現金化業者『換金館』口コミ・評判評価の最新情報

kankinkan

換金館ならクレジットカード現金化だけではない?携帯キャリア決済現金化と使い分けよう

換金館は相談できるクレジットカード現金化業者として知られていて、クレジットカード現金化を始めとして複数の現金化サービスを提供しています。では、他の現金化業者とは異なり、どのような点に特徴があるのでしょうか。

換金館は買取方式を採用した複数商品を取り扱う現金化業者

換金館は、数ある現金化手法の中でも買取方式を採用した現金化業者として知られています。クレジットカード現金化だけに留まらずに、携帯キャリア決済を使った現金化サービスを行っている総合現金化業者です。複数の買取商品を取り扱っているからこそ、何を使ってどのような商品と取引方法により現金化を行うのか、個別に相談しながら現金化サービスを利用することが望ましいです。

換金館が行っている買取方式は3つの方法をその都度使い分けている

換金館を利用しようと申し込みした際には、金額と現金化までの速度により複数のプランの中から最適な方法を提案されます。このため、どのような取引方法を提案されているのか、詳しく確認しておかなければ当初予定していた取り引き方法とは異なる手段での現金化となり得ます。取り引き方法に拘りが無ければ換金館に任せれば良いので、スピード重視なら換金館の指示通りに現金化手続きを行うだけで良いです。

商品買取方式

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法として古くから行われていた手法ですが、換金館が行っている商品買取方式はスピードプランにはそぐわない方法です。なぜなら、換金館はあくまでも商品買取を査定結果に基づき行う必要があるので、希望金額に合った商品を一旦自宅で受け取り換金館へ転送しなければならないからです。クレジットカード決済を行っただけでは、現物商品がすぐに届かないために換金館では査定が出来ません。スタンダードプランならば、3日~10程度で現金化出来るという理由は、商品買取方式には現物商品の配送と転送に日数を要するからです。

amazonギフト券買取方式

スピード重視でクレジットカード現金化するならば、スピードプランに採用されているamazonギフト券買取方式があります。amazonギフト券Eメールタイプならば、amazon公式サイトにてクレジットカード決済購入が可能であって、換金館の指定アドレスへ直接プレゼント扱いでの送付が可能です。amazonギフト券Eメールタイプは、クレジットカード決済から届くまでの時間が数分~数十分程度と短時間となり、スピードプランとの相性が良い買取方法です。自宅へ一旦購入商品を受取るという手間が無く、直送出来るという点も迅速な現金化取り引きを行う上で適した手段と考えられます。

携帯キャリア決済を使ったギフト券買取方式

換金館が取り扱いしている現金化方法の中で、唯一少額換金に対応しているのが携帯キャリア決済を使った現金化です。翌月の携帯電話料金と合算請求されるので、返済回数は全て一括払いというシンプルなものとなるわけです。クレジットカードだけでなく身近な携帯キャリア決済を利用出来る状況ならば、携帯キャリア決済の利用可能残高が5万円以上ある場合に利用出来ます。

換金館を利用する際の流れを確認しよう

換金館を利用する際には、基本的な手順を理解しておくとスムーズに進められます。現物の商品買取方式を利用する場合のみ、商品を転送する手続きがある点に注意しなければなりません。

クレジットカードまたは携帯キャリア決済の利用可能残高を確認する

クレジットカードまたは携帯キャリア決済をいくら利用出来るか、事前に確認しておかなければなりません。換金館はクレジットカードの利用可能額を確認出来る立場には無いため、利用者本人が自分で会員サイトまたはコールセンターへ電話連絡して確認しておく必要があります。携帯キャリア決済については、最低でも利用可能残高が5万円以上あることが前提となるので、少額決済には対応していません。

電話または公式サイトのWEBフォームから申し込み情報を入力

実際の申し込みは24時間入力可能なWEBフォームが最も効率的ですが、電話対応可能な9時~23時の間ならば直接電話連絡による申し込みも可能です。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 連絡先電話番号
  • 希望利用金額
  • 確認事項

の5点に記入及びチェックを行いメールフォームを送信すれば、予め希望連絡時間対タブを設定した場合に限り希望時間帯に電話が入ります。希望連絡時間帯を設定していなければ、営業時間内に随時連絡が入る仕組みです。当日中に現金化をして欲しいといった急ぎの場合には、電話連絡を行うと話が早いです。

