クレジットカード現金化で業者を使わずに自分でする方法18選!クレカ以外の方法や注意点も徹底解説

クレジットカード現金化で業者を使わずに自分でする方法18選!クレカ以外の方法や注意点も徹底解説

現金化といったらクレジットカードを現金化する方法を思い浮かべるのではないでしょうか。
クレジットカードを使って自分で現金化する方法もありますが、現金化の方法はほかにもあります。

今回は、業者を使わないで自分で現金化する方法やリスク、注意点などを紹介していきます。
現金化について知識を深めて、賢く現金を手に入れましょう。

このページで解る事

クレジットカード現金化は何のためにする

クレジットカードの現金化とは「ショッピング枠のあるクレジットカードを現金化する方法」です。

クレジットカード払いのみで利用可能なショッピング枠を現金に換金することで、簡単に現金を入手できます。

カードローンを利用する場合は審査がありますが、現金化の業者に頼めば簡単に現金が振り込まれます。
最近はキャッシュレス決済が浸透していますが、まだまだ現金が必要になるシーンは少なくありません。

  • 結婚式のご祝儀
  • 現金しか利用できないお店でのショッピング
  • 医療費の支払い
  • 家の修繕費用やメンテナンス費用

など現金が必要なシーンは多数存在します。

急に現金が必要なことはまれではありません。
突然「現金が足りない」という局面に見舞われた場合に、現金化を使う方が多くいます。

現金化ってクレジットカードのショッピング枠を使うのか。
簡単に現金が手に入るなんてすごい仕組みだね。
次はクレジットカード現金化を解説していくぞ。

クレジットカード現金化を解説

クレジットカード現金化を解説
現金化の主流は「買取り式」と「キャッシュバック式」という方法です。

それぞれには少し違いがあるので1つずつ見ていきましょう。

買取り方式

買い取り式とは、業者が決定した換金率のよい商品をクレジットカードで購入して、業者に買い取ってもらうことで現金化する手法です。

簡単な方法なので現金化業者が使う手段では代表的な方法です。

キャッシュバック方式

現金化するうえでのキャッシュバック式は、クレジットカード会社が決めた商品を購入し、その恩恵として現金がキャッシュバックされる方法です。

現金に加え商品を手にすることもできますが、現金化するための購入商品は安い物が多いです。

クレジットカード現金化の手順

業者を使わないで「自分で現金化する方法」と「現金化業者に依頼する方法」の2つの方法に大きくわけられるよ。
2つを理解して知識をみにつけよう

業者を使わないで自分で現金化する方法

業者を使わないで自分で現金化する方法
クレジットカード現金化を業者でなく自分でする方法です。

1.換金率の高い商品(ゲームや最新家電など)をクレジットカードで買う
2.中古ショップなどで商品を買い取ってもらう
3.現金を入手

自分で換金率の高い商品をリサーチして購入し、買取り店で依頼する必要があるので時間と手間がかかってしまいます。

しかし換金率のよい商品を選択すれば思いのほか多額のお金を入手することも可能です。
また、業者に支払う手数料などもないので現金が多く手に入るメリットもあります。

業者を利用して簡単に効率よく現金化する方法

業者を利用して簡単に効率よく現金化する方法
クレジットカード現金化を現金化業者に依頼する場合の流れです。

1.現金化業者に申請する。
2.業者が決めた商品を購入して、買い取りしてもらう
3.現金を入手

現金化業者指定の商品は、インターネットで商品を購入するため素早く現金を入手できます。
換金率は自分で現金化するよりだいたい決まっているので安心です。

すぐに現金が手元に欲しい方に向いているでしょう。

現金化するときに必要なものってなんだろう。
次はクレジットカード現金化の時に必要になってくるものも紹介していくぞ。

クレジットカードを現金化する際必要なものは?

