金券現金化や商品券現金化は高換金率!安全により多くの現金を手に入れる方法とは?

手持ち現金が少ない時に思わぬ出費に迫られ「どうやって支出の穴埋めをすれば良いの?」と頭を抱えたことは、誰でも1度や2度は経験しているのではないでしょうか?

多彩な融資サービスを利用し気軽にATMから現金を引き出せる現在は、現金調達が比較的簡単になりましたが、利用限度額の関係で必要な時に借入できないこともあります。

そんなときに頼りにあるのがクレジットカードのショッピング枠を現金に置き換える「現金化」で、利世者数は年々増加する傾向にあり現金化は注目の現金調達手段だと言えます。

カードで購入した商品を売却し現金に置き換える現金化のなかでも、金券現金化や商品券現金化は高換金率で効率的に現金を手に入れられる方法として広く活用されています。

高い換金率で効率的な現金化の実現が期待できる金券現金化や商品券現金化で、安全により多くの現金を手に入れる方法を考えていきます。

高い換金率で効率的に現金化できる商品券などの金券はどのような商品?

効率的にショッピング枠を現金に置き換えるために広く活用されている金券現金化や商品券現金化は、文字どおり商品券などの金券を利用する現金化です。

キャッシュレス決済が普及した現在はさまざまな支払い方法が存在しますが、商品券などの金券は支払いに利用できる代替通貨として資金決済法で位置付けられたものです。

ゲッ!もうこんなに現金が減っているじゃん!全く覚えてないんだけど、何に使ったっけなぁ?っていうか今月どうやってやり過ごそう!
マジでか?息をするように浪費するっていうその癖、本当に何とかした方が良いよ。
おっしゃっるとおりで何も申し開きできないんだけど、どうしよう?やっぱり現金化でつなぎ資金を手に入れるしかないかな?
そうね、キャッシングで借金するよりショッピング枠を活用したほうが利口だと思うよ。
現金化のなかでも金券現金化や商品券現金化は換金率が高くて効率的に現金を手に入れられるんだよね?なんでなの?
そりゃ、商品券なんかの金券は支払いに利用できる代替通貨だし、ネット決済の普及で金券へのニーズが右肩上がりだからな。商品券などの金券について確認してみようか。

商品券などの金券は現金同様の価値を持つ!資産価値がある金券とは?

日本円・米ドル・ユーロなどは発行政府の中央銀行が「等価の金地金との交換」を保障する法定通貨と呼ばれるもので、基本的に経済活動は法定通貨を利用して行われています。

しかし国内では資金決済法で現金同様に支払いに利用できる代替通貨を認めていて、商品券などの金券は資金決済法で認められた代替通貨に該当します。

古くは全国共通図書券や図書カード、百貨店発行の商品券や酒造メーカー発行のビール券などが代表的な商品券でしたが、これらの商品券は利用範囲が限定的だったと言えます。

既述の商品券より利用範囲が広く、より代替通貨としての色合いを強くしたのが信販会社のギフトカードやクオカードで、これらの金券は一般的にギフトカードと呼ばれます。

また近年急速にニーズが高まったiTunesカードやGoogle Playギフト券、Amazonギフト券などの電子ギフト券も金券の1つに分類されています。

金券現金化や商品券現金化はクレジットカードで代替通貨を購入する現金化

多種多様な現金化手法のなかでも特に金券現金化や商品券現金化の換金率が高く、効率的に現金を手に入れられるのは代替通貨を利用しているからだと言えます。

さまざまな商品が現金化に利用されますが代替通貨は資産価値が分かりやすく、他の商品のように価値が大きく変動しないので、金券現金化や商品券現金化は高換金率が可能です。

ショッピング枠を効率的に現金に置き換えるため、金券現金化や商品券現金化は非常に高い効果がある現金化の方法だと言えるでしょう。

効率的と言われる金券現金化や商品券現金化!どうやって現金に置き換えるの?

