト内で注文すれば500円の発行手数料でJCB-QUOカードを購入できるので、効率的にクオカードを利用した現金化が行えると言えるでしょう。

JCBカードは現金化業者から敬遠される!JCBカードが敬遠される理由とは

クレジットカード現金化には購入商品を現金化業者に売却する買取方式と現金化業者から商品を購入し、キャッシュバックを受け取るキャッシュバック方式が存在します。キャッシュバック方式の方が高換金率で現金化が行える傾向にありますが、JCBカードでは利用できないケースも存在します。

JCBカードでなら他の国際ブランドで購入できない高換金率の商品を利用して現金化が行えるのか!魅力的じゃないJCBカード!
買取方式ならJCBカードを利用して効率的な現金化を実現できる可能性があるが、高換金率の商品を大量購入や連続購入すると提携カードでもマークされるから要注意だぞ。
それね、高換金率の商品を大量購入や連続購入をしないのがカード会社に突き止められない現金化実現の絶対条件購入だもんな。
キャッシュバック方式の現金化業者なら「不自然な利用履歴にならずカード会社に突き止められない現金化ができる」と人気が高まっているな。
じゃJCBカードを使ってキャッシュバック方式の現金化業者で現金化すれば良いのではないの?今回の答えがでたな。
いやいや、キャッシュバック方式の現金化業者の間でJCBカードは敬遠される傾向でJCBカードに対応していない業者も少なくないから理由などを確認してみよう。

現金化業者に敬遠されるのはJCBカードの割高なショッピング手数料が原因

クレジットカードのキャッシング機能を利用すると金利手数料は利用者負担となりますが、ショッピング機能の一括払いでカードを使用しても利用者には手数料が発生しませんので一見手数料無料のように感じますが販売店負担で手数料は発生しています。

販売店でのカード取扱い額に応じてショッピング手数料は上下しますが、カードで商品購入を行うと利用額の1~10%の金額が決済手数料(ショッピング手数料)として発生し、販売店が負担しています。

JCBカードのショッピング手数料は他の国際ブランドよりも割高に設定されているためJCBカードの現金化に対応していない現金化業者や対応していても換金率が低くなるケースは珍しくないのも事実です。

他の国際ブランドを利用した現金化の際も「どの現金化の方法で、どの現金化業者を利用して現金化するか?」は非常に重要ですが、特にJCBカードのショッピング枠を現金に置き換える場合は現金化業者の情報をしっかり確認する必要があると言えます。

JCBはAmerican Expressと並び利用履歴の監視が厳しいカード会社!

既述のとおり会員資格が非常に厳しいDiners Clubは別格ですが、利用履歴の監視を厳しく行っているAmerican ExpressとJCBは現金化が難しいクレジットカードとして一般的に捉えられています。

JCBが直接発行を行わない提携カードは現金化への利用のハードルが低い傾向にありますが、発行枚数がダントツに多いVISAやMaster cardと比較するとJCBはカード会社が利用履歴を確認しやすいため提携カードでも現金化がバレるリスクが低くはないと言えます。

クレジットカード現金化は違法行為ではないもののグレーゾーンで行われているのも事実で、現金化業者はカード会社に現金化が突き止められるなどの不要なトラブルを避けたいのが本音ですのでJCBカードが敬遠される傾向にあると言えます。

カード会社にバレずにJCBカードで現金化を行う方法とは?

JCBカード会員は商品券であるJCBギフトカードや、プリペイド式の全国共通ギフト券と呼ばれるクオカードを公式サイトからクレジットカード決済で購入することができるためできればJCBカードを利用して効率的な現金化を行いたいものです。

しかし利用状況が厳しくチェックされているクレジットカードの1つであることから、JCBカードは提携カードであっても現金化を突き止められるリスクが決して低くないクレジットカードであると捉えるべきでしょう。

JCBギフトカードやクオカードなどの金券が高換金率商品であることはJCBは把握していますし、他の高換金率商品についても網羅していると予想されるので高換金率商品の大量購入や連続購入は絶対に行わないでください。

また返済が滞るとJCBから「要注意人物」として扱われ利用履歴の監視体制がさらに厳しくなりますので、現金化に利用した商品代金の支払いはもちろん日常使いで発生した利用額の返済も遅滞なく行うことを強くおすすめします。

現金化が突き止められるとJCBから厳しい処分が下される!

JCBカードが現金化の難しいクレジットカードだと言われる理由には、JCBが現金化に対して非常に厳しい対応を行っていることも含まれると言えます。現金化はJCBカードの利用規約の禁止事項に明記されているため、現金化が疑われマークしていたカード会員の現金化を突き止めるとJCBはカードの利用停止や強制解約などの厳しい処分で対応します。

強制解約の際にはJCBのクレジットカード利用額の一括請求が行われるため、経済的負担は決して小さくありません。また強制退会の情報は信用情報機関のデータベースに記録されるためクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報に傷が付き、他のクレジットカードの使用も停止されかねません。

クレヒスに大きなダメージが発生すると新しくクレジットカードを作ることはできなくなりますし、ローンの審査も通らなくなり経済活動に大きな悪影響を及ぼすことに繋がりますので現金化はカード会社にバレないように行うのが絶対条件です。

JCBカードで現金化するなら提携カード!他の国際ブランドと併用した利用が賢明

JCBは直接発行したプロパーカードの利用履歴を厳しく監視しているのでJCBカードは現金化が難しいクレジットカードだと言えますが、JCBカードだけが実現できる現金化の方法も存在するので現金化に利用したいクレジットカードであるのも事実です。

JCBに突き止められないように現金化を行うためにはプロパーカードではなく提携カードを利用するのが絶対条件ですが、提携カードでも高換金率商品の大量購入や連続購入は控えるべきだと言えます。

効果的にクレジットカード現金化を行うためには1枚のクレジットカードに頼りすぎずVISAやMaster cardなど、異なる国際ブランドのカードを複数使い分けることでカード会社に現金化を突き止められ難くなります。

また特にJCBカードを利用してキャッシュバック方式の現金化を行う場合は現金化業者の対応状況や換金率もしっかり掴んでおきたいものですので、クレジットカード現金化の直前に必ず最新の現金化情報を確認することをおすすめします。

現金化情報サイト「俺LOVE現金化」では次々に編み出される効率的な現金化の方法や現金化業者の国際ブランド対応状況、換金率など現金化に必要な最新の情報を発信しています。

JCBカードを利用する場合でも他の国際ブランドを利用する場合でも必ず参考になる現金化情報を「俺LOVE現金化」で確認することができますので「俺LOVE現金化」の掲載情報を確認しながら効率的なクレジットカード現金化を実現して下さい。