クレジットカードでオンラインショッピングや実店舗などでの支払いを行うのが一般的になり、以前と比較するとカードの利用頻度は確実に高まっていると言えます。

利用頻度の高まりと共に「急にカードが使えない状態になるトラブル」が増加傾向にあり、思いがけないタイミングで支払い不能に陥るリスクも高まっています。

スマートでスピーディーな支払いを実現できるクレジットカードだけに、急に使えない状態になった際の精神的ダメージは小さくないと言えるでしょう。

思いがけないタイミングでカードが使えない状態に陥っても、冷静に対応できるように急にクレジットカードが使えない状態になる原因や理由、対処法などをご紹介します。

理由はさまざま!クレジットカードが急に使えなくなる原因は多岐にわたる

近年の消費スタイルの大変貌で急速に普及・定着したキャッシュレス決済には、クレジットカードが利用されるケースが多くカード利用頻度が高まりを見せています。

しかし利用頻度の高まりと共に思わぬタイミングでクレジットカードが使えない事態に陥るトラブルの発生件数が増加しているのも事実です。

聞いてくれよ!昨日前から欲しかったモノが限定で出品されてるのをやっと発見したんだけど、いざ支払いの段でクレジットカードが使えなくて手に入れ損ねたんだよ!
ハハハッ、そりゃ残念だったな。だけど急にカードが使えない状態になって驚いたんじゃないの?っていうか、目が点になって焦ってる姿が目に浮かんでウケるんだけど(笑)
酷いな!なに言ってんだよ!そりゃ、確かに目が点になったし、相当焦ったのも事実だけどな。想像してみろよ、使えるつもりのクレジットカードが使えないってなると驚くぞ。
アッハッハ!そりゃ相当驚くわな、あ~腹痛ぇ!それで結局どうしたの?なにが原因でカードが使えない状態になったんだ?当然もう解決したんだろうな?
当然カード会社に確認したよ。そしたら利用残高が限度額に達してるから、支払いするまでカードは使えないって残酷な宣告を受けたから、来月までカードは使えないんだよ。
なるほどな。限度額に達してたら使えないよな。まぁ、急にカードが使えない状態に陥るトラブルは増加傾向にあるから、カードが使えない状態になる原因を見ていこうか?

クレジットカードが使えない!急にカードが使えない状態に陥る理由とは?

後払いのキャッシュレスでの支払いやATMからの現金借入など、日常生活のなかでクレジットカードを利用する機会は決して少なくありません。

しかし、いつもどおり利用しようとしたクレジットカードが使えない状態になっていることを、思わぬタイミングで知らされるケースが多数発生しているのも事実です。

オンラインショッピングでカードが使えないケースでは多くの場合、カード名義人氏名・カード番号・有効期限・暗証番号などの入力ミスが原因となっていると言えます。

また利用時に暗証番号の入力が必要な実店舗での支払いや、ATMから現金を引き出すキャッシング時の暗証番号入力ミスで「カードが使えない!」と錯覚するケースもあります。

これらのケースでは正確に情報入力すれば、クレジットカードを通常どおり使用できるので特に問題視する必要はないと言えるでしょう。

ただし暗証番号の入力ミスが複数回続くと、カードの不正使用防止のためにカードがロックされ、カード会社から新規暗証番号の発行を受けなければ使えない状態が続きます。

通常どおりクレジットカードが使えない場合は、焦って複数回暗証番号を入力する前に落ち着いて入力番号が正確なのかを再確認することをおすすめします。

入力ミス以外でクレジットカードが使えない場合は、次に挙げる3つのどれかに該当しているのが原因になっていると考えられます。

  1. カードの利用状況が原因
  2. 加盟店のカード対応が原因
  3. クレジットカード本体やカード会社の問題が原因

入力ミス以外でクレジットカードが使えない状態になる3つの要因とは

既述のとおり利用の際に必要な、カード名義人氏名・カード番号・有効期限・暗証番号などを正確に入力しなければクレジットカード利用ができません。

正確に情報入力したのにも関わらずカードが使えない場合は、カードの利用状況や加盟店のカード対応、クレジットカード本体やカード会社の問題が原因だと考えあられます。

カードの利用状況が原因で使えない場合には

  • 有効期限が切れている
  • 利用限度額を超えている
  • 利用料金の支払いが滞っている
  • 利用額制限をかけている

などが該当します。

加盟店のカード対応が原因で使えない場合には

  • 店舗が対象カード利用に加盟していない
  • 決済端末の故障などのトラブル

が該当します。

クレジットカード本体やカード会社の問題が原因で使えない場合には

  • 磁気ストライプなどクレジットカード機能の破損
  • カード会社の通信トラブルなど
  • 規約違反や不正利用を疑われている
  • 紛失届や盗難届が提出されている

が該当します。

入力ミス以外でクレジットカードが使えない状態になる3つの要因の具体例や対処法は、次項でご紹介します。

理由が判れば慌てない!クレジットカードが使えない状態になる具体例や対処法とは

突然クレジットカードが使えない状態に陥ると慌ててしまいますが、暗証番号が間違っている場合などは焦って何度も入力するとカードがロックされてしまいます。

カードが使えない状態で慌てるのは「なぜ使えないのか?」という意識が働くのが原因なので、使えない状態になる具体例や対処法を正確に掴んでおくと慌てずに対応できます。

入力情報が間違ってると確かにクレジットカードが使えないよな。それは判るけど、暗証番号入力エラーでカードがロックされるのはちょっと深刻な問題だな。
そう「正確な暗証番号を入力しているのか?」を確認するだけで解決できるトラブルなんだけど、思い込みが原因のヒューマンエラーの発生は避けにくいんだよな。
判る!判る!勘違いが原因なのに急にカードが使えない状態になると焦って何度も同じ暗証番号入力したくなる気持ちってあるよな。「自分は間違っていない!」って思うもの。
クレジットカードが使えない状態になって一番マズイのが慌てることなんだよな。だけど原因不明でカードが使えないとなると、慌ててしまうのが人情だからな。
そうなんだよな!だから昨日俺は焦ったんだよ。カードが使えない理由が判れば「なぁんだ、納得!」ってなるけど原因不明だと本当に慌てるぞ!
来月までってまだ大分日数があるだろう?繰り上げ返済でカード復活させとけば?カードが使えない時に慌てないように使えない状態になる具体例や対処法を確認しておこう。