本人確認電話の後に実際の商品購入をクレジットカードにて行う

本人確認と申し込み意思確認の電話連絡を行った上で、本人確認書類の提出を求められます。クレジットカード決済よりも後から本人確認書類を送付することも可能ですが、現金振込は初回に限り本人確認書類の提出があるまでは保留扱いとなる点に注意が必要です。希望現金化額に応じて指定商品をクレジットカード決済した上で、換金館へ転送する宅配手続きを取ります。一旦自宅で買取商品を受け取り、換金館へ転送する方法が正規の手段ですが、amazonギフト券買取の場合には直接換金館指定アドレスへの送付が可能です。取引方法により換金館から支持があるので、手順に従って手配するだけとなります。

商品が換金館へ届き次第、現金振込を実施

原則として換金館は買取店という扱いとなるので、買い取る商品が換金館へ届いたことが確認された時点で査定が行われます。現金振込は査定完了後に申し込みしたプランに応じて順次行われる流れです。

取引完了

振込金額を確認した時点で取り引きは完了です。

換金館の会社概要は伏せられている?

クレジットカード現金化業者には店舗型と無店舗型がありますが、換金館は無店舗型の現金化業者となります。買取方式により現金化を行っているので、特定商取引に関する法律に基づく表記には、法律に基づいた正確な情報の記載が求められます。また、継続的な買取業務を行うことは古物営業を行っていることになるので、古物商の登録と古物営業許可番号の掲示が古物営業法上も義務付けられています。換金館の会社概要を確認すると、以下の点が情報不足となっているので、取引前には必ず全ての事項を電話連絡の上で確認してから取り引きしなければ、万が一の時に泣き寝入りすることになりかねません。

  • 番地まで記載された正確な住所
  • 代表者氏名
  • 東京都公安委員会の公式サイトに掲載されている正規の古物営業許可番号

上記3点は、古物営業法及び特定商取引に関する法律の両方で義務付けられている掲出情報となりますが、競合他社からの嫌がらせ対策により違反を承知でセキュリティ面から伏せているとも考えられます。しかし、クレジットカード現金化を行う際に買取方式を採用している現金化業者との取り引きは、古物営業許可番号が公安委員会に正規の届け出が行われていることを確認出来るまでは進めてはなりません。なぜなら、万が一にも換金館と連絡が取れなくなった時に、クレジットカード現金化はクレジットカード会社に相談出来ない内容となるため、自力で解決しなければならないからです。相手がどこの誰かも分からなければ、損害賠償請求すら出来ないことを考えれば、いかに取引相手の情報を正確に知ることが大切か分かります。

換金館は最終的な換金率を確認してから利用しよう

クレジットカード現金化業者の大半が、公式サイト上では手数料や税金を含んだ金額での換金率を掲示しています。換金館の場合には、消費税と登録手数料を公式サイト上の掲出換金率から控除した金額が実際には振り込まれている状況です。

換金館の換金率表を確認しよう

換金館の公式サイトに掲出されているクレジットカード現金化を行った際の換金率は、以下のようになります。

金額スタッフ
5万円以上10万円未満88%還元
10万円以上20万円未満90%還元
20万円以上30万円未満93%還元
30万円以上50万円未満95%還元
50万円以上70万円未満96%還元
70万円以上100万円未満97%還元
100万円以上200万円未満98.4%還元
200万円~無制限要相談

最低利用金額は5万円に設定されている

クレジットカード現金化を行う際には、現金化業者が行う内部手続きの大半は手作業が多くなっています。このため、最低利用金額をあまりにも低く設定してしまうと、事務員の人件費捻出も困難となりやすく、換金率が下がる原因となるわけです。そこで、換金館では最低利用金額を5万円に設定することで、公式サイトに掲出可能な換金率を引き上げているわけです。

実際の換金率は70%が目安となる

換金館を利用してクレジットカード現金化を行う場合には、スピードプランを利用した場合の換金率は70%が目安となります。登録審査費用10%と消費税を実際の現金振込時には控除することになるので、換金率表と照らし合わせれば個人で利用する範囲内では70%~75%程度の換金率による利用が多くなることが分かるはずです。換金館では最低利用金額5万円の設定はあるものの、最大利用金額上限が無いために200万円を超える現金化にも対応しています。

何も確認しなければ買取後に換金率が下がるのは本当なのか?

