タイムリーのクレジットカード現金化は安心して利用できる?特徴や換金率、入金スピードを徹底解説!

taimuri-

「至急、現金がほしいけど、本当にすぐ入金してくれるのかわからない」「換金率を教えてもらっても後から入金額が手数料などで減らされたくない」といったクレジットカード現金化業者を利用する上での懸念が世間では広がっています。業者はたくさんの数があり、どこが良いのかホームページだけでは判断できないという人も多いのではないでしょうか。そこで、本記事はどの業者を使えばよいかわからない方に換金率や入金スピードの面で比較的優良といえるタイムリー(Timely)という業者について解説します。

タイムリーが提供するクレジットカード現金化サービスの特徴

タイムリーは換金率や入金スピードに自身を持ってサービスを提供するクレジットカード現金化業者です。新規キャンペーンなどが実施されるなど、初回利用者のお得な利用を目指しています。特に審査のない点が安心して誰でも使えるのが特徴です。

現金化を初めて利用するんだが、初心者でも安心して申し込める業者を教え欲しい。
タイムリーなら利用説明や換金率などの面で安心して利用できるぞ。
タイムリーという業者はどのような現金化を行えるんだ?
タイムリーでは、現金化の中でもポピュラーなクレジットカード現金化を実施している業者なんだ。

タイムリーは現金化初心者に向いている安心の業者

タイムリーは、利用者が安心して使えるクレジットカード現金化業者です。タイムリーのクレジットカード現金化では、ショッピング枠を使って指定の通販でカード決済を行い、それをキャッシュバックして現金にします。通常の金融キャッシングや借入とはまったく異なるクレジットカード1枚でできる現金調達方法です。

タイムリーが安心とされるのは、ホームページに「あんしん宣言」を明記しているためです。その中で、利用者が不安に感じるような事柄に関して、支払いや手数料について利用中・利用後の安全性を具体的に提示しています。手数料に関しては特に安心できる記載があり、不明瞭な手数料を要求しないことが書かれているのです。

手数料説明による明確な還元率の提示

優良業者のタイムリーでは、手数料説明がしっかりしており、電話等で説明した以上の手数料が取られない仕組みを採用しています。つまり、業者から口頭で提示された手数料の他に別の手数料が勝手に取られる心配がありません。クレジットカード現金化業者の中には、よくわからない手数料を後から付け足す悪徳業者が存在します。説明時にどのような手数料か提示されるわけでもなく、振込の段階になって振込額から手数料分を減らすといったやり口です。そのため、タイムリーの手数料に関する安全性は保証されており、極端に相場より低くなることがないのです。

\無料見積りはこちら/

全ての国際ブランドに対応

タイムリーの特徴の1つにさまざまな種類のクレジットカードを現金化に使えるというものがあります。通常、クレジットカード現金化では、クレジットカードの決済を指定通販サイトで行うため、対応している国際ブランドやカードの種類(デビットカードやバンドルカード等)を用意します。それによってサービスを利用できるか否かが判明します。もし所有するクレジットカードに指定通販が対応していなければその業者を使うことができません。

例えば、クレジットカードには、有名な国際ブランド会社としてVISAやMastercard、JCB、American Express(アメックス)などがあります。ところが、JCBやDiners Clubは対象外という業者も少なくありません。American Expressは海外では使い勝手がよく広く知られていますが、日本では未加盟な業者もいるでしょう。タイムリーではカードの国際ブランドに関係なく現金化のための決済に利用できるのです。

最初から全ブランドに対応しておけば良いのでは?
国際ブランドに対応するためには通販サイトでそれぞれの国際ブランドに加盟する必要がある。それで初めて決済に対応できる。サイト制作やシステムの構築、加盟の手続きなどが余計にかかるため、コストや手間を減らすために一部のみ加盟して対応するというところが多いんだ。
タイムリーは国際ブランドを網羅しているから、国内で作れるクレジットカードの国際ブランドにすべて対応しているってことだな。
まさにその通り。他業者の中には、極端に国際ブランドを絞った「VISAだけ」、「VISAかMastercardのいずれか」のように所持しているクレジットカードによっては国際ブランドが対応していないケースもあり得るんだ。

