コンビニでは絶対にクレジットカード使用がおトクです。キャッシュレス・消費者還元事業が終わってもマイナポイントがある!

コンビニでは絶対にクレジットカード使用がおトクです

小銭が溜まってきたな…財布もパンパンだ。後でコンビニに行くからそこで使おう
えっ、未だにコンビニで現金使ってるのか
毎日行くけど、だいたい数百円で済んでしまうしな。だったら現金の方が良くないか?
数百円だけど毎日行くんだろう?1日500円でも20日行けば一万円を超える。こういった買い物こそクレジットカードを使うのがかしこい使い方じゃないのかな

コンビニでのお買い物は少額なだけに、つい現金で支払いがちです。
しかし少額であっても、ちりも積もれば何とやら、と言います。そして現金払いだと、払ってしまったお金はそのまま消えてなくなってしまうだけですが、クレジットカード払いに切り替えれば、下記のメリットがあります。

1.履歴が残るので金銭管理や見直しがやりやすくなる
2.使えば使うほどクレジットカードのポイントが貯まる
3.キャッシュレス・消費者還元事業のポイントが戻ってくる

現金、とくに小銭はかさばりますし、何よりも様々な人がやり取りを重ねているため、衛生面でも気になるところ。やはりこれからはクレジットカードでの支払いをメインにしていきたいところです。

そして、メリット③に挙げた「キャッシュレス・消費者還元事業のポイントが戻ってくる」という点ですが、この施策は2020年6月末で終了する予定となっています。しかし、心配は無用。2020年9月を目標に「マイナポイント制度」がはじまるんです。

この記事では、コンビニでクレジットカードを使うメリットに加えて、この「マイナポイント制度」についても解説をしていきますね。

コンビニエンスストアで使えるクレジットカードを徹底解説!

国内でクレジットカードが使えるコンビニエンスストア一覧と、店舗ごとに使えるクレジットカードのブランドや、注意点を紹介します。

・セブン-イレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ
・デイリーヤマザキ
・セーブオン(ローソンに転換中)
・スリーエフ(ローソン・スリーエフ)
・セイコーマート
・ポプラ

こちら、一店舗ずつ解説していきますね。

セブン-イレブンで使えるクレジットカード

・セブンカード
・JCBカード
・VISAカード
・マスターカード
・アメリカン・エキスプレス・カード
・ダイナースクラブカード
・セゾンカード
・UCカード
・クラブ・オンカード セゾン
・中国銀聯(Union Pay)
・ディスカバーカード
・ミレニアムカード セゾン

使用上の注意:

・支払い回数(返済回数)は1回のみです。
・10,000円以下のクレジットカード支払いについてはサインが不要です。
・10,001円以上の支払いの場合は、暗証番号の入力か「クレジット売上票カード会社控(お店控)」にサインが必要です。
・一度のお買い物で利用できる金額の上限は、お客さまと各カード会社の契約、利用状況で異なります。

セブン-イレブンの利用時に、クレジットカードで支払いができないものがありますので注意が必要です。
詳細は下記を参照ください。

1. インターネット代金収納(セブンネットショッピング、西武そごうのeデパート、アカチャンホンポネット通販、ロフト、イトーヨーカドー、タワーレコード、ニッセン除く)
2. 公共料金等の収納代行
3. マルチコピー機でのサービス(一部チケット除く)
4. 切手・印紙・ハガキ・年賀ハガキ
5. クオ・カード
6. テレホンカード
7. プリペイドカード
8. プリペイド携帯カード
9. ビール券・酒クーポン券
10. 地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
11. 他金券等に準ずるもの
12. nanacoカード発行手数料
13. 各種電子マネーへの現金チャージ

ファミリーマートで使えるクレジットカード

・JCBカード
・VISAカード
・マスターカード
・アメリカン・エキスプレス・カード
・ダイナースクラブカード
・中国銀聯(Union Pay)
・新韓カード
・ディスカバーカード

