Tポイントカードって現金化できるの?

tpointp

Tポイントカードとは?

Tポイントとは全国で使えるポイントサービスで、お金に交換してポイントを利用することができます。他にもANAのマイルや商品とも交換できるので、利便性があります。基本Tポイントは200円で1ポイントのところもあれば100円で1ポイントという換金率の高いところもあります。Tポイントは毎回に支払いで提示することでポイントが溜まってきます。
ファミリーマートでは購入する商品によってはポイントが3倍というイベントもあるので、貯まりやすくて人気です。また、Tポイントカードは簡単に発行できるのと、全国の提携先で作れます。そのため、作成に審査などがないので、誰でも所持できるという特徴があります。しかし、Tポイントカードにはクレジットカードの機能がついている物も存在します。この場合はクレジットカードの審査が必要になるので注意が必要です。クレジットカード機能付きのTポイントカードならポイントが倍になるなどの特典もあるので、おすすめです。
また、このTポイントはビデオやCDなどのレンタルサービスで有名なTSUTAYAでレンタルする際には必須になるカードでもあるので、ほとんどの人が持っているはずです。
そのため、今回の記事を読んでおけばすぐにいらないポイントを現金化できます。
Tポイントカードの現金化は多くの方法があるので、自分にとってメリットな現金化をするのが最適です。例えばアマゾンギフト券を購入しての現金化やジャパンネット銀行への振り込みなどさまざまです。
Tポイントはイベントなどで、自分が商品を購入しなくても無料で手に入るケースもあるので、比較的メジャーで集まりやすいポイントでもあります。
クレジットカード会社では、カードの作成だけで5000円分のTポイントをサービスしたりと、需要がかなり高いサービスでもあります。Tポイントは1ポイント1円で利用ができるのでコンビニで発生する2円などの金額をポイントで支払いをすませる人もいますが、コンビニでこまめに使うよりもためて、現金に換える方が、ポイントの使い道も広がるので現金に変えられるぐらいのポイントがある場合は、現金化での利用が最もおすすめです。

Tポイントってそんなに便利なの?
コンビニでも使えるし少しでもキャッシュバックできるからおすすめだぞ!

Tポイントのメリット

Tポイントには多くのメリットがあります。加盟店が多いというメリットがあります。ファミリーマートを中心に多くのお店で利用ができるので、現金化するためのポイントを稼ぐことができます。そして、こんなお店でも使えるのかと驚かされることもあるほど多くのお店で導入されているので、おすすめです。
そして、TポイントはANAマイルに交換できるので、飛行機を頻繁に利用する人にはお得です。500ポイントで250マイル分も使えるので少しでも飛行機を安くしたい人におすすめです。ANA
マイルに交換する際には、500ポイントごとの交換になるので注意が必要です。
ANAマイルの交換は現金化のように変える感覚と同じで交換先も多くあるので自分が使いなれているところをおすすめします。
ウエルシアでは、通常ポイントの1.5倍ものポイントを獲得できるので、おすすめです。そして、ウエルシアでは毎月20日は感謝デーで200ポイント以上のポイント利用で1000ポイントが1500円分の価値になって利用できるのでおすすめです。
ウエルシアは日用品の他にも食料などもあるので、使用率は高まります。
Tポイントの還元率は基本は200円で1ポイントですが、100ポイントで1円の還元率のお店もあるので、お店を考えて利用するのがおすすめです。
クレジットカードの決済でもらえるポイントがさらに異なります。そのため、Tポイントが導入されたクレジットカードの発行もポイントを貯めるにはおすすめです。
クレジットカードならヤフーカードのTポイント機能が人気です。ヤフーカードのTポイントは系列店ではなくても支払いだけでTポイントが貯まるので、現金化をより効率的にしたい人に人気のクレジットカードです。ヤフーカードでヤフーショッピングやロハコを利用するとポイントが3倍も貯まるというお得なサービスもあります。そのため、頻繁にヤフーショッピングで買い物する人は発行が必須になります。
ソフトバンクカードもTポイントを効率よくためるのにおすすめです。VISAカードの加盟店でソフトバンクカードを利用すると、Tポイントの系列店ではなくても200円ごとで1ポイントも獲得できるので人気です。そして、ソフトバンクの携帯を利用している人は携帯料金もソフトバンクカードで支払うとTポイントを獲得できます。そしてTポイントにもランクがあるので、ポイントの還元率が異なります。自分のランクを上げることでさらにポイントを多く獲得できるのでおすすめです。

メリットも多くあるね!
ポイントの倍率が高い時に行くのがおすすめだぞ!

Tポイントカードのため方とは?

Tポイントのため方はいくつかあります。Tモールとはネットショッピングすると、Tポイントが貯まるシステムです。その他にもゲームでも獲得できるので、ルーレットやビンゴで楽しみながらポイントを獲得できます。
セブンネットショッピングなどのTモールを経由すれば多くの現金化できるポイントを稼げます。
キャンペーンもあるので、一発大当たりで多くのポイントを獲得できる人も多くいます。そして、一番はコンビニなどで使うのを控えることです。コンビニで使ってしまうと、ポイントがなくなってしまうので、使わない癖をつけるのがおすすめです。
そして、Tポイントを確認するためにはTポイントの公式アプリケーションがおすすめです。ここで確認することで、自分が現金化させたいTポイントの数をイメージできるので必須です。また、アプリケーション内でスロットをして、獲得したりと現金化の金額を増やせるので必要になります。
しかし、注意するべき点はいくつかあります。それはポイントがいつ反映されるかです。実際、お店によって反映されるタイミングが異なるので注意が必要です。
そして、洋服の青山やアシックスなどのファッションの購入でも使えるので幅広いカテゴリーでつかえるのでおすすめです。

