セーフティーサポート!クレジットカード現金化口コミ・評判最新情報

セーフティーサポート

セーフティーサポートを使った現金化はなぜスピーディー?老舗ならではのノウハウが魅力

セーフティーサポートを使って現金化を行うと、最短5分で現金化出来ると評判ですが、果たして本当にすぐクレジットカードのショッピング枠を現金化出来るのでしょうか。初回利用時は不正利用防止のために本人確認作業が必要になるものの、全ての確認作業が終わり次第すぐに振込手続き完了してくれるからこそ老舗の現金化業者として営業を続けられているわけです。では、セーフティーサポートが他の現金化業者と異なる点とはどこにあるのでしょうか。

セーフティーサポートが長年現金化業者を続けていられるのは信頼度が高いから?

セーフティーサポートは、移り変わりが激しいとされるクレジットカード現金化業界の中で平成13年からという長い実績を誇っています。3年営業が継続していれば既に老舗と評される現金化業者の中で、セーフティーサポートが長年営業し続けることが出来ている理由は、徹底した信頼性の高さにあります。取引金額と比率は公表されていないものの、換金率表を確認すれば分かるように、法人カードプランを前面に押し出して101万円~200万円という高額取引も可能としている点から大口利用が多いと判断可能です。法人カード利用が多ければ少なくとも現金が振り込まれないといったトラブルに発展する可能性は低いと判断出来るので、セーフティーサポートは安全性が高い現金化業者の可能性が高いと分かります。

セーフティーサポートの信頼度は開示された情報と電話対応に裏付けられている

セーフティーサポートの信頼度は、営業年数が長いというだけではなく、実際に電話連絡してみると対応の良さからも判断可能です。セーフティーサポートはインターネット無店舗型のクレジットカード現金化業者となっているので、特定商取引に関する法律に基づく情報開示が義務付けられています。クレジットカード現金化業者と初めて取引する際には、特定商取引に関する法律に基づく表記を基準とした信頼度の判定も行わなければなりません。セーフティーサポートの公式サイトには、会社概要欄が設置されているので詳しい情報を常に確認出来る状態となっています。

電話連絡可能な時間が明記されていてフリーダイヤル番号取得済み

セーフティーサポートの連絡先電話番号は、フリーダイヤルが開示されているので少なくともフリーダイヤル取得が出来るほどの与信力があると分かります。フリーダイヤルはNTTコミュニケーションズによる一定の審査が必要となるので、ある程度信頼性がある事業者でなければ取得が難しいとされている状況です。また、これからクレジットカード現金化サービスを利用しようと考えている人にとって、通話料無料という点は嬉しいポイントとなります。なぜなら、クレジットカードのショッピング枠を現金化しようという時点である程度資金面でギリギリの状態となっている人が多く、30秒20円の電話連絡であっても必要なことを聞くためには10分程度の通話があってもおかしくないからです。申込時の折り返し電話連絡と合わせて合計1,000円~2,000円程度の通話料となってしまえば、フリーダイヤルであることの恩恵は大きいと考えられます。一方、フリーダイヤルとしていることでセーフティーサポート側にとっても、悪戯電話や競合他社による嫌がらせに対してはすぐに通話を切るだけでなく、威力業務妨害を受けた証拠集めとして利用可能というメリットがあります。

会社概要が明記されているのでいざという時に対処しやすい

クレジットカード現金化業者の中でも無店舗型については、クレジットカード決済を行った後で音信不通となってしまえば、現金が振り込まれないだけでなく誰にも相談出来ないという厳しい状況となりかねません。なぜなら、クレジットカードのショッピング枠を現金化すること自体がカード会社の利用規約に抵触するので、クレジットカード会社への相談が難しいからです。そこで、クレジットカード現金化業者を利用する際には、信頼できる現金化業者だと確認した上で慎重に利用する必要があります。セーフティーサポートは、会社概要として特定商取引に関する法律に基づき無店舗型営業で必要な情報をしっかり明記しています。

  • 代表者氏名
  • 住所情報
  • 連絡先電話番号
  • 営業時間

という4つの項目についてしっかり明記されていて、電話連絡を行った時に自然な日本語で通話出来ていれば、少なくとも実在する現金化業者だと判断可能です。セーフティーサポートの場合には、東京都中央区銀座1丁目という情報が2019年8月現在では掲載されていますが、以前は「東京都中央区銀座一丁目27番8号」と番地まで掲載されていたのでエリア内や建物内移転予定があると考えれば納得出来ます。順次公式サイトが更新されているからこそ、一時的な表記については変更が入りますが、電話連絡が可能という面を利用して取引前に電話確認すれば簡単に情報の補完が可能です。

