スピードワン!クレジットカード現金化口コミ・評判最新情報

supi-do1

スピード&高満足度の現金化を求めるならスピードワンを検討しよう!

現金化業者のスピードワンは、業界トップクラスの入金スピードを誇っており、98.7%というお客様満足度を得ている現金化業者です。
また、モアタイムシステムを導入しているので、24時間365日いつでも申し込み&入金を実現することが出来ます。
スタッフの対応も非常に手厚いので、初めて現金化をする人でも、安心して利用できるのがスピードワンとなっています。

スピードワンの基本情報

企業名スピードワン
本社所在地東京都千代田区内幸町1丁目1
現金還元率90%~94%
現金化時間最短5分
営業時間24時間365日営業
土日祝日営業対応あり
利用可能なクレジットカードVISA、マスターカード、アメックス、JCB、ダイナーズクラブ、NICOS、J-Debit等13社に対応
現金化方式キャッシュバック方式
振込先ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行
15時以降の振込可能
電話番号0120-978-957
代表者山崎富雄
URLhttp://speed1.jp/

スピードワンでクレジットカード現金化した際の換金率

申込金額換金率
1~20万円90%
20~40万円91%
40~60万円92
60~80万円93%
80~100万円94%
100万円以上応相談

スピードワンの特徴

現金化業者のスピードワンは、基本情報及び換金率から以下の様な特徴があると言えます。

スピードワンでも現金化は24時間365日対応

クレジットカードの現金化の即日入金、24時間対応を謳っている現金業者の多くは、実際に利用してみると営業時間外の振込に対応していなかったり、現金化の申込みだけが24時間対応だったりします。
そういった誇大広告をうっているその他の現金化業者とは異なり、スピードワンでは『本当』の意味で24時間体制でクレジットカードの現金化を行うことが出来ます。
こういった対応が出来るのは、スピードワンで「モアタイムシステム」を導入しているからで、昨今の迅速性をアピールしている現金化業者の中でも随一の対応力がある現金化業者がスピードワンだと言えるのです。

スピードワンが採用しているコアタイムシステムとは

国内に存在している金融機関では、金融機関相互の取引をスムーズに行うために、「全国銀行データ通信システム」と呼ばれるシステムを利用しています。
そして、「全国銀行データ通信システム」の内「コアタイムシステム」というシステムを用いる事で、平日AM8:30~PM15:30間であれば即時銀行間の振り込みに対応することが出来きていたのです。
しかしながら、このシステムだとその日の内に振り込みを行えるものの、営業時間外だと利用出来ず、翌営業日の営業時間内を待って再度振り込みを行わなければならない不便さが残ります。
そこで考案されたのが、「モアタイムシステム」です。
「モアタイムシステム」であれば、営業時間外での利用が可能になり、24時間365日いつでも金融機関への振り込みを行うことが出来ます。

スピードワンは土日祝日問わず現金化に対応

スピードワンでは、金融機関の「モアタイムシステム」を導入しているので、24時間いつでも現金化→入金を行うことが可能となっています。
また、「モアタイムシステム」では、24時間の振り込みを可能するばかりでなく、365日いつでも金融機関への振り込みを行うことが出来るようになっているので、土日祝日でも現金化したお金を振り込んでくれるのです。
急にお金が必要になることは、早朝や深夜などと言った時間帯だけでなく、仕事を休むことが多い土日祝日であるケースが殆なので、スピードワンの現金化の迅速性はユーザビリティの高い点だと言えるでしょう。
なお、土日祝日に利用すると、別途料金が必要になることがありますが、スピードワンでの現金化は時間や曜日を問わず変わらないので、安心して利用することが出来ます。

スピードワンは来店や審査要らずで現金化できる

スピードワンの本社所在地は、東京都千代田区内幸町1丁目1となっていますが、申込みから現金化までスマホ一つで現金化が行なえ、クレジット決済の確認をまって入金をするので、わざわざ店舗に来店する手間もありません。
また、現金化に際して収入証明書の提出を求められたり、在籍確認等といった審査不要で現金化から入金までを行うことも可能なので、消費者金融などを利用するようなタイムラグなくお金を用意することが出来るのです。
加えて、業界随一のスピードで入金まで行ってくれるので、直ぐに現金化をしたい場合はスピードワンを検討するのがおすすめです。

スピードワンはカードによる事故を一度も起こしていない優良店

スピードワンを一度も利用した事がない人にとっては、詐欺や悪質な業者ではないか疑う人もいることでしょう。
また、人によっては現金化業者自体を怪しく思っている人もいるかも知れません。
しかし、こういった不安を一掃してくれるのが、スピードワンだと言えます。
何故ならば、スピードワンでは利用者の不安を一掃するために、トラブル対策に力を入れており、かつその対応力の高さから今まで一度も現金化によるカード事故を起こしていないからです。
事実、利用者が最も不安に感じる、「申し込んだけど本当に振り込まれるか」という疑問に、スピーディーな入金によって応えてくれるので、初めての方でも安心して利用する事が出来るのです。
なお、スピードワンでの現金化は、難しい作業や操作等も必要なく利用できるので、機械に疎い人でも簡単に利用する事が可能となっています。

