マネーウォーク!クレジットカード現金化口コミ・評判最新情報

mane-ulo-ku

マネーウォークがクレジットカード現金化の初心者におすすめな理由!

「現金化したいけど、初めてだからちゃんとした業者にお願いしたい」、「振込みが早く換金率の良い業者に現金化を頼みたい」など。そう思っている方におすすめなのがマネーウォークです。今回の記事では、マネーウォークの特徴や他社にはない魅力、業界随一のポイントなど、初心者の方にとって優れた業者か詳しく解説します。

初心者でも安心して使えるマネーウォークの特徴は?

マネーウォークは初心者が安心して利用できる現金化の業者です。まずは特徴や一押しポイントについて紹介します。

マネーウォークとは

マネーウォーク(MONEY WALK)は、クレジットカードを使って現金化できるサービスを実施している会社のことです。通販のショッピングやスーパー・コンビニの買い物などで決済に利用するカードを現金化できる俗にいう現金化業者の一つであり、主にクレジットカードを主体としているのが特徴です。

マネーウォークが現金化初心者でも利用しやすい理由

現金化できる業者はたくさんあるが、中でもマネーウォークは初心者に信頼されています。その理由は、マネーウォークが「お客様満足度 実績NO.1(AWARDNO.1・顧客満足度)」を得ていることにあります。クレジットカードを現金化する場合に、本人確認などを踏まえて電話連絡をするのが現金化では基本です。そのとき、対応するコールスタッフが親切で丁寧な指示・説明を心がけています。

クレジットカードを現金化するのは、最初は不安が大きいものです。例えば、「本当に現金化をしても問題はないのか?」など先行きが分からない状態です。一時的にでも、初めての会社でショッピングの決済をするように指示をされるのですから、不安に思ってしまっても当然です。マネーウォークが初心者にとっての安心感に繋がっているのはこの部分にあります。

次々にスタッフが変わる「たらいまわし」にされない!

現金化業者を利用していると、最初に対応したスタッフと後から掛けなおした別のスタッフで対応が違ったりするのは普通です。しかし、最初に電話に出た方から途中でスタッフが変わるケースもあり、必ずしも電話した相手が最後まで現金化を説明したり振込み完了まで導いてくれる訳ではないことがわかるでしょう。

現金化初心者の方にそのような不誠実な対応をしないのがマネーウォークです。電話をした際に、「専任対応」スタッフが顧客1人につき1スタッフが付いてサポートします。これがマネーウォークをおすすめする一押しポイントです。途中で役割が違うからと対応するスタッフが変わることはなく、一貫して同じ人からの説明を受け、現金化を進められることを意味します。

例として、途中でスタッフが変わってしまう場合、一度された説明を繰り返して余計な時間がかかる、説明されていない内容がそのまま説明されずに振込みまでされて、最初の説明と振り込み額に差が生まれて、不満が生じるなどクレームの原因となります。

現金化の電話連絡の間に入る人数が増えるほど、前担当者からの引継ぎ情報に不備が生じやすくなります。中には、丁寧なスタッフとそうでないスタッフが混じるなどして、より差を感じてしまい、そこまで不親切でもないがどこか嫌な気持ちになったり怒りを感じたりしてしまう人もいるでしょう。

誰しも、説明されたことが後から違っていたとなってはいい気分はしません。特に、金銭や手続きに関することであれば、損が生じたり、スムーズな取引に問題が発生するので、良質な現金化を希望する場合には避けたいことです。マネーウォークはその心配がないので、安心して現金化を依頼できるでしょう。

振込みスピードが業界最速は本当!

振込みの速さは、現金化を検討する上で必ず必要なことです。そこで、マネーウォークの振込みにかかる時間がどれほどスピーディであるかを説明します。

最短5分で振込み!

マネーウォークは業界最速である振込みまでの時間が最短5分の現金化業者です。通常、最速を謡う業者は目安に過ぎませんが、それでも10分や15分かかる業者もいます。マネーウォークは正真正銘、最短5分で振込みまでの手続きから現金化した分の振込みまでの対応が早いでしょう。

振込みが遅くなってしまうデメリットがない!