公式サイトがSSL通信対応で外部認証を受けている

クレジットカード現金化業者の公式サイトを複数確認すると、多くが一般的な通信であるhttpで始まる状態となっています。セーフティーサポートの公式サイトは、SSL暗号化通信に対応したサイト構成となっているので、申し込みをWEB経由で行っても通信を傍受される心配がありません。公式サイトへSSL通信対応機能を付加するためには、SSL暗号証明書を用意して外部認証を受ける必要があり、自らが勝手に作ったSSL暗号証明書ではエラー表示が出てしまいます。正規のSSL暗号証明書を使っているからこそ、必要な時にすぐWEB申し込みを安心して行い個人情報保護が漏れる心配を防げるわけです。

法人向けクレジットカードに強いから大規模な取引が可能

数多くのクレジットカード現金化業者の中には、個人向けのみを扱う専門業者が少なくありません。なぜなら、法人向けにクレジットカード現金化業務を行う場合には、1つのミスがあるだけで損害賠償請求を行われる可能性が高いからです。適切な運用がしっかり出来ているからこそ、1回の取引で多額の現金化要望が出る法人向けクレジットカード決済にも対応出来ます。セーフティーサポートは、法人向けクレジットカードに強い現金化業者として知られているので、金額が大きい取引ほど換金率を高く設定しているわけです。また、法人向けクレジットカードでは、1回の取引で100万円を超えることが珍しくありません。クレジットカード決済を行ってもセーフティーサポートへ入金されるのは2ヶ月後といったパターンが一般的ですから、資金力が確かである証拠となります。

セーフティーサポートを使った実際の換金率とは

セーフティーサポートを使ったクレジットカードのショッピング枠現金化では、公式サイトに記載されている通りの現金化が本当に行われているのでしょうか。なぜなら、クレジットカード現金化業者の世界では、税金と必要経費を現金化時に引いた金額が実際に入金されるので、公式サイト上で掲示されている換金率通りにはならないからです。一部の現金化業者は、全ての内訳を開示した上で取引を行っていますが、70%~80%程度の換金率を相場だと認識している人はごく僅かしかいません。しかし、クレジットカード現金化を行うために必要な経費については、避けようが無いものがあると知ることが何より重要です。

換金率表の見方を知ろう

セーフティーサポートの換金率は、公式サイトが更新されるごとに相場による変動があるので、実際に申し込みを行う日に確認する必要があります。即日プランと法人向けカードプランの2種類がありますが、個人利用ならば即日プランのみを確認すれば問題有りません。
2019年8月時点での換金率表は、次のようになっています。

金額即日プラン法人カードプラン
1~20万円90%~92.5%還元91.5%~93.5%還元
2~50万円92.5%~94%還元93.5%~95%還元
51~80万円4%~95.5%還元95%~96.5%還元
81~100万円95.5%~97%還元96.5%~97.5%還元
101~200万円97%~98.7%還元97.5%~98.7%還元

他の現金化業者では、換金率がズバリ表記となっていますが、セーフティーサポートでは1.5%~2.5%程度の差があります。なぜなら、ショッピング枠を現金化するクレジットカードの種類によりカード決済手数料に差があるので、必ずしも同じ換金率で現金化出来ないからです。ここで多くの人が勘違いしやすいこととして、クレジットカード現金化業者の換金率は、決済金額に対しての換金率ではなく現金化業者が後日クレジットカード会社から振り込まれる金額を基準とした換金率という点です。セーフティーサポートへ入金される金額は、カード決済手数料を差し引いた金額が2ヶ月後を目安に入金されるので、この金額に対して独自のノウハウにより現金化が行われます。

法律上避けられない税金の話

全てのクレジットカード現金化業者にとって、ショッピング枠を現金化するためには、必ず売買契約が有効に成立しなければならない点が共通にあります。法律上売買契約が成立した時には消費税を納税する義務が発生するので、2019年9月までは8%・2019年10月以降は10%の消費税は必ず課税されます。クレジットカード決済額のうち消費税に相当する金額として、現金化を行った時期により8%または10%の金額は納税義務があるために現金化対象外となるわけです。クレジットカード現金化業者の公式サイトを確認した際に、消費税率分を差し引いて考えると明らかにあり得ない換金率が提示されている時点で、税金は換金率計算から外れていることを一般常識として知っておかなければなりません。

