クレジットカード現金化は最終手段?戦略的現金化でキャッシング枠を確保できる

クレジットカードのショッピング枠を現金に置き換える現金化に対して「金策の最終手段」というイメージが持たれるようですが、金策の選択肢が多い方が突発的な現金支出を効果的に解決できるので現金化しか金策手段が残っていないのは良手とは言えません。

現金化を最終手段と捉えず積極的に行えばキャッシング枠を残すことが可能となり突発的な現金支出が発生しても、慌てずに「現金化とキャッシングどちらで金策を行うか?」を選べますので金策の最終手段の選択肢を増やせる戦略的な現金化について紹介します。

借入限度に達していても利用できる金策の最終手段!クレジットカード現金化とは

生活資金不足や突発的な現金支出の解決方法としてキャッシングの利用が挙げられますが、利用限度額に達していると新規借入が行えないためキャッシング枠とは別枠のショッピング枠を現金に置き換える現金化が金策の最終手段に位置付けられる傾向にあります。

利用限度額までキャッシングしていても現金化で現金を手に入れられると思うと心強いな。金策の最終手段と言っても過言ではない現金化を利用できると思うと安心できるよ。
まあな、同じクレジットカードに実装されていてもキャッシング枠とショッピング枠は別枠だからな。
しかし同じカードに実装されるキャッシング枠とショッピング枠が別枠なのに、別のカードを利用したキャッシングが同枠で扱われるのはどういうことなんだろう?
そりゃキャッシング機能とショッピング機能に適用される法律が違うからだよ。
そうなの?だからキャッシングできなくても現金化で現金を手に入れられるのか。
そう言うこと。キャッシング機能とショッピング機能に適用される法律について見ていこうか。

キャッシング機能には貸金業法、ショッピング機能には割賦販売法が適用される

クレジットカードには現金の借入が行えるキャッシング機能と購入商品やサービスを受けた対価としての支払いを建て替えるショッピング機能が搭載されていて、一見同じに見える2つの機能は異なる法律の規制を受けています。

ATMから簡単に現金を引き出せるキャッシング機能は非常に便利な機能で、突発的な現金支出をキャッシングで解決するケースが珍しくありませんが、キャッシングでは現金貸付が行われるため貸金業法が適用されます。

カード会社が支払いを立て替えることでキャッシュレス決済を実現するショッピング機能もカード会社から借入を行うことになりますが、割賦販売・信用購入あっせん・ローン提携販売を規制する割賦販売法が適用されます。

キャッシングとショッピングは別枠!だから利用限度額まで借入しても現金化が可能

キャッシング枠の利用限度額を規制する貸金業法の総量規制では利用者の借入総額の規制を行っているので、他のクレジットカードを利用したキャッシングやローンなど全ての借入が規制対象となります。

このためカード発行時に設定された利用限度に達していなくても他の借入額が影響して利用限度額が引き下げられますので、「このカードではまだキャッシングしていないから大丈夫」と思っていてもいざと言うときに利用できないケースがあります。

同じカードに実装されていても割賦販売法が適用されるショッピング枠は貸金業法の総量規制の対象外のため別枠となっいて、借入総額に達してキャッシングできない場合でもショッピング枠は問題なく利用できます。

クレジットカード現金化が金策の最終手段に位置付けられるのは突発的な現金支出に迫られた際にキャッシングで資金繰りが行われるケースが一般的で、うっかり利用限度に達してしまった際に現金化が利用される傾向が強いことが影響していると考えられます。

しかし、計画的に現金化を行うことで突発的な現金支出に対応できるキャッシング枠を確保しながら効率的に現金を手に入れることが可能となりますので、戦略的な現金化の実践はマネーライフのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に効果的だと言えます。

マネーライフのQOLを効果的に向上させる戦略的な現金化の実践とは?

