スピードクレジット!クレジットカード現金化口コミ・評判最新情報

スピードクレジット

スピードクレジットがクレジットカード現金化で優れているポイントを徹底解説!

クレジットカードを現金化できる業者はいろいろあります。しかし、どの業者が良いのか?どこを選んで現金化するのが安全か?いまいち分からないと思っていませんか?そこで、安心して利用できる業者として、今回の記事では、「スピードクレジット」について、優れた点や業態の裏側まで全て紹介!特徴からいち押しポイント、メリット・デメリットなどを詳しく解説します。

スピードクレジットはどんな業者?

スピードクレジットは、クレジットカードを現金化できる会社です。たくさんある現金化業者の中から最近登場した話題の現金化業者。振込みがスピーディで人気など、多くの方に利用されています。

スピードクレジットの一押しポイントがこれ!

一押しポイントとしては、とにかく「振込みが早い」ことです。初回は手続きなどで少し時間がかかりますが、2回目以降のリピーターであれば、営業時間内の数分から十数分の時間で即座に口座へと現金を振り込んでもらえるでしょう。

現金化業者の中には、手続きが全て完了しても現金をなかなか振り込んでもらえずに、不安に感じたり、決済後に連絡もないから待ち時間がどうしても長く思えてしまうでしょう。それらを気にせずに現金化が可能です!

振込みが遅い心配もない?誰でもすぐに現金化できる!

平日の朝に手続きしても午後から夕方までアクションがないなどの業者がよくいます。昼過ぎ以降は、カードの決済手続きを済ませても実際の振込みが翌日以降に持ち越されたり、振込みに3日ほど時間がかかるなんてことも。業者によっては時間がかかりすぎて、現金の用意が間に合わないなんてことも。

スピードクレジットは、そうした心配をせずに、決済後スムーズに振込みに移り、短い期間で振り込み完了までスピーディな対応が可能です。

業者間比較で選ぶときに押さえておきたい3つのポイント!

スピードクレジットを利用する上で押さえておきたいポイントが他にもいくつかあります。他の業者と比較したり、これから利用を考えている方にとっては、魅力的な3つのポイントを挙げてみましょう。

ポイント1.深夜や早朝も?24時間いつでも現金化の受付申請が可能!

スピードクレジットは実店舗ではなくネット店舗の営業であるため、「来店不要」の現金化業者です。問い合わせは、基本的にネットか電話で、ホームページも利用者重視のシンプルな内容です。

24時間受付に対応している

肝心の問い合わせについて、24時間受付をしているので、あらかじめ手続きをしておくことで営業時間にスムーズに振込みへと移ることができます。また、場合によっては営業時間外に対応してくれるなど年中無休の土日祝日関係なしで現金化の窓口が開かれています。

営業時間については平日の9~20時で、夜遅くから深夜への対応は基本的に朝一の営業開始に対応となります。ネットバンクを除いては、銀行が開くのが9時と法律で決まっているので業務開始の時間と振り込み対応できる時間が重なるようにもなっています。

実際、ネットバンク以外で深夜に手続きしても振り込みは次の日の朝以降になってしまうので、大きな違いはないでしょう。24時間営業で振り込みもしてくれる業者は一部ありますが、24時間振り込み対応のネットバンクの指定口座を持っていないといけないので、振込み対応の時間が長くなってもそれほど変わりません。

ネットからのフォーム入力による依頼は、スピードクレジットの手続きにおいて「デフォルト化」しています。つまり、手続きして申し込んでおいて、実際の手続き開始はスタッフからの電話を待つことになること。その時に希望時間を入力しておけば対応できるの時間に電話をくれるという寸法です。

時間指定できる!アポなし電話にさよなら

ホームページに用意されている「お問い合わせ」を利用して、希望金額や連絡の時間帯などを指定できるのは大きいでしょう。業者によっては電話番号などを記入したはよいが、すぐに連絡がくるとは思っておらず、対応できなかったり、深夜に申し込んだせいで朝突然アポなしで電話が来て出れないといったことがあります。時間を知らせることで対応できる時間を知らせられるのもサービスとしてお客様精神の強い会社と判断できるでしょう。

ポイント2.最大98%の驚異の換金率

スピードクレジットは現金化を行う業者の中でも高い水準の換金率を持ちます。実際の振り込み金額は別として、名目上は、最低でも87%、通常プランの中程度でも93~95%など換金率が全体の10~15%ほど他の業者よりも高いことで知られます。