クレジットカード現金化業者を利用する際には、公式サイトに記載されている換金率はあくまでも手数料込みかつ最大値であることを理解した上で問い合わせれば、現実の換金率について相場と比較したときの損得を判断出来ます。換金館を利用する際には、公式サイト上に掲載されている換金率だけを意識せずに、現金振込時の金額がいくらになるのか事前に問い合わせた上で申し込みを行うと安全です。スマートフォンの録音アプリを使った上で、通話録音をしていると宣言した上で換金率の問い合わせを行えば、正確な数値を回答しなければ取り引きが成立しません。

amazonギフト券買取は特に後出し控除に対して注意しよう

換金館を利用する際には、公式サイト上に掲出されている換金率そのままで取り引き出来るとは考えないことが正解です。そもそも消費税や換金時に発生するロスを考慮すれば、85%を超える換金率を達成出来る見込みはほとんど無いことが分かります。クレジットカード現金化を商品買取方式にて行うよりも、amazonギフト券買取方式により行った方が、消費税をamazonが負担してくれる分だけ有利と考えがちです。しかし、換金館が買い取った後のamazonギフト券をどのように最終的な現金化をしているかという事情を考えれば、amazonギフト券そのものを転売しているか一旦商品購入を行い転売しているかのどちらかです。このため、amazonギフト券買取であっても、85%を超える換金率は非現実的であって、80%を下回るかどうかという線が相場です。

クレジットカード現金化の仕組みを詳しく理解しよう

クレジットカード現金化の仕組みを詳しく理解していれば、そもそも買取方式の現金化ではどのような点に注意しなければならないか分かります。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類が存在していますが、ショッピング枠の分割払い金利設定が年5%~12%に対して、キャッシング枠の金利設定が年18%弱という状態です。ショッピング枠とキャッシング枠の金利差を利用して低金利の分割払いが出来れば、同じクレジットカード決済額であっても総返済額に大きな違いが出てしまいます。クレジットカード現金化は、現金化業者の手元に残る現金から現金化業者の手数料と利益を引いた額を現金振込してもらうサービスです。買取方式の現金化は、現金化業者が直接売買の売り手と買い手を販売と買取という2種類の売買契約を続けて行うことで実現しています。同じ売り手と買い手が逆転する方法では、現物商品が現金化業者と利用者の間で往復しなければなりません。この点を改善する方法として、amazonギフト券買取のように販売者は無関係な第3者となるamazonが担当し、買取役として換金館が登場する3店方式が登場しています。換金館はあくまでもamazonギフト券Eメールタイプを購入しただけであって、amazon経由での買い物に利用出来ます。翌月にはクレジットカードから請求額が案内される仕組みです。

amazonギフト券買取は現金化業者ごとに換金率に差がある

換金館でも取り扱いがあるamazonギフト券買取は、現金化業者ごとに換金率に差が出やすいものとして知られています。amazonギフト券には種類があり、大半の現金化業者はEメールタイプのみを取り扱っている点に注意が必要です。なぜなら、コンビニで販売されているカードタイプはクレジットカード決済にて購入出来ないだけでなく、買取時に現物を現金化業者へ配送しなければならないので現金化に時間が掛かり手間も多く必要となるからです。では、amazonギフト券買取には、なぜ換金率に差があるのでしょうか。

amazonギフト券転売を行っている現金化業者は換金率が高いものの支払いが遅い

amazonギフト券買取を行っても実際に現金化業者が換金出来なければ、単なる買い物用のポイントとしてしか使えません。現金化業者は独自のノウハウにより、遅かれ早かれ換金を行っているわけです。中でも換金率が特に高く、85%以上の換金率を実現している場合には、amazonギフト券転売を行っている可能性が高いです。amazonギフト券売買市場にて買取したamazonギフト券Eメールタイプが売れた時点で現金化されます。このため、amazonギフト券が売れない限りは入金が遅れることになるので、入金完了迄に数日間必要となることも珍しくありません。amazonギフト券を転売により現金化している買取店は、換金率が高い代わりに支払いが遅い傾向にあります。

amazonギフト券を商品に変えて転売している現金化御者は換金率が低いものの支払いが即座に行われる

amazonギフト券を買い取って自らのアカウントに登録し、商品に変えてから売却する方法を採用している現金化業者ならば、換金率は購入価格と売却価格の差損が発生するので換金率は下がる傾向にあります。70%~85%という範囲内で現金化している業者の多くは、自社買取を行っているからこそamazonギフト券買取による現金化は入金までが早いです。換金館は、様々な方法で換金を行っていますが、換金館に納めたamazonギフト券はすぐにamazonアカウントへ登録されてコードが無効化されていることから分かるように商品に買えて売却しています。