使用上の注意:

・お支払い回数は1回のみとなります。
・お支払い金額が4,000円以上の場合は、レシートにサインをいただきます。
・お客様にカードを差し込んでいただく「新端末」では、10,000円以上の場合に暗証番号を入力いただきます。
・一度のお会計でのご利用可能上限金額は、お客さまと各カード会社とのご契約・ご利用状況により異なります。
・一度のお会計での複数枚のクレジットカードの併用はできません。
・クレジットカード払い以外のお支払い方法(dポイント支払い、楽天ポイント支払い、Tポイント支払い、電子マネー支払い等)との併用はできません。
・クーポン(ファミリーマート発行の割引券・引換券)・ギフト券は、先に使用される場合のみ併用できます。クレジットカード機能付きTカードの場合、Tポイント会員登録を先におこなった場合に併用できます。
・dポイント・楽天ポイント・Tポイントを加算する場合は、お支払いの前にいずれかのポイントカードをご提示ください。(一部店舗で取り扱いのない場合がございます。)
・クレジット機能付きTカード(Wカード・Tカードプラス)でのクレジット支払いは、ショッピングポイントのみ3日後に加算され、レシートに表示されます。クレジットポイントはクレジットご利用代金請求時に加算されます。
・クレジットカード裏面にサインのないカードはご利用いただけません。
・クレジットカードはカード契約者ご本人しかご利用いただけません。

ファミリーマートの利用時に、クレジットカードで支払いができないものがありますので注意が必要です。
詳細は下記を参照ください。

公共料金等の各種代金お支払い
1. Famiポート取扱い商品・サービス(例外的に支払いが可能なチケット
※ を除く)
2. プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
3. 宅急便・宅急便コンパクト送料
4. 切手・はがき・印紙類
5. ゴミ処理券等の金券類
6. 一部の自治体指定ごみ袋
7. 電子マネーチャージ
8. コピー、FAX

※例外的に支払いが可能なチケット
・「チケットを探して買う」からお申込みいただいたチケット
・「申込んだチケットのお支払い・お受け取り」からお申込みいただいたチケット <FamiPassは除く>
・「チケットよしもと」
・「映画前売券」
・「JTBチケット<高速バス・東京ディズニーリゾート・トラベル・レジャー等>」

ローソンで使えるクレジットカード

・VISAカード
・マスターカード
・JCBカード
・アメリカン・エキスプレス・カード
・ダイナースクラブカード
・TS CUBIC CARD
・楽天カード
・セディナカード
・OMCカード
・セゾンカード
・三菱UFJニコスカード(ニコスカード、DCカード含む)
・UFJカード
・ジャックスカード
・中国銀聯(Union Pay)
・ディスカバーカード

使用上の注意:

・テレホンカード類、バスカード・各種乗車券・回数券、各種商品券、QUOカード、切手・ハガキ、・印紙、一部のLoppi取次サービス、公共料金・収納代行票でのお支払は現金のみとさせていただいております。
・お支払回数は1回のみです。
・クレジットのお支払金額が10,000円以上の場合はレシートにサインまたは暗証番号をいただきます。
・10,000円未満の場合はサインまたは暗証番号は不要です。
・一度のお買い物で利用できる金額の上限は、お客様と各カード会社の契約、利用状況によって異なります。
・複数枚のクレジットカードの併用はできません。

ミニストップで使えるクレジットカード

・イオンカード
・VISAカード
・マスターカード
・JCBカード
・アメリカン・エキスプレス・カード
・ダイナースクラブカード
・OMCカード
・ディスカバーカード
・中国銀聯(Union Pay)

