現金化業者『換金クレジット』口コミ・評判評価の最新情報

kankinkurezitto

換金クレジットはクレジットカード現金化の総合ブランド?取引内容を明確にしよう

換金クレジットは、2016年創業の比較的新しいキャッシュバック方式の現金化業者として知られています。従来の現金化業者とは異なり、悪質現金化業者の見分け方をコラムとして掲載しているので、競争が激しい現金化業者の中でも挑戦的と考えられている状態です。では、換金クレジットにリピーターが多いのはなぜでしょうか。

換金クレジットのスピーディーな取引のイメージ

換金クレジットはクレジットカード現金化の一部門なのか

換金クレジットについて最初に公式サイトをチェックした人の中には、特定商取引に関する法律に基づく表記として、会社概要を確認する人が少なくありません。基本的な情報として、住所表記や代表者氏名が正確かどうかが公式サイトの信頼度を左右します。換金クレジットについても、どこまで正確な会社情報を公開しているのかチェックすれば、信頼度を測ることが可能です。

換金クレジットの運営会社は株式会社トラストオブファイブ

換金クレジットは屋号であって、実際の運営会社は別にありますが、換金クレジットの公式サイトには運営会社に関する情報はありません。しかし、公式サイトのドメイン取得者情報から、株式会社トラストオブファイブが運営会社だと分かります。2016年11月に新規ドメイン取得されて以降継続運用されているので、中堅どころのクレジットカード現金化業者としての実績を積み上げてきていることが分かります。

同じ古物営業許可番号が掲載されている事業者が複数ある

公式サイトを使った通販型の買取業者として登録する場合には、古物営業許可番号の掲示が特定商取引に関する法律と古物営業法により義務付けられています。換金クレジットは、キャッシュバック方式を採用しているので、本来ならば古物営業許可番号の掲出は必要ありません。しかし、換金クレジットの会社概要にはなぜか古物営業許可番号が掲示されているので、交渉次第では別の現金化方法が行われていると考えられます。実際に掲示されている古物営業許可番号は、東京都公安委員会許可第303330907865号です。実は、同じ古物営業許可番号を掲出しているamazonギフト券買取サイトが複数存在していて、同じ運営会社である株式会社トラストオブファイブが運営元と考えられる状況となっています。

  • アマトク http://www.amatoku-wari.jp/
  • ギフトかんきんわん http://big-one.biz/

上記2サイトは、amazonギフト券買取専門会社として営業していて、住所地がそれぞれ異なるために別部門としての営業が考えられます。実際にはキャッシュバック方式による現金化以外は、amazonギフト券買取による現金化を行っていると考えられる根拠として、換金クレジットへ問い合わせた時に買取方式の提案があったら古物営業許可番号の確認が必要です。

東京都公安委員会の古物商URL届け出一覧には掲載されていない

換金クレジットが公式サイトで掲出している古物営業許可番号は、東京都公安委員会の古物商URL届け出一覧には掲載されていません。古物営業法第5条第1項及び第7条第1項に基づき、古物商が自社サイト上で古物営業を行う時には、予め公式サイトのURLを管轄する公安委員会へ届け出する義務があります。換金クレジットは東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207にあるので、東京都公安委員会への届け出がされていなければ公式サイトを使った古物営業は出来ません。また、同じ運営会社が行っているamazonギフト券買取業者についても同一の古物営業許可番号が掲示されているので、換金クレジットとの取り引きを行う場合には、リスク回避のために必ずキャッシュバック方式による現金化であることを確認した上で売買契約を行う必要があります。また、別の名義での古物営業を行っている場合には、電話問い合わせ時に別の古物営業許可番号を持っていないか確認して、古物商URL届け出一覧へ名義が一致していることの確認をしなければなりません。全ては安全にクレジットカード現金化を行うために必要なことです。

換金クレジットの特定商取引に関する法律表記は必要事項が記載されている

クレジットカード現金化業者にとって、特定商取引に関する法律に基づく表記をしっかり行っているかどうかは、優良現金化業者を見極めるために必要な事項と考えられています。換金クレジットでは、屋号・住所・連絡先電話番号・営業時間が明記されており、取引先銀行まで開示されているので基本情報はしっかりしていると考えて良いです。一方、情報の真偽については、利用者が個別でチェックする事項となるのでクレジットカード現金化を行う前に一旦調べてみることが望ましいです。