そもそも振込みが遅いことのデメリットは何か。それは、振り込まれる時間が予想できないことにあります。いつ振り込まれるか分からないから、待っている時間が精神的なストレスに感じてしまうことでしょう。例えば、宅配便が届くとき、時間指定をしているのとしていないのでは精神的なストレスで感じる部分が少なくなります。この時間内に届けてくれるという安心感がそこにはあるからです。何気なく待っていて、届いた時に受け取るのとは違います。

マネーウォークの最短5分は、最速の場合の速さではありますが、それが少し遅くなったくらいでは揺るがない、確かな振込みの速さがあります。確実に振り込まれて、その待つ時間もそれほど長くないことが最初から分かれば、気負いなく振込みを待てるでしょう。

最短5分がなぜ短いのかといえば、ショッピング決済を通して現金化し、振り込むので、決済の完了に1分程度だったとして、振込み完了までの手続きに2~3分、そうすると、他の対応などの時間で1分程度ということです。そのため、現金化業者の中で最速の速さを持つマネーウォークが初心者だけでなく、リピーターの方にとっても現金化しやすい環境にあることが分かります。

初めての人でも説明が分かりやすいからスピーディ

初めての方は、当然ですが最短5分の振込みではありません。その理由は、現金化において必ず必要な初回手続きが間に入るからです。この部分は、他の業者も同じです。マネーウォークは、電話で手続き内容の説明に入ると同時に、具体的な手続きの手順を電話口のスタッフが丁寧に説明してくれます。その際に、初回利用かどうかを聞かれて、初めての利用者の場合に別途、本人確認などの手続きを入れるためです。

本人確認に必要な書類が説明され、それをスマホの写真で撮影するなどして、マネーウォーク側に送ります。目的は、本人確認やクレジットカードの名義が本人であることを確かめるためです。場合によっては撮影のバリエーションが証明書の両面など指定されます。

入念な本人確認が信頼できる!

マネーウォークで現金化するときに、クレジットカードの名義と電話口の本人の名義が違うと現金化することができません。この点は、本人確認を重視している結果であり、決して他人が簡単にカードを使っての現金化利用といった第三者による悪用を防ぎます。

また、最近では、巷で家族のクレジットカードを使っての現金化をして、支払いトラブルになるケースも出ています。夫婦間や家族間で勝手にクレジットカードを現金化してしまい、それが負債として名義本人に請求されてしまうという問題です。マネーウォークではそういったことが一切できないシステムになっているので、本人が使っていないのにマネーウォークから請求されたという事態がまず起こりません。

受付時間が長いメリットがある!

現金化業者といえば、思ったよりも早い時間に受付を締め手しまうところもあります。マネーウォークの事業体制では、年中無休の受付時間が9:00~23:00と夜遅くまで受付を実施しています。これは、他社と比べて営業時間が長いことが良くわかります。即日に振込みできる口座を持っているから、夜遅くてもすぐに現金が手元に欲しいといった場合に、マネーウォークの現金化では有効に使うことができます。

振込まれる曜日は関係ない?いつでも入金に対応!

曜日によっては、休みで現金化がされないのでは大変です。そこで、マネーウォークが曜日に関係なく現金化を受け付けている実状について取り上げます。

休日も振込みに対応している!

マネーウォークは、「休日対応」といって、土・日・祝日に関係なく振り込みがされる現金化サービスを実施しています。一方、現金化業者の中には、年中無休なのに振込みだけは平日しか対応していないといったことがあります。休日のスケジュール次第では、振込みまでに長い時間が必要になってしまうことも。

例えば、業者が休みに入り、申し込みが金曜の深夜であったために、対応が月曜日になり、しかもその月は火曜日が祝日だから翌日の振込みにが対応できず、さらに翌々日になってしまったというケースです。そのようなデメリットがマネーウォークにはありません。

振込みはすべての金融機関に対応している!

特定の銀行口座がないと振込みされない現金化業者とは違い、マネーウォークは、全国の金融機関に対応しています。地銀で作った全国的には知名度の低い口座や信金の口座など日本で作られた銀行口座であればその種類や銀行の名称に関係なく、振込先として指定することもできる。

そして、必ずしもメガバンクでの口座を持っている必要がなく、家族などに振込みがあったことを極力知られたくない場合にも用途を分けて現金化の受け取り用にすることも場合によっては可能でしょう。共用の口座や引き落とし口座などで資金の流入のチェックが夫婦や家族間であると、出所の分からない資金が振り込まれていることが分かってしまいます。そういった面でも口座を指定して利用できるので安心できます。

休みでもすぐ受け取れる金融機関の口座がある!