実際、換金率で現金化業者を比較した時、高くても80%前半だったり、一定条件を超えないと名目上90%には到達しない仕組みの業者も数多く存在します。利益優先の業者によくあるので、90%を超える換金率は現金化したい方にとっても嬉しい点でしょう。

80%を超えない業者も多い

それはクレジットカードを専業に換金する業者に限らず、ギフト券や換金に関連する業者も含みます。それに対し、最高で98%、低くても80%後半を名目上の換金率においている業者はスピードクレジットくらいでしょう。

そして、換金率は悪質業者との見分けで使う場合もありますが、スピードクレジットは換金率が高くて優良両者であるというところが補足ポイントです。通常は、換金率が高すぎる業者は、内実が空く失業者であったり詐欺業者も含まれています。

背後には闇金や反社会勢力がいて、そこが利益を吸収しているなどです。しかし、スピードクレジットは、優良な評価を得ていてる数少ない優良事業者です。したがって、換金率が高く変な業者ではないという二つの点を兼ね備えています。

ポイント3.換金率が90%台に上昇する特別プランが存在する

他のクレジットカード現金化業者との最大の違いとして、特別プランが存在していることです。現金化業者の場合、個人と法人で換金率を分けたりすることは有名です。しかし、スピードクレジットの場合、特別プランを適用された顧客は、換金率が2%上昇し、最低基準(1~10万円現金化時)の「87%」が「89%」になるなど、ほぼ90%です。現金化の金額によっては、それを超える換金率を実現できることです。

誰でも特別プランになる訳ではない?

利用者が「特別プラン」の適用になるための安易な判定がないこともポイントの一つです。裏技的に特別プランに設定する方法がなく、明確な基準が設定されていない(ホームページ等でも公表されていない)ため、「優良と思われるお客様」に適用するまで、対象になるかどうか分からないことです。

利用してみて思わぬ換金率の上昇を手にできる方もいるでしょう。その分、サプライズ的なプラスを得られます。また、初回限定の換金率アップキャンペーンなどがあればそれと組み合わせて金額アップを見込めます。

スピードクレジットの特徴は、商品購入にある?現金化をすぐできる仕組みを解説!

現金化の業者にはいくつかの特徴があり、どういった方式を採用していて、どんな取引をするのか、選ぶときのポイントです。そこで、現金化の業者として選ばれるスピードクレジットの特徴を解説します。

特徴1.キャッシュバック方式を採用!

現金化するときには、クレジットカードをどのようにカード会社に請求するかで業者のタイプが2つほどに分かれます。例えば、商品を購入してもらい、その代わりにキャッシュバックのキャンペーンとして現金を返金するという形で現金化する方法。もう一つは、ギフト券などを購入させて、それを買い取り現金化する方法。その際は、どのギフト券かを指定する業者もあれば、対応できるギフト券ならどれでも良いという業者もいます。以上の二つ以外に、細かい現金化の方法でタイプは分かれますが、主に2つのタイプと考えて問題ありません。

スピードクレジットは、前者のキャッシュバック方式を採用している業者です。キャッシュバックだと、「逮捕者が出ていたりして問題じゃないの?」と思うかもしれませんが、次の特徴でも示す通り、その辺の問題もクリアしている現金化業者です。

キャッシュバック方式は広く普及している!

そもそもキャッシュバック方式について説明すると、携帯電話やネット回線業者などを初め広く物の売買で使われているのがキャッシュバックと呼ばれるキャンペーンです。

期間に関係なく、このサービスを展開している業者で製品を購入すれば、商品代金の一部をキャッシュバックすることができます。それと同様にして、スピードクレジットで商品を購入してその一部を返金する形で現金化するのがキャッシュバック方式です。商品は自宅に届けられるので、架空の商品でもありません。

カード会社の履歴に商品購入しか残らない

キャッシュバック方式の利点は、ギフト券などの「換金率の高いもの」を購入した時に残る履歴が存在しないことです。ギフト券を指定して購入させる業者では、ギフト券を購入した事実が残り、さらには購入先によっては換金率の高いものを購入したことがカード会社によって判明することがあります。

しかし、キャッシュバック方式は警察が介入しない限りその実態は商品販売によるキャッシュバックの返金として処理されるので、クレジットカード会社に対しても問題なく処理を済ませることができます。クレジットカードの中には規約で現金化を禁止していることがあります。

カード会社からキャッシュバックは禁止されていない!

