【これで解決】楽天ペイを現金化する方法はコレ!手順や注意点やオススメの現金化の解説も!

peigenkinka

ちょっと相談があるんだが。
ん?どうした。
じつは楽天ペイで現金化をしたいんだけどよ…
楽天ペイで現金化?
ああ、でもその方法がよく分からねえんだ。
じゃあ今から方法を解説していくぜ。
あなたは楽天ペイを使っていますか?
スマホの決済アプリで簡単にお買い物ができてとても便利ですよね。
そこで今回は「楽天ペイで現金化はできるのか?」について解説していきたいと思います。
この記事を読むことで

・楽天ペイの特徴
・楽天ペイの現金化をする方法
・楽天ペイを利用して現金化する際の注意点
・おすすめの決済アプリランキング

を理解することができます。
実は楽天ペイを利用して現金化する際には知っておかないといけない知識があります。
この知識を知っていないとあなたは一歩間違えると犯罪者になってしまう可能性があります。
この記事ではそんなことにならないように楽天ペイの特徴から現金化をする際の注意点まで幅広く解説していきます。
あなたが犯罪者にならないで済むように正しい知識を身につけるようにしましょう。
それでは解説しています。

楽天ペイの特徴

楽天ペイとは?

楽天ペイは楽天グループが運営する決済サービスです。
事前のチャージが必要なく、後払い方式(ポストペイ)です。
楽天ペイに自分の持っているクレジットカードを紐づけることで現金いらずで簡単にお買い物ができます。
また、楽天ペイの便利な決済方法にQRコード方式であり、お店に設置されているバーコードの機械に自身の楽天ペイをかざすだけで簡単に決済が可能になります。
最近はどこのお店でもバーコード決済やQRコード決済を利用する店舗が増えてきているので楽天ペイを利用してお買い物をするユーザーは増えてきています。

楽天ペイが使える店舗

楽天ペイが利用できる店舗は以下の通りです。

楽天ペイが利用できるコンビニ

・ローソン
・ファミリーマート
・セブンイレブン
・ミニストップ など

楽天ペイが利用できる飲食店

・かっぱ寿司
・スシロー
・松屋
・すき屋
・ピザーラ など

楽天ペイが利用できる家電量販店

・エディオン
・ケーズデンキ
・ヤマダ電機
・ビックカメラ
・ツクモ など

これは楽天ペイが利用できる店舗のほんの一例ですが、他にも「ドラッグストア」や「ファッション店」、「百貨店」などでも楽天ペイは利用できます。

楽天ペイで紐づけることが出来るクレジットカード

楽天ペイに登録できるクレジットカードは以下の通りです。

楽天ペイに紐づけることが出来るクレジットカード

・楽天カード(VISA/MasterCard/JCB)
・その他のVISAクレジットカード
・その他のMasterCard

この3種類となっています。
もちろん楽天ペイを利用するなら楽天カードを紐づけるのが一番オススメの方法です。

もし、楽天カードを持っていなくても年会費無料で発行することができるのでぜひ、作ることオススメします。ポイントの還元率がケタ違いです。

楽天ペイでポイントもたまる

楽天市場の商品を購入したり、楽天ペイで支払いをした際に「楽天スーパーポイント(楽天の通常ポイント)」がたまります。

このポイントは実際に何かお買い物で支払いをする際にこのポイントから支払うことができます。
そしてポイントをためる際には、通常の楽天カード(クレジットカード)で支払うよりも楽天ペイでクレジットカードとして楽天カードを紐づけた場合の方がお得にポイントをためることができます。

【通常の楽天ペイで支払いをした場合】
楽天ペイ 200円で1ポイント➔0.5%

ですが、

【楽天ペイに楽天カード(クレジットカード)を紐づけて支払いをした場合】
楽天ペイ  200円で1ポイント➔0.5%
楽天カード 100円で1ポイント➔0.5%

となり、よりお得にお買い物ができます。
これに加えて楽天ペイは現在キャンペーンで5%をお支払いの際に還元しています。

また、現在はキャッシュレス決済を国が政策として推し進めていることもあり、キャッシュレスで支払うだけでポイントを2%~5%還元できます。

このように楽天ペイは楽天グループのクレジットカードやサービスを利用することで獲得できるポイントが増えていき最大16倍まで獲得できるポイントを増やすことができます。

