クレカ現金化も効率化の時代!換金率の高い商品での現金化を実現する方法とは?

リモートワークが急速に広まり働く環境が大転換しようとしている現在、働き方やお金の稼ぎ方が大きく変化し金策に行き詰まるリスクが高くなっていると言えます。

時代と共にゆっくりと姿を変えてきた消費スタイルはコスパを重要視する形で定着し、コスパ至上主義とも言えるスタイルが主流に成なりつつあります。

しかし現金化の際のロスは消費コスパのように厳しく見られていないようですので、コスパの高い現金化を実現する換金率の高い商品や効率的な現金化を徹底的に解説します。

コスパの高い効率的な方法で現金調達したい!現金化はコスパが高いのか?

手に入れたる金額とサービス利用後に発生する支払い額の金額差が大きいほど、効率的ではないコスパの低い現金調達方法だと言えるのではないでしょうか?

予定外の出費を解決できるさまざまなサービスが存在しますが、手軽に現金を手に入れられるサービスの多くは融資を行うサービスだと言えるでしょう。

融資サービス利用で発生する金利・手数料は決して小さくはなく、利用額が大きくなると「毎月金利の返済だけで元本が減らない」ということになりかねません。

金欠だよ!金欠!今月も順調に「予定外の出費」が続々と発生している!どうしたら良いんだよぉ!
相変わらず慢性金欠で苦しんでるのか?でも予定外の出費を解決する現金化については随分スキルが上がったんじゃなかったっけ?
そうなんだ!現金化をフル活用しながらキャッシング枠を取り戻して、もう少しで正常運転に戻れそうだったんだけどバイトのシフトが減らされたんだよ!
うわぁっ悲惨だな、せっかく頑張ってたのに。しかし、このご時世じゃバイトのシフトが減らされるなんてことも珍しくないだろうからな。
現金化って換金率とか手数料とか若干面倒くさいじゃない?それに結果的にキャッシングと現金化があんまり変わらないような気がしてきてさ…。
あらら、そうなのか?ならばじゃあさまざまな現金調達方法を比較しながらどの方法で現金を手に入れるのが効率的なのかをもう一度確認してみよう。

効率的な現金調達方法とは?どの方法を選ぶかでコスパが大きく変わる

予定外の出費を解決できるさまざまなサービスが提供されていますが、どの方法を選ぶかで現金を手に入れるためのコスパが大きく異なります。

「現金調達にコスパは関係ないのでは?」と感じるかも知れませんが、キャッシングなどの融資サービスでは借入で現金を手に入れることになります。

融資を行う業者は金融庁に貸金業者として登録する必要があり、登録していない業者は「闇金」と呼ばれ利用するとトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

一般的な融資サービスにはカードローンや消費者金融の利用・クレジットカードでのキャッシングなどありますが、利用すると金利手数料が発生します。

貸金業者が行う融資は「利息制限法」の規制を受け、貸金業法で手数料を含めた上限金利が融資額に応じて次に挙げるように定められています。

・10万円未満の融資:年率20%
・10~100万円未満の融資:年率18%
・100万円以上の融資:年率15%

カードローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシングなどで現金を手に入れると、借入額に上記の金利手数料を加算した額の返済が必要となります。

金利計算は複雑ですが、最もシンプルに計算し、すると仮に融資サービスで5万円を年率20%で借入れて30日後に全額返済する場合

・80,000×20%÷365×30≒1,315.07(約1,315円)

の金利が加算され返済額は81,315円となりますので、融資サービスを利用して現金を手に入れるのは効率的ではないと言えるでしょう。

融資サービスは手軽に利用できる反面コスパや効率が悪い

ATMから簡単に現金を引き出せる融資サービスは手軽な現金調達方法ですが、金利手数料が発生するので現金を手に入れるコスパは悪いと言えます。

また個人向け融資は貸金業法の総量規制で融資総額が「利用者年収の1/3まで」に規制されているので、複数の借入があると肝心な時に利用できないケースもあります。

ショッピング枠の現金化はコスパの高いおすすめの現金調達方法!

