現金化がカード会社にバレた!カード会社からかされる最悪のペナルティとは?

genkinkakaisya

クレジットカードに実装されているキャッシング機能は貸金業法、ショッピング機能は割賦(かっぷ)販売法と異なる法律の適用を受けるため利用限度額までキャッシングしていてもショッピング枠の利用は可能です。

またショッピング枠の使用には金利手数料が生じないことからショッピング枠を現金に置き換えることで効果的な資金調達を実現できますが、現金化は絶対にカード会社にバレない方法で行う必要があります。

クレジットカード現金化がカード会社にバレてはいけない理由やバレてしまった際にカード会社から科せられるペナルティはどんなものなのか、ペナルティが科せられたことでどのような影響が発生するのかなどを詳しく紹介します。

現金化は違法行為ではないがカード会社の利用規約で禁じられている

クレジットカードのショッピング枠を現金に置き換える現金化は現在の法体系では違法行為ではないものの、カード会社の利用規約で禁じられているため現金化はカード会社にバレないように行う必要があります。

現金化はグレーゾーンってよく言われるけど、違法性はないんだろう。なぜグレーゾーンって言われるんだろ?
ショッピング枠を現金に置き換える行為は違法ではないが、カード会社が禁止しているからな。
しかしカード会社といっても1私企業だろう。私企業が禁止している行為をクレーソーンと呼ばれるのは大袈裟なんじゃないか?
そうだな。しかしクレジットカードの利用が信用取引であることが大きく影響していると言えるな。
信用取引って。
クレジットカード利用は信用取引に分類される金融取引だからな。まずカード会社の利用規約が強い効力を持つ理由を確認していこう。

クレジットカードの規約が厳しい理由はカード利用が代金後払いの信用取引だから

キャッシュレス決済はデビットカードやプリペイドカード、電子マネーなどでも行えますが、クレジットカードだけは発行時に厳しい審査が行われ審査を通過した申込者だけにクレジットカードが発行されます。

クレジットカードを発行するカード会社は会員がカード利用した料金を立て替えて支払いを行うためカード利用は信用取引に該当し、申込者に支払い能力があるかどうかを確認するためにカード会社は厳しい審査を行います。

審査を通過した申込者にはカードと共に規約と約款が届けられ、カードを使用した時点で「利用規約に同意した会員」として扱われます。規約や約款にはクレジットカードの使用に関するさまざまな約束事が記載されていて、会員資格の取り消し要件なども明記されています。

クレジットカードの利用が信用取引であるためカード会社は利用額の建て替えという形で貸付を行う貸付先である会員に対して、非常に強い権限を持っていてカード会社が定める利用規約を厳守しカードの利用を行なうことを会員に求めています。

カード会社はクレジットカードを利用した金策はキャッシングで行うことを求めている

クレジットカードにはショッピング機能と共にキャッシング機能が実装されていてATMで簡単に現金が手に入りますが、キャッシングは貸金業法が適用されるので年収の1/3までしか借り入れができない総量規制で借入額が規制されています。

カード会社が利用額の建て替えを行うショッピング機能は割賦販売法が適用されるため総量規制の対象外となりますが、カード会社はあくまでショッピング利用を目的としてショッピング枠を設定し信用取引を行っていると言えます。

カード会社としては「クレジットカードを金策に利用するのであれば実装しているキャッシング機能を利用して総量規制の範囲内での金策を行ってもらう」ことが大前提となっていてショッピング枠を現金に置き換える現金化は利用規約で禁止しています。

なぜカード会社は利用規約で現金化を禁止するのか

カード会社が利用規約に記載してまで現金化を禁止する理由は公開されていないため正確に知ることはできませんが、キャッシング機能の利用を促すためと未回収リスクを回避するための2つの理由が該当するのではないかと考えられます。

クレジットカードに実装されたキャッシング機能を利用した場合、カード会社は金利手数料で収入を得ることができますがショッピング機能が使用された場合は加盟店から得られる決済手数料しか得ることができません。

キャッシングの金利手数料は決済手数料よりカード会社にとってに遥かに効率的な収入源だと言えますので、ショッピング枠を現金に置き換える現金化を禁止しキャッシングでの金策が推奨されているのではないかと推測できます。

また利用限度額までキャッシングを行った会員が現金化によって金策を行うケースが非常にに多いことから、カード会社は「現金化を行う会員は未回収リスクが高い」と認識していると言われています。