ショッピング枠を現金に置き換えるのには金券現金化や商品券現金化の利用が効率的ですが、具体的にどうやって商品券などの金券を現金化するのかが気になります。

金券は現金同様の資産価値を持つ代替通貨だけに、金券現金化や商品券現金化ではどのように現金に置き換えるのかを紹介します。

へぇ、商品券などの金券は現金同様の資産価値がある代替通貨だから、金券現金化や商品券現金化は高換金率で現金に置き換えるられる現金化手法なんだ。
そうなんだ。法定通貨は発行政府が資産価値を担保してるけど、金券も発行額が1,000万円を超えると発行元が未使用残高の半分以上を政府に供託して資産価値を保障するんだ。
なるほど現金は政府が保障し金券は発行元が保障することで、資産価値が守られているんだな。だからこそ金券を代替通貨として使用することができるんだ。
そういうこと、そうでないと誰も現金を代替通貨に代えようとは思わないだろう。資産価値が守られているから金券現金化や商品券現金化は高換金率なんだ。
それじゃ、その代替通貨である金券はどうやって現金に置き換えるの?基本的に商品代金やサービスの対価の支払いに使えるのが代替通貨なんじゃない?
鋭いな!代替通貨は消費活動に使用すると消滅して再販できないシステムになっているからな。金券現金化や商品券現金化はどうやって現金に置き換えているかを見ていこう。

商品券などの金券を現金に置き換える金券現金化や商品券現金化のシステムとは?

通常現金化は利用者が購入した商品を現金化業者に売却する買取方式か、業者から商品購入しキャッシュバックを受けるキャッシュバック方式で行います。

商品券などの金券を現金に置き換える金券現金化や商品券現金化は買取方式の現金化で、この方法は業者から買取商品を指定されるタイプと指定されないタイプに分かれます。

利用者が任意に購入した金券を金券ショップなどに持ち込み売却するのが商品指定の指定がないタイプで、通常は実店舗での対面取引で金券を現金に置き換えられます。

業者から買取商品が指定されるタイプはオンライン取引で行われ、現金化の際に業者が指定する商品(金券)を代理購入して業者に売却します。

実店舗での金券現金化や商品券現金化は、対面で行え複数店舗の買取価格を比較して利用できる安心感がありますが、高い換金率を期待するのが難しい傾向にあります。

オンライン取引の金券現金化や商品券現金化は中古市場ニーズが高く、現金化業者が必要としている商品(金券)が指定されるので高い換金率での現金化が期待できます。

オンライン取引で完結するタイプは悪徳業者に引っかかると「代理購入した金券だけ取り上げられる」というリスクがあり、事前に正確な業者情報を掴んでおく必要があります。

しかし取引前に買取価格を知ることができるので、金券現金化や商品券現金化を効率的に行いたい利用者の多くは業者から指定された商品(金券)の購入で現金化しています。

実はクレジットカードで購入できる金券は多くはない!

商品券などの金券の1つにクレジットカードを発行する信販会社のギフト券が挙げられますが、信販会社のギフト券購入は次に挙げるように利用できるカードが限定されます。

・JCB GIFT CARD:JCBカードのみ
・三菱UFJニコスギフトカード:DCカード・MUFGカード・NICOSカードのみ
・UCギフトカード:UCカードグループ発行カードのみ
・三井住友VJAギフトカード:VISA・Master Cardのみ

またAmazonギフト券・iTunesカード・Google Playギフト券など、人気の高い電子ギフト券はコンビニや家電量販店で購入できますが基本的にカード購入はできません。

公式サイトからならカードで電子ギフト券を購入できるので、金券現金化や商品券現金化で電子ギフト券の現金化を行う場合は公式サイトから購入します。

現金化に利用される定番アイテムである新幹線回数券はクレジットカードで購入することができるので、金券現金化や商品券現金化に広く活用されています。

金券現金化や商品券現金化で効率的に現金に置き換えられる金券とは?