カード決済手数料はクレジットカードごとに異なる

クレジットカード決済を行うと、カード決済手数料を加盟店は差し引かれた状態で後日購入代金の入金があります。カード決済手数料は、加盟店とクレジットカード決済会社(アクワイアラ)との力関係により決まるので、クレジットカード現金化業者同士でも同じとは限りません。セーフティーサポートでは、手持ちのクレジットカードによりカード決済手数料がどれくらい違うのか電話連絡を行い問い合わせすると教えてくれるので安心できます。国際決済ブランドごとに複数のアクワイアラと契約している現金化業者は、海外の決済代行業者を使用することが多いです。その日によりカード決済手数料に違いが出ることがあるので、実際に現金化を行いたい日になってからセーフティーサポートへ問い合わせしてみると手持ちのクレジットカードのうちどれを使えば最も換金率を上げられるか判断出来ます。

使えるクレジットカードの数が高い信頼性の証

クレジットカード現金化業者の中には、VISAとMaster限定としている所が少なくありません。なぜなら、国際決済ブランドが付帯されたクレジットカード決済を行うためには、クレジットカード会社と直接契約するかアクワイアラと呼ばれる決済会社との契約をしなければなりません。VISAとMasterは両方共に扱うアクワイアラが数多く存在しているので、1社のみと契約すれば使用出来ます。一方、JCBは競合他社が存在しないためにアクワイアラをカード会社が兼ねている状態となっているために、決済手数料が高い上に別契約をしなければなりません。セーフティーサポートは日本に馴染みが薄いDiscoverを含めて国際決済ブランド6種類に対応しています。

  • VISA
  • MasterCard
  • AmericanExpress
  • DinersClub
  • JCB
  • Discover

上記6種類の国際決済ブランドに対応している状況は、複数のアクワイアラと契約していてDiscoverにも対応している時点で海外の決済代行業者とも契約していることが分かります。国際決済ブランドの中で唯一対象外となっている銀聯カードについては、中国または香港に預金口座が無ければ作れないので日本人には無関係です。セーフティーサポートがいかに幅広く老舗ならではの取り扱いクレジットカードの数が多いか分かります。

手数料1%でもリピーターが多いから営業が成り立つ

セーフティーサポートへ電話連絡して手持ちのクレジットカードのショッピング枠を現金化すると、換金率はどれくらいになるのか確認することが出来ます。問い合わせ時の相場・手持ちのクレジットカード種類・金額により換金率に違いが出ることから、必ずしも毎回同じ換金率となるとは限りません。しかし、問い合わせた時点ての換金率見積もりは、次のような形でした。
30万円をMasterCardブランドのクレジットカードで即日プランにて現金化する場合、換金率は支払い決済額に対して79%でした。問い合わせ時に詳しい内訳を確認すると、換金率自体は30万円に対して93%ですが、カード決済手数料5%・消費税8%・経費1%の合計14%が控除対象となるために現金入金額はクレジットカード決済額に対して79%となると教えてもらえました。カード決済手数料と消費税を考慮した上で、実際には経費1%しか受け取っていないことに驚きました。1件受注してもわずか3,000円を残して換金対象としてしまうことは、良心的だと実感しています。クレジットカードの種類が異なれば、カード決済手数料の部分が増減するので、目安として80%前後の換金率となれば十分納得出来る範囲です。

セーフティーサポートを利用した現金化手順を把握しよう

セーフティーサポートを利用してクレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、どのような手順を取れば良いのでしょうか。公式サイトにシンプルな例が掲載されていますが、WEB経由または直接電話連絡して説明を受けながら手続きを行うことになります。

基本的な申し込みの流れは3ステップ

セーフティーサポートへクレジットカードの現金化を依頼する際には、公式サイトのWEBフォームへの入力から行う方法が一般的です。電話連絡による直接手続きも可能ですが、メールアドレスや住所氏名といった漢字と記号が入る項目については、電話よりもWEBフォーム入力を行った方が遥かに手間が掛かりません。このため、申し込みに際してWEBフォームからの入力を行った上で電話連絡が入り、細かい打ち合わせを行うという流れが最も手間が掛かりません。

①WEBフォームへ氏名・携帯電話番号・メールアドレス・クレジットカードの名義人といった基本的な項目を入力し、連絡可能時間帯を9時~20時の間で設定します。この際、セーフティーサポートが金融業者では無いことを理解して了承するラジオボタンが設定されているので、少なくとも公式サイトをしっかり読んだ上での利用が想定されています。選んだ選択肢が誤っていると、申し込み画面ですぐに対応できない旨の表示が出るので安心です。