利用者の利用金額をカード会社が立て替えるショッピング機能が信用取引であることは既に紹介したとおりですが、万一利用者が自己破産などの債務整理を行うと立て替えた金額が回収できない未回収リスクが高まります。

未回収リスクが高まることを防止する目的を含めた上で、カード会社は利用規約で現金化を禁止しているのではないかと考えられます。

カード会社が現金化を禁止するのには利用者保護の側面も存在する

前項で推測したカード会社が現金化を規約違反として禁止する理由はカード会社側の都合によるものであると言えますが、利用者保護を目的に現金化が規約違反として禁止されているのではないかとも考えることができます。

現在の法体系では現金化の利用者を取り締まる法律が存在しないため現金化は違法行為ではないと言えますが、現金化業者に対しては古物営業法や出資法・貸金業法などが適用されるケースが存在します。

現金化による逮捕者という報道は現金化業者が古物営業法や出資法・貸金業法などに触れたとして逮捕されるもので、利用者が逮捕されたケースは存在しません。

しかし換金率が80%未満の現金化は年利20%以上の高額金利の貸付行為に該当する出資法違反として捉えることもできるため、カード会社は利用者保護のために現金化を規約違反として禁止しているとも言われています。

またクレジットカードで購入した商品の所有権は所有権保留によって利用者が決済を行うまではカード会社に帰属するため、代金の支払いの前に利用者が購入商品を売却し現金化を行うと横領罪に該当すると考えることもできます。

代金の支払い前にカードで購入した商品を譲渡・売却すると横領罪に問われてしまうのではプレゼントの購入にクレジットカードを使用できなくなるので、横領罪の適用は非現実的だと言えます。

理論上では現金化は横領罪の犯罪行為に該当するため、カード会社は利用者保護を目的として現金化を規定違反として禁止していると言われています。

規約違反の現金化がカード会社にバレて科せられるペナルティは軽いものでない

カード会社は現金化を行っているのではないかと疑わしい会員をマークし、徹底的に利用履歴の調査を行い、会員が現金化を行っていると判断した場合は規約違反としてカード会員契約の強制解約など非常に厳しいペナルティが会員に対して科されます。

カード会社は自社の発行カードが現金化に使われることを、毛嫌いして本当に警戒しているんだな。
そういうことだ。カード会社は自社の発行カードを現金化に絶対に使われたくないから利用規約で現金化での使用を禁じ、規約違反に対しては非常に厳しい態度で臨んでいるぞ。
そうか、よっぽど自社の発行カードを現金化に使われたくないんだな。
そのようだな。
カード会社に現金化がバレた際に科される規約違反のペナルティってどんなものなの?
規約違反である現金化を行った会員に対して科されるカード会社のペナルティを確認してみよう

現金化がカード会社にバレた際、カード会社から科されるペナルティとは?

審査を通過しカード会社から会員資格が与えられた会員のみにクレジットカードが発行され、クレジットカードと共に規約と約款が送付されることは既に紹介したとおりで規約のなかに現金化の禁止や会員資格の取り消し要件などが明記されています。

現金化がカード会社にバレると会員資格の取り消し要件に該当するため、会員資格が剥奪されカードは利用停止となりカード会社から強制解約が通知されます。強制解約で会員資格が剥奪されると利用していたクレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の利用額が一括請求され、全額返済が求められるため非常に大きな経済的負担が生じます。

利用中のクレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の利用額全額が一括請求された場合の経済的負担の大きさもさるものながら、強制解約でカードの使用が停止されるため経済活動に支障をきたすことによるダメージも小さなものでないと言えます。

強制解約の情報は全ての金融機関で共有され他のカードの利用にも影響がでる

仮にカード会社に現金化がバレてしまい強制解約のペナルティが科せられても「他のカード会社の発行するカードを利用すれば問題がないのでは?」と捉える方もいるかも知れませんが、カード会社1社から強制解約の処分を受けると他のカードにも影響します。

国内で行われる現金決済以外の全ての金融取引情報は信用情報機関に登録されますが、新世情報機関に登録される情報はカードの新規申し込みや審査結果、入会退会情報等にも及ぶため強制解約の情報もデータベースに記録されます。

カード会社の審査は入会時に行われる入会審査だけではなく入会後の会員には「途上与信」と呼ばれる中間審査が行われているため、カード会社は頻繁に信用情報機関のデータベースにアクセスして会員の信用情報の確認を行っています。

1つのカード会社から強制解約の情報登録が行われることで現金化による強制解約は他のカード会社にもバレてしまいカード使用停止が連鎖し、保有するクレジットカードが次々に使用停止の状態に陥ると捉えるべきでしょう。

カード会社に現金化がバレると経済活動に非常に大きな影響がでるので注意!