判れば慌てない!クレジットカードが使えない状態になる具体例や対処法とは

クレジットカードが使えない状態になっても、前項でふれた各要因の具体例や対処法を知っておけば慌てることなく対応できます。

いざ!というときに慌てず対応できるように、3つの要因に該当する10の原因の具体例や対処法をご紹介します。

カードの利用状況が原因でカードが使えないとは?

クレジットカードは非常に便利な決済手段ですが、無条件・無尽蔵に利用できるわけではなく、有効期限や利用限度額のなかでしか使えない側面があります。

有効期限が切れているカードは使えないので、カード会社から新たなカードの発行を受け使用カードを更新する必要があります。

カードの利用残高が利用上限に達した場合もカードは使えない状態になるので、繰り上げ返済などで利用限度に達した利用残高を減らせば減額分のカード利用が可能になります。

またカードを利用すると利用者にはカード会社に対する利用料金の支払義務が生じ、支払いを行わなければクレジットカードの利用が停止され使えない状態になります。

使用停止で使えない状態になると強制退会処分を受け、利用額の一括返済を求められるリスクが生じるのでクレジットカードの利用料金の支払いが滞らない利用が重要です。

さらにクレジットカードを無くしたり落としたりしたときに不正使用されないように、利用制限額制限が行える場合、利用額を少額に制限しているケースがあります。

利用額制限していることを忘れて制限額以上を利用しようとしてもカードが使えない事態に陥りますので、利用額制限する場合は制限額を忘れないようにする必要があります。

利用額制限はオンライン手続きですぐに変更できるので、制限額以上の利用でカードが使えない場合は利用制限額の増額手続きを行えば問題なく利用できるようになります。

加盟店のカード対応が原因でカードが使えないとは?

クレジットカードはVISA・Master・JCBなどの国際ブランドで分類され、利用するカードブランドの加盟店でしか使えないシステムです。

一般的にクレジットカード対応店ならVISA・Master・JCBであれば使える状況だと言えますが、五大ブランドのなかでAMEX・Dinersには非対応の店舗も存在します。

利用カードのブランドに対応していない店舗ではクレジットカードが使えないので、「どのブランドに対応しているのか?」を確認してカード利用する必要があると言えます。

また利用カードに対応している場合でも、決済端末の故障などのトラブルでクレジットカードが使えない場合もあります。

これは利用者では対処できないので、利用店舗を変更することで対応するしか手段がないと言えるでしょう。

クレジットカード本体やカード会社の問題が原因でカードが使えないとは?

クレジットカード本体の問題は磁気ストライプの破損で生じる磁気不良が挙げられ、磁気不良が発生したカードは使えない状態になります。

カード会社によっては自社ATMで磁気データ復元ができるケースもありますが、通常磁気不良が発生したカードは新規カードの発行を受けて対処します。

磁気不良発生は強い磁気を発生させる電子機器の近くにクレジットカードを放置しない、カードを重ねて財布に仕舞わない、カードを丁寧に取扱うなどで回避できます。

カード会社の通信トラブルなどで一時的にクレジットカードが使えない状態になるケースもありますが、これも加盟店の決済端末の故障同様、利用者が対処できません。

通信トラブルなどの場合は、トラブルが解消されるまで待ってトラブル解消後に利用すれば、問題なくカード利用することができます。

カード名義人以外のカード利用や現金化などの規約違反を疑われるとカードが利用停止になって使えない状態になる可能性がありますし、不正利用を疑われた場合も同様です。

利用規定違反を疑われている場合は、規定違反を行っていないことが証明できれば利用停止が解除されカード利用を再開できます。

通常使用以上の高額商品を購入するとカード会社のフロアリミットやオーソリ限度額でカードが使えない状態になる場合があります。

これはクレジットカードの不正使用を防止するためのシステムで、カード会社からの電話確認があるので不正使用でないことを伝えれば利用可能になります。

クレジットカードを無くしたと思い、紛失届や盗難届を提出した後にカードを発見しても、カードは使えない状態のままです。

基本的に紛失届や盗難届を提出したカードの使用停止は解除されないので、新規カードの発行を受ける必要があります。

一時使用停止手続きが行えるカード会社であれば一時停止して、カード発見後に使用停止解除できるケースもありますが一時使用停止に対応しているのは稀だと言えます。

原因や対処法を知ればクレジットカードが使えない事態に陥っても対応できる!

クレジットカードが使えない状態は想定外のタイミングで訪れるので、通常は慌てますがあらかじめカードが使えない状態になる原因や対処法を知れば慌てず対応できます。

キャッシュレス普及でクレジットカードが生活必需品の1つになりつつある現代、カードが使えない状態になったときの対処法は利用者の必須スキルになると言えるでしょう。

「俺LOVE現金化」は現金化専門情報サイトの運営で培ったクレジットカードの活用法やトラブル対処法を現金化情報以外にも公開しています。

クレジットカードで充実したキャッシュレスライフを実現するために現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」の掲載情報をフル活用してみてはいかがでしょうか?