突発的な現金支出に迫られた際に選択肢が金策の最終手段に位置付けられる現金化しか残されていないのと、キャッシングも利用できるのとでは精神的負担が大きく異なりますので積極的に現金化を利用してキャッシング枠を確保しておくのが戦略的な現金化の実践です。

現金化の方法を上手に選べばスピーディーに現金を手に入れられるけど、現金化を利用する度に「成功しなかったらどうしよう!」ってドキドキするよな。
確かに現金支出に迫られているときの金策の最終手段と言われる現金化で、予定通り現金が手に入らなかったら悲劇だからな。
たよな、ドキドキしながら現金化を利用するのは精神衛生上悪いと思うんだよな。
はははっ、だったら計画的な資金繰りを実践すればいいじゃないか。土壇場になって慌てて金策に走ったキャッシングが駄目で、最終手段として現金化を利用するからドキドキするんだよ。
しかしキャッシング限度額に達していても現金が手に入れられるのが、現金化のメリットなんだろう?だからついついキャッシングありきの金策をしちゃうんだよね。
確かに現金化は金策の最終手段として利用できるのが魅力だが、積極的に利用すればキャッシング枠を確保しながら現金を手に入れられるし、現金化が突き止められられにくくなるメリットも生じるから戦略的な現金化について見ていこう。

突発的な現金支出に対する即応力は現金化よりキャッシングの方が優れている

現金支出には支払いまで時間的な余裕が若干残されている急な支出と今すぐ支払う必要がある突発的な支出の二種類に分類することができ、急な支出に対しては十分現金化で対応できますが、突発的な支出に対する即応力は現金化よりキャッシングの方が優れているのも事実です。

しかし既に紹介したとおりキャッシングは貸金業法の総量規制の規制を受けるので利用限度に達してしまうとATMから現金を引き出せなくなるので、現金化が金策の最終手段として位置付けられています。

最もスピーディーに現金化を実現できるのがオンライン取引で行うキャッシュバック方式を利用した現金化ですが、キャッシュバック方式がスピーディーな現金化だと言ってもカードをATMに差し込むだけで現金を引き出せるキャッシングよりは時間がかかります。

積極的に現金化を行い現金を手に入れる戦略的な現金化を実践すればキャッシングを利用することなく現金を手に入れられるので、利用限度額を確保しながら金策を行うことができるのが戦略的な現金化の基本的な考え方です。

ショッピング枠を活用しクレヒスを積みあげながら現金を手に入れられる現金化

新しくクレジットカードを作るのにはカード会社の審査を通過する必要があり、カード発行希望者に対して審査が行われることは知られていますが、カード発行後も途上与信が行われていることは意外と知られていないようです。

カード会社は定期的に利用者の利用履歴を確認しながら途上与信と呼ばれる新規カード発行時同様の審査を行っていて、利用履歴に問題がある利用者や借入総額の多い利用者などをチェックしています。

途上与信などの審査の際には信用情報機関のデータベースに登録された一般的にクレヒスと呼ばれるクレジットヒストリー(利用履歴や取引情報)が活用されるので、クレヒスはクレジットカード利用条件に大きく影響する重要な信用情報です。

クレヒスを積みあげるのにはカード利用が必要ですがキャッシングばかり利用していると「金策に困っている会員」と言う印象をカード会社に持たれますし、ショッピング枠の利用が多ければ「通常の使用法でカード利用をしている会員」と捉えられます。

問題のないクレヒスはカード会社に対する信用を積みあげていることを意味するため、戦略的な現金化の実践には現金を手に入れながら問題のないクレジットヒストリーを積みあげ、金策の最終手段の選択肢を増やすことができる効果があると言えます。

戦略的な現金化でクレジットヒストリーを積みあげるメリットは?

