高速バスのチケット現金化は効率的?高速バスチケットでのクレジットカード現金化とは

高速バス

クレジットカードで購入した商品を売却することで、キャッシング枠を利用することなく現金を手に入れられるのがクレジットカード現金化と呼ばれる資金調達方法です。現在は効率的に現金化できる商品としてAmazonギフト券が挙げられますが、新幹線の回数券も30年以上前から現金化に活用されている人気商品の1つです。

しかし、近年クレジットカード会社が自動検知システムを導入するなどの対策を取ったため新幹線回数券の現金化ハードルが高くなっているのも事実ですので、同様の乗車チケットを利用した現金化が期待できる高速バスのチケット現金化に注目し高速バスチケットの現金化の方法や現金化で生じるリスク、対処法などを紹介します。

高速バスのチケット現金化とは

国内各地に張り巡らされた高速道路網を活用する高速バスは1990年代に豪華な設備を搭載した車両が投入され注目を集め、便利でお得に移動できる交通機関として近年は新幹線を上回るほど活発に利用されています。

しかしクレジットカードの現金化には新幹線の回数券が利用されるケースが多く、高速バスチケットの現金化はまだまだメジャーな方法ではないと言えますが、マイナーであることで現金化をカード会社に知られ難い傾向にあるのも事実です。

クレジットカード会社がAmazonギフト券や新幹線回数券の購入履歴をチェックして現金化防止対策を強化しているのか。クレジットカード現金化が難しくなってくると想定外の出費に対応できなくなって困る人が増えるのではないだろうか?
Amazonギフト券や新幹線回数券を利用したクレジットカードの現金化が余りにも有名になりすぎたのが原因だな。しかし現金化できる商品はAmazonギフト券や新幹線回数券以外にも存在するし、現金化に利用されるケースが少ないマイナーな商品であればカード会社にチェックされ難いメリットもあるぞ。
現金化に使用されないマイナーな商品は換金率が悪いのではないのか?
確かにAmazonギフト券や新幹線回数券は換金率の高さから現金化に利用されるケースが多いのも事実だが、マイナーな商品のなかでも高い換金率で現金化できる商品も存在する。
マイナーな商品のなかから高い換金率で現金化できる商品を上手に探し出すのが効率的なクレジットカード現金化の実現に繋がると言うことか?具体的にどんな商品に高い換金率が期待できる?
クレジットカードでの購入が不自然ではない商品として乗車チケットが該当するな。そして高速バスに対するニーズが高まっている点も注目するべきだと言える。
高速バスのチケットを現金化するのが安全で効率的ということになるのか?
高速バスチケットの現金化について確認していこう。

高速バスチケットは金券ショップへの売却かキャンセルでの払い戻しで現金化できる

高速バスのチケットを利用したクレジットカード現金化はAmazonギフト券や新幹線回数券の現金化よりもマイナーではあるものの、高速バスチケットの現金化は決して難しいものではありません。

最もポピュラーな現金化の手段は購入した高速バスチケットを金券ショップに売却する方法で、高い換金率で高速バスチケットの買い入れを行っている金券ショップを探して売却するのがセオリーです。

また高速バスのチケットは運行会社にもよりますが一般的に出発時間の2時間前までであれば購入後のチケットをキャンセルすることが可能で、キャンセルするとクレジットカードで支払ったチケット購入額の払い戻しが行われます。

高速バスチケットも現金化するのであれば回数券を選ぶべき?