Tポイントカードのデメリット

Tポイントのデメリットはいくつかあります。Tポイントはカードの提示しわすれでポイントを貯め忘れてしまうことが多くあるのでデメリットです。
ポイントの倍率が異なるので、たまりにくいという問題があります。また、クレジットカードは審査が通りにくいという問題があります。審査に関しては、普通のクレジットカードと同じなので、過去に支払い遅れがあると審査に通らないという問題も発生するので注意が必要です。
そして、還元率が悪いというデメリットがあります。これは他のポイントと比較しても還元率が悪いので、期間限定の倍率が高い日などを狙って稼ぐのがおすすめです。
Tポイントカードの還元率は0.5%と他の1%と比較しても低いので現金化をしようとしても金額が少なくなってしまいます。
イベントなどで獲得できる大型のポイントを現金化するなど、工夫が必要になります。

Tポイントの現金化の方法

ジャパンネットは日本で初めてのネット銀行で、ヤフーの資本も入っているほどの有名な銀行です。Yahooが資本で関わっているので、ヤフー関係でこの銀行を利用すると便利でお得になります。このジャパンネット銀行はTポイントの現金化も提供しているので、Tポイントを銀行の口座で現金に変えられます。ヤフーショッピング、ソフトバンクで貯めたポイントを銀行を通じて現金化するので簡単です。1000ポイント以上で現金に交換できるので、注意が必要です。100ポイントが85円で15%ほど手数料で引かれますが、現金化はできるのでおすすめです。
しかし、期間限定のポイントは現金化できないので、通常ポイントのみでの現金化になります。
Amazonのギフト券をTポイントで購入して現金化させる方法もあります。
これは、ジャパンネットの現金化の方法よりも還元率が高くなるので、おすすめな方法です。
この場合、ヤフーオークションなどで出品するなどの方法があります。ヤフーショッピングならば4%から10%オフで取引してくれるので、少しでも多くの現金を確保したい人に、適した方法です。
また、Amazonギフト券は価値が大きく変わるものでもないので、安定した取引を実現できます。日常的にAmazonのギフト券を入手できる人もオークションで出品すればすぐに現金に変更できるので、至急にお金が欲しい人におすすめです。アマゾンギフト券の他にもTポイントで購入可能なものがあれば、ヤフーオークションに出品して現金化してみるのも良いですね。
注意点としてはヤフーオークションは月額のヤフープレミアムに入会しないと出品できないルールがあるので、あらかじめ、会員であることをおすすめします。
新規の入会ならば手数料がかからないこともあるので、その時のイベントをチェックしての入会が必須です。
商品券もヤフーオークションで現金化ができます。商品券は物によっては有効期限のある券もありますが、基本現金化ができます。
価値のあるものならば高い金額で落札されることもあるので、チェックが必須です。
Tポイントで購入できる商品券はいくつかあるので、チェックが必須になります。
他の方法にネオモバイル証券のTポイント投資というシステムを利用することでTポイントの利用を可能にします。
このシステムで購入した証券をすぐに売却することで現金を獲得します。この際、Tポイントで購入するので、自分のお金は発生しません。
ネオモバイル証券では1ポイントを1円で購入できるので5000ポイントもっていたら5000円分になります。
どのサービスも現金化を簡単にしてくれるので便利でおすすめです。ニーズによって異なるので、とにかく早く現金が欲しい人や換金率を高くしたい、手数料の数を減らしたいなど人それぞれなので、ニーズを知っておくのも必須になります。

現金化って簡単にできるの?
サービスによって還元率が異なるので、注意が必要だね!

Tポイント現金化の注意点

現金化の注意点に、期間限定のTポイントは利用できないという問題があるので、知っておく必要があります。このポイントの種類はTポイントの公式アプリケーションなどで確認できるので、確認してからの現金化がおすすめです。
もし、期間限定のポイントが多い場合はギフト券の購入でオークションに出品して現金を獲得するなど、方法は多いです。
Tポイントカードはなくしやすいことで有名です。なくしてもそこまで大きな被害になりませんが、クレジットカード機能が付いていると、危険を伴うので注意が必要になります。
換金率の相場は会社やサービスによって大きく異なります。
自分の求めている現金が獲得できるのかの確認というのは必須になります。オークションで商品券の売却の際に注意する点が、その書品券は期限が間に合っているのかというポイントです。期限が過ぎていると、価値がさがります。しかし、物によっては価値のある券の場合もあるので、注意が必要です。大体価値のない件は期限が過ぎていることがほとんどなので、あらかじめ自分の売却予定の券を知っておくのも重要です。

Tポイントを現金化してキャッシュを増やそう!
今回の記事では多くの人が利用するTポイントカードの現金化を紹介しました。現金化はTポイント以外のサービスでも可能ですが、換金率が異なります。自分が思っていた金額とことなることは頻繁にあります。
現金化できない場合もあるので、注意が必要になります。
もし、使用しない、期限が過ぎている商品券やギフト券があればすうに現金化にするのがおすすめです。自分の趣味で使う機会が多い人や少ない人もいますが、現金化する金額も考えての取引がおすすめです。Tポイントは獲得できるポイントの数がお店によって異なるので、クレジットカードなども利用して少しでも多く撮れることにも期待しています。
現金化の際にはいくつか注意点もあって、損をして取引する人もいるので危険です。
クレジットカードは審査が通らないと発行できないので、そこも慎重に、本当に自分にはクレジットカードが必要なのか、現金化することが必須なのか、考えてからをおすすめします。
Tポイントは今の日本のポイントサービスでは一番と考えていいほどの人気があるので、少しでも早くポイントへの換金を確認します。