振り込み手続きが早いことや休みに関係なく振り込み手続きができることを紹介しました。その上で、休日や時間に関係なく受け取れる金融機関の口座がマネーウォークにはあります。しかも、マネーウォークの場合、他の現金化業者よりも多くの金融機関に休日即日振り込みに対応しています。

休みでも受け取れる金融機関一覧

  • MUFJ
  • SMBC
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行

休みでも受け取れる口座として、楽天銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行の3つは有名です。しかし、以上に挙げたようにマネーウォークはそれに2行を加えて、MUFJ(三菱UFJ銀行)、SMBC(三井住友銀行)などが休みでも受け取れる口座として指定されています。

メガバンクが含まれているので、多くの人が持っている口座でしょう。いずれか5つの口座があるならば、休みの日も振り込みが行われます。すなわち、金融機関の休みに関係なく、マネーウォークでクレジットカードを現金化して受け取れることを意味します。

マネーウォークが現金化できる秘密は?手続きで分かるキャッシュバック

ここでは、マネーウォークの現金化がどのようにして行われるのか、キャッシュバック方式を例に見てみましょう。

キャッシュバックで現金化できる理由

マネーウォークは、手続きの際にクレジットカードを通してショッピングの決済をすることを求められます。これは、現金化にキャッシュバック式という方法を採用していることが背景にあります。多くの現金化業者は効率的で安全性の高いキャッシュバック式を採用しています。キャッシュバックは、キャンペーンで商品を買うときについてくるもので、ポイントに還元するお店もあればキャッシュバックそのままに現金として返してくれるところもあります。

そして、マネーウォークでも上記のように、ショッピングの決済で支払いをカード会社に請求して、そこから何割かの現金をキャッシュバックする形を取っています。会社側が用意したショッピングサイトを利用しての決済をして、カード会社からの支払いを待たずに現金化します。そのうちの何割かをキャッシュバックという形で口座に振り込むため、現金化業者の中でもスタンダードで信用のおける方式でしょう。

現金化に必要な3つの手順

以上を踏まえて、現金化の手順ではネットでショッピングをし、キャッシュバックで現金化することです。

ステップ1.ネットショッピングで決済
どこでも良い訳ではなく、指定の用意されたネットショップで買い物を済ませます。その時、利用したいクレジットカードで決済情報を認証します。(もちろん、最初の手続きで必要な身分証は免許証などを写メで撮影して送るだけの簡単確認です。)

ステップ2.スタッフが確認し、それから現金の振込み実行
買い物の決済が終了すると、決済が無事完了したことが確認できるようになります。それさえ終われば、後は振込みを待つだけです。振込み手続きがされれば数分で振込みをネット上からでも確認できるでしょう。どのくらいの時間がかかるかの目安など聞けば教えてくれます。

ステップ3.振り込み完了
即日口座を持っているなら、金融機関の休みが明ける前にすぐ振込みを確認できます。口座の金額を完了して全ての手続きが完了します。

情報が保護されているからセキュリティ万全

クレジットカードを使う以上、セキュリティは大切です。マネーウォークの機密や安全性について確認しましょう。

情報が他に漏れないから現金化利用を知られない!

マネーウォークでは、「情報保護」と呼ばれる提出する個人情報の徹底保護措置を実施しています。実際、世の中にはセキュリティ問題だけでなく、家族や勤め先、第三者に利用したことを知られたくないという現金化利用者の声もあります。

そのため、現金化でカードを利用したことを他に知られないような対策が取られています。具体的には、ショッピングとしてカードの明細には記載されることで、現金化したことが分からないようになっていることです。他の人や家族が見てもショッピングで利用したとしか分からないから、秘密で現金化をして資金を用意したいという方でも安心して利用できます。

優良業者だから悪用の心配がない

業者と一言で言っても悪徳業者や法律ぎりぎりのことをする業者までいます。マネーウォークは、そのどれとも違い、優良な業者の一つです。すなわち、クレジットカードを決済したのに、現金が振り込まれないといった問題やさらに料金を請求されたり、利子として何かしらの追加料金が発生することが一切ありません。

特にクレジットカードの情報を提供する業者としては、きちんと安全に利用できるかは重要なことです。マネーウォークが優良な業者であることが分かれば、安心して個人情報やクレジットカードの決済情報を渡すことができるでしょう。

リピート率80%以上の安定感がある!

現金化はお金が必要になればいつでも使いたいものです。安心して使える業者がなければ繰り返し使うことができず、リピーターになることが出来ません。ところが、マネーウォークは、初回利用した人のおよそ8割の人がリピーターになっているという事実があります。つまり、最初に利用してみて使いやすさや安心を実感できたことが大きいでしょう。

クレジットカード現金化で高い換金率を実現する!