現金化に興味がある方へ

現金化サイトはこちら
現金化業者を40社以上徹底的に調べ上げユーザーの方が見やすいように比較表にしています 是非一度確認してみて下さい
amazonギフト券買取サイトはこちら
自宅にamazonギフト券は余っていませんか?あっても使わないという方におすすめ!
amazonギフトを買取し現金化できる業者一覧になっています興味のある方は是非一度ご覧ください

換金クレジットが選ばれる3つの理由とは

数あるクレジットカード現金化業者の中から、換金クレジットが選ばれる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。3年継続営業していれば老舗と呼ばれる現金化業者の中で、換金クレジットは中堅どころに位置しています。今後も営業継続が見込まれる理由として、次の3つが考えられます。

即日換金に対応する当日プランがある

クレジットカード現金化を利用する人の多くが、急な出費に伴いすぐにでも現金が必要になった場合と考えられます。そこで、少しでも現金化を急ぎたい利用者のために、換金クレジットでは当日プランを用意しています。通常プランではクレジットカード決済から実際の現金振込まで3日~7日程度要していますが、当日プランでは換金クレジット側で振込手続きまで完了させてしまうプランです。当日プランを利用するための条件は、次の2点となっています。
①指定商品のクレジットカード決済手続きが完了していること
②平日14時45分迄に換金クレジット側で決済手続きの確認が済んでいること

提携銀行口座を振込先に指定すれば平日15時以降でも入金してもらえる

換金クレジットの営業時間は、電話受付時間と同じ8時~21時となっているので、営業時間内にクレジットカード決済確認が取れるならば当日中の振込手続きが可能です。中でも会社概要に記載されている以下の4銀行を現金振込口座として指定すれば、当日中に振込結果が反映されます。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBI銀行
  • ジャパンネット銀行

換金クレジットを利用する際には、可能な限り提携銀行口座を指定すれば現金が必要な時に当日プランを使うことですぐに現金調達が可能です。現金化した資金を1週間後入金という状態でも構わないならば、通常プランを選択して換金率を1%上げるという選択もあります。

高換金率で納得のクレジットカード現金化

換金クレジットを利用したクレジットカードショッピング枠の現金化は、公式サイトに掲載されているシンプルな料金プランをチェックすれば換金率の目安が分かります。

金額当日プラン通常プラン
1万円~10万円91%92%
11万円~50万円93%94%
51万円~100万円95%96%
101万円~200万円97%98%

法人・個人事業主様応援キャンペーンを申し込み時に宣言しよう

換金クレジットが公式サイトに掲載しているキャンペーン利用を申し込み時に宣言すると、換金率表の数字から最大5%換金率アップを行ってくれます。

  • 個人利用ならキャンペーン利用宣言で3%アップ
  • 個人事業主利用ならキャンペーン利用宣言で3%アップ
  • 法人利用ならキャンペーン利用宣言で5%アップ

実際にキャンペーン適用を行うと、例えば法人利用で80万円の現金化を通常プランにて行った場合の換金率は、96%+5%=101%となってしまいます。クレジットカード決済金額を上回る換金率に違和感を感じる人もいるはずですが、実際には公式サイトに掲載されている換金率は消費税と各種手数料を含んだ金額となるので、実際に現金振込時には控除されて81%程度となります。つまり、最も利用頻度が多いと考えられる11万円~50万円の当日プランでは、79%程度の換金率です。個別に入金時の換金率がいくらになるのか問い合わせを行った上で納得してから最終的なクレジットカード決済手続きへ進むことが大切です。

クレジットカード現金化しても利用停止解約リスクが少ない方法で安心

クレジットカード現金化を行う際には、特定金額のクレジットカード決済を行うことになるので、現金化業者の選択を誤るとクレジットカード利用停止リスクが発生しがちです。換金クレジットはキャッシュバック方式を採用しているので、クレジットカード決済金額設定を比較的自由に行うことが出来ます。クレジットカード会社が現金化業者との取り引きを見つけるためには、監視システムに引っかかる取り引きを行うことが必要です。

  • ○○万円というピッタリの金額となる決済を同一業者で繰り返す
  • 端数まで同じ金額の決済を短期間で繰り返す
  • 普段とは全く異なる場所での多額の決済を行う