クレジットカードで現金を手に入れる方法は実はキャッシング以外にも存在し、多くの賢い利用者に利用されています。

コスパの高い効率的な現金調達方法として利用者が増加しているのが「現金化」と呼ばれる方法で、ショッピング枠を現金に置き換え現金調達を行います。

キャッシングで現金を手に入れるのは、「簡単だけどコスパの悪い効率的ではない方法」なのを改めて再認識できたよ。
そうだろう、融資サービスで8万円借りて1ヶ月後に返済しても約1,315円もの利息が加算されるからな。
だな、利息で利益を得るのが貸金業社者だからしょうがないとしても、金利を払うのはもったいないと思うからできれば払いたくないもんだよな。
アハハッ!借入して金利が払いたくないってのは虫の良い話だな。しかしせっかく無利息で現金を手に入れられる現金調達手段があるんだから利用しない手はないだろう。
確かにそのとおり!見す見す無利息で現金を手に入れられる現金調達方法を利用しなかったことが本当に悔やまれるよ。
大反省会の必要がありそうだけど、念のため無利息で現金を手にれられる現金調達方法を再確認して行こう!

クレジットカードのショッピング枠を現金に置き換える現金化とは?

クレジットカードにはカード会社が支払いを立て替えるショッピング機能と、融資機能のキャッシング機能が搭載されています。

現金化はカードで購入した商品の売却や、商品の購入でキャッシュバックを受ける現金調達方法で現金化には次の2つのメリットが存在します。

・無利息であること
・総量規制の対象外であること

キャッシングで現金を手に入れると利息が発生し返済額に金利が加算されますが、ショッピング時の決済手数料は加盟店負担で利用者は無料で利用できます。

またキャッシングは貸金業法の規制を受けますが、ショッピング枠は割賦販売法の規制を受けキャッシング枠とは別枠なのがポイントです。

別枠で扱われるのでキャッシングが利用限度額でに達していても商品を購入できますし、多くの商品を購入して現金化してもキャッシングの利用限度に影響しません。

ショッピング枠の現金化には金利が発生しない!

カード会社が利用代金を立替えて支払うショッピング機能は、利用時に決済手数料が発生しますが商品を購入した加盟店負担で利用者負担がありません。

キャッシングは利用額に応じた金利手数料が加算された額をカード会社に支払いますが、現金化は商品の購入代金のみを支払うので無利息で利用できます。

同じカードを利用して現金を手に入れてもキャッシングと現金化は、「金利負担の有無」という点で大きく異なると言えるでしょう。

現金化はコスパが高く効率的に現金を手に入れられる現金調達商法

クレジットカードで現金を手に入れる2つの方法を比べると、金利手数料が発生しないショッピング枠の現金化の方がコスパが高い現金調達手段です。

ショッピング枠の現金化はキャッシングより効率的に現金を手に入られるので、現在多くの利用者から高く評価される断然おすすめの現金調達方法だと言えるでしょう。

無利子で現金を手に入れられる現金化!しかし現金化業者の手数料は発生する

現金化は購入した商品を業者に売却する買取方式と、業者から商品を購入するキャッシュバック方式で行えますが残念ながらどちらも業者手数料が発生します。

キャッシュバック方式は他の記事で解説し、ここでは換金率の高い業者に換金率の高い商品を売却すれば効果的に現金化できる買取方式を紹介します。

確か現金化は買取方式とキャッシュバック方式の二種類に分類できるんだったよな。
そのとおり!カードで購入した商品を業者に売却するのが買取方式で、業者が扱う商品を購入してキャッシュバックで現金を手に入れるのがキャッシュバック方式だ。
ぶっちゃけ、「どっちが効率的に現金を手に入れられる」とかってあるの?あれば知っときたいんだけどな。
うーん、難しい質問だな。しかし業者から商品を購入するキャッシュバック方式は万が一悪徳業者に引っかかったときのダメージが若干大きい傾向にあるのかねな。
あーそりゃ無理無理、正直リスクは取りたくないんだよね、僕。
それなら換金率が高い商品を換金率の高い業者に売却する買取方式の方が、シンプルで良いんじゃないか。
換金率の高い商品を換金率の高い業者に売却するって、物凄くシンプルで好みのスタイルですよ。
それじゃ買取方式で効率的に現金を手に入れるために、買取方式の現金化システムを確認していこう。