現金化がカード会社にバレてしまい規約違反で強制解約され会員資格を失うと利用額を一括請求され大きな経済的負担が生じることや、他のクレジットカードまで使用停止の状態に陥ることから絶対にカード会社にバレないように現金化を行う必要があります。

カード会社の強制解約情報が信用情報機関のデータベースに登録されると他のカード会社の途上与信で「規約違反である現金化を行い強制解約された」という事実がバレる以外にも新たなローンの審査にも悪影響を及ぼします。

現金化は違法行為ではありませんがカード会社から強制解約され利用額が一括請求されるほどの重大な規約違反であり、強制解約されると信用情報機関経由で全ての金融機関に強制解約の情報が共有され経済活動の妨げとなります。

ショッピング枠を現金に置き換える現金化は絶対にカード会社にバレないように、細心の注意を払いながら行うべきだと言うことは現金化を行う際は常に心掛けるべきだと言えます。

利用履歴はチェックされている?カード会社はどうやって現金化を突き止めるのか

カード会社にバレないように現金化を行うためには「カード会社はどのようにして現金化が行われていることを突き止めるのか?」を掴んでおく必要がありますので、どのような方法でカード会社は現金化の調査を行っているのかを紹介します。

カード会社が現金化に対して規約違反で強制退会の厳しい対応を行っているのは理解できた。しかし一体どうやって現金化を突き止めるんだろう?
確かに現金化を突き止めるのは非常に困難であると言えるからな。
しかし、カード会社は自社の発行カードが「どのように利用されているか?」をチェックしているからな。
えっ!利用履歴がチェックされてるってことなのか?
利用履歴をチェックしても売却までは追えないだろう?どうやって利用履歴履歴から現金化を突き止めるんだ?
カード会社がどうやって現金化を突き止めるかを確認していこう。

利用履歴から現金化が推測されるとカード会社の調査で現金化が突き止められる

カード会社はクレジットカードの不正使用防止のため全ての利用履歴のチェックを行っているため、盗難被害に遭ったカードが不正使用された場合でも被害者は不正使用の利用額が免責されます。

カード会社が行う利用履歴のチェックは万一の際には被害防止のための防波堤として機能しますが、カード会社は利用履歴のチェックを行うことで現金化を突き止めているため現金化の利用者にとって利用履歴のチェックは諸刃の剣のような存在だと言えます。

カード会社は利用履歴のなかから換金率の高い商品の大量購入や頻繁な購入などをピックアップし、現金化の疑いがある利用者としてマークし利用履歴の監視を強化します。

代表的な高換金率の商品としてAmazonギフト券や新幹線の回数券などが挙げられ、これらの商品を購入すると不正検知システムが作動しヒューマンエラーでの購入見落としが発生しないようなシステムも導入されています。

高換金率の商品を購入した全ての利用者が現金化を疑われる訳ではない

代表的な高換金率の商品として挙げられるAmazonギフト券や新幹線の回数券ですが、実は高換金率の商品を購入したからと言ってもすべての購入者が現金化を疑われる訳ではなく、大量購入や連続購入などの不自然な購入を行うと現金化が疑われます。

また利用限度額までキャッシング枠を利用している会員が高換金率の商品購入を行うと現金化が疑われる可能性が高くなると言われているので、大量購入や連続購入を行わずキャッシング枠に余裕があれば現金化を疑われるリスクが低下すると考えられます。

また一般的にクレヒスと呼ばれるクレジットヒストリー(カード利用履歴)も現金化を疑われる原因となるため、債務超過や返済の延滞を行うとカード会社に「資金繰りに困っている利用者」と判断されるためクレヒスに傷を付けないことも重要です。

カード会社に疑われずに現金化を行うためには
・高換金率の商品を大量購入しない
・高換金率の商品を不自然な頻度で連続購入しない
・利用限度額までキャッシング枠を利用しない
・クレジットヒストリーに傷を付けない
の4つのポイントを守りながら現金化を行う必要があると言えるでしょう。

カード会社に現金化が疑われた際に切り抜ける方法は存在する?