楽天ペイは他の楽天サービスと組み合わせることで強力な力を発揮するんだな!
このポイントを最大活用するために楽天しか使用しないユーザーだっているんだぜ。
まじかよ…本気じゃねえか。

楽天ペイは現金化に向いていない

結論からいうと楽天ペイは現金化には向いていません。

そして、楽天ペイと一言でいってもその意味は多義的なのです。
たとえば、自分が作った商品などを楽天市場に販売する場合における楽天ペイの意味と一般人が決済サービスと利用している楽天ペイとでは意味が異なります。

また、一般人が決済サービスとして利用している楽天ペイもポイントカード機能でしか使っていない人もいますし、楽天ペイを電子マネーとして利用していると考える人もいます。

このように楽天ペイと言ってもその意味はそれを利用している人によって異なるのです。

楽天ペイで現金化はできないのか!?
出来ないとは言ってねえよ。

楽天ペイの現金化を解説(個人向け)

まずここでは個人向けに楽天ペイを利用している人たちに向けて方法を解説していきます。
つまり、決済サービスとして楽天ペイを利用している人たちです。

個人が楽天ペイを利用して現金化する場合はクレジットカードでの現金化が一般的です。
しかし、楽天ペイでのクレカ現金化は正直、あまり向いていません。

なぜなら、楽天ペイは出金機能が存在していないからです。
他の決済サービスでは出金機能が存在しているものが多いのですが、楽天ペイには出金機能はありません。

そしてこの出金機能が存在していない理由は楽天ペイの決済方式に原因があります。
それは楽天ペイが先ほども述べたような後払い決済方式であるという点です。

通常のポストペイ(PayPayやLinePay)は先にお金をチャージしてチャージした金額でプリペイド払いをするのが一般的です。

この方法を取ればクレジットカードから必要なお金をチャージしてそのチャージした金額を出金機能を使って戻せばいいのでポストペイから現金化が可能になっています。

しかし、この楽天ペイではそうではありません。
楽天ペイは後払い方式であるのでチャージをしていません。
しかも、出金機能がそもそも存在しないので楽天ペイにある残高は引き出すことができないのです。

じゃあ楽天ペイから現金化をする手段はないのか?

いいえ、現金化をする方法は2つ存在します。

楽天ペイから現金化をする方法

・転売
・知り合いの協力

この2つの方法になります。
それぞれ解説していきます。

①楽天ペイの現金化の方法(転売)

楽天ペイから現金化する方法に転売があります。
この転売とは、商品を安く仕入れて高く売るビジネスの転売ではなく、楽天ペイで商品を購入し、それを何らかの手段で売却する方法です。

そして商品はなるべく換金率の高い商品がオススメです。
たとえば、楽天市場でPS4を買って、そのPS4をメルカリやラクマなどのフリマサイトで売って現金化します。

こうすることで楽天ペイを利用した現金化が可能になります。
しかし、この方法はデメリットが存在します。

それは購入した値段よりも確実に値段が下がる点です。
まあ当たり前といえば当たり前ですが、自分で購入した商品をまた第三者に売る場合は当然自分が購入した値段では売ることができません。

自分が購入した値段よりも最低でも10%は下げる必要があります。
中にはプレミア商品といって生産終了品や初回限定品などで定価よりも高い値段で売れる場合がありますが、そのような商品はプロの転売ヤーがとっくに購入してしまっています。

そして、売るならなるべくフリマサイトがおすすめです。
なぜなら買い取り業者に依頼した場合は自分の購入した値段よりも50%くらい安くなることがほとんどだからです。

フリマサイトを利用すれば新品の場合は10%~20%くらいの値下げ価格で売れることが多いです。
これが楽天ペイを利用して現金化をする方法の1つ目です。

②楽天ペイの現金化の方法(知り合いの協力)

楽天ペイの加盟店の知り合いを利用することで楽天ペイから現金化をすることが可能になります。
たとえば、友人が経営をしているお店で楽天ペイを利用し現金での返金を求めるような方法です。