支払い方法を選択できる

タイムリーは、支払い方法を一括だけでなく分割やリボを選択可能です。一般的に、現金化に必要なクレジットカードの決済では、必ず支払い方法を設定して指定の買い物をし、決済後に現金が振り込まれるという流れはタイムリーでも同じです。そして、支払った代金は、後日クレジットカード会社から請求が来ますが、その支払い方法によっては一括や分割にできるわけです。次の給料日では全額の支払いが難しいという方やまとまった支払いは負担が大きいという場合に、分割やリボにすることで支払いを分散できるという強みがタイムリーにはあります。ただし、分割やリボ払いにはカード会社の設定した手数料が発生し、最終的な総支払額は増えるため、利用の際には注意が必要です。タイムリーは繰り返し利用することで、自分の支払い条件にあった方法を選び直せるため、その都度リボや分割を指定し、金額が大きくなったときにも支払い方法を柔軟に設定することができます。

個人情報・セキュリティ万全

現金化ではクレジットカード決済があるため、換金率や支払い方法などとはまた違った安全面が心配の種です。タイムリーでは、個人情報の取扱を厳重に行っており、利用者の情報などが流出しないように取り計らっています。そして、決済時のカードセキュリティが万全なことで安心して現金化のための決済を行えるのです。また、タイムリーはクレジットカード現金化業者で起こりがちなカード事故やクレームなどがゼロと過去の実績からも利用者にとっての優良業者です。

カード事故って具体的に何のことだ?
カード事故は、現金化を利用した際に後日、クレジットカードが利用停止されたり、解約されたりといったトラブルが発生することだ。それが0件なのがタイムリーなんだ。
利用停止なることがあるって聞いたから、タイムリーなら安心だ。

来店不要、自宅で手続きが完結

タイムリーでは申込みや手続き、現金の受け取りに来店が必要ありません。申込みは基本的に24時間WEBフォームから受け付けており、必要事項を記入して問い合わせます。そして、フォームとメール、電話等で自宅からほぼオンライン完結する現金化です。特に来店が不要な点は、大きなメリットです。それは、来店に必要な時間やコストを省けるからです。何かと時間の制約が多い現代社会で、営業時間内に指定の店舗に来店することは難しい人が増えており、場合によっては夜遅くや深夜など手続き可能な時間帯は変わってきます。タイムリーは無店舗運営によるコールスタッフやメールによる対応手続きが可能です。そのため、来店が必要なく自宅や外出先などでスマホ1台から利用することができます。時間や場所の制限がないことで、地方や都市部に関係なく平等に利用できるというのも大きいでしょう。

審査なしで利用できる

タイムリーには、審査が不要というメリットがあります。現金を調達する手段には、基本的に審査や面倒な手続きが必要です。金融機関からのキャッシングや借入などは、審査に通過しなければ利用ができず、カードキャッシングにおいてもカード作成時の審査が必須となります。審査に通らなければ利用はできず、その際に確認されるのが信用情報機関の事故情報などです。特に、借金の対応やカード料金の遅延・解約、破産などは金融ブラックとして審査で落とされる大きな要因です。

普通はブラックだと審査に通らないのか?
審査のある金融機関の借入サービスは、最初に信用情報に問題がないかチェックするため、ブラックな状態で審査に通ることはまずないんだ。
じゃあ、タイムリーはなぜ審査がないんだろうか。
タイムリーは金融事業ではなくクレジットカード現金化で、買い物のキャッシングの一環として現金を振り込む。そのため、金融機関が通常行っているような信用情報機関を申込・審査時に確認することはしておらず、利用者を制限するような審査も用意していないんだ。つまり、タイムリーは利用要件さえクリアしていれば誰でも利用できるというわけだ。