クレジットカードを現金化する際必要なものは?
自分で現金化する場合と現金化業者に頼む場合、どちらも事前に準備するものがあります。
クレジットカード現金化のために準備するものを確認していきましょう。

自分で現金化するとき

自分でクレジットカードを現金化する場合は、クレジットカード、換金率が高い商品と公的身分証です。

古物営業法によって、身分を確認することが定められているため、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの身分証を用意しておいてください。

業者を使って現金化するとき

業者に頼む際に揃えておかなければいけないものは、公的身分証の写真、利用者の写真、クレジットカード、本人名義の銀行口座です。

携帯キャリア決済する場合は、それぞれのキャリア会社のプリペイドカードが必須です。

こちらも古物営業法によって、クレジットカード現金化は本人確認しなければいけません。
しかし、注意しなければならないのは必要以上に個人情報を求めてくる場合です。

悪質な業者の場合、年収や給料明細、口座番号、勤務先、実家の住所など細かく問われる場合があります。
闇金や悪徳セール会社に情報を流す可能性があるので「おかしいな」と感じた現金化業者は利用停止しましょう。

本人確認でない個人情報は絶対に教えないよう注意してください。
優良店で安全に取引をして、悪徳業者につかまらないようにしましょう。

業者を使った現金化を考えの方はコチラ

クレジットカード現金化おすすめの優良業者ランキング

業者を使わないで自分で現金化するメリット

業者を使わないで自分で現金化するメリット
業者を使わないで自分でクレジットカード現金化をするメリットをいくつか紹介していきます。

自分で納得できる現金化

クレジットカードを現金化するために、自身で商品を決めて購入し、売却する場所や方法、価格なども自分で選んで現金化できます。

しかも誰にも知られずに現金化することも可能です。
現金化業者に依頼する場合は、自分の銀行口座などの情報を伝えなければいけません。

手数料が取られないから高額現金化も期待できる

現金化業者を使った場合、手数料がかかり平均で70~80%の還元率がほとんどです。

時々「還元率90%」と宣伝している業者もいますが、実際利用してみると、多額の手数料を取られた事例もあります。

その点、自分でクレジットカードを現金化すれば手数料はかかりません。
商品や手段によっては還元率100%も超えることもありますよ。

騙される心配が少ない

現金化業者の中には悪徳業者も存在します。
ひどいのが手続きをしてもお金を振り込まないという悪徳業者です。

個人情報だけ入手し多額の手数料を取ったのに振り込まれなかったケースもあります。
また、提示されていた金額より実際振り込まれた金額が少なかった場合も。

現金化業者を装った詐欺にあうこともあるのです。
その点、自分で行う現金化はこのような詐欺にあうリスクは少なくなります。

業者を使わないで自分で現金化するデメリットと注意点

業者を使わないで自分で現金化するデメリットと注意点
次は現金化業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するデメリットや注意点を紹介します。
デメリットもしっかり確認して、できるだけ損をしない方法をとるようにしましょう。

業者を使うより高額になるとは限らない

自分で選んだ商品が必ずしも高額で転売できるとは限りません。
思っていた金額でなければ現金化を再度行わなければいけません。

現金化は何度も繰り返すとクレジットカード会社に目を付けられ、バレてしまうリスクがあります。

徹底的なリサーチが必要

現金化を自分でするとなると、商品のリサーチから商品の購入、売却まで自分1人でしなくてはいけません。

換金率のいい商品は、信販系金券、ギフト券、ブランド品、ゲーム機などです。
どのジャンルにするか、見定めて商品を選んでいき、どれくらいで売れるのか相場を確認しなければいけません。

また、実店舗のある買取り店に持ち込むのか、ネットを利用して売るのかなど売り方にもさまざまな方法があります。
そのため徹底的な情報収集力が必要となります。

手間と時間がかかり即日現金化は難しい

上記のようなクレジットカード現金化をすべて1人で行うので、かなりの時間が必要になることもあります。

現金を手に入れるまで何日もかかることもあるでしょう。

商品を店舗に持っていけば即現金化が簡単にできますが、深夜や早朝に現金が必要になることもあるかもしれません。
時間帯によっては買取り店は閉まっているので、すぐの現金化は難しくなります。

ネットで買取り・販売することもできますが未払いが生じる可能性もあります。
また、余分な手数料を取られることも考えられるでしょう。

商品やギフト券をインターネットで購入すると、実際に商品を受け取って現金化するまでに時間がかかります。
すぐに現金が欲しい場合は、間に合わないこともあるでしょう。

現金が手に入るまでどれくらいの時間を要するのか確認が必要です。

現金化業者は最短で数十分で現金化できるとこもあるので、スピード重視の方にはあまり向いていないと言えます。

自分で現金化すると大きく儲けられたり、悪徳業者に引っかからないっていうメリットがあるんだね。
儲けることもあるが、きちんとリサーチしていないと大損することもあるんだぞ。
え?損をするのは嫌だな。
誰でも損をすることは避けたいものだ。
現金化のリスクやメリット・デメリットを把握して、さまざまな方法を学んで、現金化していくんだ。
はい。
分かりました。