高速バスは他の交通機関と比較すると運賃がリーズナブルな点が高く評価され、利用者数が増加してはいるものの東京~博多の1,100kmを14時間で結ぶ国内最長区間の高速バスチケットは12,200~21,500円で販売されています。

東京・博多間のチケットを複数枚購入し現金化を行えばクレジットカード現金化のメリットが大きくなりますが、運航スケジュールが確定した高速バスチケットの買取り対応する金券ショップは少ないので売却先を確保し購入するか払い戻しする必要があります。

新幹線の乗車チケットの現金化に回数券が利用されていたのと同様、高速バスチケットの回数券を現金化することも可能ですが長距離の高速バスは回数券が用意されていないのが実情で次に挙げる近距離や中距離の高速バス区間で回数券が発行されています。
・東京~水戸:正規運賃2,080円・回数券(2枚綴り)3,900円
・東京~益子・笠間:正規運賃2,100円・回数券(2枚綴り)3,700円
・東京~常陸太田:正規運賃2,240円・回数券(2枚綴り)4,200円
・東京~鉾田:正規運賃2,060円・回数券(2枚綴り)3,600円・(6枚綴り)10,300円
・東京~前橋:正規運賃1,550円・回数券(4枚綴り)5,580円

金券ショップへの売却のハードルは回数券のほうが低いけれど、高速バスの回数券は低価格で現金化のメリットが大きくないため長距離区間の単発チケットを活用したほうが効率良く現金化を行えるといえます。

高速バスチケットをカード購入すると運賃が割引かれるケースも存在する

クレジットカード現金化の際には換金率が気になるものですが、チケットの券面に記載された正規運賃よりも割り引かれた金額で高速バスチケットを購入できれば、実質的な換金率アップに繋がりさらに効率的な現金化が行えます。

複数の高速バス予約サイトがクレジットカード決済に対応していますが、割引適用路線や往復チケットを購入することで正規運賃から2.0~5.0%程度が割引かれた金額で高速バスのチケットを購入することができます。

より効率的にクレジットカードの現金化を行うためには、チケットを高い換金率で売却することも重要ですが、「いかにしてチケット購入費用をセーブするのか?」もポイントとなりますので割引適用路線や往復割引などのチェックは欠かせません。

しかし金券ショップへの売却やキャンセルでの払い戻しで高速バスチケットの現金化を行う際には注意すべき落とし穴が潜んでいるので、それぞれの現金化手段に潜む落とし穴について紹介します。

高速バスチケットの現金化に潜む落とし穴とは?

同じ乗車券を利用した現金化でも新幹線と高速バスでは利用すべきチケットの種類が違うのか?
確かに運航スケジュールが確定したチケットより回数券の方が売却ハードルが低いと言えるが、長距離区間の高速バスに回数券が用意されていないのが問題だ。チケットの金額が大きな長距離区間の複数枚チケットで現金化するのが効率的だろう。
長距離区間の複数枚チケットを現金化するにしても高速バスチケットの現金化には落とし穴があると聞いたことがあるぞ。
高速バスのチケット現金化に限らずクレジットカード現金化には少なからず落とし穴が存在するそ。高速バスのチケット現金化の際の落とし穴について確認してみよう。

高速バスチケットを金券ショップに売却する現金化の落とし穴

購入した高速バスチケットを金券ショップに売却して現金化を行う方法は一見シンプルで簡単な方法のように感じますが、実は高速バスを運行するバス会社のなかには利用規約に「購入チケットの譲渡や転売の禁止」が掲げられているケースが存在します。

利用規約で譲渡・転売が禁止されているチケットは金券ショップへ売却できないため、現金化できませんので購入前に高速バスを運行するバス会社の利用規約をしっかり確認する必要があります。

また高速バス業界内の熾烈な価格競争も金券ショップへチケットを売却する現金化に悪影響を与えているのも事実で高速バスの正規運賃が下落しているため、希望する換金率で高速バスチケットの現金化を行うのが難しいケースが珍しくありません。

Amazonギフト券や新幹線回数券が90%を上回る換金率なのに対し高速バスチケットは70%前後で取り扱われるのが一般的ですので、高速バスチケットを利用した現金化を行う際は換金率の目安を掴んでチケットを購入することをおすすめします。

チケット購入をキャンセルし払い戻しを受ける現金化の落とし穴

高速バス予約サイト内でオンライン決済したチケットはキャンセルしても現金化できないのが一般的で、キャンセルで高速バスチケットの現金化を行うためには購入手段がポイントとなります。