スピードワンが優良店であることは顧客満足度が物語っている

スピードワンでは、スピーディーな現金化を行っていますが、こういった迅速性を持った現金化業者は、その他にも存在しています。
しかし、その中でも頭一つ抜けているスピードワンには、現金化の迅速性に加えプラスアルファの魅力があり、それは98.7%というお客様満足度にも現れています。
そのプラスアルファの魅力というのが、スピードワンスタッフの対応力の高さだと言えます。
スピードワンでは、現金化初心者でも安心して利用できる様に丁寧な対応を心掛けており、現金化への不安を取り除くとともに、現金化するにあたっての全てのトラブルを防止してくれているのです。
また、スピードワンで現金化をする際には、実際に現金化するまでに見積もりを作成することも出来るので、自分のクレジットカードでどのくらい現金を用意できるのか予め知ることも可能となっています。
勿論、問い合わせ時は不明瞭な点や質問にもしっかりと答えてくれるので、気になる様な点があればどんどん質問すると良いでしょう。

スピードワンは他の現金化業者とはココが違う

スピーディーな現金化、スタッフの対応の良さなど、現金化業者として優良店と言えるスピードワンですが、その他の業者と比較して以下の様な点は特筆すべき点だと言えます。

業界最速スピードワンは最短3分で現金化

迅速な現金化を謳っている現金化業者の多くは、「最短5分」というものが多い中、スピードワンではなんと最短3分で現金化をする事が出来ます。
ただし、この「3分」という数字は、2回め以降の現金化の時間であって、初回ではもう少々時間が必要になるのが現実です。
ただし、初回の現金化の申込みも、10分(あくまでも目安で実際は7~8分程度)程度で現金化が行えるので、その他の現金化業者が15~25分を要すること考えれば、非常にスピーディーな現金化が行えるのがスピードワンだと言えるでしょう。

スピードワンの換金率が業界でもトップクラス

スピードワンでは、業界屈指のスピーディーな現金化を実現していますが、それらサービスを提供するためには、人件費等の運営コストは欠かせなくなっています。
事実、その他の現金化業者では、スピーディーな現金化を行うために、別途手数料(特急手数料、休日手数料)を設けてそれらに対応じているのが実情です。
しかし、スピードワンでは、これら別途手数料が必要になるサービスを通常のサービスの一部分に含めているので、別途手数料を払う必要もなく、90%という高い換金率で現金化することが出来ます。
換金率だけ見るとその他の現金化業者と見劣りするかも知れませんが、スピーディーな現金化スタンダードに利用できる側面を考えると、スピードワンの換金率は業界でもトップクラスと言えるでしょう。

スピードワンでは多彩なクレジットカード現金化可能

スピードワンでは、VISAやマスターカードのようなメジャーなクレジットカードは勿論アメックス、JCB、ダイナーズクラブ、NICOS、J-Debit、UCカード、セゾンカード、イオンカード、MUFGカード、DCカード、UFJカードを含めた13社のクレジットカードを現金化する事が出来ます。
他の現金化業者で対応していないクレジットカードでも、スピードワンであれば現金化が可能な場合もあるので、他で利用を断念したような場合は、利用してみると良いでしょう。
なお、スピードワンでは、創業以来カード事故などを起こした事もなく、セキュリティや個人情報厳守にも力を入れている現金化業者なので、安心して利用することが出来ます。

スピードワンでクレジットカードの現金化をする際に必要なもの

スピードワンでクレジットカードの現金化をする際には、①クレジットカード、②身分証明書(顔写真付きのもの)、③電話での申し込み(初回のみ)が必要となっています。
なお、利用するクレジットカード現金化業者によっては、身分証の提示を求められる事がありますが、スピードワンではそういった事は求められる事は無いので、よりスムーズな現金化を行うことが出来ます。

スピードワンで可能なクレジットカード

当然ながら、スピードワンでクレジットカードの現金化するには、クレジットカードが必要となります。
利用しているクレジットカードの限度額以上の現金化は出来なくなっているので、事前にどのくらい利用出来るのかは把握しておくと良いでしょう。
申込み出来るクレジットカードに関しては、以下のクレジットカードに対応しており、一度に複数社のクレジットカードの申込みをすることも可能となっています。

  • VISA
  • マスターカード
  • アメックス
  • JCB
  • ダイナーズクラブ
  • NICOS
  • J-Debit
  • UCカード
  • セゾンカード
  • イオンカード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • UFJカード

身分証明書(顔写真付きのもの)