クレジットカード現金化業者を使わない自分でできる現金化の方法18選を紹介

クレジットカード現金化業者を使わない自分でできる現金化の方法18選を紹介
なるべくなら、手数料や換金率を考えるとクレジットカード現金業者ではなく、自分で現金化をしたいと思う方は多いでしょう。

これから現金を自分で入手する方法18選を紹介していきます。
さまざまな方法に詳しくなれば、現金化がスムーズに行えるようになるかもしれません。

クレジットカードを使わない現金化の方法も紹介するので、自分に合った手段を見つけて賢く現金化してください。

現金化の方法はさまざまある。
今回は18種類紹介するぞ。
自分に合った現金化方法はどのようなものか考えよう。

①ブランド品をを売って現金化

ブランド品をを売って現金化
高級家電や新作のゲーム機器、ブランド品など中古でも買い手の多い商品をクレジットカードで購入して、買い取りショップやオークションなどで売って現金にする方法です。

売買する商品のリサーチを徹底的に行うことによって、換金率が高くなります。
レアな商品やプレミアがついているものなら、購入した金額よりも多くの額を手に入れることも。

プレミアがついているようなブランド品は高値で売れる可能性が高いですが、ライバルが多かったり、偽物が多かったりと見極めが難しいです。

それでも以前からブランド好きで流行りのブランド品に詳しい人には向いているジャンルでしょう。

②家電やパソコンを売って現金化

家電やパソコンを売って現金化
家電やパソコンは、家電製品に詳しく、最新機種などのスペックや流行りなどの市場動向を入念にリサーチできる人が向いているでしょう。

家電業界は次々と最新機種を発売しており、機能や性能などにも詳しくなければいけません。
人気で品薄な商品を狙って転売できれば換金率も高くなります。

しかし、リサーチ不足で売れる商品が分からないまま転売してしまうと、買取り業者に安く買われてしまい大損してしまうこともあります。

詳しくなるまでに時間がかかるので、家電好きで徹底的にリサーチができる人が向いている方法でしょう。

③ゲーム機本体・ソフトを売って現金化

ゲーム機本体・ソフトを売って現金化
ゲーム関連商品は、換金率が高めなので現金化するにはおすすめのジャンルです。
「NintendoSwitch」は長年手に入りにくい状態で、オークションで手に入れたという方もいるのではないでしょうか。

入手困難なゲーム機は定価よりも高く換金できる商品です。
しかし、ゲーム機が品切れ状態の時の需要は高いですが、その分人気のゲーム機は手に入れるのも困難です。

ゲーム機が人気で品薄状態の時は抽選していることもあります。
運よく手に入れて転売できればいいですが、なかなか難しいこともあるでしょう。

ゲーム機の転売はタイミングや運が必要になってきます。

また、自分の使用したゲーム機を売りたい場合は、ゲーム機の付属品があるかないかでも価格はかなり変動します。

故障しているとかなり価格は下がる傾向にあるので、もし、飽きたら現金化しようと考えているのなら、できるだけきれいな状態で保管しておいてください。

ゲームソフトも品薄の人気商品なら高換金率を望めますが、100%以上の換金率は難しいでしょう。

だいたい、人気ゲームソフトでも発売から2週間が過ぎると急激に買取り価格が減る傾向にあります。
安くなってもいいから現金を手に入れたい方にはゲームソフトの現金化もおすすめです。

④ギフト券を売って現金化

ギフト券を売って現金化
ギフト券も換金率の高い商品です。
だいたい90%以上の換金率が見込めます。

しかし、ほとんどがクレジットカードで購入できません。

クレジットカード購入できるかは、事前に店舗へ連絡してから確認するとスムーズですよ。
公式ホームページから購入できる金券もあるので確認して買いましょう。

ギフト券を売る場合、時間はかかりますがいくつかの店舗で見積もりして売るようにしましょう。
いくつかの店舗を回って「今どこが高く買い取ってもらえるか探している」というだけで高く売れることもあります。