ショッピング枠を現金に置き換える現金化はカード会社の利用規約で禁止されていて、現金化がバレると規約違反として強制解約や利用額の一括返済など決して軽くはないペナルティが科せられるので現金化を疑われた場合は全力で切り抜ける必要があります。

カード会社に現金化を疑われることは、つまり「経済活動が詰む」ことを意味するんだろう。それって恐ろしいよな。
そうだな。カード会社から現金化を疑われて規定違反と判断されることはある意味「実社会での死刑宣告を受けること」に等しいことだと言えるから恐ろしいな。
カード会社の判断次第で経済活動が大きく制限されるリスクがあるということだもんな。
しかし、よっぽど悪質でない限り一発でレッドカードを受けることはないから全力で切り抜ける必要があると言える。
えっ!一発退場じゃなくて現金化を疑われても逃げ切ることも可能なの?
カード会社に現金化を疑われた場合でも対応を誤らなければ逃げ切れる可能性もあるから確認しておこう。

現金化が疑われる会員に対してカード会社は電話での購入確認を行う

カード会社は自社が発行したカードの利用履歴を監視することでクレジットカードの不正使用を防止していることは既に紹介しましたが、現金化が疑われる利用者にはカード会社から電話で購入確認が行われます。

カード情報の漏洩などで会員以外の第三者が不正利用し高換金率の商品購入が不正に行われている場合に利用者保護が行えるように、カード会社は電話での購入確認を行いますが電話確認には規約違反の現金化を行っていないかの確認の意味も含まれています。

通常電話確認は「第三者による不正使用で商品購入が行われていないのか?」などの確認で行われますが、現金化を行っている利用者に限って「現金化ではないので大丈夫です。」などと慌ててしまい自ら墓穴を掘ることが少なくないようです。

カード会社から質問される内容にだけ正確に答え「本人の明確な購入意図で購入していること」を淡々と伝えることが重要で
・友人知人へのプレゼントとして購入した
・勤務先に購入依頼をされた
・結婚式の二次会などのイベント景品として購入した
など現金化とは関係のない明確な購入動機などを伝えることで現金化の疑いから逃げ切れる可能性が高くなります。

またカード会社から購入した商品の詳細について質問されるケースも珍しくないため、転売のために購入した商品であっても一定の商品知識を持っておくことは重要で形状やどのような特徴を持つ商品であるのかを具体的に説明できるのが理想的です。

一度逃げ切っても不自然な現金化を繰り返せばマークは厳しくなる

カード会社からの電話確認の対応を上手く行い現金化の疑いから逃げ切った場合でも、現金化を繰り返すと当然カード会社のマークは厳しくなり予告なしにカード使用が停止されるケースも存在します。

クレジットカードの会員資格の剥奪権はカード会社が持ち、カード会社は予告なく会員資格剥奪権を行使して強制解約や利用額の一括請求を行えることは利用規約に明記されているのでカード会社に疑われずに現金化することが最も重要であることは間違いない事実です。

前項で紹介したカード会社に疑われずに現金化を行う4つのポイントに加えて気を付けるべき現金化のポイントとして、「新規契約したばかりのクレジットカードを現金化に利用しない」ことも重要です。

4つのポイントに含まれるクレジットヒストリーには信用情報機関に登録されるクレヒスとカード会社が独自に管理するクレヒスが存在し、契約直後でカード会社のクレヒスが育っていない場合は現金化がバレるリスクが高まります。

カード会社に疑われることなく効果的な現金化を実現できる方法は存在する?

万一カード会社に現金化を疑われた場合は規約違反による強制解約や利用額の一括請求、信用情報機関のデータベースでの公開などのリスクが生じるので全力で逃げ切る必要がありますが、なにより大切なのはカード会社に現金化を疑われないことだと言えます。

カード会社に現金化を疑われても全力で逃げ切る努力をすれば、規約違反から始まる大惨事を回避することができるのか。
いやいや。そこ大事だから勘違いしないで、あくまで大惨事を回避できる可能性があるだけだから。
そうそう、肝心なのはカード会社に疑われない方法でコッソリ現金化することだっけね。
んっ?効果的な現金化の方法を本当に理解できている?
大丈夫!大丈夫!コッソリコッソリ、疑われたら全力で逃げ切るでしょ?
なんか心配だなぁ。カード会社に疑われることなく効果的な現金化の実現方法を確認するから、しっかり確認していこう。

現金化が疑われやすい商品を利用した現金化は極力避けるのが重要

高換金率の商品を利用することで効率的な現金化が実現しやすくなりますが、既に紹介したAmazonギフト券や新幹線の回数券は代表的な高換金率商品であるため現金化が疑われる確率が高くなります。

高換金率は魅力的ですが規約違反による強制解約や利用額の一括請求、信用情報機関のデータベースでの公開などの大惨事を招きやすくなるので極力、高換金率としてメジャーな商品の利用は避けるべきだと言えます。