収入証明が不要

審査なしに関連し、タイムリーでは収入証明などが不要です。タイムリーの提供するクレジットカード現金化サービスは、収入とは無関係に利用できるサービスであり、根本的に収入証明の提出が必要となることもありません。収入証明書で有名な「源泉徴収票」や「給与明細」などは、会社からの給与額を明示するもので、支払い能力の証明などに使われます。しかし、借入などで必要なことがありますが、クレジットカードさえ所持していればサービスを利用できるタイムリーの現金化方法には、支払い能力を確かめることにあまり意味はなく、手続き後に振り込まれるとその時点で契約が完了するサービスという特性上、収入が影響しにくいのです。同じ現金化でも後払い現金化や給与ファクタリングのように収入が関係する現金化では必要とはなりますが、タイムリーでは一切必要ないのです。

在籍確認なし

審査や収入証明書と同様に、タイムリーでは業者からの在籍確認がありません。在籍確認では、会社に直接電話をして在籍していることを確認する与信調査の1つに数えられます。在籍確認があると、まず会社に勤めている必要があり、フリーランスや無職、専業主婦・主夫の方は利用できないのです。何より、在籍確認は会社に現金化を利用していることが知られるリスクがあります。その点、タイムリーには在籍確認がないため、上記のデメリットなく現金化を利用できるのです。

タイムリーの換金率は最高水準

タイムリーの換金率は、標準的な業者に比べて高い換金率を誇っています。特に業界最高としている最大換金率98.6%は、キャッシュバック採用のクレジットカード現金化業者の中でも高い水準です。また、ホームページに掲載されている換金率表で確認できるように、90%を超える換金率が設定されており、金額単位で換金率が上昇する仕組みです。そして、重要なポイントとしては、1万円からの少額利用が可能なことでしょう。クレジットカード現金化業者の中にはまとまった金額(10万円から)しか申込みを受け付けていないところもあり、手頃な金額を換金したいという場合に対応できないケースがあります。そこで、タイムリーは「ちょっとした請求書の支払い」や「祝儀に足りない金額の補填」など、数万円のみを利用して不足分を補う、「生活費の足しにする」といった使い方が可能です。

《換金率表》
1万円~ 93%
10万円~ 94%
30万円~ 96%
50万円~ 98%
100万円~ 98.7%

タイムリーの換金率表は93%以上の表記だけど、本当に高換金率が適用されるのだろうか?
換金率表は最高値の表示で、初めて利用した人がすぐにその換金率を適用してもらえるというわけではない。ですが、普通に10万円前後を利用したとしても約80~83%の安定的な現金化を受けられるんだ。それから、提示した還元率をそのまま入金するというのも優れている点の1つ。極端に入金額を下げるなどの悪質な行為を行わず、すべて事前に説明したうえで振込金額の約束をしてくれる。このように、安心安全のクレジットカード現金化業者だぞ。
70%台や60%を下回る業者もいると聞いたことがあるから、80%台を安定して現金化してもらえるのは確かに優良な業者だ。だけど、90%以上の換金率を欲して申し込んだ人には、その通り適用されないのはがっかりする部分でもあるな

タイムリーは即日対応で日時厳守

タイムリーは即日振込みを可能とするクレジットカード現金化業者です。勝手に日程を数日ずらされる等の不誠実な対応をせず、入金スピードを不安に感じている利用者が安心できます。

申し込んだその日のうちに現金化した分を口座で受け取りたいんだが、スピード対応はどうなっている?
タイムリーでは、即日の最短数分での現金化をしているんだ。だから、申込みが午前、昼など早いほど即日で現金化できる。銀行がモアタイムやネットバンクに対応しているなら、夕方や深夜の時間帯でも現金をすぐに受け取れるぞ。

最短5分で振込

タイムリーでは2回目以降に最短5分からの振込みを実現します。現金化では振込のタイミングが利用する業者を決める大きな要因となることがあり、急いでいる利用者も多いことからできるだけ早く入金されることが喜ばれます。タイムリーはではリピーターへの対応が早く、手続きなどの時間を最小限にし、たった数分での振込すら可能とします。ただし、初回利用の場合には、数十分かかるため振込まで1時間ほどを目安として入金手続きを待つ必要があります。