現金化の際に絶対に避けたいのがカード会社に現金化を突き止められてしまうことですが、クレヒスのスコアが高い会員は現金化を行ってもカード会社に疑われにくいと言う効果があります。

効率的な現金化を行うため高額商品を利用するとクレヒスのスコアが低い場合は「なぜ急に高額商品の購入を行うのか?」と疑われてしまいますが、クレヒスのスコアが高ければ疑われる確率がグッと下がります。

クレヒスのスコアが低い場合は高額商品を利用した現金化を行う際に一括払いではなく分割やリボ払いでないと現金化を疑われマークされて利用履歴の監視が厳しくなるので、問題のないクレジットヒストリーを積みあげるのには大きな意味とメリットがあります。

また戦略的な現金化を行えば商品購入でポイントが還元されるので効果的なライフハックとしてポイントを集めるポイントゲッターは、金策の最終手段で現金化を利用するより積極的に利用し、より多くポイントをゲットできる方が嬉しいのではないでしょうか?

最短で現金化できる方法を掴むのが金策の最終手段として現金化を利用するポイント

突発的な現金支出への即応力はキャッシングの方が優れていますが、既に利用限度額に達していてキャッシングできない場合などで頼りになるのはやはり現金化ですので、金策の最終手段として現金化を利用する際のポイントとなる最短の現金化方法を紹介します。

戦略的な現金化を実践すればキャッシング枠を残しクレヒスを積みあげ、ポイントをゲットしながら現金を手に入れられるのか。
そう、だから現金化を金策の最終手段として位置付けるより、積極的に活用する方が遥かに効果的な現金化だと言えるよな。
確かにそうだけど戦略的な現金化の実現は一朝一夕ではできそうにないんだよね。特に万年金欠症候群の俺の場合は。
それな、崖っぷちに立ってると常に最終手段を繰り出さないとやり過ごせなさそうだものな。判るよ、君を見ていると。
なんか随分失礼な物言いだな。だけど現金化を金策の最終手段としてフル活用しているだけに反論できないところが腹立たしい。
はははっ!懐刀と言っても過言でない現金化を金策の最終手段としてフル活用するポイントを見ていこうか。

買取方式とキャッシュバック方式でショッピング枠を現金に置き換えて行う現金化

ひと口に現金化と言ってもショッピング枠を現金に置き換える方法には買取方式とキャッシュバック方式があり、買取方式には既に利用者が購入している商品を売却する方法と現金化業者が指定する商品を利用者が代理購入し売却する方法があります。

前者の買取方式は実店舗型の現金化業者で取り扱われているので売却する商品を携行している場合は店頭で直接現金化が行えますが、現金化業者によって換金率が異なるので何軒かまわって高換金率の現金化業者に売却したいものです。

後者の現金化業者の指定する商品を利用者が代理購入して売却する買取方式はオンライン取引や電話での取引で行えますが、商品購入し売却するまで若干時間がかかるため突発的な現金支出に対応するのが難しい現金化の方法だと言えるでしょう。

現金化業者から商品を購入しキャッシュバックを受けるのがキャッシュバック方式の現金化ですが、基本的には商品購入と同時に指定口座に現金がキャッシュバックされるので突発的な現金支出に対する即応力が最も高い現金化の方法だと言えます。

オンライン取引で完結する現金化を利用する際は現金化業者の選別が重要!

キャッシュバック方式の現金化業者は実店舗を持たずオンライン上で取引が完結するため最も高換金率でスピーディーな現金化を実現させていますが、無店舗型で運営されているので信頼できる業者であるのかの判断が難しいのも事実です。

オンライン取引のためカード情報を現金化業者に開示する必要があるので間違って悪徳業者に接触してしまうと、突発的な現金支出へ対応できないどころか詐欺被害者になりかねませんので、キャッシュバック方式で現金化を行う際は信頼できる業者なのかをしっかり確認してください。

高換金率でカード会社にバレにくい現金化方法は戦略的な現金化にも活用できる

キャッシュバック方式の現金化は信頼できる業者を利用すれば高換金率でカード会社に突き止められにくい現金化の方法だと言えるので、金策の最終手段としての現金化にも戦略的な現金化にも活用することができる魅力的な現金化の方法だと言えます。