上記のような例に該当する場合には、クレジットカード会社の監視システムで警告表示となるので、熟練の調査担当者による目視チェックが入ると現金化を行った事実は見破られるリスクが高くなります。商品買取方式では金額固定となりやすいために、クレジットカード会社から見た時にクレジットカード決済額に不審点を持たれてしまいがちです。換金クレジットでは、決済額が明らかに大きい時には事前にクレジットカード会社へ電話連絡して事前承認をもらうことを勧めてくれます。換金クレジットとどのような内容の取り引きを行うのか、打ち合わせしておけばクレジットカード会社からの質問に慌てること無く答えることが可能です。

換金クレジットを利用する際の手順を確認しよう

換金クレジットを利用しようと考えた際には、現金化を行うための手順を把握しておく必要があります。キャッシュバック方式を使った現金化を正確に理解している人ならば、特に違和感なくスムーズな取り引きが出来るはずです。

申し込み手続きを好みの方法で行う

換金クレジットへの申し込みは、電話・FAX・メール・来店という4つの方法から選択可能です。大半の人は公式サイトを探して換金クレジットの内容を把握しているので、電話またはWEBフォームを使ったメール申し込みを行うことになります。FAXでの申し込みも可能ですが、必要事項をWEBフォームから確認しなければならないので、WEBフォームを使った申し込み方法が最も手間が掛かりません。インターネット経由での入力が苦手な場合や、電話連絡による問い合わせから入りたい場合には、電話による申し込みを行う方法があります。

希望金額に応じた指定商品をクレジットカード決済する

換金クレジットとの電話連絡により、申し込み意思確認と希望金額に対する換金率の案内があります。納得出来たならば、まずは本人確認書類として写真付き身分証明書を換金クレジットへ事前に送付した上で、メールアドレスに送られてきた指定商品決済アドレスへアクセスしてオンラインクレジットカード決済を行います。自分でクレジットカード決済をオンライン画面で行うことになるので、支払回数選択を決済画面上で行う点に注意しなければなりません。換金クレジットでは支払回数選択について関与しないので、あくまでもオンライン決済は利用者が自ら支払い方法を選択指定した上で手続きを行うことになります。

換金クレジットが利用者指定の銀行口座へ現金キャッシュバック

換金クレジットが利用者によるクレジットカード決済を行った事実を確認次第、当日プランならばすぐに・通常プランならばクレジットカード決済が確定次第現金キャッシュバック振込手続きを行います。銀行口座として指定した銀行が、ゆうちょ銀行・楽天銀行・住信SBI銀行・ジャパンネット銀行の何れかならば、リアルタイムに振込結果が反映されるので平日15時以降や土日の決済であっても換金クレジット営業時間内ならば現金化可能です。

後日届く指定商品を受け取りクレジットカード代金完済まで保管

換金クレジットとのクレジットカード現金化取り引きは、商品売買契約に基づくキャッシュバック方式を採用しているので、当日プラン・通常プランに関わらずクレジットカード決済翌日以降に指定商品が発送されます。売買契約は支払いと合わせて引き渡し完了により終了するので、指定商品の受け取りが必須です。なぜなら、指定商品受け取りが行われなければ、商品引き渡しが完了されずに売買契約が取り消しとなってしまうのでキャッシュバック自体が無効になるからです。現金キャッシュバックを受けたからといって、現金化が全て終了したわけではありません。商品受け取りまでをしっかり行うことで、キャッシュバック方式による現金化は完了します。

換金クレジットならではの特徴とは

換金クレジットは、中堅に相当する営業年数の現金化業者ですが、多くのリピーターに支えられているのはなぜでしょうか。換金クレジットならではの特徴があるからこそ、幅広い層からの支持を得られていると考えられます。

取り扱いクレジットカードの数が多い

クレジットカード現金化業者は、自社で直接クレジットカード決済端末をアクワイアラと契約している場合だけでなく、決済代行会社を複数使うといった方法でクレジットカード決済を通しています。独自のノウハウがあるものの、カード決済手数料には各国際決済ブランドとアクワイアラにより違いがあるので、現金化業者の中には換金率に差を付けていることが少なくありません。例えば、VISAやMASTERブランドならばカード決済手数料が5%に対して、JCBは8%という場合を考えると分かりやすいです。差額の3%は現金化業者が自腹を切らなければならないので、カード決済手数料が高いクレジットカードは使って欲しく無いと考えても不思議ではありません。しかし、換金クレジットは各国際決済ブランドに幅広く対応しているだけでなく、換金率に差を設けていない点が優れています。

