現金化業者『トータルライフ』口コミ・評判評価の最新情報

to-taruraifu

トータルライフならクレジットカード現金化を安全性重視で行えるってホント!?

創業8年以上の実績を誇るトータルライフは、クレジットカード現金化を行う際に安全性を重視している現金化業者です。クレジットカード会社から見た時に、一般的な加盟店での買い物という状態を常に考えた上で決済を行っているので、キャッシュバック方式による現金化を行っている限りは安全に現金化出来ます。では、トータルライフは他の現金化業者とは異なり、どのような特徴があるのでしょうか。

トータルライフは便利

トータルライフは総合型のクレジットカード現金化業者

トータルライフは、キャッシュバック方式を主に採用した現金化業者ではあるものの、創業から8年以上継続して営業しているために他の現金化方法についても状況により対応可能です。老舗の現金化業者ほど最初は商品買取方式による現金化業務から始めて、より安全性が高いキャッシュバック方式へ移行してきた歴史があります。しかし、利用者の希望により買取方式による現金化を全く行わないわけでは無いと知っておけば、キャッシュバック方式だと聞いていたにも関わらず買取方式による取引だったという事態を防げます。実際にトータルライフで行われている現金化について、特徴的な部分は次のような点です。

トータルライフの換金率表は3つのプランが用意されている

公式サイト上に掲示されている換金率表には、以下のように3つのプランが用意されています。

金額スーパー即日プラン応援キャンペーンプランスタンダードプラン
3~30万円88%90%92%
31~50万円90%92%94%
51~100万円94%96%要相談

スーパー即日プラン

トータルライフへの申し込み手続きが完了し、商品購入手続きを行った際にクレジットカード決済が完了した時点で即日銀行振込手続きを行うプランです。平日15時以降の手続きであっても、ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行といったネット対応銀行ならば、当日中の入金を受けられます。他のネット銀行については、トータルライフへ都度確認を行うことにより、即日入金が可能です。

応援キャンペーンプラン

換金額20万円以上の場合に限り、応援キャンペーンを利用可能です。クレジットカード決済完了から3日~5日程度で入金が行われます。スーパー即日プランよりも入金までの待ち時間が長いため、換金率として平均2%程度アップさせたプランです。

スタンダードプラン

計画的な現金化を行う際に換金率重視で利用するなら、スタンダードプランが適しています。クレジットカード決済より7日~10日後に入金されることから、待ち時間が長くても換金率さえ高ければ良いという考え方による計画的な利用に適しています。クレジットカード決済承認が確定した時点を基準としているので、トータルライフ側でクレジットカード会社による決済承認取り消しリスクを負わずに済むため、最高額の換金率を維持出来るわけです。

キャッシュバック方式による現金化だからこそ安全性が高い

トータルライフが採用しているクレジットカード現金化は、キャッシュバック方式と呼ばれる商品売買契約の特典として現金キャッシュバックを受けられる方法による現金化です。商品売買契約は、クレジットカード決済による支払いと発送された商品受け取りによる引き渡しがセットとなっていて、支払いと引き渡しにより有効に商品売買契約が成立することでキャッシュバック特典も有効となります。従来から行われていた商品買取方式では、クレジットカード決済にて購入した商品の所有権が立て替え払い期間中はクレジットカード会社に帰属することから、所有者の許可を得ずに勝手に売却する他人物売買が問題となっていました。キャッシュバック方式ならば、商品の引き渡しが完了しているので、他人物売買という問題は発生しません。トータルライフと利用者の間では、キャッシュバック特典付き商品の売買契約が無事に完了したというだけの話であって、一般的なネット通販と同じ流れにて取引は完了します。老舗の現金化業者ほどキャッシュバック方式へ移行している背景として、安全性が高く合法的なクレジットカード現金化方法となっているからです。

買取方式による現金化を利用したい場合には要相談

8年以上の営業実績を誇るトータルライフは、クレジットカード現金化業者としての歴史が長いので、かつては商品買取方式による現金化を主に行っていた時期があります。このため、キャッシュバック方式による現金化をどうしても行いたくない場合に限り、買取方式による現金化を利用できないか相談することが可能です。キャッシュバック方式による現金化を拒否したいと考える利用者が出る理由を知れば、買取方式による現金化も選択肢に入れることでクレジットカード現金化のキャンセルを防止出来ます。