この方法を使うメリットとして挙げられるのは
換金率がほぼ100%であるという点です。

友人に支払った代金を返金してもらうので自分が支払った代金がそのまま返ってくる可能性は高いです。

しかし、この方法にはデメリットも存在します。
それは、友人などの知り合いが必要な点とそんなに多くの回数は現金化が出来ない点です。
当然この方法には協力を求めることができる友人などの知り合いが必要ですが、そう何度も現金化の手段を使うことはできません。

なぜならその知り合いの迷惑になるからです。
自分の都合で何度も現金化を求められたら正直めんどくさいです。

そしてそのような方法をずっと使っていると信頼関係も悪化する可能性もあります。
ですので、この方法は楽天ペイから現金化をできる方法ではありますが、あまりオススメすることはできません。

ふーん。こんな方法があるんだな。
まあ、どっちもそんなに魅力的な方法ではないな。
楽天ペイの出金機能を追加してくれよ…!
俺にそんなこと言うんじゃねえよ…

楽天ペイの現金化を解説(法人向け)

次にここでは法人向けに楽天ペイの現金化の方法を解説していきます。
つまり自分で作った商品を楽天市場などに販売する際に利用する楽天ペイです。
楽天ペイを現金化する方法は自分で事業を行うことです。
この方法を解説していきます。

楽天ペイの現金化をする方法(自分で事業をする)

まず、楽天ペイを現金化したいのなら事業を始めましょう。

なぜなら、その方が楽天ペイの審査に通りやすくなるからです。
楽天ペイには利用する際には審査があります。

一般のサラリーマンや主婦などは楽天ペイを利用することができません。
事業はなんでもいいです。
たとえば、自分の作ったハンドメイド品を販売してみたり、本を出版してみたりと方法はたくさん存在します。

その自分が行っている事業で開業届を提出できれば楽天ペイの審査には通りやすくなります。
この審査を通過することができれば楽天ペイを利用することができ、自分で楽天ペイから現金化を行うことが可能になります。

自分で事業を始めることは全然難しいことではないのでぜひ、挑戦してみてください。

楽天の加盟店になる必要があるんだな。
楽天ペイから現金化するならこの方法しかねえな。

現金化する際の注意点

楽天ペイを利用することによって現金化は可能ですがそれには以下のような注意が必要です。

楽天ペイの現金化の際の注意点

・現金化には時間がかかる
・違反行為になる可能性がある
・換金率がとても低くなる場合がある

それぞれ解説していきます。

現金化には時間がかかる

楽天ペイを利用してのクレカ現金化の方法は時間がかかります。
なぜなら、商品を購入してからもう一度現金化をし直すまでにいくつもの手順を踏む必要があるからです。

たとえば、あなたが楽天ペイで商品を購入したとします。
そして次にあなたはその商品をフリマサイトで売るなり買い取り業者に持っていくなりしなければなりません。

フリマサイトの場合は、自宅で簡単に出品ができる点が魅力ですが、購入して商品を売るための梱包や発想が必要になりますし、そもそも確実に売れる保証はありません。

質屋などに行って買い取ってもらう場合は、質屋に行く手間がかかりますし、購入した商品を査定してもらってもその商品の定価の値段で買い取られることはありえません。

ですので、どちらの方法を使うにしても現金化には時間がかかります。

違反行為になる可能性がある

楽天ペイを利用しての現金化は違反行為になる可能性があります。
なぜなら、現金化のために楽天ペイで購入した商品が転売を禁止している商品の場合があるからです。

また、カード会社がカードを使っての現金化を規約違反としている場合もあります。
何度も現金化をする目的で決済を繰り返しているとカード会社や楽天ペイにバレる可能性がありますし、転売で売った商品も高い換金率は見込めません。

お店を経営している知り合いに頼んで楽天ペイの現金化をお願いするときでも、最悪の場合その行為がバレて協力していたお店も処分を受ける可能性もあります。
そうなると、今後の信頼関係に重大な悪影響が出てしまいます。