②セーフティーサポートからの電話連絡により、本人確認書類の送付と振込先預金口座の指定を行います。基本的な説明を受けて同意すれば、希望現金化額を指定して取引条件の確認を行うわけです。一般的なショッピングを行う感覚で、自ら希望する商品を選んでクレジットカード決済手続きを行えば、現金化手続きはセーフティーサポートが行ってくれます。

③商品をクレジットカード決済して承認が下りたらすぐに指定した銀行預金口座へ振り込み手続きが行われます。提携銀行口座を振込入金先口座として指定すれば、平日15時以降や土日祝祭日であっても毎日20時まで振込入金が可能です。

キャッシュバック方式だから入金までがスムーズ

セーフティーサポートの公式サイトでは、買取方式による現金化と案内されていますが、老舗の現金化業者らしく利用者に合わせて現金化の手法を変えることが出来るので、実際にはキャッシュバック方式の案内が一般的です。なぜなら、即日プランを希望した場合には、クレジットカード決済確認後に最短での現金振込を希望する人が多いため、商品到着を待たずにすぐに現金化出来るキャッシュバック方式が有利だからです。商品買取方式では、現物商品のやり取りが必要となるために現金化までに数日を要します。デジタルギフト券ならば数時間で届きますが、他の現物商品は実際にセーフティーサポートと利用者の間で物品の送付と返送が完了してからの買取を行わなければ架空取引となってしまう点が問題です。このため、即日プラン以外を選べば買取方式での取引も可能となりますが、最短5分振り込みを中心とした当日中に振込手続きまで完了させたいならキャッシュバック方式が適しています。なぜなら、キャッシュバック方式なら商品発送は後回しにして、決済さえ先に行えばすぐに現金化処理が可能となるからです。

セーフティーサポートは老舗の現金化業者だからこそ複数の現金化手法から最適な方法を提案可能

即日プランと法人カードプランの両方に対応していることから分かるように、セーフティーサポートでは利用者のニーズに合った最適な現金化手法を駆使して提案を行っています。クレジットカード現金化業者は、商品買取方式→キャッシュバック方式→デジタルギフト券買取方式といった様々な手法への対応を老舗店舗では辿ってきた経緯があるので、必ずしも1つの方法のみしか扱えないわけではありません。クレジットカードの対応力が幅広く、国際決済ブランド6種類に対応していることから分かるように、利用者にとって最も有利な方法を選択出来るよう提案します。個人利用で最初から分割払いやリボ払いを利用したいなら、クレジットカード決済手続き時点で分割払いまたはリボ払い選択を行った上で現金振込を最短5分で完了出来るセーフティーサポートの対応力は魅力です。

なぜ身分証明書の提出が必要となるのか

クレジットカード現金化業者を利用する際には、身分証明書の提出を求められますが、実は身分証明書の提示を求めない現金化業者ほど危険な存在だと気づくことが重要です。なぜなら、クレジットカードは保有者本人以外の使用が禁止されているので、現金化業者としても盗難クレジットカード対策を万全に行っておかなければならないからです。クレジットカード券面と身分証明書の名義が一致していて身分証明書が顔写真付きの状態で確認出来れば、クレジットカード加盟店としては本人だと確認した上でのクレジットカード決済を行ったと主張出来ます。セーフティーサポートでは、本人確認としてクレジットカード情報と共に本人確認書類を先に提示した上で無ければ取引に応じていません。クレジットカード情報と本人確認書類を同時に渡すことに抵抗があるならば、なぜ両方共に情報提供しなければならないのか理由を訪ねてみると良いです。納得出来る回答がすんなり返って来るならば、本当に盗難クレジットカード対策のために行っていると確認出来ます。セーフティーサポートは、キャッシュバック方式による現金化を行う際には、店頭にあるクレジットカード決済端末を操作してクレジットカード決済を行うためにクレジットカード情報が必要となるわけです。どうしても他の方法が良いという強い拘りがある人ならば、相談してみると別の現金化手法を案内してくれるはずです。