他の商品を利用して効果的な現金化を行う方法は次々に考案されているので、マイナーな方法や商品を利用して現金化を行うことがカード会社に疑われることなく現金化を行うポイントとなりますので最新の現金化情報収集が重要になると言えます。

特殊な現金化の方法としてクレジットカードで購入した外貨を利用する方法なども存在するので、現金化情報のアップデートは定期的に行うことをおすすめします。

クレジットヒストリーは非常に重要!大切に育てると現金化が疑われ難くなる

クレジットヒストリーと呼ばれる利用履歴を大切に育てることはカード会社に対する信用を積みあげることを意味しますので、傷のないクレヒスを持つ会員が現金化を行ってもカード会社に疑われるリスクが低下します。

傷のないクレヒスは
・長期間カード会員の会員資格を維持する
・積極的にカード利用を行い利用額を大きくする
・利用額の返済を絶対に延滞しない
・極力キャッシングを使用せずキャッシング枠に余裕を持たせる
などに気を付けることで傷のないクレヒスを育てることができます。

現金化を上手に利用すればキャッシング枠を利用せずに現金を手に入れられるので、計画的な現金化を行うことで傷のないクレジットヒストリーを育てることができますが既に数年間会員資格を維持しているカードを利用するのがポイントとなります。

現金化に利用する高額商品の分割購入で現金化を疑われるリスクが下がる?

同じように現金化を行ってもクレヒスのスコアが低いとカード会社に現金化を疑われ
る可能性が高くなり、逆にスコアが高いと疑われる可能性が低くなることは既に紹介したとおりです。

クレヒスのスコアが低い会員が高額商品を購入すると購入商品の転売が疑われ現金化の利用者ではないかとマークされる可能性がありますが、一括支払いではなく分割支払いで購入することで現金化を疑われず商品購入できる傾向にあります。

傷のないクレヒスを育てるには一定の時間が必要となるので、クレヒスが育つまでに現金化を利用する際は一括支払いではなく分割支払いを利用するなどの裏技を利用することでカード会社にバレるリスクを低下させられます。

現金化を疑われないための新しい裏技は常に考案され続けているので、現金化に利用できる効果的な裏技の情報も常に最新のものを掴んでおきたいものです。

信頼できる現金化業者の利用は理想的な現金化実現の絶対条件!

理想的な現金化の実現には「どの現金化業者を利用して現金化を行うか?」が非常に大きく影響するため、現金化業者選びが理想的な現金化実現のカギになると言っても過言ではないと言えるでしょう。

うっかり古物商や貸金業者としての許可を得ていない業者を利用してしまうと、業者が逮捕された際に思わぬトラブルに巻き込まれるリスクが潜んでいますし、無許可営業の悪徳業者に騙されるケースがも現金化のリスクとして挙げられるのも事実です。

逆に信頼できる現金化業者との取引が行えれば高い換金率で現金化を行えるうえに、カード会社にバレるリスクも大きく低下するため利用する現金化業者の選択には十分気を付けたいものです。

現金化の利用が活性化すると共に現金化業者は次々に現れては消えていて現金化業者は活発に新陳代謝が行われていると言えるのが現状ですので、長い取引が行える信頼できる現金化業者を早めに見つけておきたいものです。

当然現金化業者自身の広告や公式サイト上の公開情報を鵜呑みにすることは危険ですので、第三者が公平に判断した情報を確認しながらどの現金化業者を利用するのかを判断する必要があると言えます。

カード会社にバレないよう細心の注意を払いながら効率的な現金化を実現しよう

現在の法体系ではクレジットカードの現金化が違法行為として処罰されることはありませんが、万一カード会社に現金化がバレると手痛いペナルティが下されるリスクは存在します。

ノーリスクでは行えないのであれば可能な限り効率的な現金化を目指したものですが、効率的な現金化を実現するためには「どの方法で現金化を行うべきなのか?」や「どこが信頼できる現金化業者なのか?」など、最新の現金化情報を掴んでおく必要があります。

現金化情報サイト「俺LOVE現金化」では新しく考案された効率的な現金化の方法や信頼できる現金化業者の情報をはじめとする、さまざまな現金化に関する最新情報を集め精査したうえで発信しています。

効率的にショッピング枠を現金に置き換えるために「俺LOVE現金化」で提供する最新の現金化情報を最大限に有効活用しながら、カード会社にバレない現金化で上手な資金調達を実現してください。