  • VISA
  • MASTER
  • JCB
  • AmericanExpress
  • DinersClub

といった一般カードからステータスカードに至るまで、日本国内で発行されているクレジットカードならば大半を使用することが可能です。どのクレジットカードであっても換金率に差をつけること無く一律で現金化してもらえるからこそ、換金クレジットの人気が高いと考えられます。

キャッシュバック方式を採用しているからリボ・分割払いを最初から設定出来る

クレジットカード現金化方式には、商品買取方式とキャッシュバック方式が一般的です。商品買取方式からキャッシュバック方式へ切り替えた現金化業者が多い理由として、老舗ほど安全にクレジットカード現金化サービスを提供したいからという事情があります。商品買取方式では、クレジットカード代金を完済するまでは所有権は代金立て替え払いを行っているクレジットカード会社にあるので、勝手に買取することは他人物売買に該当してしまうわけです。なるべく短期間で利用者との関係を集結させるため、商品買取方式では一括払いによる決済しか受付しないことが一般的です。一方、キャッシュバック方式ならば、購入した商品は自宅へ配送するので代金完済まで自宅で利用者が保管することになっていて他人物売買には該当しません。このため、キャッシュバック方式を採用したクレジットカード現金化では、最初からリボ払いや分割払いを支払い方法として設定出来るわけです。

後からクレジットカード会社へ連絡して支払回数を変更する手続きは面倒

クレジットカードは、一括払いによる支払いを指定しても、締め日よりも前のクレジットカード会社ごとに設定した期限前ならば支払回数の変更が可能です。クレジットカードのコールセンターへ電話連絡し、売上票が上がっていることを確認した上で、指定の期間内に分割払いまたはリボ払いへ変更したい旨を伝えて支払い回数の変更依頼をかけます。必ず認められるわけではなく、割賦販売法の範囲内で適切だと認められた場合のみとなる点に注意が必要です。また、そもそもクレジットカード自体にリボ払い設定が無いこともあるので、一括払いから後で分割払いやリボ払いに切り替えれば良いと気軽に考えること自体がリスクがある行動だと認識しておかなければなりません。キャッシュバック方式により最初から支払い可能な分割回数設定が出来るなら、計画的なクレジットカード現金化が行えると考えられます。

クレジットカード現金化に関する基礎知識と注意点を公式サイトで公開している

他のクレジットカード現金化業者と大きく異なる点として、公式サイトで各種現金化にまつわる有益なコラムを掲載している点を挙げられます。シンプルで中身が薄い公式サイトとは異なり、クレジットカードのショッピング枠を現金化するために必要な基礎知識をある程度埋めてくれる点は評価に値します。具体的には、以下のような点を詳しく知っておくことが換金クレジットを有効利用するために必要なことです。

クレジットカード現金化になぜ本人確認書類が必要となるのか

クレジットカード現金化業者を利用する際に、本人確認書類の提出だけでなく場合によりクレジットカード券面画像データの提出まで求められることがあります。最も厳しいクレジットカード現金化業者は、クレジットカードを顔の横に掲げた状態での自撮り画像提出を求めることすらあります。クレジットカード現金化業者は、盗難紛失クレジットカードの不正利用を最も避けているので、あくまでもクレジットカード名義人本人がクレジットカード現金化を行うことを確認するために本人確認書類の提出を求めているわけです。また、買取方式による現金化では、古物営業法に基づき買取額が1万円以上となる場合には古物買取台帳へ売却者の本人確認情報を残すことが義務付けられています。換金クレジットでは、キャッシュバック方式を採用しているので本人確認書類の提出と本人名義のクレジットカードであることを確認出来れば問題ないとしています。

自分で出来るクレジットカード現金化方法を換金クレジットではコラムで解説

クレジットカード現金化業者にとって、自分で出来てしまうクレジットカード現金化方法を伝えることは、自らの商売と相反する行為となりかねません。しかし、自分でクレジットカード現金化を行う方法として具体例を挙げることにより、換金率の高さと引き換えにいかにクレジットカード利用停止や強制解約処分となるリスクが高いのかという点を解説するわけです。実際に典型的な自分で出来るクレジットカードの現金化方法として、以下の4タイプの商品をクレジットカードにて購入し、買取店へ持ち込むという方法が挙げられています。