2度目以降はリピーターとして身分証明書の提出を省ける

同じ連絡先電話番号かつ名義ならば、2度目以降はセーフティーサポートのリピーターとして身分証明書の提出を省くことが出来ます。新しいクレジットカードを使用する場合には、前回取引したクレジットカード番号を言えることが条件となりますが、本人確認を電話口で取ることが出来る点が嬉しいポイントです。セーフティーサポートを初めて利用する際に不安が残るなら、初回は10万円以内の少額にて現金化依頼を行って本当に現金振込が行われることを確認すると安心出来ます。2度目以降の取引からは、必要な金額を必要なタイミングで返済計画を立てつつ行えば、無駄を省いた効率的な資金調達方法となるわけです。

セーフティーサポートならではの特徴を把握しよう

数多くの現金化業者が乱立する中で、セーフティーサポートを選び続ける人が多いことは、長年培った信頼関係を顧客との間で作り上げることが出来ているからだと考えられます。では、セーフティーサポートが他のクレジットカード現金化業者と異なる点はどのような部分となるのでしょうか。現金化業者を比較すると顧客満足度の高さについて、ある程度理由が見えてくるはずです。

自分で購入商品を選べる

セーフティーサポートでは、自分で購入商品を選べるという点が他の現金化業者とは大きく異なります。一見すると現金化を行う時の商品は何でも良いと考えがちですが、あくまでも商品売買取引が基本契約となるために購入商品を自分で選べる点は最低限確保しておきたい項目です。ここでいう商品とは、実際に売買契約を行う商品だけでなく、現金化手法についても自分で条件を比較して選べる点にセーフティーサポートならではの特徴があります。公式サイトでは、取引内容について独自のノウハウを全部公開することなく、訪問者に分かりやすいよう記載するため買取方式のみ説明されている状況です。しかし、より金額が大きな取引では分割払いが前提となるので、商品買取方式では一括払い決済を行った上で後日クレジットカード会社へ連絡して利用者自らが分割払いまたはリボ払いへと変更しなければなりません。キャッシュバック方式ならば、通常の通販サイト利用と変わらないショッピングとなるので、金額に応じた好きな商品から選んで購入するだけでクレジットカード決済までの時間短縮となります。

質問事項はフリーダイヤルで納得出来るまで確認可能

クレジットカード現金化業者へ電話問い合わせしたことがある人なら分かるように、申し込みに直結する問い合わせ以外は基本的にすぐに電話を切られてしまうことが少なくありません。なぜなら、クレジットカード現金化業務は手数料収入により利益を挙げられるものの、手作業と確認作業が大半を占めるために1回の取引額が大きくなければ採算が取れません。最低換金額が設定されている理由として、1件現金化対応したとしても利益が数百円ではとても商売にならないからです。そこで、なるべく大口かつリピーターを重視して迅速な対応を心掛ける必要があり、結果的に初めて利用する人から飛んでくるトンチンカンな的を得ない質問には全部回答しきれない現状があります。

フリーダイヤルを設けて電話対応を充実させている点を評価しよう

セーフティーサポートが他の現金化業者と一線を画する部分として、電話対応の良さが挙げられます。いついかなる時でも素晴らしい電話対応を行うわけではなく、相手に合わせて臨機応変な対応が出来るからこそフリーダイヤルを設けても十分に営業が成り立っているわけです。クレジットカード現金化業者にかかってくる電話は申し込みばかりとは限らず、他の現金化業者からの嫌がらせ電話や他社相場を聞き出す電話が連日かかってきます。顧客対応のみに集中したいセーフティーサポートでは、全ての通話履歴を一覧表として証拠を残せるフリーダイヤルを取得することで、同業他社からの嫌がらせ電話に対しては証拠保全と迷惑電話着信拒否設定が行えます。このため、クレジットカードの現金化を行うつもりが無い電話と判断された時のみ、厳しい対応が行われるわけです。早期に現金化を行いたいからといって、失礼な態度の電話連絡や公式サイトを読んで理解せずに行う問い合わせは避けなければなりません。WEBフォームからの申し込みにより、折り返し電話連絡時に細かい条件確認を行って成約に至らなくてもセーフティーサポートは、次回の連絡を待つというスタイルを採用しています。