そして、はまとめて売るとさらに高く買ってもられるかもしれません。

また、今すぐ現金が必要というわけでないのなら、大型連休前が狙い目です。
ゴールデンウイークやクリスマス、春の進学、就職シーズンには、ギフト券でお祝いを渡したい方が増えるので、店舗でも高く買ってくれる可能性が高くなります。

すぐの即現金化を考えていない方は売れそうな時期に売った方がお得になりますよ。

⑤クレジットカードで購入した物を返品して現金化

自分で購入した物を返品して現金化

購入した商品を返品して現金に変える方法です。
100%買った商品の代金が返ってくる
ので損はありません。

返品して現金化する方法は、違法でもクレジットカード会社との規約違反でもありません。
この時にポイントとなるのが、返品は翌日以降に行うということです。

日付をまたぐ前はオンラインの処理による取り消しのみになることが多いですが、日付をまたぐとお店側はカードを管理している業者を通して処理する必要がでてきます。

お店側は決済手数料をカード会社に支払っているため、一般的に現金での返金を行うお店は少ないですが、手間などを考えて対応してくれるところも実際に存在します。

ただ、カード決済をしたのに現金で返す方法をとっている店舗はかなり少ない状態です。
返品したとしてもカード決済を取り消し処理するだけの店舗が多いでしょう。

1度この手法で現金を得たからと言って何度も同じお店でやってしまうと、迷惑になり最悪の場合は出入り禁止になってしまうこともあるので気を付けましょう。

また、返金処理はカード会社にもバレているので、何度も行うと利用停止になってしまいます。
現金の返金対応していない店舗では無理をいわず、その店舗の方針に従うようにしましょう。

⑥電子マネーで購入したものを返品して現金化

電子マネーを現金化
電子マネーはさまざまな種類が発行されており、商業系や流通系など日常生活で使用できます。
電子マネーでの現金化は、クレジットカードよりも罪に問われるリスクが低いといわれています。

クレジットカード決済をした場合、支払いをするまで商品の所有権はカード会社にありますが、電子マネーの場合だと所有権は自分だからです。

しかし、現金化は電子マネーの会社でも利用規約違反にはなるので頻繁には行わないようにしましょう。

電子マネーの現金化方法もクレジットカードと同じように、商品を購入して売るか返品で現金をもらう方法です。

電子マネーは、ポイントも移行しやすいという特徴があります。
例えば、楽天ポイントを現金化したい場合も電子マネーに入れて、商品を購入して売る方法がよいでしょう。

また、電子マネーで商品を購入して返品すればほぼ100%で現金で戻ってくきます。
クレジットカードとは違い、電子マネーでの返金はほとんどが現金によるものなので、クレジットカードよりもおすすめです。

しかし、電子マネーで返金するときは手数料がかかる場合があるので、店舗に確認する必要があるでしょう。

⑦仮想通貨を売って現金化

仮想通貨を売って現金化
仮想通貨はいつでも購入できて現金に戻すことが可能なので、利便性はとてもよい現金化方法です。

クレジットカード決済に対応している取引所に登録すれば、クレジットカードで仮想通貨を購入して現金に換えれば現金化できます。

しかし、すべての仮想通貨がクレジットカードで購入できるわけではありません。
必ず自分の買いたい仮想通貨がクレジットカード対応しているか確認してください。

また、クレジットカードを使って買ったコインは送金されるまでに1週間以上時間がかかるため、即日現金を手に入れたい方には向いていません。

しかも現金化する場合は手数料が取られます。

大きなメリットしては、価値が上がった時を見計らってコインを売りに出せば多額の利益を手にできるということ。
しかし、株と同じように何らかの要因で急落する場合もあります。

