バレやすい?換金率と価格の高い商品でクレジットカード現金化を行う際の注意点

換金率

クレジットカード現金化を行う回数をできるだけ減らしたほうがカード会社に現金化を疑われる確率が低くなりますが、効率的な現金化を行うために高い商品を利用するとカード会社に現金化がバレるリスクが高まるのも事実です。

カード会社に疑われないクレジットカード現金化の実現には細心の注意を払いながら現金化を行う必要があり、「どのような商品でクレジットカード現金化を行うのか?」も重要なポイントとなりますので換金率と価格の高い商品と現金化の関係を紹介します。

現金化の回数は少ない方が低リスク!一度にできるだけ多くの現金を手に入れたい

カード会社は利用履歴をチェックし自社カードが利用規約で禁止しているクレジットカード現金化に利用されていないかの監視を行っているので、一度でより多くの現金を手に入れクレジットカード現金化の回数はできるだけ少なくしたいものです。

ショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化は違法行為ではないものの、カード会社にバレると規約違反で手痛いペナルティが科せられるんだよな。
そう、現在の法体系では現金化の利用者には逮捕リスクが存在しないがカード会社にバレると規約違反で会員資格を剥奪され、経済活動に支障をきたすリスクは存在するな。
と言うことは、何度も行わずできるだけ少ない回数でショッピング枠を現金に置き換える効率的なクレジットカード現金化の実現がローリスクでの現金化に繋がる訳だ。
おっ鋭いな、カード会社に絶対にバレない方法で行う必要があるクレジットカード現金化のセオリーは「いかに効率的な現金化を実現するか」だからな。
つまり換金率や価格が高い商品を利用して一度により多くの現金化を手に入れるのが、カード会社にバレないクレジットカード現金化の方法だと言うことだな。
いやその方法は余りおすすめできないな。換金率や価格が高い商品の利用はクレジットカード現金化がバレるリスクを高める可能性があるから確認していこう。

換金率や価格が高い商品でのクレジットカード現金化はカード会社にバレやすい?

カード会社はクレジットカード現金化に自社カードが利用されないようカードの利用履歴を監視し、現金化の疑いのある会員をマークして徹底的な調査を行うことでクレジットカード現金化を防止しています。

回数が増えるほどカード会社にクレジットカード現金化がバレるリスクが高まるのは言うまでもないので、換金率と商品価格が高い商品を利用した効率的な現金化が効果的に感じますが換金率や価格が高い商品の利用はカード会社にバレるリスクを高めます。

換金率の高い商品の代表としてAmazonギフト券や新幹線回数券が挙げられますが、これらの購入を自動検知するシステムが採用されているので、Amazonギフト券や新幹線回数券をカードで購入するとクレジットカード現金化が疑われます。

また価格が高い商品の購入時の支払い方法に注意しなければクレジットヒストリーの関係で「現金化を目的とした商品購入なのではないか?」とクレジットカード現金化を疑われるケースも存在します。

換金率や価格が高い商品でのクレジットカード現金化がバレるリスクが高い理由

換金率の高い商品で尚且つ価格が高い商品を利用すれば、一度の現金化でより多くの現金を手に入れられますが、既に非常に多くのクレジットカード現金化で利用されているためカード会社は換金率の高い商品を掴んでいるのも事実です。

既述のとおり代表的な換金率の高い商品として挙げられるAmazonギフト券や新幹線回数券などの購入にカードが使用されると自動検出するシステムが既に採用されているため、換金率の高い商品の購入は必ずカード会社に確認されると捉えるべきでしょう。

また通称クレヒスと呼ばれるクレジットヒストリーのスコアが低い会員は価格の高い商品購入の際に分割払いを選択しなければ、「クレジットカード現金化が目的の商品購入ではないのか?」と疑われるリスクが生じます。

残念ながらクレジットカード現金化を利用する人の多くはクレジットヒストリーのスコアが高くない傾向にあるため、価格の高い商品を利用して現金化を行う際は一括払いではなく分割払いで商品購入を行うことをおすすめします。

クレジットカード現金化が疑われる原因に繋がるクレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーのスコアの影響で価格が高い商品を利用したクレジットカード現金化がカード会社にバレるケースが存在することは既に紹介しましたので、現金化がカード会社にバレる原因に繋がるクレヒスについて紹介します。

通称クレヒスとも呼ばれる信用履歴がクレジットヒストリーでクレヒスは信用情報機関のデータベースに記録されていて、カード会社はクレヒスの状況を参考に各カード会員にスコアを付けます。

