キャッシング枠に影響せず銀行口座に即日振込!クレジットカード現金化とは?

急な現金支出に迫られた際ATMで簡単に現金を引き出せるのがクレジットカードのキャッシング機能ですが、キャッシング限度額は貸金業法の総量規制で規制されていて「キャッシングの借入総額が利用者年収の1/3を超えない額」に規制されています。

借入総額には複数カードでのキャッシングや消費者金融からの借り入れなどが含まれるので、キャッシングできないケースの解決策として近年クレジットカード現金化が多くの利用者に活用されているので銀行口座への即日振込で現金を手に入れられる現金化を紹介します。

ショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化とは?

キャッシュレス決済を行えるショッピング機能とATMから現金を引き出せるキャッシング機能を実装し、現代生活のマストアイテムとも言えるクレジットカードをさらに有効活用できる利用法がショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化です。

急な現金支出に対応できるクレジットカードのキャッシング機能って便利だよなぁ。いつでもキャッシングできると思うと心強くてついつい利用しちゃうんだよね。
しかし利用限度に達するとキャッシングできなくなるから要注意だし、金利手数料が発生するのも忘れてはいけない重要なポイントだぞ。
それな、利用限度額に達しててキャッシングできないときはマジ焦ったわ。
キャッシング枠に影響させないでクレジットカードで現金を手に入れられる方法があるのことは知っているよな。
なにそれ!そんな裏技存在するの?だけど超面倒くさい手続きとかいるんじゃないの?
あははっ!驚くほど簡単に現金を手に入れられるクレジットカード現金化について見ていこう。

クレジットカード現金化は割賦販売法が適用されるショッピング枠を利用する

ATMから簡単に現金を引き出せるキャッシング機能は非常に便利な機能ですが資金の借入であるキャッシングには貸金業法が適用されるため総量規制で「利用者年収の1/3を超えない範囲での融資」しか利用できなくなりました。

借入総額には利用中のローンや他のカード会社を利用したキャッシングも含まれるため、仮に他のカードで30万円キャッシングしていると50万円のキャッシング枠があるカードでも20万円までしかキャッシングできなくなります。

しかしキャッシュレス決済を実現するショッピング機能には貸金業法ではなく割賦販売法が適用されるため既述の条件でも、ショッピング枠の利用限度額を満額利用することが可能となります。

ショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化は貸金業法の総量規制で規制される額以上の現金をカードを利用して手に入れられるため、ワンステップ上のクレジットカード活用術だと言えるでしょう。

ショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化は二種類の方法で行える

貸金業法の総量規制の規制額以上の現金を手に入れられるワンステップ上のカード活用術であるクレジットカード現金化は、買入方式とキャッシュバック方式の二種類で行うことが可能です。

買入方式は購入した商品を現金化業者に売却して現金を手に入れる方法で、利用者が任意に購入した商品を売却する方法と現金化業者が指定する商品を利用者が代理購入して売却する方法に分類できますが後者の方が効率的な現金化を行えます。

キャッシュバック方式は現金化業者から商品購入しキャッシュバックで現金を手に入れる方法で、買取方式と比べるとカード会社に現金化がバレるリスクが低いことから現在主流となっているクレジットカード現金化の方法です。

クレジットカード現金化で突発的な現金支出を解決するキャッシング枠を確保できる

クレジットカード現金化を利用することで急な現金支出を解決できますが突発的な現金支出の解決に必要となる現金の即時調達はキャッシングを利用したほうが有利であるのも事実です。

日常的な資金繰りをクレジットカード現金化を利用して行えば、いざと言う時のためにキャッシング枠を残しておくことが可能ですので、戦略的な現金化の利用は緊急事態の解決方法を確保するためのライフハックと成り得ると言えるでしょう。

しかしクレジットカード現金化を行う際もスピーディーに現金を手に入れられたほうが効果的であるのも事実ですので、銀行口座への即日振込に対応する現金化業者を効果的に活用してスピーディーなクレジットカード現金化を実現したいものです。

買取とキャッシュバック、スピーディーなクレジットカード現金化が行えるのは?

総量規制の規制額以上の現金を手に入れてもATMから簡単に現金が引き出せるキャッシングより時間が掛かるのではクレジットカード現金化の魅力が半減しますので、スピーディーな現金化には買取とキャッシュバックどちらの方法が適しているかを紹介します。

なるほどショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化を利用すれば、総量規制の規制額以上の現金を手に入れられるのか。現金化って魅力的だな!
もしもの時に対応できるよう、キャッシングの利用限度額を温存するためにクレジットカード現金化が活用されるケースも珍しくないぞ。現金化の戦略的利用だと言えるな。
確かに!キャッシング枠を残しておけば、突発的な現金支出をキャッシングで解決することができるもんな。現金化は上級者が行うクレジットカード活用法ってことか!
しかし突発的な現金支出の際に求められる「スピーディーな現金調達」は残念ながらキャッシングに軍配が上がるのも事実だと言えるからな。
やっぱりクレジットカード現金化って時間や手間が掛かるものなのか?
いや即日対応する現金化業者も少なくないから一概にそうとも言えないな。買取とキャッシュバックのどちらの方法でよりスピーディーな現金化が行えるのかを見ていこう。

スピーディーなクレジットカード現金化は買取とキャッシュバックのどちらで行える?

