高いほど還元される金額が大きくなる換金率は、優良会社のプラン利用で最大にしよう

クレジットカード現金化サービスを、よりお得に利用したいという方は高い換金率を得られる会社を探すことをおすすめします。

各店舗ではさまざまなプランが用意されていますので、自分の条件に合ったプランがある会社を見付けたら気軽に問い合わせてみましょう。

現金化換金率の相場は80%から95%ですが、プランやキャンペーンを上手に使えば割高な換金率を得ることができます。

換金率が大きいほど手元に還るお金が大きくなる

換金率が大きいほど手元に還るお金が大きくなる
現金化業者利用時における「換金(還元)率」とは、カード決済した金額のうち利用者の元へ現金で還元される額の割合のことです。

例えば10万円を現金化した場合

  • 90%の換金率では90000円
  • 85%では85000円

が手元に入ります。

換金率は高いほどお得になるので、大きな額を利用する方にはおすすめです。

また、現金化は金融機関での借り入れとは違い、利用額に対して利子がかかりません。

自分の返済計画に合わせて支払いができるというメリットがあります。

店舗の有無で還元率は変化する

クレジットカード現金化の還元率は、業者が店舗を構えているかでも変化します。

少しでも多く現金を得たい場合には、無店舗(ウェブサイトを主体とする)業者に申し込みましょう。

無店舗の業者はなぜ還元率が高いのか?

店舗がなければ、不動産や人件に関する経費が発生しません。

かからない維持費がそのまま還元率の底上げに充てられているのです。

還元率は概ね、80~90%に設定されており、

仮に10万円の現金化で還元率が90%の場合
  • 100,000円×90%=90,000円が現金化

されます。

キャッシュバックまでの期間によって、還元率が変動する場合もあります。

クレジット現金化即日の場合は低く、業者が指定する日数に近づくほど高くなる仕組みです。

キャッシュバックは銀行口座への振込みが主ですが、現金書留に対応しているところもあります。

口座に入金記録を残したくない場合は、現金書留を取り扱う業者を探しましょう。

なお、何れの場合も所定の手数料が引かれます。

無店舗の業者を利用することのメリット

好きなタイミングで申込みできます。

実際の手続きは営業時間内に行われますが、申込み自体は時間を問いません。

多忙な方には嬉しい形式です。

また現金化に伴う指定商品の購入も、インターネットで行えます。

避けられないデメリットもある

一つは業者に関する情報が乏しいことです。

これはトラブルが発生した際に大きな障害になります。

逃亡されてしまうと足取りを掴みにくいのです。

もう一つは、悪徳業者が多く紛れ込んでいることです。

口コミや評判はいくらでも情報操作が可能であり、言葉巧みに詐欺まがいの行為を繰り返している業者は多いです。

申し込み金額から手数料が差し引かれた額が還元される仕組み

申し込み金額から手数料が差し引かれた額が還元される仕組み
現金化会社で100%の還元が行われていない理由は、会社の利益を確保するためです。

各手数料が会社の主な利益となっており、それらを差し引いた上で還元率が設定されています。

ホームページ上で提示されている数字は、予め手数料が差し引かれている場合がほとんどです。

しかし現金化業者によっては、明示した還元率からさらに

  • 商品配送料
  • 振込手数料

など、別途手数料を差し引くところもあります。

手数料の内容としては、

  • カード決済手数料
  • 配送料
  • 消費税

などが挙げられます。

これらは会社や使うカードの種類などによって変動する場合がありますので、利用の際は必ず料金を問い合わせるようにしましょう。

換金率の相場を知っていれば妥当な額の金額を還元できる

現金化業者の換金率には相場があります。

  • 20万円以下での利用の場合は80%前後
  • 100万円以下では90%前後
  • 100万円以上では95%前後

が相場になります。

金額に関わらず、80%から90%代の換金率であれば妥当な額と言えるでしょう。

この相場を大きく下回っていたり、逆に大きく上回っている場合は、悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

また換金率には、手数料などの必要経費が一部しか含まれない場合もあるということを覚えておきましょう。

一部である場合は、明示された還元率よりもさらに低くなるので注意が必要です。

プランやキャンペーンを最大限活用すれば通常より高い換金率を得られる

プランやキャンペーンを最大限活用すれば通常より高い換金率を得られる
一般的な現金化業者の換金率は80%から95%とある程度の開きがあります。

その理由として、業者の違いだけでなく適応されるプランによっても違いがあるからです。

高い換金率を得られる場合の特徴
  • カードの利用額を上げた時
  • 個人カードではなく法人カードを使った時
  • 即日プランではなく通常プランを選んだ場合
  • レディースプランや初回特典などキャンペーンを利用した場合など

店舗のホームページをチェックし、適用されるキャンペーンを最大限利用することが、お得にサービスを使うコツです。

予め大手現金化会社の幾つかをピックアップした上で各サイトを確認し、自分にとって一番条件のいいプランやキャンペーンを利用しましょう。

他にも

  • 振込までの日数に余裕を持たせるだけでお得になるプラン
  • 毎月決まった日の利用で還元率が5%アップするというキャンペーン

を提示しているところもあります。

ぜひいろいろな店舗の条件を比較してみてください。

現金化サービス会社をお得に利用するコツは、「換金率」について理解し、より割高にするための最適なプランやキャンペーンを探してみることです。

換金率の相場は80%から95%と言われていますが、振込までの期間や性別、使用するカードの種類などによってよりお得になる可能性があります。

換金率には手数料が全て含まれているのかどうか、見積もりと合わせて事前に店舗に問い合わせてみましょう。

手数料を後から差し引かれるかどうかによって、プランやキャンペーンを利用した場合の価格が変動するからです。

さまざまな会社での料金を比較してみることをおすすめします。

使用するカード会社によって換金率が変動する

使用するカード会社によって換金率が変動する
現金化における換金率は、どこのカード会社を利用するかで変動します。

その理由は、決済端末の特殊性から、カード会社によっては実務上の負担がかかるからです。

それらは決済手数料として、換金率から差し引かれます。

複数の会社のクレジットカードがある場合は、一番換金率が高くなるものを使いましょう。

現金化業者では、

  • JCB
  • AMEX

は手数料が高くなります。

  • VISA
  • masterカード

がある場合は、それらを利用する方が無難です。

また、同じVisaカードでも、

  • イオン
  • セゾン
  • 銀行が発行しているもの

など、発行元はさまざまです。

店舗によっては、発行元によってクレジットカード現金化換金率を引き下げる場合もあります。

まずは各現金化業者に問い合わせてみるといいでしょう。

可能であれば、複数のクレジットカードを用意しておき、一番換金率が高くなる会社をリサーチし、使用することをおすすめします。

まとめ

現金化サービスは、クレジットカードのショッピング枠をお金に換えられる便利なものです。

しかしカード会社は換金目的での使用を禁止していますので、サービス申し込みの際は金額に気を付けるなどの配慮が必要です。

カード会社にばれた時は、クレジット機能停止処分が行われる場合もあるので注意しましょう。

しかし、計画的に正しく使えば問題はありません。

また、現金化サービスを高い換金率で利用したいという方は、手数料が高くなるJCBやAMEX以外のカードを使用するといいでしょう。

カードの種類や発行元によって換金率が変化しますので、手持ちのカードを集めた上で、業者に料金の問い合わせをしてみることをおすすめします。