キャッシュバック方式ではクレジットカード決済をトータルライフが行う

キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化を行う際には、トータルライフでは以下の2点を画像データとして本人確認書類に使用します。
①顔写真付き身分証明書の両面画像データ
②クレジットカードの両面画像データ
クレジットカードの裏面には、署名とセキュリティコードがあるので、セキュリティコードを伏せずに渡すことに何色を示す人が少なくありません。しかし、トータルライフのキャッシュバック方式による現金化は、決済代行会社を通して一般的な買い物を行った処理を行うので、トータルライフに任せてクレジットカード決済を行うことになります。クレジットカード裏面画像データを提出出来ない場合には、買取方式による現金化へ切り替えてもらうしかありません。

トータルライフの特徴を理解しよう

数多くあるクレジットカード現金化業者の中からトータルライフを選ぶためには、トータルライフならではの特徴にメリットを感じていないければなりません。キャッシュバック方式を採用しているクレジットカード現金化業者は、老舗を中心として数多く存在しているので、創業8年以上の実績があっても珍しいとは限らないわけです。トータルライフならではの特徴として、以下の3つを把握しておくと良いです。

「商品配送料」「代引き手数料」「振り込み手数料」の合計6%の手数料3つが無料

キャッシュバック方式による現金化を行っているトータルライフでは、他社ではごく一般的に現金振込額から控除されている3つの手数料について無料としています。「商品配送料」・「代引き手数料」・「振り込み手数料」という3つの手数料は、合計して6%程度の額となりますが、トータルライフでは無料としているわけです。トータルライフの公式サイト上に掲載されている換金率は、あくまでも最大値であってクレジットカード決済手数料が特別安い場合の数値が表記されていて、消費税を含んだ換金率となっています。このため、実際に現金振込される換金率は、換金率表から消費税と利用したクレジットカードとカード決済手数料が最安の手数料との差額を控除した金額です。

女性向けキャンペーン適用で換金率1%アップ

トータルライフでは定期的なキャンペーンを実施しており、多くの場合で女性向けに換金率1%アップキャンペーンを行っています。トータルライフの女性限定換金率1%アップ施策は、申し込み時にキャンペーン適用宣言を行うことにより初めて適用されるので、女性が申し込みを行ったからといって自動適用されることはありません。女性限定キャンペーンを利用して換金率を1%アップさせるためには、法的に女性であることを確認しなければならないので、写真付き本人確認書類に加えて健康保険証の画像データ提出が必要です。あくまでも基準となるのは法的な性別が女性という点であって、外見は一切関係ありません。クレジットカード現金化サービスは、本来性別に関係なく需要があるにも関わらず、女性利用者の割合が少ない傾向にあります。トータルライフは、少しでも女性利用者の割合を増やしたいという理由により女性向けキャンペーンを行っているわけです。

自分でWeb決済するかどうかを選べる

トータルライフが他のクレジットカード現金化業者と最も異なる点として、指定商品購入時のクレジットカード決済手続きを代行してもらえるという点です。トータルライフにクレジットカード決済を任せるならばキャッシュバック方式を利用できますが、自分でWeb決済を行う場合には買取方式へと案内が変更となります。なぜなら、指定商品の買取を行う際にはトータルライフへ商品が到着してからの査定開始となるためです。
・トータルライフへクレジットカード情報を渡して決済を任せるならキャッシュバック方式
・トータルライフへクレジットカード情報を渡さずに現金化するなら自力で決済を行い送付した商品の買取依頼を行う
上記のような2通りのパターンから利用者の好みに合わせて現金化サービスを利用可能です。どちらの方法で行うか選択を迫られるわけではなく、トータルライフの担当者と電話中の会話内容から案内される取引方法が決まります。本人確認書類をクレジットカード決済前に行わなければならないことは、取引方法の確定だけでなくクレジットカード決済手数料が何%となるのか確認するためでもあるわけです。本人確認だけならば顔写真付き身分証明書のみで良いわけですが、紛失盗難クレジットカードを使われないようにするためにもクレジットカード情報については慎重にチェックを行います。

トータルライフを利用する前に確認しておくポイント

クレジットカード現金化業者を初めて利用する場合には、本当に信頼出来る現金化業者なのか自分で納得出来るまで調べてから判断する必要があります。では、どのような点を確認しておけば良いのでしょうか。