マネーウォークが高い換金率を誇るその実際をプランや現金化の金額ごとに確認します。

最大95%の換金率で業界トップクラス

クレジットカードの現金化にとって、換金率は他の業者と比べる上で重要なファクターです。特に、手数料などを考えると、高い表示になっているところを必然的に選ぶのが当たり前です。しかし、初心者の方にとって、現金化は換金率の指標が全てです。

マネーウォークの換金率は最大95%とかなり高く、他の換金率を見ても高水準が並んでいるのが分かります。

<マネーウォークの換金率表>

金額 通常プラン 特別プラン
1~10万円 87% 89%
11~30万円 89% 91%
31~50万円 91% 93%
51~100万円 93% 95%
101万円以上 ご相談 ご相談

最低でも87%の換金率になっているのが分かります。87%は最低ラインなので、現金化する額が大きくなれば、その分、現金化できる割合も増えます。

例を挙げると、通常プランで100万円の場合、93%が換金率となり、10万円の場合と比べて6%も違います。100万円基準で6%は6万円に相当しますから、現金化の利用額次第ではそれだけのプラス差額が生じる訳です。

金融ブラックも関係ない!審査なく現金化

金融業などで必要となる余計で面倒な手続きが、マネーウォークの現金化には必要ない理由について説明します。

ショッピング枠があれば簡単に利用できる!

マネーウォークで可能な現金化の大きなメリットは、キャッシュローンとは関係なくショッピング枠の利用残高さえ残っていれば現金にできることです。一般的に、ショッピング枠は買い物としてしか使えないので、現金にはできません。それが現金化の業者であるマネーウォークにはできるのです。

審査がない!

マネーウォークの現金化には、利用する際の審査が存在しません。必要なのは、クレジットカードのショッピング枠の残りと本人確認、それから、振込先の口座の用意だけです。したがって、融資を受ける時に必要な収入の記入や収入証明、クレジットカードの滞納や借金などの信用情報の参照なども一切関係がなく、現金化を申し込むことができます。そして、後から審査で現金化できないといったことが全く起こりません。

手続きに時間がかからない

口座の開設やクレジットカードの申し込み、融資の申し込みなど、手続きから承認までの時間がやたらと長いことが知られています。しかし、マネーウォークで行う現金化には、その一切の期間が必要ありません。

基本的には本人確認とショッピングの決済承認さえあれば現金化はできるので、名義と同じ本人が申し込みさえすれば、基本的に審査などに時間が取られず、手続きも長期化しない。最初に挙げた振込みの速さもこれが関係しています。

枠の上限を上げる方法は?法人カード利用を駆使した資金化!

ショッピング枠には上限があり、それを勝手に引き上げることはできません。しかし、マネーウォークでは裏技的に上限を上げる方法があります。そこで、法人カードと合算について説明します。

法人カードを使用可能

マネーウォークは、法人カードを現金化に利用できることがホームページ上でも示されています。特に事業資金にするために現金化をしたい時、個人のクレジットカードでは難しいが、法人カードなら想定以上の上限枠を遣って現金化できることもあります。その際に、企業単位で現金化に使うなどして、事業資金を確保するのも不可能ではありません。

複数のカードを使って合計枠を引き上げる!

クレジットカードは基本的に1人1枚しか同じカード会社のものを所持することはできません。そのため、決められた上限の範囲でしか、ショッピング枠が設定できず、大きな金額で一度に現金化したくてもできない。そんなときに、マネーウォークでは、複数のクレジットカード(2枚や3枚)あれば、上限枠を合算できるようになっています。あと少しで100万円なるが、枠が足りないという場合、他のカードの枠を足して現金化に利用することが可能です。

時間の猶予が無い方におすすめしたい現金化業者はマネーウォーク!

ここまで、現金化業者としての特徴を持っているとして、最短5分と早い振込みに家族や第三者には現金化を知られないセキュリティ性、電話対応時の丁寧な説明に最大95%という換金率の高さなど、優秀な業者であるのがわかります。業界の中でもトップクラスの水準を持つ換金率と振込みスピードは特に要チェックです。

そして、何より現金化初心者に対しての丁寧な対応から手続きの親切さなど。初めて現金化をする上でこれほど優れている業者は他にはありません。最初に現金化するなら断然マネーウォークでしょう。