買取方式は商品の売却先や買取する商品の指定の有無で分類される

カードで購入した商品を売却して現金を手に入れるシンプルな現金化の方法が買取方式ですが、売却先が現金化業者であるかないかや商品指定の有無で分類できます。

カードで購入した商品をオークションサイトに出品して売却するのも現金化の方法の1つですが、現金化業者に売却する方法を利用するのが一般的だと言えます。

オークションサイトへの出品はサイト使用料が派生発生しますが、現金化業者の手数料と比べるとコスパの高い現金化が期待できます。

しかし、ニーズの高い商品を出品しなければ売却できないケースや、売却までに時間がかかるケースも珍しくないので効率的な現金化が難しいのも事実です。

売却する商品の指定の有無は利用者が自由に購入した商品を売却する方法と、現金化業者が指定する商品を利用者が代理購入して売却する方法を指します。

こちらも自由に購入した商品のニーズが高ければ換金率の高いものとして効果的に倍角売却できますが、中古市場ニーズを知る業者の指定する商品を代理購入する方が効率的です。

現金化業者への売却価格は中古市場の販売価格から業者の利益を差し引いて決定されますので、換金率が高い商品を換金率の高い業者に売却できれば効率的に現金化できます。

買取方式の現金化での業者手数料は売却で現金化に利用する商品で異なる

既に紹介したとおり買取方式の業者手数料は、売却する商品の中古市場販売価格から業者の利益を差し引いて決まるので市場ニーズの高さで売却コストが変わります。

市場ニーズの高い商品は買取後すぐに転売できるうえ高額な中古市場の販売価格も期待できるので売却コストを抑えコスパの高い現金化が行える傾向にあります。

もちろん換金率の目安は売却する商品によって次のように異なります。

・金券類(商品券・ギフト券・乗車券など):70~90%
・有名ブランド品(宝飾品・バッグ。衣類など):60~85%
・電子機器類(ゲーム機・ガジェットなど):40~100%

電子機器類に換金率100%が存在するのは人気ゲーム機などプレミアム価格で取引されるものは、商品購入価格やそれ以上の価格で売却できるケースがあるためです。

一般的にコスパの高い現金化に適した商品は商品券・ギフト券・乗車券などの金券類で、これらの金券類は換金率の高い商品として活用されています。

買取方式でコスパの高い現金化を行える換金率の換金率が高い商品とは?

買取方式で効率的な現金化を実現するのには、「いかにして換金率の高い商品を利用して現金化を行うのか」がポイントになります。

前項で紹介した金券類のなかでも特に換金率のが高いものと言われている金券を、具体的に紹介します。

買取方式の現金化で効率的に現金を手に入れるポイントは、換金率の高い商品を利用することなのか、意外とシンプルなんだな。
そりゃそうだ。中古市場価格の影響を大きく受ける買取方式の現金化は、まさに市場原理がマルっと反映される分かりやすいシステムだからな。
そうか、じゃ数年前に無理して買ったこのブランド時計じゃ効率的な現金化は望めそうにもないのかなぁ?結構高買ったんだけどコレ…。
チラリッ……。んー、それ大ブームになったけどあっという間にブームが去った奴じゃない?しかも使い込んでる感が凄いな、ブランドものなら新古品じゃないと難しいだろ。
やっぱりそうなのか。じゃあ買取方式で効率的にコスパの高い現金化をしようと思ったら金券類なの?やっぱり。
そうね、金券類へのニーズは高止まりだから金券類が間違いないが、特に換金率が高いものとして扱われる金券があるから具体的に見ていこう。

安定の高い換金率の金券のなかでも人気・不人気の商品は存在する

以前は図書券やデパート商品券、切手や収入印紙などが換金率の高い商品として扱われていましたが、ネット通販が普及してからは電子ギフト券と呼ばれる金券が人気です。

多くの買取式の現金化業者で特に換金率が高い商品として扱われる金券として

・Amazonギフト券
・iTunesカード
・Google Play

などが挙げられます。

また比較的高額となる新幹線回数券も換金率の高い商品として扱われますし、高速バスのチケットも路線によっては換金率の高いものとなります。

これらの金券類は利用者が自由に購入して現金化業者に売却する際にも有効ですし、業者の指定商品の多くがAmazonギフト券・iTunesカード・Google Playギフト券などです。

換金率の高い商品を利用すれば効率的にコスパの高い現金化の実現が可能ですが、実は換金率が高い商品の利用には一定のリスクが潜んでいます。

換金率の高い商品での現金化に潜むリスクとは?