クレジットカード現金化と携帯キャリア決済現金化を使い分ける

総合的な現金化業者として営業している換金館では、クレジットカード現金化と並行して携帯キャリア決済現金化も行っています。最も大きな違いとして、クレジットカード現金化は10万円を超える取り引きが可能であって、携帯キャリア決済はあくまでも10万円以下の現金化しか出来ない点です。クレジットカードを換金館へ提示することなく、携帯キャリア決済を使えば10万円以下の金額ならば安全性重視で取り引き出来ます。

クレジットカード現金化は10万円以上の現金化に利用しよう

クレジットカード現金化を換金館を使って行う際には、10万円以上の現金化についてはクレジットカードを使わなければ現金化出来ません。なぜなら、携帯キャリア決済は個人ごとに設定された与信額の範囲が、大手携帯電話会社それぞれが設定した最大10万円の範囲内に限定されるからです。複数台の携帯電話を保有していて、携帯キャリア決済の利用可能残高合計が10万円を超える場合であっても、換金率という面からは10万円を超える取り引きの方が10万円以下の取り引きよりも高くなっています。同じ金額の決済額ならば、少しでも換金率が高いクレジットカード現金化サービスを利用することが有利です。

10万円以下の現金化は携帯キャリア決済でスマートな取り引き

10万円以下の現金化を行う場合には、携帯キャリア決済を選択肢の1つとして入れる方法があります。クレジットカード決済による換金率は70%~80%が実質的な現金化率となりますが、携帯キャリア決済では60%~75%と低めとなりやすいです。しかし、本人確認書類として顔写真付き身分証明書のみを送付すれば済む携帯キャリア決済ならば、最も手軽に現金化出来る方法として知られています。新たに返済時に振込を行う必要がなく、翌月の携帯電話料金と合算請求される点も手軽です。

換金館の携帯キャリア決済現金化は携帯電話会社ごとに購入商品が異なる

換金館では携帯キャリア決済現金化の専門ページを別途公式に用意しており、問い合わせ前の時点で各大手携帯電話会社ごとに何を携帯キャリア決済にて購入するか調べることが出来ます。具体的には以下のような組み合わせで現金化が行われます。

・NTTdocomoでは、iTunesCardのバリアブルカードをドコモオンラインショップにてギフト扱いで換金館へEメール送付します。Eメールを使うためにiTunesCard現物の送付が不要となるので、取り引き完了までが早いわけです。

・auでは、Qoo10というサイトを利用してamazonギフト券Eメールタイプを携帯キャリア決済により直接購入して、換金館へ転送する方法で現金化出来ます。Eメールを使うことになるので、配送手続きが不要となり現金化を最短即日で行えます。

・Softbankでは、Softbankオンラインショップ経由でiTunesCardをギフトコードという形式で換金館へ直送することで現金化を早めることが出来ます。注文時に「ギフトとして贈る」を選択する点を忘れると、直送ではなく自分宛てに届くことになるので注意しなければなりません。

amazonギフト券買取は複数のクレジットカードを使って分散利用する

amazonギフト券買取は、高額な決済を1度に行うのではなく、複数回の取り引きに分けて分散させることでクレジットカード現金化を行っていると思われないように工夫することが大切です。日常的にamazonギフト券をクレジットカード購入していて、自分のamazonアカウントへ登録している人ならば、なるべくいつも購入している金額と合わせることが望ましいと考えられます。普段とは異なる使い方を何度も繰り返すほど、クレジットカード会社の監視システムに引っ掛かり、目視チェック対象となるとクレジットカード現金化を疑われやすくなりがちです。そこで、目標の金額を現金化する際には、複数枚のクレジットカードへ分散してクレジットカード購入を行えば、不自然な使い方とはクレジットカード会社に思われません。実際にamazonギフト券Eメールタイプを自分のアカウントへ購入する場合であっても、複数のクレジットカードへ分散購入することで支払いが1度に来ないように日付をズラす効果を狙えます。