しかし、商品購入でキャッシュバックを受けることを禁止する項目はありません。なぜなら、さまざまなサービスや製品販売にはクレジットカードの支払い選択ができることで利用者を確保していて、キャッシュバック対象商品を買うことをクレジットカード会社が直接的に制限することはできません。

そのため、現金化として禁止されているカードで分かっていて現金化利用したとしても規約違反や解約などのトラブルを減らすことができます。スピードクレジットを使えば、規約違反でも問題ないと考えるのではなく、キャッシュバックにはそういった利点があり、次の項目で述べる部分を含めると、限りなく問題化しにくいことが分かります。

特徴2.オリジナル商品による販売の実施

キャッシュバック方式に関連して、スピードクレジットは商品を販売する段階でオリジナルの商品を取引として選択していることです。通常、価値のない製品を売買すると物の値段に対してクレジットカードへの請求金額が多すぎるという問題が発生します。100円程度の商品に10万円もの請求がカード会社に来たらおかしいわけです。しかし、商品代金そのものがその現金化で請求される金額であった場合、オリジナル商品は大きな強みとなります。

基本的に、現金化業者として営業している会社は、金融上の貸金業を営んでいるのではなく、商品売買の許可を取っているに過ぎません。その際に、現金化から引かれる金額が利子と判断されると、現金化業者にとってもまずい(逮捕懸念材料になる)訳です。利用者にとっても現金化を長く安心して使いたいと思うもの。一時的に使う人でも安心して利用したい。そんなとき、スピードクレジットは信頼できる方法で現金化できる業者です。

特徴3.即時現金振込に対応!

ポイントでも示したように、スピードクレジットの特徴は振込みを顧客目線で考えていることにあります。ホームページでも「最速3分」としているように、状況によっては申し込んですぐに振り込まれるケースがあります。指定の銀行口座として、ネットバンクで有名な「ゆうちょ銀行」や「ジャパンネット銀行」、「楽天銀行」です。上記3つの銀行のいずれかを所持していれば、振込みの際に最短振込みを実現できます。

実際、口座へ振込みの時に銀行の営業時間外に対応できるというメリットがあります。もし、時間外の資金移動が難しい口座であった場合、営業時間から外れると、次の日の営業開始を待たなければなりません。その点でも即時振込みの銀行に3つもの銀行に対応しているのは魅力です。

全ての金融機関の振込みに対応している!

また、ネットバンク系以外にも振込先は、全ての金融機関に対応しています。つまり、特定の銀行口座を所持していない方や地方銀の口座しか持っていない、実店舗のない銀行(じぶん銀行など)しかないとしても振込先として指定することができます。口座は特定の銀行のものが必要だった場合に、作るのに手間と時間がかかります。

特にネットバンクは開設までに時間を要するので、即振込みを希望する場合には、ネットバンクで幅広く使えるジャパンネットや銀行や楽天銀行をスピードクレジットで現金化するついでに作っておくと、いろいろな場面でも使えるでしょう。

3つの準備だけ!最低限の用意で現金化する方法

スピードクレジットで現金化に必要なのは、会社に連絡する手段とそれ以外には用意するものとして指定されている3つだけです。

用意するもの3つ

(1)本人確認書類

広く使われている顔つきの免許証を用意します。基本的には免許証や保険証などが身分証として使えます。社員証などは身分証にならないことがあるので、どんな状況にも対応できるように最低でも複数身分を証明できるものを用意できるように準備しておくのが良いでしょう。

(2)クレジットカード

現金化に使うクレジットカードをあらかじめ用意しておきます。このとき、クレジットカードは必要な枚数だけ用意します。そして、事前にショッピング枠がいくら残っているのか確認しましょう。現金化には商品購入によってキャッシュバックする方法であるため、枠の残高が残っていないと現金化できません。購入決済できないので当然でしょう。
加えて、用意するクレジットカードは本人のカードのみ。それが現金化する上での原則です。クレジットカード会社からすれば、現金化利用で名義の異なる人が利用していた場合、詐欺や刑法に触れる可能性があるためです。