クレヒスを参考にカード会社が付けるスコアは
・カード会社の会員資格を保有する年数
・カードの利用頻度
・利用額の返済状況
・キャッシング枠の利用状況
などから算定されるデータで、クレジットカードを健全かつ活発に利用している会員ほどスコアが高くなり、カード会社に対して積みあげた信用の大きさはスコアで図ることができます。

クレヒスのスコアが低い会員が換金率の高い商品を大量又は頻繁に購入すると、クレジットカード現金化の可能性を疑われますし一括払いで価格の高い商品を購入しても同様に現金化が疑われカード会社からマークされ現金化がバレる結果に繋がると言えます。

カード会社にバレずに効率的なクレジットカード現金化を行うためには長期間カードの会員資格を維持しながら、絶対に返済を延滞せず積極的にカードを利用し極力キャッシング機能を利用しないなどで傷のないクレヒスを積みあげることが必要です。

少額の現金化は換金率や価格の高い商品で行う高額な現金化よりローリスク?

換金率や価格の高い商品は一回のクレジットカード現金化で数万円の現金を手に入れられる反面、現金化がカード会社にバレるリスクも高くなります。バレないように少額の現金化が行われるケースもあるので高額現金化と少額現金化を比較して紹介します。

換金率や価格の高い商品を利用した現金化はカード会社にバレるリスクが高いのなら、換金率や価格が高くない商品で少額を現金化すればバレにくいんじゃないの?
少額の現金化は効率が悪くなるぞ。
人気の高いオークションサイトを利用して大量に転売すれば良いじゃん!塵も積もればって奴で。
確かにオークションサイトを利用した自力で行う現金化も存在するな。
でしょ!大きなリスクを背負うより堅実にコツコツと少額を現金化すれば良いだろう?
堅実かどうかはともかく、少額の現金化について確認してみよう。

オークションサイトや現金化業者で行う少額のクレジットカード現金化とは?

転売ヤーという言葉が一般的に知られるほど現在オークションサイトの利用が活性化していて、購入価格よりも高額なプレミアム価格で取引される人気商品も数多く存在するのでオークションサイトを利用して少額のクレジットカード現金化を行うことは可能です。

また通常高額の現金化を行う現金化業者も一般的に取引単位が10,000円なので最小額で利用すれば現金化業者を利用して少額の現金化を行うこともできます。

しかしオークションサイトを利用する場合は確実に高額転売できる商品を選ぶ目利きが必要となりますし、オークション内での人気の動向をしっかり掴んでおく必要もあるためある程度の慣れが必要となると言えます。

現金化業者を利用する場合は少額では換金率が割高になりクレジットカード現金化がキャッシングより割高になるケースもあります。キャッシングの金利は通常15%ですので5,000円を30日間借りた場合は、「5,000×0.15÷365×30」で算出された61円の金利に5,000円の元本を加えた5,061円の返済を求められます。

換金率80%の現金化業者でクレジットカード現金化を行うと「5,000×0.8」で算出された4,000円の現金が手に入りますが、カードの請求額は5,000円ですのでキャッシングの方が1,000円近くお得になり少額ではクレジットカード現金化のメリットが小さくなります。

少額のクレジットカード現金化であればカード会社にバレ難い?

換金率の高い商品は既にカード会社が掴んでいるので利用すれば現金化を疑われますし、高い商品を利用する場合でもクレヒスのスコアの影響で現金化を疑われるケースがあります。

カード会社にバレずに現金化を行うためには目立たない利用履歴で粛々と現金化を行う必要があり、少額の現金化はカードの通常利用と区別しにくい点でカード会社に現金化を疑われるリスクが低下します。

しかし少額の現金化と言ってもできるだけ効率的に現金を手に入れたいのも事実ですから売れ筋商品の大量購入や連続購入を行いがちとなり、大量購入や連続購入を行うと不自然な利用履歴となり結果的にカード会社に現金化を疑われかねないと言えます。

少額現金化も頻度が高いと換金率や価格の高い商品の現金化とバレるリスクは同じ

少額のクレジットカード現金化はカードの通常利用と区別し難くくカード会社に現金化がバレるリスクが低くなりますが、少額であるため現金化の頻度が高くなる傾向があるのも事実で高頻度で行うと少額の現金化もカード会社にバレる可能性が高くなります。

カード会社は金額の大小に関わらず全ての現金化を規約違反として判断するため、必要な金額に応じたクレジットカード現金化を行うのが理想的な現金化を行うためのポイントだと捉えるべきです。

少額の現金化を頻繁に繰り返すより換金率や価格の高い商品を利用して一度のクレジットカード現金化で必要な金額を調達する方がカード会社にバレるリスクは低くなると言えます。