金券現金化や商品券現金化の換金率は中古市場ニーズなどの中古市況に影響されますが、買取価格が高値安定し高額買取を期待できる金券も存在します。

現在の中古市況で人気の安定した金券として

・Amazonギフト券
・iTunesカード
・Google Playギフト券
・新幹線回数券

が挙げられ、買取商品を指定する多くの業者ではAmazonギフト券・iTunesカード・Google Playギフト券が指定される傾向が強い状況だと言えます。

どのような業者を利用するか?が安全な金券現金化や商品券現金化のカギとなる

既に紹介したとおり金券現金化や商品券現金化でショッピング枠を現金に置き換える業者は、対面式の金券ショップとオンライン取引で完結する現金化業者に分類できます。

高い換金率で金券現金化や商品券現金化が行えるのはオンライン取引で完結する現金化業者で、多くの利用者が利用していますが「どの業者を利用するのか?」は重要です。

金券現金化や商品券現金化でショッピング枠を現金に置き換えてくれる業者には、対面式の金券ショップとオンライン取引の現金化業者があるんだよな?どっちが良いの?
どっちが良いかは利用者の価値観によると思うけど、換金率だけを見るとオンライン取引で完結する現金化業者の方が有利だと言えるな。
じゃあ金券現金化や商品券現金化で利用すべきは「オンライン取引で完結する現金化業者」の一択ってことになるんじゃないのか?まぁあたり前の判断だけど。
いや、これが一概にオンライン取引の現金化業者が「絶対におすすめ」とも言えないんだよな。悪徳業者を利用すると現金化どころか金券だけ取り上げられることもある。
ゲッ!そんなの詐欺行為じゃないの?金券だけ取り上げるなんて犯罪だろう犯罪!現金が手に入らなくて金券だけ取り上げられるなんて踏んだり蹴ったりじゃないか!
そのとおり犯罪行為なんだけど金券現金化や商品券現金化には一定数の悪徳業者が紛れ込んでるのも事実だから、信頼できる業者と悪徳業者の見分け方を確認してみよう。

金券現金化や商品券現金化の悪徳業者はどのように悪質なのか?

ネットで検索すると非常に多くの現金化業者サイトが確認でき、驚くほど数多くの業者が金券現金化や商品券現金化を行っていることを知ることができます。

現金化は効率的に行いたいものですが、「確実に現金を受け取れる業者を利用する」ことがなにより重要だと言えます。

また金券現金化や商品券現金化の利用者の多くは「今すぐ現金を受け取りたい!」状態であるケースが多いので、現金化までのスピードも重要なポイントだといえます。

金券現金化や商品券現金化の換金率は65~85%が一般的で、優良業者でも90%前後の換金率でしか現金化を行っていません。

しかしネット上では「換金率95%以上!」や「驚きの98%で現金化!」など、通常を大きく上回る換金率を提示している業者も存在します。

このような業者の全てが悪徳業者だとは言えませんが、実際に利用すると50~70%の換金率で金券現金化や商品券現金化が行われるケースが珍しくないようです。

また「最短5分で振込!」などのスピード現金化を掲げる業者でも、金券の引き渡しから振込まで数日~2週間程度かかり実体と宣伝文句が全く異なることもあります。

悪質な現金化業者に引っかからないためには

金券現金化や商品券現金化の際に悪質業者には絶対に引っかかりたくないものですが、信頼できる業者か悪徳業者かの見極めは非常に困難なのが実情です。

しかし通常の換金率を大きく上回る高すぎる換金率を提示する業者は「怪しい業者」として認識するべきで、利用を見合わせることをおすすめします。

また金券現金化や商品券現金化の取引実績が多い業者は、薄利多売で高い換金率で現金化が可能なので、利用者の口コミや現金化情報サイトをチェックするのも良いでしょう。

実店舗を構えている金券ショップがオンライン取引で現金化サービスを提供しているケースも増加していて、運営の実体が確認できる業者を利用すれば安全性が高まります。

金券現金化や商品券現金化で現金を手に入れるメリットとデメリットとは?