金策の最終手段として突発的な現金支出にも対応でき、キャッシング枠確保などのメリットを得ながら戦略的に現金を手に入れられるって現金化は凄い可能性を秘めているな。
そうだな。どのタイミングで行っても現金化はメリットの多い金策手段だと言えるな。
特に「キャッシュバック方式の現金化を如何に上手に活用するのか?」が効果的な現金化に影響しそうな気がするな。
そのとおり!短期間で現金化できるからどうしても金策の最終手段として見られがちだけどキャッシュバック方式の現金化は戦略的な現金化にも効果的に活用できるんだ!
やっぱりな!キャッシュバック方式を制する者が現金化を制するってことだな?
金策の最終手段としての現金化にも戦略的な現金化にも活用できるキャッシュバック方式の現金化について確認しておこう。

キャッシュバック方式の高換金率は市場価値が判断し難い商品販売で実現されている

既に利用者が購入した商品を売却する買取方式の場合は「中古市場にどれだけのニーズがある商品なのか?」が買取価格に大きく影響しますし、現金化業者の利益が差し引かれるので高換金率が難しい傾向にあるのも事実です。

現金化業者の指定する商品を利用者が代理購入し売却する買取方式では高換金率のAmazonギフト券などの金券などが指定されるのが一般的ですが、これらの商品の市場価値が高いことはカード会社も掴んでいるので現金化を疑われやすくなります。

キャッシュバック方式の現金化業者が90%を超えるような高換金率を掲げていることは決して珍しくなくありませんが、これはキャッシュバック方式の現金化業者が市場価値が判断し難い商品を販売していることに起因します。

現金化業者は玩具のパワーストーンや装飾品など原価が低く市場価値を判断し難い商品を販売しているので、高換金率でキャッシュバックを行うことが可能であり市場価値が付けにくいことでカード会社に現金化を疑われにくいシステムになっています。

カード会社にバレにくいキャッシュバック方式は現金化の最終手段!

カード会社が市場価値が高く換金率の高い商品を掴んでいることには既にふれましたが、カード会社は高換金率の商品購入を自動検知するシステムを導入し自社発行カードが現金化に利用されていないかを厳しく監視しています。

現金化をカード会社に突き止められないためには高換金率の商品を購入しない、大量購入・連続購入を行わないなどの注意点を守る必要がありますが、キャッシュバック方式の現金化業者が販売する商品は市場価値が判断し難いことでカード会社にバレ難くなっています。

カード会社に突き止められずに高換金率の現金化を行えるキャッシュバック方式の現金化は金策の最終手段として利用する現金化と戦略的に行う現金化の双方で効果的に活用することができる理想的な現金化の方法だと言っても過言ではないでしょう。

しかしキャッシュバック方式の現金化は既述のとおりオンライン取引で完結するため信頼できる業者なのか悪徳業者なのかの判断が付き難い側面も存在するので、キャッシュバック方式の現金化を行う前には現金化情報サイトなどでしっかり調べることをお進めします。

金策の最終手段と捉えては勿体ない現金化!積極的な現金化活用がおすすめ

キャッシングの利用限度額に達していても現金を手に入れられることから、現金化は金策の最終手段として捉えられる傾向にありますが、戦略的な現金化を実践することでキャッシング枠を確保しクレヒスを積みあげながら現金を手に入れることができます。

突発的な現金支出を解決する最終手段として現金化を位置付けるよりも次々に考案される効率的な現金化の方法を試しながら、積極的に現金化を行うことでマネーライフのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させることが可能です。

理想的な現金化を行うためには「どのような方法が効果的であるのか?」や「どれが信頼できる現金化業者なのか?」などの最新情報を正確に掴んでおく必要がありますが、さまざまな現金化情報が交錯しているので正確な情報なのかを確かめるのが困難なのも事実です。

現金化情報サイト「俺LOVE現金化」は現金化に対してあらゆる角度からアプローチを行いながら最新で最強の現金化手段や頼りになる現金化業者などの情報を公開しています。

現金化情報サイト「俺LOVE現金化」内で公開している情報を効果的に活用して、金策の最終手段ではない戦略的な現金化をぜひ実現して下さい。