楽天ペイを利用しての現金化にはそういったリスクが含まれていることもよく覚えておいてください。

換金率がとても低くなる場合がある

楽天ペイの現金化は換金率がとても低くなる可能性があります。

特に質屋やどこかの買い取り業者に持って行った場合には自分が想像している金額よりも低いことを覚悟しておいた方がいいです。

たとえば、買い取り業者に依頼をした場合はたとえそのお店が高額買い取りセールを開催していたとしても実際には30%OFFくらいの値段が相場です。

なかには50%OFFの金額で買い取られる場合もあるのであまり現金化には向きません。

こう聞くと楽天ペイでの現金化が怖くなってきたぜ…
確かにあまりおすすめはできねえなあ。

現金化が得意な決済アプリランキング

楽天ペイでは出金機能が存在しないため現金化をするにはあまり向きませんが、他の決済アプリの場合は出金機能が備わっているものがあります。

そして決済アプリの出金機能には2つの出金方法があります。

決済アプリの出金方法

・銀行口座への振込
・セブン銀行での引き出し

銀行口座への振込

この方法は決済アプリから自分の指定する銀行口座に振り込む方法になります。
各決済アプリによって手数料や自身の口座への反映時間はことなるので確認が必要です。

セブン銀行での引き出し

これは自分の決済アプリの残高をセブン銀行で現金化して引き出せる方法になります。
キャッシュカードなどは必要なく、自分のスマホがあれば現金化をすることができます。

これらが主な出金方法なのですが、残念ながら楽天ペイにはこの機能は備わっていません。
この出金機能があれば非常におすすめできたのですが…

そこで今回はこれらの出金機能が備わっているオススメ決済アプリをランキング形式にして紹介していきたいとおもいます。

第3位 PayPay

このPayPayはソフトバンクとヤフーが共同で作った会社の決済アプリになります。会員数は2000万人を突破し、日本で一番利用されている決済アプリになります。

PayPay実装当初はお買い物全額キャッシュバックキャンペーンを実施したりしてとても話題になったPayPayですが出金機能としては「銀行口座への振込」のみになります。

銀行口座への振込
PayPayから銀行振込ができるのは「PayPayマネー」のみとなっています。
銀行口座からチャージするか「ヤフオク」、「PayPayフリマ」の残高分しか出金できません。
【最低出金額】1円
【1日の出金限度額】上限50万円
【手数料】(ジャパンネット銀行の場合) 無料
     (ジャパンネット銀行以外) 一律100円
【利用できる金融機関】
・ゆうちょ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・ジャパンネット銀行
・住信SBIネット銀行 など

第2位 d払い

このd払いというサービスはドコモが運営している決済サービスになります。
自分のdアカウントを作成することで無料で簡単に利用するd払いを利用することができます。
d払いの出金機能には「銀行口座への振込」と「セブン銀行での引き出し」の2種類があります。

銀行口座への振込
【最低出金額】1円
【1日の出金限度額】上限2万円
【出金回数】月5回まで
【手数料】(みずほ銀行の場合) 1回目110円 2回目以降は220円
     (みずほ銀行以外) 一律220円
【利用できる金融機関】
・ゆうちょ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・イオン銀行 など

セブン銀行での引き出し
【1回の出金限度額】上限2万円
【手数料】一回につき220円

第1位 LINE Pay

これはあなたが使っているLINEに決済機能が追加されたものがLINEPayになります。
LINEPayを利用するにはLINEPay上で本人確認をする必要があります。

LINEPayの出金機能にも「銀行口座への振込」と「セブン銀行での引き出し」の2種類があります。
銀行口座への振込
【最低出金額】1円
【1日の出金限度額】上限10万円
【手数料】一律220円
【利用できる金融機関】
・三菱東京UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・イオン銀行 
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行
・りそな銀行
・auじぶん銀行 など

セブン銀行での引き出し
【1日の出金限度額】上限1万円
【手数料】一回につき220円

どうして楽天ペイは無いんだ…
他の決済アプリで試した方が良さそうだな。
ああ、その方法をオススメするぜ。

まとめ

ここまで楽天ペイを利用しての現金化方法を解説してきました。
ちゃんと楽天ペイの現金化の方法を理解することはできましたか?

記事にも書いた通りですが、楽天ペイの利用による現金化はあまりオススメする方法ではありません。

なぜなら、現金化するまでのリスクが大きいからです。

どうしても利用するなら上記の方法を実践すると良いですが、くれぐれも自己責任で行いましょう。
大人しく楽天ペイが出金機能を追加してくれるまで待つのが一番いい方法かもしれませんね。
この記事があなたの参考になれば幸いです。