  • 新幹線回数券
  • amazonギフト券
  • 有名ブランド品
  • 人気ゲーム機やソフト

クレジットカードにて上記4タイプの商品は実際に購入出来るので、日常生活で必要に応じて購入している人が少なくありません。しかし、住所地と勤務先とは全く関係ない路線の新幹線回数券を大量購入していたら、明らかに不自然な買い物であって換金目的でのクレジットカード利用と判断されかねません。例えば、長野県に住んでいる人が東京~名古屋間の新幹線回数券を3セット購入していたら、最寄り駅からの北陸新幹線の回数券を購入していないければ不自然です。有名ブランド品は購入履歴を加盟店から追えるので、中古品価格が極めて高い一部のブランド品ばかりを繰り返し購入していたら目立ちます。さらに、1人で何台も同じゲーム機を購入していたら転売目的だと考えられるわけです。クレジットカード会社は、不自然な買い物パターンを自動的に検出するシステムを開発してシステム監視を行っているので、換金クレジットに任せれば独自のノウハウによりシステム監視に引っ掛からないクレジットカード決済方法のみを行っています。クレジットカード現金化業者に決済方法を任せることで、換金目的での買い物とクレジットカード会社に悟られずに現金化可能です。

悪質な現金化業者の手口を紹介

換金クレジットの公式サイトに掲載されているコラムの中には、悪質な現金化業者の手口に対する注意喚起の項目があります。同業他社が行っている悪質な手口をプロの立場から分析した結果を公表しているので、悪質な現金化業者から換金クレジットが目をつけられて嫌がらせをされるリスクを含んでいます。それでもなお悪質な現金化業者の手口として、紹介屋詐欺・保証金詐欺・振り込め詐欺といった手口を公開することから、換金クレジットが注意喚起を行う側の立場となっていることを印象づけることが可能です。クレジットカード現金化サービスを初めて利用する人にとって、本当に現金が振り込まれるかどうかは常に不安に思うポイントとなります。優良現金化業者のパターンを紹介するわけではなく、悪質な現金化業者の特徴を先に伝えることで、少なくとも悪質な現金化業者を避けられるようになることを狙っているわけです。

換金クレジットは来店申し込みが出来る数少ない現金化業者

換金クレジットの公式サイトにある会社概要欄を確認すると分かるように、申込方法の中に「来店」という方法が含まれている点に注目すると珍しいことが分かります。東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207へ出向いて対面にて申し込みを行えば、その場でクレジットカード現金化を行うことが出来るので、次回以降はネット経由で構わないと考える人は多いはずです。都内近郊に住んでいる人限定にはなりますが、来店により申し込み可能な営業時間を事前に電話連絡して確認すれば、空振りとなることは無いはずです。通販型のクレジットカード現金化業者の中で、来店による現金化受付を行っているタイプは珍しいので、換金クレジットは数少ない来店申し込み可能な現金化業者としてチェックしておく必要があります。

どうしてもキャッシュバック方式では難しいなら個別に相談してみよう

クレジットカード現金化を行う際に、自宅へ届く荷物受け取りが困難ならば、換金クレジットへ問い合わせ時点から相談してみる方法があります。換金クレジットは、会社概要欄に古物営業許可番号を掲出していることから分かるように、運営会社が別途古物商営業許可を持っているために、amazonギフト券買取事業者を併設しています。買取方式による現金化が行えないか、明確にキャッシュバック方式では取り引きが難しいことを相談すると、個別に対応してもらえる提案を受けやすいです。

換金クレジットはキャッシュバック方式による安全な現金化を目指しています

換金クレジットを利用する際には、豊富なコラムが提供されているように、クレジットカード現金化に対する基礎知識を利用者へ知ってもらう工夫がされています。悪質な現金化業者の特徴だけでなく、自力で現金化するリスクについても提示した上で、換金クレジットを利用すればいかに安全に現金化出来るか自然に理解出来るわけです。利用者が安心してクレジットカード現金化サービスを利用出来るように、電話・FAX・メール・来店と豊富な申込方法を用意しています。

おすすめクレジットカード現金化業者

他の現金化業者も気になる所だと思います
下記が現金化業者の一覧になっていますので一度目を通して
自分にあった現金化業者を探してください