複数枚のクレジットカードも利用できる

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、利用可能額の残りを確認しつつ必要額をかき集めることになるはずです。例えば、合計30万円必要な時に利用可能額が残り20万円のクレジットカードを2枚持っていたら、セーフティーサポートなら複数枚のクレジットカード利用を合算してくれる点が顧客目線の嬉しいポイントとなっています。換金率はクレジットカード1枚ごとに別取引扱いとしている現金化業者が多い中で、セーフティーサポートは複数枚のクレジットカード同時使用による合算扱いに対応してくれるわけです。換金率が1%または2%といった違いであっても、金額が10万円単位なら1,000円単位の差が生まれてしまいます。複数枚のクレジットカードを同時使用すると、セーフティーサポート側の手間が多くかかりますが、1回の取引として認めてくれます。全く同じ金額を現金化したいと考えた時に、別取引として扱われる現金化業者よりも、1取引として扱ってくれるセーフティーサポートを懇意にしようと考えることは、誰でも想像に難くありません。細かいことであっても顧客目線で対応してくれるからこそ、セーフティーサポートは老舗の現金化業者として支持されているわけです。

クレジットカードごとに必要となるカード決済手数料を教えてもらえる

クレジットカード現金化を行う際には、普段の買い物では意識しないカード決済手数料の存在が響いて来ます。カード決済手数料は、手持ちのクレジットカードを利用する際にカード会社ごとに異なる決済手数料が発生しますが、多くはアクワイアラと呼ばれる決済会社と契約することで個別のカード会社との契約を回避出来ている仕組みです。アクワイアラとの交渉によりカード決済手数料が取り扱い国際決済ブランドごとに決まるので、VISAとMASTERといった複数の国際決済ブランドを取り扱うアクワイアラ同士の競争が激しい国際決済ブランドならカード決済手数料を安く抑えられます。セーフティーサポートは、電話問い合わせ時に手持ちのクレジットカードを申告するとカード決済手数料を教えてくれるので、どのクレジットカードを現金化すれば良いか利用者側で判断可能です。JCBブランドのカード決済手数料が高いことは、JCB自体がアクワイアラとして活動していて競合他社のアクワイアラが存在しないことが原因となっています。全く同じ金額の現金化に対して、VISAやMASTERとJCBで全く同じ換金率となることはそもそも不自然だからこそ、優良現金化業者を見つける手段として使えるわけです。セーフティーサポートは、クレジットカードごとに頼めばカード決済手数料を教えてくれるからこそ、普段クレジットカードを利用している際に使っているお店が自腹負担しているカード決済手数料が分かって使うクレジットカードの種類に気を使うようになります。

本当にすぐ現金が必要な時には提携銀行口座を振込口座として指定しよう

セーフティーサポートを利用する際には、提携銀行口座を保有しているかどうかで、現金振込時間に違いが出る点に注意しておく必要があります。一般的な都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合であってもセーフティーサポートは現金振込サービスを提供出来ますが、平日15時前に振込手続きが完了しなければ翌営業日まで指定した預金口座への入金はありません。しかし、セーフティーサポートが提携している銀行として以下の3銀行に預金口座があるならば、セーフティーサポートの営業時間内である9時~20時の範囲内ならいつでも振込手続きと着金が可能となります。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

上記3つの銀行については、平日15時以降であっても振り込み対応した結果が即日反映されるので、セーフティーサポートの営業時間9時~20時の間に振込手続きまで完了させることが出来るなら、即日現金化出来ます。土日祝日であっても即日現金化出来る条件として、提携銀行口座がなぜ必要となるのか、銀行間振り込みルールを知っていれば理解出来るはずです。銀行間取引は本来なら全国銀行資金決済ネットワークが稼働している時間内しか、他銀行間振り込みは反映されません。しかし、自銀行内なら全国銀行資金決済ネットワークを通す必要が無いために、24時間いつでもシステムメンテナンス時間以外は振り込み決済が可能となるわけです。このため、平日15時以降や土日祝祭日であってもすぐに現金化サービスを利用したいと考えているならば、事前に上記3銀行のうち1銀行の口座開設を行っておくといざという時役立ちます。複数のクレジットカードをまとめて現金化を行ったとしても、一連の取引としてまとめて1つの銀行口座へ振り込みを行ってもらえるからこそ、複数の振込入金確認をする必要がなく手続きがスムーズです。

セーフティーサポートにはリピートしたくなる安定感がある

数多くのクレジットカード現金化業者がある中で、セーフティーサポートが老舗現金化業者として営業を続けていられることは、1度利用した人が次回も利用したいと思える安定感があるからです。現金化を行う際の取引方法について、電話連絡時に打ち合わせをしっかり行えるので、最初から分割払いやリボ払い設定を個別のクレジットカードに対して行いつつ決済出来ます。一般的なクレジットカード決済による買い物を行う感覚でクレジットカードのショッピング枠を現金化出来て、老舗ならではの次回もまた使える安心感がリピーターを増やしている秘密です。