スピードワンで現金化を行うときには、身分証の提示が必要になります。
これは、本人確認の意味もあるのですが、スピードワンでは未成年の方が現金化を行うことが出来ないので行われている措置です。
また、身分証明書は顔写真付きのものが推奨されるので、運転免許書を用意しておく様にしましょう。
なお、身分証明書の提示は、メール等でスピードワンに送付することになります。

電話での申し込み(初回のみ)

スピードワンで現金化を行う場合、公式サイト下部のの申込みフォームから(http://speed1.jp/)行う様になっていまが、初回のみ電話での対応が必要となっています。
本人確認等の意味合いもあるのですが、現金化に際しての細かい説明が必要なので、電話での対応が欠かせなくなっているのです。
ただし、2回目以降の現金化に関しては、スピードワンから電話で説明を受ける必要が無いので、より早く現金化を行うことが可能となります。

スピードワンでクレジットカードの現金化をするまでの流れ及び注意点

スピードワンでクレジットカードの現金化をするまでの流れ及び注意点は、以下の通りです。

スピードワンに現金化を申し込む

スピードワンで現金化を申し込む際には、電話またはスピードワンのHPで申込みフォーム(HPの下部)から行います。

  • 電話:0120-978-957
  • WEBでの申し込み(http://speed1.jp/)

なお、WEBでの申し込み場合、本人の氏名、メールアドレス、電話番号、希望連絡時間、クレジットカードカードの有無、現金化の希望金額の6つの項目は必ず記載して送信することが求められているので、電話で現金化の申込みを行うよりも、WEBから申し込みを行うほうがスムーズに現金化を行えるでしょう。
また、現金化に際しての疑問点がある場合は、予め申込みフォームに記載して送信できるので、なにか気になる事があれば質問するようにしましょう。

スピードワンからの折返しの連絡を待つ

スピードワンに現金化の申込みを行ったあとは、折返しの連絡を待つ様になります。
連絡があれば、現金化に関する説明が行われ、最終確認が行われます。
特に、還元率や振り込み時間などに関しては、現金化に際して最も重要な点になるでしょうから、しっかりと確認しておくことをおすすめします。
また、電話連絡は初回のみとなっており、2回目以降はWEBからの申込みのみで現金化が行えるようになっており、どちらも審査等は必要なく利用できます。

スピードワンから指定された商品購入

スピードワンで提示された見積もりに問題がなければ、指定された商品を購入することとなります。
指定された商品の購入が確認されないと現金化が行えないようになっているので、商品は間違えずに購入する事が重要です。

指定口座への入金

スピードワン側で指定された商品のクレジット決済が確認されれば、指定口座への入金が行われます。
最短3分となっていますが、初回は電話での確認→商品購入でもう少々時間が必要になるので、申込みからおよそ10分程度してから入金されるケースが多くなっています。

スピードワンでの入金方法

商品購入の手続きが完了すれば、イージーサポート側で決済の確認が行われた後に指定口座に入金されます。
最短5分での入金となっていますが、実際には10分~20分程度時間が必要となるようです。

引き続きの現金化も行える

スピードワンで現金化に利用したクレジットカードの限度額に余裕があるのであれば、引き続いて現金化を行うことが可能となっています。
また、現金化に対応しているクレジットカードは、13社分のものが使用できるようになっているので、同時に申込みを行うことも出来るようになっています。

スピードワンで現金化する時の注意点①商品購入後のキャンセルは不可

スピードワンで現金化をする場合、見積もりを提示された時に納得がいかないのであれば、現金化をキャンセルする事が可能となっています。
ただし、スピードワンから指定された商品を購入後にキャンセルを行うことは出来ません。
ですから、必ずクレジット決済を行うまでに現金化するかどうかを判断するようにし、気になることや疑問点がある場合は、電話連絡後にしっかりと確認するようにしましょう。

スピードワンで現金化する時の注意点②未成年及び本人名義以外の現金化不可

スピードワンで現金化を行う際には、身分証明書の提示が求められており、この時未成年であれば現金化を行うことは出来なくなっています。
また、本人名義のクレジットカードのみしか現金化が行えなくなっているので、初回の電話連絡は欠かせなくなっているのです。
ただし、家族カードのクレジットカードで、自分の名義(カードに自分の名前が印字されていること)のクレジットカードであれば、問題なく現金化を行うことが出来ます。

現金化にスピードを求めるのであればスピードワンは検討の価値アリ

多くの現金化業者は、最短○分と謳っているものが多いものの、実際にはそれ以上に時間がかかることもザラにあります。
しかし、スピードワンの場合、利用した事に不満を抱いている人であっても入金までのスピードは認めている人が多いのです。
また、換金率に関しては、やや低いと言われることもあるのですが、スピーディーな現金化にリソースを割いており、その分の料金を別途請求されないので、見かけ以上にお得となっています。
なお、換金率に関しては、電話連絡の際に確認することが出来るようになっているので、それらの問題はクリアすることが出来るでしょう。
そういった事を鑑みれば、現金化にスピードを求めるのであればスピードワンは検討の価値アリだと言えます。