現金化業者『クレカ堂』口コミ・評判評価の最新情報

kurekadou

クレカ堂は家電買取を専門的に行うクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化業者の中でもクレカ堂は、他の業者とは異なる部分を持つ商品買取型の現金化業者です。公式サイトを確認すると、他のクレジットカード現金化業者には掲載されていない具体的な買取商品のリストがあります。では、クレカ堂はどのような人に支持されているのでしょうか。

クレカ堂は商品買取方式の中でも家電買取が中心

クレカ堂は、クレジットカード現金化を行う際に商品買取方式を採用した現金化業者として実店舗を持っています。インターネット専業型の無店舗型現金化業者とは異なり、実店舗へ直接来店してもクレジットカード現金化出来ることから、少なくとも現金が振り込まれないというリスクはほとんど無い安心感を得られるわけです。また、他のクレジットカード現金化業者とは一線を画する部分として、次のような点があるので利用する前の判断材料となります。

値動きが激しい家電だからこそ換金率が100%を超えることがある

クレカ堂の公式サイトでは、以下のような買取率が公表されています。

ネットオークションDVDレコーダー約30万円換金率115%
家電比較サイト最安店デジタル一眼レフカメラ約40万円換金率106%
大手家電量販店デジタル一眼レフカメラ約45万円換金率95%
大手家電量販店デジタルカメラ約15万円換金率93%

一般的な商品買取方式によるクレジットカード現金化は、70%~75%程度の換金率に対して100%を超える換金率表の数値に驚くはずです。実際には最高の条件が揃った場合に過去の取引で得られた最大値を表記しているものの、値動きが激しい家電を買取商品として扱っているからこそ購入額を買取額が上回ることがあるという例になります。実際のクレカ堂との取引では、最大値は滅多に出ることは無く手数料込みの換金率である点を考慮すれば、振り込まれる現金額は相場程度となると分かります。

査定作業が入るので現物商品がクレカ堂へ届いた平日に査定が行われる

クレカ堂へクレジットカード現金化を依頼すると、希望金額に応じたお勧め購入対象の家電製品を紹介されます。実際に各自好みの通販サイトや家電量販店にて指定された家電製品を購入して、クレカ堂へ送付すると到着日が平日ならば即日買取査定が行われます。土日祝日に到着した家電製品については、翌平日の営業時間内に査定が行われて正確な買取金額が振り込まれる仕組みです。他の商品買取方式によるクレジットカード現金化業者とは異なり、クレカ堂では商品購入リストの提示は行っても実際に商品が送付されるまで現金振込は行われません。このため、直接来店により買取商品をクレカ堂へ持ち込みしない限りは、即日現金化が出来ないわけです。それでも利用者が多い理由として、無店舗型専門のクレジットカード現金化業者とは異なり、店舗を構えているからこそいざという時に店頭へ確認に出向けば良いという安心感があります。実際に初回取引のみ店頭へ出向くという利用者が少なく有りません。営業時間はAM8:00 ~ PM9:00となっていますが、来店による査定が可能な時間はAM10;00~PM7:00となっている点が要注意です。

急いでいるなら品川駅近くの実店舗へ出向いてみよう

即日クレジットカード現金化を行いたいと考えている場合には、クレカ堂へ電話連絡を行った上で店頭買取制度を利用すると良いです。家電製品だけでなく店頭買取については、新幹線回数券といった金券の取り扱いがあるので、比較的少額の現金化ならばクレジットカード会社に目をつけられない程度の現金化を新幹線回数券にて行う方法があります。クレカ堂へ相談した上で即日買取依頼のために訪問すると、新幹線回数券を自動券売機ではなくみどりの窓口経由で購入すればクレジットカード会社には旅行代金と考えられて利用停止となるリスクを減らせるアドバイスを受けられます。

クレカ堂を利用する前にチェックしておきたいポイント

クレカ堂を利用してクレジットカード現金化を行う前には、店舗併設型という以外にもしっかり確認しておきたいポイントがあります。なぜなら、他のクレジットカード現金化業者とは異なり、買取対象商品が常に変動しているので最新の情報を確認しておく必要があるからです。

クレカ堂の換金率は変動幅が大きい

クレカ堂のクレジットカード現金化は、価格変動が毎日発生している家電製品を買取する方式です。このため、案内を受けた日と必ずしも同じ相場で買取を行ってもらえるとは限りません。最高の換金率を求める場合には、価格変動も同時に大きいというリスクがあることを知った上でチャレンジする気持ちが必要です。クレカ堂は、現物商品を平日のクレカ堂店頭営業時間内に届けることが出来れば、すぐに査定を行って現金振込を行ってもらえます。買取査定担当者は平日のみ専門家が待機していると考えれば、しっかり査定した上での買取が行われてることが分かります。