換金率や価格の高い商品でカード会社にバレずにクレジットカード現金化は行える

換金率や価格の高い商品で現金化を行うとカード会社にバレるリスクが高くなり、少額ではクレジットカード現金化のメリットが十分に得られ難くなりますが、カード会社にバレずに換金率や価格の高い商品でクレジットカード現金化を行う方法は存在します。

換金率や価格の高い商品を利用するとカード会社にバレやすく、少額ではクレジットカード現金化のメリットが十分に得られ難くなるのか。現金化は難しいな。
そう、カード会社にバレずに効率的ば現金化を行うのは一筋縄じゃ行かないな。
なんだか現金化の魅力半減って感じなんだけど。
おいおい、現金化には買取方式とキャッシュバック方式があるのを忘れていないか?
買取方式とキャッシュバック方式ね、忘れていないけど。ってそうか!カード会社にバレずに換金率や価格の高い商品で現金化する方法あるね!あるわ、忘れてた!
そうだろ!カード会社にバレずに換金率や価格の高い商品でクレジットカード現金化を行う方法を見ていこう。

換金率や価格の高い商品でカード会社にバレずに現金化を行う方法とは?

代表的なクレジットカード現金化の方法として購入商品を現金化業者に売却する買取方式と現金化業者から商品を購入しキャッシュバックを受けるキャッシュバック方式が挙げられ、どちらを利用するかでカード会社に現金化がバレる・バレないが決まります。

買取方式には任意に利用者が購入した商品をリサイクルショップや金券ショップに持ち込む方法と現金化業者が指定する商品を利用者が代理購入し購入商品と引き換えに現金を受け取る方法に分類できますが双方とも市場価値が明確な商品を取り扱います。

既に紹介したとおりAmazonギフト券などの金券や新幹線回数券などが換金率や価格が高い商品となりますが、これらの商品購入はカード会社に現金化がバレる原因になりかねないためリスクが高いと言えます。

キャッシュバック方式で現金化業者から購入する商品は情報が記録されたCD-ROMやパワーストーンなど、どちらかというと市場価値を明確にするのが難しいものが利用されるため価格が高い商品でも不自然でないと言えます。

またキャッシュバックでの換金率が高い商品を購入しても換金率の高い商品であることをカード会社が突き止めるのが困難ですので、キャッシュバック方式であればカード会社にバレずに還元率や価格の高い商品を利用したクレジットカード現金化が可能です。

しかしキャッシュバック方式は買取方式を行う現金化業者に比べて悪徳業者に遭遇する確率が高くなる傾向もあるので、信頼できる業者であるのかの情報をしっかり確認したうえでキャッシュバック方式のクレジットカード現金化を行う必要があります。

理想的なクレジットカード現金化を行うためには「なにが換金率と価格が高い商品であるのか?」や「買取方式とキャッシュバック方式のどちらを利用するか?」、「どれが信頼できる現金化業者であるか?」など多くの情報をしっかりと掴んでおく必要があります。

換金率や価格の高い商品を利用したクレジットカード現金化は、カード会社に現金化がバレるリスクと現金化の回数を最小限に抑えカード会社にバレるリスクを低下させる相反する特徴を持っていると言えますので現金化の方法の選択がポイントとなります。

最新の現金化情報を掴むことが効率的クレジットカード現金化のカギとなる

換金率と価格の高い商品を利用したクレジットカード現金化は一見効率的に見えますが、現金化を行っていることをカード会社に突き止められ現金化がバレる可能性が高まるリスクがあるため慎重に現金化を行う必要があります。

現金化がカード会社にバレると強制解約や利用額の一括請求などの手痛いペナルティが科される上に、信用情報機関のデータベースで強制解約情報が公開されるのでカード会社には絶対にクレジットカード現金化がバレないように行う必要があります。

しかしクレジットカード現金化を取り巻く状況は凄まじいスピードで変化しているのも事実でカード会社にバレるリスクが低い、安全で効率的な現金化の方法を正確に掴むことが非常に重要となります。

まさに「どのようにしてクレジットカード現金化の最新情報を掴むのか?」が効率的なクレジットカード現金化実現のカギとなると言っても過言ではないと言えます。そこでおすすめしたいのが現金化情報サイト「俺LOVE現金化」が公開しているクレジットカード現金化情報の活用です。

「俺LOVE現金化」は現金化に特化した情報サイトでクレジットカードを中心に現金化システムや現金化に関する法律の解説、効率的な現金化の方法やカード会社に現金化を疑われた際の対処法などあらゆる現金化の最新情報を豊富に取り扱っています。

効率的にクレジットカード現金化を行うために必要となる現金化の最新情報を収集するために現金化情報サイト「俺LOVE現金化」を有効活用して、理想的なクレジットカード現金化を実現してください。