所在地の確認を忘れずにしておく

トータルライフは創業時から現在の位置に移転した上で営業を継続しており、会社概要欄には所在地として東京都中央区銀座一丁目という表記しかありません。同じ地域にある現金化業者の数は2桁にものぼるため、正確な番地表記まで無ければいざという時に利用者は泣き寝入りするしかありません。東京都中央区銀座一丁目27番8号が実際の所在地であって、複数のクレジットカード現金化業者が入居しているビルとなっています。トータルライフへの問い合わせ時に本人確認まで済ませれば、詳細な所在地情報を開示してもらえるので、実際の取引前に確認しておくことが望ましいです。

電話対応は平日9時~21時のみ

公式サイトに記載されているフリーダイヤルは、対応時間帯の記載が無いものの電話対応は平日9時~21時迄となっています。申し込みWEBフォームを利用した場合、連絡希望時間帯として1時間刻みにて希望を出すことが可能です。9時スタート最終が20時迄となっており、電話対応終了時間帯間際の折返し連絡は行っていないことが分かります。他のクレジットカード現金化業者とは異なり、主な営業時間が平日となる点に注意が必要です。WEBフォームによる受付は24時間365日いつでも可能ですが、実際の銀行振込手続きは平日受付完了時に順次処理される点に注意しなければなりません。

実際の換金率に対する回答は本人確認書類送付後となる

トータルライフの換金率は、公式サイトの換金率表に記載されている換金率から、消費税とカード決済手数料の差額を引いた金額となっています。公式サイトの換金率表はあくまでも最大値であって、実際にはクレジットカード決済手数料が高いクレジットカードほど換金率は下がる仕組みです。トータルライフ自体の問題では無く、加盟店へクレジットカード決済会社が求める決済手数料の高さがそのまま換金率に響いてしまいます。実際の換金率についてトータルライフへ電話問い合わせを行っても、明確な回答は最初の段階では得られません。なぜなら、クレジットカード現金化業者間では、競合他社に対する換金率調査が頻繁に行われているので、本人確認を行う前の段階では正確な換金率を答えないことにしているからです。本人確認を済ませた上で換金率について質問を行い、納得出来た場合に初めて正式な商品購入手続きに入る必要があります。

キャッシュバック方式を利用しないと換金率が70%まで下がる

クレジットカード現金化を行う際には、クレジットカード利用停止や強制解約といったリスクをなるべく避けつつ高換金率を目指すことが一般的です。安全性を重視した取引ならばキャッシュバック方式が望ましいですが、クレジットカード裏面情報の提出を拒否したい場合には、セルフ決済を行える買取方式による現金化を行うことが望ましいです。トータルライフでは、主に家電商品やamazonギフト券といった換金率が比較的高い商品を利用します。しかし、キャッシュバック方式とは異なり、買取方式では相場変動の影響を受けやすいためにタイミング次第では実際に受け取れる換金率が70%を切ってしまうことすらあります。

買取方式を希望する場合には古物営業許可番号の確認が必須

トータルライフはキャッシュバック方式を主に採用しているので、会社概要欄には古物営業許可番号の記載がありません。しかし、無店舗型の営業を行っているトータルライフと買取方式によるクレジットカード現金化を行うためには、トータルライフが正規の古物商であることを確認しなければなりません。正規の古物商へ買取依頼するためには、クレジットカード決済を行う前に古物営業許可番号を聞いた上で東京都公安委員会の公式サイト上に掲載されている古物商URL届け出一覧と見比べる必要があります。もし買取方式にて正規の古物商以外と取引を行った場合には、古物営業法に定められた利用者の保護を受けられないので、送金トラブルが発生した際には保証が一切無くなります。このため、トータルライフを使ったクレジットカード現金化は、キャッシュバック方式を行う方法が無難と考えられるわけです。

買取方式では高い還元率をなぜ期待出来ないのか

クレジットカード決済により購入した商品を現金化する場合には、現物商品がトータルライフへ届いてからでなければ査定が出来ないために買取が出来ません。すぐにトータルライフへ届く商品に限定される時点で高換金率商品の一部が対象外となるわけです。また、新幹線回数券や特定のブランド品については、複数同じ商品を購入するクレジットカード会社のチェック対象となってしまうので、クレジットカード利用停止リスクが高まりやすくなります。そこで、家電製品や一部デジタルチケットが買取方式を利用する際の取扱商品となるわけです。すると、最高還元率での現金化は、購入商品をある程度絞り込まなければならないために無理だと分かります。キャッシュバック方式ではトータルライフ側でキャッシュバック付き商品を用意していますが、買取方式では第三者からの購入です。クレジットカード決済を行う時点で既に換金率に差が出てしまうことから、買取方式では高い還元率を期待出来ません。