使用上の注意:
・クレジットのお支払いは、1回払いのみとなります。
・クレジットカードでは電子マネーへのチャージはできません。

ミニストップの利用時に、クレジットカードで支払いができないものがありますので注意が必要です。
詳細は下記を参照ください。

1. 金券類(切手/印紙・はがき・ギフトカード・テレフォンカード・ごみ処理券・電子マネーWAONカード)
2. 収納代行(公共料金類・コンビニ受け取りサービス)
3. 各種サービス(ゆうパック・コピーサービス・FAXサービス・MINISTOP Loppi取り扱いサービス・商品(ローソンチケット・予約取寄商品を除く))
4. チケット類※(レジャーチケット類)

※例外的に支払いが可能なチケット
MINISTOP Loppiで発券したローソンチケットと予約取り寄せ商品はカードでお支払いいただけます。

デイリーヤマザキで使えるクレジットカード

・VISAカード
・マスターカード
・JCBカード
・ダイナースクラブカード
・アメリカン・エキスプレス・カード

使用上の注意:
公共料金等収納代行票でのお支払、オンライン決済、プリ犬、プリペイドカード、宅配便、切手、はがき、収入印紙、テレホンカード等に関するお支払などは現金のみとさせていただいております。ご了承ください。

セイコーマートで使えるクレジットカード

・VISAカード
・マスターカード
・JCBカード
・中国銀聯(Union Pay)※一部の店舗に限る

使用上の注意:
電気・水道・ガス・電話(携帯)等の公共料金から、通信販売などの各種支払いは、現金のみとさせていただきます。

ポプラで使えるクレジットカード

・VISAカード
・マスターカード
・JCBカード
・イオンカード
・ダイナースクラブカード
・アメリカン・エキスプレス・カード
・ディスカバーカード

使用上の注意:
・金券(アイスクリーム券等)と併用する場合は、会計の前に店員にお申し付けください。
・クレジットカード支払いは、一括払いのみの対応となります。
・1万円以内でしたらサインは不要です。
・1回の精算でご利用いただける金額は10万円までです。(お客様とカード会社の契約、ご利用状況により異なる場合もございます)

キャッシュレス・消費者還元事業について解説。ポイントはどうやって戻ってくる?利用明細を紹介

キャッシュレス・消費者還元ポイントってあるけど、ポイントって何?
1ポイントを1円として、キャッシュレス利用者にバックされるんだ
還元されたポイントは、どうやって俺のところに戻ってくるんだ?
コンビニエンスストアなど一部の対象店舗では、店頭での利用時に還元される。その他の店舗の場合は、まとめて利用したクレジットカードに返金される仕組みなんだ

キャッシュレス・消費者還元ポイントが使える店舗には、下記のステッカーが貼ってあります。

直営店の店舗は5%還元され、コンビニ等のフランチャイズ形式の店舗は2%還元されます。
コンビニなど、店頭での利用時に即還元される消費者還元ポイントは、レシートで確認できます。

「キャッシュレス還元額 -2」
この記載箇所がポイント還元金額となります。

それ以外の店舗は月に一回、利用したクレジットカードに「1ポイント=1円」の換算で、返金されてきます。
これは、セゾンカードの2月~4月利用分の利用明細です。

セゾンカードの場合は、月末にまとめて還元されます。
利用明細は引き落とし金額が記載されますので、逆に還元される金額についてはマイナス表記になっていますね。

計算が苦手な俺に、具体的にいくら戻されるのか説明してくれ
仮に5%還元されるヘアサロンでカットとカラーリングをして、クレジットカードで15,000円支払ったとする。その場合は 15,000×0.05=750。750ポイントだから、750円戻ってくる計算になるな
消費税が10%になったことを思えば、かなり大きい気がしてきた!

キャッシュレス・消費者還元事業が終わったら次はマイナポイント?