通販サイトからの商品直送は本来禁止されている

商品買取方式を採用したクレジットカード現金化業者の中には、自ら販売した商品を即座に買い取るという疑似取引を行ってしまう業者が少なくありません。しかし、販売者と買取者が同一という場合には、キャンセル規定による返品以外は不自然な取引と判断されます。なぜなら、実際に購入商品を発送することなく即座に買取している状況は、本当に商品の仕入れがあったかどうかさえ疑わしいからです。一方、クレカ堂が行っている商品買取は、通販サイトから一旦自宅へ商品を配送してもらい、クレカ堂へ転送することにより買取査定に出す流れです。ポイントとなるのは、クレカ堂はあくまでも買取店であって高換金率にて買取可能な商品のリスト案内は行うものの、届いた商品についてはしっかり古物商として査定する点です。通販サイトからクレカ堂へ直送してしまうと、利用者の手持ちの商品を買取したことにはならないので、クレジットカード会社に調査されたらすぐにクレジットカード現金化していたことがバレてしまいます。そこで、必ず自宅で家電製品を受け取り、破損が無いことを確認した上でクレカ堂へ転送しなければならないわけです。クレカ堂へ届いた時点で商品に破損や故障があれば、配送業者へ補償を求めることが出来ます。

査定料が20%掛かると考えておく

クレカ堂を利用する際に、換金率表よりも査定額が低くなることは理解していても、実際の現金振込額に納得出来ないと考える人もいるはずです。なぜなら、クレジットカード現金化を急ぐあまりにクレカ堂が行う説明をしっかり聞いていない人が少なくないからです。クレカ堂では、古物商としての買取査定をしっかり行うだけでなく、商品売買時には消費税が発生することを忘れてはなりません。加えて古物商が1つずつ査定を行うことになるので、査定料が20%掛かると考えた上で控除された現金振込額を見れば、一定の基準通りに査定が行われていると判明します。

希望換金額が必達の場合には多めの金額を希望する

手元に現金が必要となる時期が迫っていて、希望換金額が具体的に○○万円確保しなければならないという必達の状況では、家電買取は値段の相場変動を考慮して多めの金額分家電製品の購入をしておかなければなりません。家電製品購入時に早期宅配と価格が安いという両方を兼ね備えていなければ、実際にクレカ堂へ送付した際に査定額が買取相場変動により変わってしまうと目標額を下回りかねません。少しでも効率的に自分でクレジットカード現金化を管理したいと考えているならばクレカ堂が適していますが、最初から希望換金額を必達かつ日付が差し迫っている場合には、店頭買取または他社キャッシュバック方式の現金化業者が適していることがあります。クレカ堂は現物商品として家電製品を実際にクレジットカードにて購入しているので、後からクレジットカード会社に調べられても同じ製品を複数購入していない限りは怪しまれる心配はありません。安全性を自分で管理しつつ、手間を惜しまずに少しでも換金率を上げたいならばクレカ堂の家電製品買取によるクレジットカード現金化が適しているわけです。

古物営業許可番号が正規のものか確認しよう

家電製品を繰り返し買取していることから、クレカ堂は古物商営業許可が必要な古物商としての取引を行っています。古物商を通した買取ならば、犯罪に巻き込まれた時に古物商が果たす責任が重く補償制度があるので、正規の古物商との取引だと確認出来れば多少換金率が低くなっても安心して取引できることに変えられません。確実に現金振込が行われる安心感があるからこそ、クレジットカード現金化業者は店頭買取率が低くても利用者が多いわけです。しかし、古物商として営業するためには、店頭には古物プレートと呼ばれる古物営業許可番号が記載された標章を確認しなければなりません。店頭に行けない場合には、公式サイト上からクレジットカード現金化を商品買取方式にて行っていることから、古物営業許可番号の掲示が必須です。実際にクレカ堂には古物営業許可番号として、以下のような記載があります。