換金館を利用する際の注意点を把握しよう

換金館を利用する際には、クレジットカード現金化業者を利用する際の一般的な注意点と同様に、初めて利用する時ほど慎重に行う必要があります。なぜなら、換金館は複数の買取商品と手法を持っているので、クレジットカードのショッピング枠現金化だけでなく携帯キャリア決済にも対応しているからです。どの手法を使った現金化が最も効率が良いのか確認するだけでなく、現金入金スピードの違いにも影響するので、換金館を利用する際の注意点を把握してから利用することが望ましいです。では、具体的に換金館を利用する際には、どのような点に注意した上で利用するか判断すれば良いのでしょうか。

古物営業許可番号を必ず確認してから取り引きを行うこと

換金館は、商品買取方式・amazonギフト券買取・携帯キャリア決済という3つの買取方法による現金化を行っています。業として買取業務を行うためには、古物営業法に基づき古物商の認定を受けなければなりません。実店舗があるならば古物プレートに掲示すれば何ら問題がありませんが、換金館は無店舗型営業を行っているので、少なくとも古物営業許可番号を公式サイトに掲示した上で、更に東京都公安委員会の古物商URL届け出一覧へ掲載されていることが必要です。物営業法第5条第1項及び第7条第1項の規定を満たしていない買取業者は、正規の古物商とは認められないので、実際にクレジットカード決済を行う前迄に必ず換金館の古物営業許可番号を教えてもらい、正規の古物商営業許可があることを確認しなければなりません。

特定商取引に関する法律に基づく表記は売買相手を知るために必要な情報

対面による買取依頼とは異なり、全てをインターネット上で手続き可能なオンライン買取は、相手となる換金館がどのような会社であって、誰が責任者となっているのか分からなければ、本当に現金が振り込まれるのか不安でしかありません。クレジットカード現金化は、買取方式であっても商品売買契約を結ぶことに変わりないので、どこの誰かも分からない相手とは取り引きしたらリスクが高すぎると誰でも理解出来ることです。換金館では、セキュリティ面を考慮して本来ならば特定商取引に関する法律に基づき表記しなければならない住所表記を番地まで正確に行うことと、運営会社の代表者をフルネームで明記する点を伏せています。電話問い合わせを行い身分証明書を提出する時点迄に、換金館に不足している住所と責任者情報については開示を求めて得ておかなければなりません。換金館は毎日多数の問い合わせと申し込みを受けているので、利用者側から契約に必要な情報の開示を求めることをしなければ、換金館自らが手続きが長くなる情報提供は行わないわけです。換金館を使ったクレジットカード現金化は、正規の古物商と確認した上での売買契約を結ぶと考えておけば、リスクを回避出来ます。

先に控除費用を引いた振込額を確認する

換金館との取り引きを行う際には、換金率について公式サイトに記載された通りという回答を得られるはずです。換金館が現金化を行う際の換金率は、確かに公式サイトに掲載されている換金率の通りで間違い有りません。しかし、現金化を行った結果として振り込まれる入金額とは違うこともまた事実です。クレジットカード決済を行う前に確認しなければならない事項として、クレジットカード現金化を換金率表通りに行った後に掛かる控除費用を除いた振込額を先に聞いておかなければなりません。原則として換金館に対して、控除費用の内訳を問い合わせれば応えてくれますが、何も聞かれなければ換金館は説明を行わないことが一般的です。なぜなら、クレジットカード現金化を買取方式で行う場合には、常に相場を意識した取り引きを行っているので、すぐに現金化を行う意思が明確な人以外に自社の取り引き相場情報を提供しないからです。換金館では、消費税と登録料の控除を行った上で現金振込を行うことになっており、登録料により換金率を現実的な範囲に収めています。

平日19時迄に申し込みを完了させること

換金館の営業時間は電話問い合わせ可能時間と共通していて、9時~23時となっています。WEB申し込みならば24時間対応可能ですが、実際に電話対応をしなければ必要書類として身分証明書の提出方法案内を行えないので、実質的には電話問い合わせ可能な時間帯が営業時間となります。しかし、どうしても急ぎで対応して欲しい場合には、申し込み前提で話を進めることににより23時以降でも営業時間を延長して換金館は対応してくれる柔軟性を持っている点が嬉しいポイントです。スピードプランを選択すれば、クレジットカード決済手続き完了からすぐに現金振込手続きに移行してくれるので、当日中の入金も振込先銀行口座次第では可能となります。平日15時以降の入金に対応している銀行として、以下の4銀行の口座を指定することが望ましいです。