買取方式とキャッシュバック方式のクレジットカード現金でショッピング枠を現金に置き換えられますが、急な現金支出を解決するためには即日で現金を受け取れる方法で現金化を行う必要があります。

利用者が任意に購入した商品を売却する現金化は、店頭に商品を持ち込めばその場で現金を受け取ることができ即日の現金化が可能ですが、売却する商品を携行する必要があるので出先で現金支出が生じた際などの解決が困難だと言えます。

また現金化業者の指定する商品を代理購入する現金化は売却額が銀行口座に即日入金されますが、購入商品が利用者の手元に届くまで時間がかかるケースがあるため即日の現金化が難しい傾向にあるのも事実です。

キャッシュバック方式の現金化は商品購入時に銀行口座に即日キャッシュバックされるので、最もスピーディーにクレジットカード現金化が行える即日現金化に対応した現金化の方法だと言えます。

銀行口座への即日振込で効率的なクレジットカード現金化を実現させるポイントは?

急な現金支出を解決するためのクレジットカード現金化には銀行口座への即日振込に対応した現金化業者の利用が欠かせませんが、銀行口座への即日振込を実現するためにはいくつかのポイントを正確に掴んでおく必要があります。

クレジットカード現金化をどの方法で行うかで同じ現金化でも現金を手に入れられるタイミングが違ってくるのか?どの方法でどの業者を利用するかは重要なんだな。
そう、現金化の際にはどうしても換金率にばかり目が行く傾向があるが、必要なタイミングで現金を手に入れられなければせっかくのクレジットカード現金化の意味が薄れるな。
確かに現金化の際に換金率に目が行きそうだな。特に俺の場合は。
はははっ、まぁ換金率が高い方法で現金化を行うのは効率的な現金化のセオリーだからしょうがないよ。
クレジットカード現金化の際は即日対応の現金化業者を利用することを心掛けるよ。
いや、即日現金化を掲げる現金化業者を利用しても実際に即日で現金調達できないケースもあるから、銀行口座への即日振込で現金化を実現するためのポイントを確認しておこう。

2018年導入のモアタイムシステムで24時間・365日で銀行口座への振込が可能に!

以前は銀行口座への振込業務は銀行の営業時間である平日08:30~15:00までしか取り扱われていなかったため、営業時間外に銀行口座への振込が行えずクレジットカード現金化を行っても銀行の営業時間外に現金を手に入れることができませんでした。

平日にクレジットカード現金化を行っても銀行の営業時間外の場合は即日で現金を受け取れないばかりか、現金支出の発生率が高くなる週末に即日現金に対応する現金化業者で現金化を行っても振込が即日どころか翌月曜日の08:30以降となるのが普通でした。

しかし2018年にモアタイムシステムが導入されたことで最大24時間・365日銀行口座への振込が可能となり、即日振込でクレジカード現金化が行えるようになったことが現金化の利用者が増加したことに大きく影響していると言えるでしょう。

銀行口座への即日振込対応の現金化業者利用でも即日で現金が手に入らないケースも!

2018年に導入され最大24時間・365日での銀行口座への即日振込を実現させたモアタイムシステムですが、モアタイムシステムに参加していない金融機関も存在しているため全ての銀行が即日振込に対応している訳ではないのが実状です。

みずほ銀行が参加したことで大手都市銀行は全行でモアタイムシステムが導入されましたしインターネットバンク各行も即日振込に対応していますが、地方銀行・第二地方銀行協会加盟銀行・信託銀行・外国銀行には非対応の銀行が存在します。

また信金中金・信用金庫・全信組連・信用組合などもモアタイムシステムに対応していないケースがあり、クレジットカード現金化を行っても即日振込で現金を受け取れない場合がありますので振込先にモアタイムシステム対応銀行を指定する必要があります。

即日現金化を掲げても実際には対応していない悪徳業者も存在する?

24時間・365日対応の即日現金化を掲げているにも関わらず、実際には振り込みがクレジットカード現金化の3日後であるような悪徳な現金化業者も残念ながらが存在しますので、確実な即日現金化実現のためには信頼できる現金化業者の利用が必要です。

また即日でも振込まで数時間掛かるのではクレジットカード現金化のメリットが半減するので、即日現金化に対応する現金化業者でも「振込にはどの位の時間がかかるのか?」を直接問い合わせることや実際に24時間対応している業者を利用することをおすすめします。

即日振込の理想的なクレジットカード現金化には午前中申し込みが効果的

現金化業者は利用申し込み順に銀行口座への振込を行いながら即日現金化を行っているので確実に即日でクレジットカード現金化を行うためには、午前中に現金化業者に利用申し込みを行ったほうが効果的です。

また現金化業者からかかってくる本人確認と利用申し込み確認の電話を逃さず、必ず対応できるようにすることで銀行口座への振込が後回しになることを防止できますので、即日現金化を利用する際は電話の取りこぼしがないようにすることをおすすめします。

銀行口座に即日振込の方法でさらにクレジットカード現金化のメリットが大きくなる

割賦販売法が適用されるショッピング枠を現金に置き換えることでキャッシング限度額に影響させずに現金を手に入れられ、貸金業法の総量規制の規制額以上の現金を手に入れられることがクレジットカード現金化の魅力だと言えます。

しかしキャッシングの利用限度額を温存させるために行う戦略的な現金化ではなく突発的な現金支出解決の場合はスピーディーなクレジットカード現金化が必要となり、換金率と共に銀行口座への即日振込に対応する現金化業者の利用が重要なポイントとなります。

現金化情報サイト「俺LOVE現金化」ではクレジットカード現金化を中心に新しく登場した効率的な現金化手法や銀行口座への即日振込に対応する心強い現金化業者情報、高換金率で効果的な現金化が行える現金化業者情報などさまざまな現金化の最新情報を提供しています。

突発的な現金支出を解決する現金化やキャッシング限度額を温存させるための戦略的な現金化などクレジットカード現金化の利用動機はさまざまンですが、理想的な現金化の実現には現金化情報サイト「俺LOVE現金化」の有効活用が非常に効果的でおすすめです。