  • 東京都公安委員会古物商許可番号 第301101207220号
  • 運営会社 (株)ユナイテッド
  • http://creca-do.jp

本当の古物商営業許可番号を取引前にクレカ堂へ問い合わせが必須

クレカ堂の運営会社は、株式会社ユナイテッドとして東京都港区高輪3-25-27 アベニュー高輪402を所在地表記しています。公式サイトを使った古物商営業を行うためには、東京都公安委員会へ古物営業URL届け出一覧への掲載が義務付けられており、実際に東京都公安委員会の公式サイトにはURL一覧が公開中です。
http://www.kouaniinkai.metro.tokyo.jp/kobutsu/index.html
PDF版古物商URL届け出一覧へ掲載されている古物商のみが、無店舗型営業が可能な古物商となっています。しかし、クレカ堂が掲載している「東京都公安委員会古物商許可番号 第301101207220号」は存在しておらず、営業開始から年数が経過しているために通常1~2ヶ月程度で掲載完了しているリストに掲載されていない点は不自然です。また、クレカ堂とココクレカは同じ建物かつ同一の古物商営業許可番号を掲出しているので、運営会社も共通という点から本来の古物営業許可番号が別に存在している可能性があります。このため、一度クレカ堂へ訪れて古物プレートが確かに同一古物営業許可番号にて存在していることを目視確認するか、別の古物営業許可番号と運営会社名の届け出をしていないかクレカ堂へ問い合わせて一致させるまで取引は避けなければなりません。なぜなら、正規の古物商以外との取引を行った結果として現金振込がされなくても、残念ながらクレジットカード会社は現金化自体を利用規約違反としているのでクレジットカード会社へ通報出来ません。最終的に泣き寝入りするリスクがあることから、1度も店舗を訪れずにクレカ堂を利用する際には完全に自己責任の範囲となります。

現金化に興味がある方へ

現金化おすすめサイトはこちら
現金化業者を40社以上徹底的に調べ上げユーザーの方が見やすいように比較表にしています 是非一度確認してみて下さい
amazonギフト券買取サイトはこちら
自宅にamazonギフト券は余っていませんか?あっても使わないという方におすすめ!
amazonギフトを買取し現金化できる業者一覧になっています興味のある方は是非一度ご覧ください

クレカ堂を賢く利用するためにはクレジットカード現金化の知識が必要

クレカ堂は他の商品買取方式による現金化業者とは異なり、市場にて実際に販売されている家電製品の買取を通して現金化を行う実物売買を採用しています。売買契約をしたことにするといった虚偽の売買は行わず、利用者はクレカ堂からお勧めされた家電製品を自らクレジットカード決済にて複数の通販サイトまたは家電量販店から購入し、クレカ堂へ配送することにより査定を受けます。詳しい仕組みを理解した上でクレカ堂を活用すれば、他の現金化業者を利用した場合よりも安全かつ高換金率で取引出来るケースが少なくありません。

少額かつ店頭即日買取なら新幹線回数券を勧められる

実店舗を持つクレカ堂では、平日の営業時間内に限り店頭買取を実施しています。中でも持ち運びがしやすくすぐに査定時間が掛からない方法として、店頭買取の場合限定でみどりの窓口には新幹線回数券を複数セット購入する方法を提案されます。数万円から10万円前後の場合に限られますが、即日現金化を行う際にみどりの窓口ならばクレジットカード会社からのチェックが入りにくいという現金化業者ならではのノウハウがあるわけです。更に金額が大きな買い物の場合には、持ち運び可能なサイズの家電製品が対象となりますが、査定時間が必要になる点に注意しなければなりません。なぜなら、家電製品は初期不良等が一定割合が入ってしまうので、査定時に動作確認が必要となる商品が多いからです。

通販サイトでなるべく安く仕入れた商品を買取依頼すれば換金率を上げられる

クレカ堂をインターネット経由のみで利用するなら、通販サイトを比較してなるべく安く仕入れた商品をクレカ堂へ送付することで実質的な換金率を上げられます。よくある例として、ポイント還元率が高い家電量販店ならば、会計を2回に分けてもらうことにより貯まったポイントをすぐに使って総額を下げる方法を利用すると良いです。家電製品として同じ商品を複数個購入することは、一般家庭では特定の場合を除いて珍しいこととなってしまいます。クレジットカード会社から目立たないようにするためには、種類が異なる家電製品を組み合わせて購入した上で、次回現金化時にも同じ製品を選ばないようにすることです。

家電に関する知識が豊富な利用者はタイミング次第でお得

家電に関する知識が豊富な利用者ならば、買取推奨商品をクレカ堂から提案される際に、細かい型番指定の有無を確認して安く購入することが出来ます。新製品が出ることが分かっている場合には、敢えて発売日付近を狙って型落ち品を買取に出すという方法を行うと、思わぬ高換金率を達成することが可能です。クレジットカード現金化を行う際には、黒物家電やデジタル家電が中心となり、白物家電は配送を伴う製品を対象外としていることが理解できるなら、クレカ堂を利用した現金化で得するチャンスがあります。

クレカ堂は家電製品の買取による現金化に特化したクレジットカード現金化業者

クレカ堂を利用してクレジットカード現金化を行う際には、買取額が常に相場により変動することを理解した上で利用しなければなりません。なぜなら、現物商品としてクレジットカード決済にて購入した家電製品を実際にクレカ堂へ配送完了してから買取査定が行われるからです。配送状況や推奨買取品と異なる家電製品を購入して送付した場合には、買取率が大幅に下がってしまいかねません。クレジットカードを使って何を購入したのか自分で管理したい人にクレカ堂は向いています。

おすすめクレジットカード現金化業者

他の現金化業者も気になる所だと思います
下記が現金化業者の一覧になっていますので一度目を通して
自分にあった現金化業者を探してください