金券現金化や商品券現金化は数多く存在する現金化手法のなかでも、換金率の高い効率的な現金化を実現できる現金化手法ですがメリット以外のデメリットも存在します。

金券現金化や商品券現金化を理想的な現金化を実現できる方法として過剰評価してしまうと、デメリットを引き当てる可能性もあるのでメリットとデメリットを確認しましょう。

なんか金券現金化や商品券現金化って非の打ちどころのない完全無欠な現金化手法って感じがするんだけど!特に人気の電子ギフト券を利用すれば完璧じゃないのこれ?
そうだな、確かに金券現金化や商品券現金化は現状では最も効率的な現金化を実現できる方法だと言えるかもしれない。
だよね、金券現金化と商品券現金化を有効活用すれば無限に現金を手に入れられるような気がしてきたぞ!まさに「現代の打ち出の小づち」って奴でしょ、絶対に!
コラコラ、それは全く違うから勘違いしないように!金券現金化や商品券現金化にもメリットやデメリットが存在するから正確に掴んでおく必要があるぞ。
デメリットもあるの?完全無欠じゃないのかよ!なんだかガッカリしちゃうなぁ、もう!でもデメリットより遥かにメリットが多いんだろう?「そうだ!」と言ってくれ!
落ち着け、金券現金化や商品券現金化で本当に効率的に現金を手にいれるためには、メリットばかりじゃなくデメリットも知り尽くしておくのが重要だから両方確認していこう。

金券現金化と商品券現金化で現金を手に入れるメリット

キャッシング枠とは異なる法律の規制を受けるショッピング枠を利用して現金を手に入れられるのが現金化で、金券現金化は商品券現金化は効率的に現金化できる方法です。

キャッシング枠は貸金業法の総量規制で規制されますがショッピング枠は割賦販売法が適用されるので、キャッシングが利用限度額に達していても現金化は利用できます。

金券現金化や商品券現金化で現金を手にいれてもキャッシング枠には影響しないので、キャッシング枠を残しながら現金を手に入れられるのは大きな魅力でメリットです。

また現金を借りるキャッシングは金利手数料が発生しますが、ショッピング機能を利用した決済手数料は商品を販売する加盟店負担なので利用者負担がないのもメリットです。

業者が指定する商品(金券)を購入するタイプでは、中古市況に応じて買取価格が提示された換金率の高い商品が指定されるので現金化計画が立てやすいのは魅力ですね。

金券現金化と商品券現金化で現金を手に入れるデメリット

カード会社は高換金率な商品を既に把握していて、これらの商品購入の自動検知システムで「誰が?どのくらいの頻度で?どれだけ購入しているか?」をチェックしています。

現在の国内法では現金化を禁止する法律がないので現金化は違法行為ではないものの、利用規約違反となり現金化が突き止められるとカード会社からペナルティが課せられます。

カード利用停止・強制退会・利用額の一括返還などのペナルティが課せられますが1社のペナルティ情報は共有され、他のカードも同様の措置が取られるリスクがあります。

また商品券などの金券を購入・売却し現金を手に入れた翌月にはカード会社から購入代金が請求されるので、計画的に現金化しなけれはやりくりできなくなることもあります。

金券現金化や商品券現金化に対応する業者は中古販売価格から利益を差し引いた金額での買取りするので、買取手数料が高い業者を利用すると高い換金率で現金化できません。

さらにオンライン取引で完結する金券現金化や商品券現金化では、信頼できる業者と悪徳業者を判断するのが非常に困難で現金化の最新情報を掴んでおく必要があります。

より効果的な金券現金化や商品券現金化の実現には最新の現金化情報が欠かせない!

現在行われている多種多様な現金化のなかでも金券現金化や商品券現金化は、高換金率で効率的な現金化を実現できる方法だと言えます。

しかし既に紹介したとおり中古市況は需要と供給のバランスに大きく影響されるので、通常高額買取される金券でも、供給量が多ければ買取価格が下落するケースも存在します。

事前に現在の買取価格を正確に掴んでおくことでより効率的な現金化が可能となり、より多くの現金を手に入れられると言えます。

また、どの現金化業者を利用して金券現金化や商品券現金化を行うかは非常に重要なポイントですので、信頼できて高価買取を実践する現金化業者を選ぶ必要があります。

そこで理想的な金券現金化や商品券現金化を希望する方におすすめしたいのが、現金化情報サイト「俺LOVE現金化」を活用した現金化最新情報の収集です。

「俺LOVE現金化」はさまざまな現金化の方法や現金化に利用する商品、信頼でき高額買取を実践する現金化業者などの最新情報を発信する現金化の専門情報サイトです。

金券現金化や商品券現金化で「少しでも多く現金を手に入れたい」と考える方に役立つ、耳寄り情報を発信していますので俺LOVE現金化を活用して理想的な現金化を実現してくださいね。