トータルライフはどのようなタイプの人にメリットが大きいのか

数多くのクレジットカード現金化業者が営業している中で、リピーター率87%という驚異のリピート率を誇るトータルライフは、どのような希望を持つ人に取引のメリットが大きいのでしょうか。クレジットカード現金化は、商品売買契約が基本となるので、信頼できるしっかりした現金化業者を見つけることが何より重要です。取引内容を納得した上で行えば、スムーズに現金を手に入れられます。

キャッシュバック方式による現金化を行いたいと考えている人

トータルライフが得意とする現金化方法は、キャッシュバック方式です。商品売買契約の特典としてもれなく誰でも現金キャッシュバックを受けられるという景品表示法に定められたもれなく型の例外規定により、10%を超えるキャッシュバックを可能としています。実際に自宅へクレジットカード決済後に購入商品が届くので、受け取りまで完了して初めて取引が完了となる仕組みです。トータルライフは複数の現金化プランを用意しているので、現金をいつまでに手に入れたいかという希望に合わせて取引方法を選択出来ます。買取方式よりも高い換金率にて現金化出来るだけでなく、安全性が高いキャッシュバック方式ならば最初から分割払いやリボ払いが出来るメリットがあるわけです。トータルライフならば、キャッシュバック方式によりクレジットカード利用停止リスクを極力避けて現金化したいと考えている人に向いています。

20万円以上の現金化を1週間程度かけて換金したい人

クレジットカード現金化業者には最低換金額が存在しますが、トータルライフでは3万円~100万円の範囲内を1回の取引と定めています。中でも応援キャンペーンプランならば、スーパー即日プランとスタンダードプランの中間となるクレジットカード決済にて3日~5日後の入金を条件として換金率を高めることが出来ます。20万円以上の現金化が条件となるので、少額決済ならば他のプランを選択する必要がありますが、ある程度まとまった金額の現金化を行いたいならば利用してみると良いです。複数枚のクレジットカードを合算しての利用も出来るので、最初から利用したいクレジットカードを全て提示して、最も換金率が良い組み合わせをトータルライフへ相談してみれば効率が良くなります。全く同じ金額のクレジットカード決済を行っても、入手可能な現金額に差が出るので、トータルライフならば実際に資金が必要なタイミングから逆算して現金化手続きが可能です。

繰り返しリピーターとして利用したい人

トータルライフは創業から8年以上の実績があるだけでなく、必要に応じて移転や公式サイトのリニューアルを行っているので、安心して取引可能なクレジットカード現金化業者として繰り返し利用しやすいです。なぜなら、クレジットカード現金化業者の多くは3年以内に廃業または屋号変更を行っているので、老舗と呼ばれる部類に入るクレジットカード現金化業者は貴重な存在だからです。老舗の現金化業者ほど複数の現金化手段を用意しているので、状況に合わせて常に最も安全な方法を提案してくれます。一度クレジットカード現金化を行ってから暫くした後に改めて現金化しようと考えた際には、新たに現金化業者を探す手間は計り知れません。トータルライフなら老舗ならではの次回利用時に安心して取引できるというメリットがあります。初回利用時とは異なり、2回目以降は電話番号や住所に変更がない限りは本人確認は済んでいると見做されるので、スムーズな取引が可能です。

トータルライフはクレジットカード現金化を安全かつ高換金率で行うノウハウを持っている

営業実績が8年以上と長いトータルライフは、キャッシュバック方式を採用した安全性重視の現金化業者として知られています。現金化サービスを利用する人の多くがリピーターとなっていて、換金速度に合わせた3つのプランから好きな方法を選んで現金化可能です。換金率を少しでも高める方法として、トータルライフのプランは内部処理を変えているので、クレジットカード利用停止リスクを極力避けて運用しています。

おすすめクレジットカード現金化業者

他の現金化業者も気になる所だと思います
下記が現金化業者の一覧になっていますので一度目を通して
自分にあった現金化業者を探してください

その他のおすすめ業者

ギフトクレジット
換金館
スピードクレジット