土日祝日の振込対応

入金の日程で気になるのは、土日祝日に入金が実施されるかどうかです。特に休みの日に申し込んでも次の営業日まで振込手続きは待たなければならないこと。こうした曜日による影響がさまざまな現金化業者で起こることは珍しくありません。タイムリーは、年中無休の土日祝日対応をしており、24時間送金が可能です。同時に、平日の15時以降に地方銀行への振込という利用者にも即日対応しています。深夜振込にも対応するなど、モアタイムシステムの活用で振り込まれても銀行の翌営業日まで待つ必要がないのです。

タイムリーを利用する際に気をつけること

タイムリーを利用するうえで何か気をつけるべきことはあるだろうか?
タイムリーはクレジットカード現金化業者だ。決済にはクレジットカードを使うが、その名義が本人のものである必要があるんだ。他人名義のカードは一切使えないぞ。
なるほどな。ちなみに、利用金額は業者が指定するのか?
いや、自分でショッピング枠と相談して決めるのがセオリーだ。業者にいくら欲しいかを相談して、利用金額を決めるという手もあるが、まずはショッピング枠の残りがいくらあるのかを把握していないと金額を決めることはできないんだ。枠以上の金額を使うことは原則できないからな。

クレジットカードや振込口座が本人名義

タイムリーでは利用時にクレジットカードが本人名義と一致していない場合、現金化のサービスを受けることができないのです。一般的に家族のクレジットカードを使うことがあり、それを現金化で利用しようとする利用者も少なくありません。しかし、タイムリーは申込みの名義と身分証、振込口座、クレジットカードのすべてが一致しなければ最後まで手続きを進めることができないのです。また、基本的に了承なく他人名義のクレジットカードを利用することは規約などで禁止されているため、家族間であっても本人名義以外のクレジットカードを使えません。以上のことから、本人名義のクレジットカードを利用することが利用するうえでの前提条件です。

公式サイトの申し込みフォームに不安がある

タイムリーの公式サイトは、ランディングページにそのまま最後のほうに問い合わせフォームがあります。しかし、サイトページの認証はSSLを採用していないという欠点があります。SSLでは鍵暗号化して情報のセキュリティを高める機能があり、それを利用していないページでの個人情報送信は若干のリスクがあります。

じゃあ、公式サイトから申し込むべきではない?
いいや、そうとは言い切れない。実は、入力内容が少ない簡易フォームなんだ。個人情報は名前や電話番号、メールアドレスくらいで、カード情報が漏洩するなどの甚大なものではない。そのため、利用者の自己判断に委ねられるんだ。安全性を気にする方の中でもネットでの情報送信に不安のある方はその点をふまえて利用を検討して欲しい。

ショッピング枠で利用額を確保する

タイムリーの現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用したキャッシュバック方式のため、利用する金額分のショッピング枠をあらかじめ空けておく必要があります。すでに残高いっぱいまで利用しているという場合、クレジットカード現金化を使えないのです。ショッピング枠はクレジットカードを作った時に設定したままが多く、初期設定からそれほど増やせないという特性があります。したがって、ショッピング枠があまり高くなく、すでにクレジットカードをショッピングなどで利用している場合はあまり高い金額を現金化できないことに気をつけましょう。

安定した高換金率&即日現金化はタイムリー

タイムリーは高い換金率と少額でも安定した換金率で現金化を可能とします。土日祝日や平日の15時以降でも送金が行われ、深夜時間帯の対応もしています。注意すべき点としては、本人名義しか利用できないことやホームページの送信フォームにSSLが採用されていないことです。審査なしの来店不要というメリットは利用するうえで大きなポイントです。「まとまった現金を手に入れたい」、「気づいたら減額されているような悪徳業者を避けたい」、「手数料が明瞭な業者を使いたい」という方は、換金率の説明などが明確なタイムリーの利用を検討しましょう。