オンライン決済したチケットをキャンセルすることは可能ですし、キャンセルによって払い戻しも行われますがクレジットカードでの支払いをキャンセルする形で払い戻しが行われるため現金化することができません。

しかしコンビニの店頭でチケットが発券されるコンビニ乗車券を購入し、クレジットカードで支払いを行う高速バスチケットはキャンセルすれば現金で払い戻されるので、キャンセルの払い戻しで現金化するためにはコンビニ乗車券を利用する必要があります。

新幹線回数券よりローリスクな高速バスのチケット現金化にもリスクはある

金券ショップでの現金化やキャンセルによる払い戻しでの現金化にもそれぞれ落とし穴が隠れているんだな。知らずに高速バスチケットの現金化に挑むと大やけどするところだった。
確かに金券ショップと払い戻しそれぞれの現金化手段の特徴を掴んでおかないと高速バスチケットの現金化は失敗しかねないな。しかし新幹線回数券ほどメジャーでない高速バスチケットの現金化は挑戦する価値がある現金化手段だと言えるだろう。
新幹線回数券ほどメジャーでないと言うことは高速バスのチケット現金化はノーリスクで行えると考えてもいいのだろう。
おいおい、ノーリスクで行えるクレジットカード現金化は存在しないぞ!新幹線回数券を利用するよりリスクは低いが高速バス回数券の現金化にもリスクは存在するんんだぜ。
えっ!そうなのか?購入した高速バスチケットを現金化するのは違法行為なの?
違法行為ではないから心配するな!しかし高速バスを運行するバス会社に利用規約があるようにクレジットカードにも利用規約があることを忘れていないか?
クレジットカード現金化に必ず関係する利用規約違反か!
そうだ、高速バスのチケット現金化もクレジットカード会社に利用規約違反だと判断されるリスクが存在するから、高速バスチケットの現金化のリスクを確認しておこう

クレジットカード現金化は違法行為ではないが利用規約違反と判断される?

クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能が搭載されていて、クレジットカードを利用して現金を手にする場合はキャッシング機能を利用することがカード会社の利用規約に明記されています。

キャッシング機能を利用すればカード会社の定める金利手数料が発生し、ショッピング機能の利用には利用手数料が発生しますが、一般的にショッピング機能の利用手数料は無料となっているため利用者負担は発生しません。

ショッピング枠を利用して購入した商品を売却し現金を手に入れるクレジットカード現金化は、キャッシングの金利手数料を収益とするカード会社にとって非常に不都合な利用法だといえます。

クレジットカード現金化は違法行為ではないものの、現金化を行っていると判断された場合、カード会社に利用規約違反とみなされクレジットカードの使用停止処分や強制退会処分が下されるリスクが存在します。

上手な高速バスチケットの現金化方法とは?

新幹線回数券の現金化よりも現金化をカード会社に知られ難いのが高速バスチケットの現金化ですが、普段利用しない区間の高速バスのチケットを大量に何度も購入するなどの不自然な購入履歴はカード会社に目を付けられます。

また長距離区間の高速バスチケットは高額で魅力的ですが、居住地と全く関係性がない区間のチケット購入も不自然な購入履歴となりますので注意するべきでしょう。商用やレジャーなど不自然ではない購入動機のストーリーを考えながら、目立たないように少額の現金化を行うのが上手な高速バスチケットの現金化だと言えます。

目立たない計画的な購入で効率的な高速バスチケットを現金化しよう!

クレジットカード現金化はさまざまな商品を利用して行えますが、高速バスチケットは利用されるケーズが少なく比較的マイナーな商品だと言えまます。マイナーであるためカード会社に現金化を知られるリスクが低いと言えますが、あまりにも不自然な購入履歴はカード会社に目を付けられる原因となりかねませんので控えるべきだと考えられます。

購入履歴が不自然にならない程度の量を計画的に現金化することで、高速バスチケットを利用した現金化を行えますので急がず、長期間にわたる資金調達手段として高速バスチケットの現金化を活用することをおすすめします。