俺もポイントが欲しいから、今日からクレカを使うようにするよ。だけどキャッシュレス・消費者還元事業って2020年6月で終わるんだろ。延長してくれないかな
キャッシュレス施策にはオリンピックが絡んでいたんだが、東京オリンピックも延期になったし、延長の可能性はゼロではない。関西経済連合会も期間延長の要望を政府、与党に提出しているようだ。しかし、キャッシュレス・消費者還元事業が終わっても、マイナポイントがあるぞ
マイナポイントって何。マイナーなポイントか?
いや違う…。マイナンバーカードを使ったポイント還元施策だ

マイナポイントは、キャッシュレス決済とマイナンバーを利用した消費者ポイント還元施策です。利用には申請が必要で、申請するには、下記の2つが必要です。

・マイナンバーカード
・マイキーID

還元率はキャッシュレス・消費者還元事業よりも高く25%ですが、利用金額に上限があり2万円までとなっています。マックス2万円をチャージまたは決済すると、最大5000円分のマイナポイントが支給されます。

現在、公式サイト(https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/)が立ち上げられ、参加方法の説明や、参加する事業者の募集が掛けられている状況です。
利用できるキャッシュレス決済サービスは、2020年5月下旬の時点で219の事業者が参加を決定しています。その中でクレジットカード事業は下記の29社です。

M0005:株式会社オリエントコーポレーション:オリコカード
M0007:株式会社エポスカード:エポスカード
M0038:三井住友カード株式会社:三井住友カード
M0050:KDDIフィナンシャルサービス株式会社:au PAYカード
M0069:楽天カード株式会社:楽天カード
M0126:株式会社三重銀カード:三重銀カード
M0128:株式会社青森銀行:青森銀行VISAカード
M0129:株式会社京葉銀カード:京葉銀VISAカード
M0132:東京クレジットサービス:東京カード
M0134:筑波銀行:つくばバンクカード
M0136:りそなカード株式会社 りそなカード
M0138:株式会社いわぎんクレジットサービス:いわぎんVISAカード
M0140:道銀カード株式会社:道銀VISAカード
M0142:九州カード株式会社:九州カード
M0143:株式会社東邦クレジットサービス:東邦VISAカード
M0144:スルガカード株式会社:スルガカード
M0153:三井住友トラスト・カード株式会社:三井住友トラストカード
M0159:東急カード株式会社:TOKYU CARD
M0160:株式会社但馬銀行:たんぎんバンクカードVISA
M0162:株式会社北陸カード:北陸VISAカード/プラチナカード
M0172:株式会社鹿児島カード:鹿児島カード
M0173:株式会社イオン銀行:イオンカード
M0177:株式会社やまぎんカード:やまぎんカード
M0180:株式会社山陰合同銀行:ごうぎんVISAカード
M0181:株式会社秋田国際カード:あきぎんVISAカード
M0184:株式会社沖縄銀行:おきぎんVISAカード
M0185:株式会社七十七カード:七十七カード/プラチナカード
M0190:株式会社九州しんきんカード:九州しんきんVISAカード
M0210:株式会社 筑邦銀行:ちくぎんマルチナVISAカード
※掲載は登録事業者番号順

上記のなかにご利用のクレジットカードがなくても大丈夫。もちろんSuiCaやICOCA、FamiPayやメルペイ、LINE Pay、nanaco、WAON等も参加事業者に入っています。

利用するのに手続きが必要なところが少々面倒ですが、還元率が高いので利用価値はありそうですね。

政府は今後もキャッシュレス施策を打ち出してくるはず!ますますクレジットカードが手放せない生活になる

キャッシュレス・消費者還元事業は「2025年までにキャッシュレス決済比率40%」という目標を掲げて、2019年10月からスタートした施策です。2020年6月に終了はするものの、反響が大きかったため、755億円のポイント還元予算が追加されました。
キャッシュレス・消費者還元事業が終了してもマイナポイント制度がはじまりますし、その他にも還元施策が出てくる可能性も無くはなさそう。毎日のように訪れるコンビニだからこそ、今のうちにクレジットカード支払いを習慣づけておきたいですね。