Amazonギフト券・iTunesカード・Google Playギフト券などの電子ギフト券や新幹線回数券などは換金率が高い商品として現金化に広く活用されています。

しかし余りにも「換金率が高いもの」としての認知度が高くなりすぎたため、カード会社は換金率の高い商品の購入の自動検知システムの導入などの対策を講じています。

自動検知システムは換金率が高い商品として設定した商品の購入を監視し、検知された利用者は購入履歴などから「現金化を行っていないか?」が調査されます。

現在の国内法では現金化を禁止する法律が存在しないので、現金化自体は違法行為ではなく現金化で現金を手に入れた利用者が罪に問われたケースは存在しません。

ただ、カード会社の利用規約のなかには「発行したカードを現金化に使用しない」という旨が記載されているので、カード会社にバレると規約違反でペナルティが課されます。

カード会社に現金化がバレた際のペナルティは強制退会や利用額の一括返済ですが、現金化に利用したカード以外にも悪影響を及ぼす可能性が高いのが現金化のリスクです。

カード会社は私企業ですがカード利用は信用取引となるので

・カードの利用履歴
・利用額の支払い状況
・新規カードの発行申請履歴
・発行申請の結果
・利用者に対するペナルティの内容

などが信用情報機関のデータベースに全て記録されます。

カード発行時や新規ローン契約時の審査で申し込み者の信用情報がチェックされるのは広く知られていますが、カード会社は契約後の会員に対しても定期的な審査を行います。

既に契約したカード会員に対する審査は途上与信と呼ばれもので、自社への利用や支払い状況の確認や、信用情報機関での他社への利用や支払い状況を確認します。

つまり現金化に利用していないカード会社の途上与信で「現金化による強制退会」の履歴が確認されると、「現金化の利用リスクがある会員」として判断されカード利用が停止することがあります。

換金率の高いもの以外でも現金化は慎重に行うのが絶対条件

コスパの高い効率的な現金化を実現するためには換金率の高い商品を利用するのがポイントですが、換金率が高い商品を利用しても現金化がバレてしまうと意味がありません。

換金率が高いものは既にカード会社が把握しているので、これらの商品で現金化を行う際はバレないよう細心の注意が必要です。

また換金率が高いもの以外の商品で現金化を行う際も、大量購入や連続購入などの不自然な利用をするとカード会社から現金化が疑われるので注意しましょう。

コスパを追求しすぎると最悪のケース「全てのカードが利用できない」という事態に陥りかねませんので、カード会社にバレない現金化が実は最も効率的な現金化だと言えるでしょう。

換金率の高い商品の活用でコスパの高い効率的な現金化を実現するためには?

現金化はキャッシングなどより効率的な現金調達方法ですが、よりコスパの高い現金化の実現には「換金率の高い業者」や「換金率の高い商品」を知る必要があります。

しかし次々に新たな現金化業者が登場し代謝速度が速いので、換金率が高い業者が次々と入れ替わっているのも実情です。

また商品の換金率は中古市場ニーズで変化するので、換金率が高い商品も市場ニーズで移り変わります。

コスパの高い効率的な現金化の実現には「現金化市場の変化を正確に把握する」必要があり、正確な最新情報を発信する情報サイトの活用が欠かせません。

現金化情報サイト「俺LOVE現金化」は現金化をあらゆる角度から調査・分析して、最新の現金化市場の状況を発信しています。

俺LOVE現金化は換金率の高い業者情報や換金率の高い商品はもちろん、数ある現金化の方法のなかから選りすぐりの換金率の高いものを紹介する専門サイトです。

俺LOVE現金化に掲載する換金率の高い現金化の方法や業者、換金率が高い商品の最新情報を参考にコスパの高い現金化で効率的に現金を手に入れてくださいね。