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 三菱UFJ銀行

また、平日19時迄に申し込みを完了させておけば、日付が変わる前にネット銀行受け取りなら現金化が可能です。

換金館はどのような人に向いているのか

クレジットカード現金化を行いたいと考えている人にとって、換金館を選ぶとスムーズな取り引きが出来る人として、どのような人に向いているのでしょうか。換金館が総合的な買取方式を採用した現金化業者という点が1つのポイントとなります。数ある現金化業者の中から換金館を使った現金化に適した利用者とは、どのようなタイプの人のことを指すのでしょうか。

買取方式の現金化サービスを利用したいと考えている人

買取方式の現金化サービスを利用したいと考えている人にとっては、明確にキャッシュバック方式を採用していないからこそ、最初から買取方式による現金化前提で話を進められます。買取方式には、現物商品を直接売買する商品買取方式だけでなく、デジタルギフト券の売買による現金化を行うamazonギフト券買取が代表的です。携帯キャリア決済を利用した小口取り引きであれば、iTunesCardを使った取り引きや専用サイトを利用したamazonギフト券Eメールタイプの転送取り引きもあります。どのような買取方法をクレジットカードと携帯キャリア決済のどちらを使って行うのか、換金館ならば自由に相談しながら決められる点が有利です。しかし、換金館では原則として業務効率化と換金率を下げないために、最低利用金額を5万円と設定しているので、携帯キャリア決済の利用限度額が低い人はクレジットカード決済による現金化のみが対象となります。

amazonギフト券買取希望者

amazonギフト券買取による現金化を希望している人にとって、買い取ったamazonギフト券を換金館ではどのように現金化しているか気になるものです。なぜなら、極めて換金率が高いamazonギフト券買取業者ほど、amazonギフト券が転売されるまで現金化を保留させられてしまうからです。換金館は買い取ったamazonギフト券をすぐにamazonアカウントへ入力した上で現金化手続きを行うので、一度amazonギフト券を換金館へ送付するとキャンセル出来ない代わりにしっかりと買取してもらえる安心感があります。このため、amazonギフト券の額面指定は換金館との取り引きでさほど厳しくはありません。クレジットカードが利用停止とならないように購入額面の組み合わせについてのアドバイスはあるものの、換金館が具体的に指定した額面のamazonギフト券Eメールタイプ以外は買取しないわけでは無いという安心感があります。amazonギフト券を転売しているクレジットカード現金化業者は、額面として転売しやすい1万円固定であることが多く、1度に複数口を購入させて同じアドレスへ直送させるといった使い方を指示します。amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化に対してクレジットカード会社の一部は警戒しているので、換金館が行うアドバイス通りにamazonギフト券を購入することは、安全にクレジットカード現金化出来る方法として注目されています。

携帯キャリア決済を利用した現金化も併用したい人

換金館の利用が合っている人の特徴として、複数の手段で現金化を行い安全に現金を素早く入手したい人が挙げられます。クレジットカードを複数枚利用して買取方式による現金化を行えば、クレジットカード現金化を気付かれることなく希望金額の現金化を行いやすいです。さらに携帯キャリア決済を使った現金化を併用出来るからこそ、1社とのやり取りだけでクレジットカード現金化と携帯キャリア決済現金化の両方を同時並行して手続き出来る換金館の利便性がいかに高いか分かります。予め希望換金額が決まっていて、リスクを分散させて安全かつスピーディーに現金調達したいなら、換金館の利用が手軽で早いと判明するはずです。本来ならばクレジットカード現金化業者と携帯キャリア決済現金化業者を別々に利用するため、2社に対してバラバラに写真付き身分証明書送付を行わなければならない点を換金館なら1度で済ませることが出来る点も合理的と考えられます。なるべく少ない手間で効率良く安全に現金化したいなら、換金館が向いていると分かります。

換金館を利用すれば総合的な買取方式による現金化が出来る

クレジットカード現金化を利用する際には、多くの人がカードローン審査を行う時間が無い緊急性が高い現金調達を求めています。買取方式を採用した現金化業者として知られる換金館は、同時に携帯キャリア決済を利用した現金化にも対応しているので、希望館金額にクレジットカード現金化だけでは少し足りない場合であっても速やかに対応可能です。1度の手続きでクレジットカード現金化と携帯キャリア決済現金化を行えるからこそ、必要な時に必要な金額をすぐに現金化出来る業者として信頼を勝ち取っているわけです。

おすすめクレジットカード現金化業者

他の現金化業者も気になる所だと思います
下記が現金化業者の一覧になっていますので一度目を通して
自分にあった現金化業者を探してください