そのため、スピードクレジットでは、名義人と申し込み人本人であることを電話口で確認しての現金化の手続きとなります。法人名義も可能であるため、個人で現金が必要になったケースだけでなく、事業や会社の資金を用意するために現金化したい場合にも利用できます。

(3)振込指定口座

現金化した分を振込みするための口座を用意します。即時振込みを希望するなら3つの指定銀行口座、通常の振込みなら普段使う銀行口座が良いでしょう。特徴でも説明したように、口座が限定されている訳ではないので、基本的に使い勝手の良いものや普段から使う口座、引き落とし口座や振込み手続きをする口座など、目的に合わせて用意すると現金の移し替えなどが必要なくなるので便利です。

手続きから振込みまで時間はどのくらいかかる?

スピードクレジットは振込みまで早いという話でしたが、申し込みから実際にどのくらいの時間を要するのでしょうか。まず、場合によって振込みまでの時間は変動するのが前提です。なぜならば、夜間と昼間では振込みまでに至る手続きの時間が異なるからです。

振込みは基本的に営業時間で行われて、手続き後の振込み待ちの時間が生じます。例えば、深夜に申し込んで朝に手続きと後は振り込みだけになれば、そこから振込みまでではなく申し込んだ時からの時間でカウントするためです。朝から昼に申し込んだ場合、後は銀行営業時間より1時間以上前に申し込んだのであれば、当日の振込みを期待できます。

一方で、深夜帯や前日の夜であれば振込み完了と実際に振り込まれるまでの時間に開きがあります。たとえ手続き上では振込みが完了していても実際に口座に振り込まれるのは次の日なので、時間のカウントは、手続きの時点から振込みまでの間です。では、平日の昼間に申し込んだケースを見てみましょう。

初めて利用でも1時間くらいまでには振り込み

初めてスピードクレジットの会社で手続きをするならば、最初の申し込みから折り返しに即座~10分程度、最初の登録で数分、それから10~30分で振込みです。振込みが完了しても口座に反映されるまでの時間を考慮する場合は、そこに数分から数十分プラスと考えましょう。

現金化するときの換金率は?金額によって変動する料金プランを解説

現金化はその申し込み金額の上限によって換金率が上下するのが一般的です。それはスピードクレジットでも例外ではありません。では実際の料金プランの一覧を見てみましょう。

【料金一覧】

現金化する利用金額 通常プラン 特別プラン
1~10万円 87% 89%
11~30万円 89% 91%
31~50万円 91% 93%
51~100万円 93% 95%
101万円以上 ASK ASK

以上の一覧からもわかるように、金額が低いほど換金率は小さくなりますが、一度にたくさんの現金化をする場合は、細かく分けて(1万・3万・7万など複数回にして)現金化するよりもまとめた方がお得です。特に10万円台をそれぞれ超える場合、10万円と11万円では2千円以上の差が生まれます。

桁が大きくなるほどその差も開きやすくなります。100万円を超えてくると規定のパーセントで取引されず、「ASK=たずねる」ことで換金率が分かるようになっています。

通常、個人のクレジットカードで一度に100万円を超えて決済できるケースが少ないなどさまざまな要因から、100万円までの換金率がデフォルトで表示されています。

スピードクレジットで効率的に現金化できる3つのメリットはこれ!

スピードクレジットで現金化する際の3つのメリットを解説します。

メリット1.現金化の金額はクレジットカード1枚に限らない?合算できる仕組みがある!

20万円を1度に現金化して換金率を上げたいが、1枚10万円が2枚で「換金率を上げられない」と普通は思います。しかし、スピードクレジットでは複数クレジットカードを持っていれば合算した額がキャッシュバック金額の上限になります。すなわち、「10万円の上限でカード2枚分(10万円×2枚)の20万円」が現金化できる金額となるのです。10万と30万なら40万円(10万円+30万円)です。

その人の経済状況や最近のクレジットカード会社の審査の厳しさを考えると、1枚のクレジットカードの枠はたとえショッピング枠であったとしても控えめなケースが増えています。総量規制や多重債務、返済できないケースを懸念した結果、カードの枠を上げないという方法がとられているためです。

普通は買い物で合算できない!

カード1枚が10~15万円程度でも数十万円の現金化をしたい時に複数のカードを組み合わせて現金化できるのは大きなメリットです。買い物をするとき、商品の値段を超えた代金の請求をカード二枚に分割することは一般的にできないことです。

メリット2.通常のショッピングと支払いは変わらない!

クレジットカードを現金化するからといって、スピードクレジットの商品購入で決済した分は、他のお店で買い物した代金の支払いと扱いは変わりません。そのため、特定の分割払いなどが規制されたりすることはなく、カード会社から手続きする方法で、分割払い・リボ払いに変更が可能です。

分割やリボ設定をし忘れないように気をつけよう!

ただし、スピードクレジットでは分割を指定して代金を請求してもらうことはできないので注意が必要です。現金化した後、分割やリボにしたい人はサイトや電話手続きで変更を申請しておきましょう。また、リボ払いや分割を期間や後からまとめて変更しておけるカードも存在するので、その場合は特別に手続きすることなく、そのまま請求と支払いを待つだけで大丈夫です。

メリット3.全ての国際ブランドに対応!

クレジットカードには国際ブランドと呼ばれるものがあります。同じカード会社の契約でも国際ブランドを選択できるので、その時好きな国際ブランドに決めています。中には特定のブランドしか選べないクレジットカードも存在するので、ブランドに対応していないと購入にカードを使えないこともあります。

その点、スピードクレジットは日本で一般的に使われる国際ブランドは3~4種類ですが、スピードクレジットはそれらを含めた6種類の使用が可能です。

現金化に使用可能な国際ブランド一覧

  • VISA
  • JCB
  • MASTERCARD
  • アメリカンエクスプレス
  • ダイナースクラブ
  • ディスカバーカード

日本で人気のVISAやJCBは有名で、MASTERCARDなどもクレジットカードとして選ばれます。上記に比べると使用率は落ちますがアメリカンエクスプレスやダイナースクラブもブランドとして知られています。それにディスカバーカードを足した6種類。これら全てを現金化に利用することができます。

他にも丁寧な説明、秘密厳守、優良認定されている点などたくさんのメリットがあります。

現金化するのに心配なデメリットとは?こうすればデメリットも怖くない!

これで負債などのデメリットがある現金化も怖くない!という方法や利用する注意点について説明します

クレジットカードの負債が増える!

すでにクレジットカードで返済が一杯の状態である方、複数のクレジットカードの支払いに現金化をしようとする場合、現金化によって負のサイクルが生じる可能性があります。

負のサイクルとは、クレジットカードの負債を返そうとしてカードを現金化し、そのカードの利用(現金化)分をさらに支払い済みのクレジットカードや新規カードで行うことで、支払いだけに大きな負債を背負ってしまうことです。ポイントは、換金率によって100%から引かれた分がマイナスになるという点です。

現金化に注意が必要な方

企業利益で行っている以上最低限であっても会社側に利益が発生する事業になります。すると100%やそれ以上の現金化は望めないので、支払い時に必ず負債が生じることになります。最初は少しの負債であってもそれを繰り返すことで大きな負債が生じてしまうことです。

特に60~70%などの低い換金率の業者を使うことで負債は大きくなる傾向にあります。スピードクレジットを使う場合に、換金率が高いとはいえ、いまクレジットカードの利用状況や返済状況を把握しながら適切に利用しましょう。クレジットカードの多重債務や超過債務に陥らないような利用を心掛けることが必須です。

クレジットカード現金化業者で迷ったらスピードクレジットを選ぼう!

今回は、スピードクレジットのポイントや特徴を中心に現金化で優れている点や会社としての特徴をお伝えしました。クレジットカードを現金化できる業者は、ネット上で検索してもたくさん出てきます。しかし、どれが安全・安心の業者なのか判断するのは難しいでしょう。

テレビ広告とは違い、クレジットカード現金化はネット広告がほとんどだから知名度はどれも似たりよったりです。現金を用意したいけど、リスクは避けたい。場合によっては、明日までに、現金を用意しなければならない。あるいは、クレジットカードを利用して闇金などと関わりのある詐欺・悪質な業者に関わりたくない方もいるでしょう。

そこで、以上で紹介した現金化業者として、「スピードクレジット」がおすすめです。メリットが複数あり、加えて、現金化に必要な振込みの早さに優れた業者です。現金化について一度、フォームや電話から問い合わせてみましょう。