仮想通貨を現金化する行為は得をすることもありますが、大きく損をすることもあります。
また、20万円を超える利益が出た場合は確定申告をする手間もあります。

すぐに現金はいらない、手間でも大きな利益を出したい、このような方には向いている方法です。
知識を持たずノリで行うと危険なので慎重に行ってください。

⑧レシートを現金化

レシートを現金化

商品を購入したときにもらえるレシートも現金化する方法があります。
まずレシートを現金化できるアプリをスマートフォンに登録します。

本人確認をしたうえでレシートをスキャンすれば、捨てるはずだったレシートが少額ですが現金に代わるので損をすることはありません。

また、アンケートに回答するだけで現金がもらえることもあります。
数十円~数百円ですが、隙間時間にアンケートに答えるだけで現金が入手できるのでお得です。

しかし、1枚数円~数百円の現金化なので、大きな金額の現金を入手したい方には向いていません。

しかも出金手数料が1回につき300円かかります。
手数料を考えるとかなりためてから出金したほうがよいでしょう。

アプリを使ってレシートを現金化する方法ですが、全く危険性がないわけではありません。
アプリには利用にあたって個人情報を入力する必要があります。

また、レシートには自分がいつどこで何を買ったのか記載されています。
アプリの運営者サイドは、この個人情報管理をしていますが、漏洩されないとは限りません。

近年、個人情報の漏洩ニュースが度々流れます。
実際どの企業も自治体も個人情報の管理をしていますが、何かしらの要因で漏れてしまう可能性はあります。
個人情報の漏洩の可能性もあると認識したうえで利用するようにしてください。

少額ではありますが、レシートの現金化はゴミとして捨てるはずだったものが現金になるのですから、ちりも積もれば山となるという感覚ではじめてもいいかもしれません。

登録も簡単なので、サブの現金化として無理せずできる範囲でしてみるのもいいでしょう。

⑨Amazonなどの電子ギフト券を現金化

Amazonなどの電子ギフト券を現金化
Amazonギフト券は換金率が高いギフト券です。

Amazonギフト券を現金化する方法としては、中古店やサイトなどで転売する方法や、オークションサイト・金券ショップで売る方法があります。

金券を買取りしてもらうためにすぐ思いつくのは、実店舗の金券ショップでしょう。
金券ショップは手軽で便利ですが、Amazonギフト券のようなコード番号だけでの取引する商品は買取りをしてくれない場合が多いです。

金券ショップは買い取ってもらえたとしても換金率は70%と低めです。

オンラインのオークションに転売する方法は、登録が簡単なのでおすすめです。
落札額によって手に入れる金額は変わりますが、換金率が高くなることも多い商品です。

コード番号だけで手軽にできて、Eメールタイプなら送料もかかりません。

しかし、換金までに時間がかかり、落札者とのトラブルがないわけではありません。
しかも、落札手数料はヤフオクの場合落札価格の10%かかります。

オークション出品は時間の余裕のある方におすすめです。

電子ギフト券買取りサイトでは、ほぼAmazonギフト券を買い取ってくれますが、下記のようなものは買取りしてくれない場合もあります。

  • すでにアカウント登録したもの
  • 有効期限が近いもの
  • 額が低すぎたり高すぎるもの
  • 海外版のAmazonギフト券

また、連絡先の登録がない方や身分証の提示ができない方は買取りしてもらえないので注意が必要です。

⑩歩くスマホアプリを活用して現金化

歩くスマホアプリを活用して現金化
最近は健康管理のためにウォーキングアプリを使用する人が増えています。
歩くスマホアプリも運動することで現金が手に入る方法の1つです。

健康のためにただ歩くだけでは3日坊主で終わってしまった経験はありませんか?
ただ歩くだけではなく、歩くたびにポイントがたまると歩くことが楽しくなるかもしれません。

しかも歩いたポイントは現金化できたら、健康とお金の両方が手に入って増々モチベーションがアップすることでしょう。

「Tポイント」を貯めるタイプや「WAON」がたまるタイプ、ドコモの「dポイント」がたまるタイプなどが人気です。

「Tポイント」が貯まる「aruku&(あるく)」は、ゲームのようにミッションが現れてクリアしながらウォーキングしていくタイプです。

ゲームが好きな方は特に楽しんで続けられるでしょう。

ミッションをクリアして「お宝カード」をゲットすると「名産品」や「現金」などの商品へ応募できるようになります。

さまざまなキャンペーンを行っていて、当選確率の高い商品もあります。
歩いて健康な体も手に入れて、現金や名産品などの商品もゲットできる「aaruku&(あるく)」を活用してみるのもいいかもしれません。

ほかにも「Renobody(リノボディ)」は(WAON)がたまるタイプの歩数計アプリです。
1WAONポイントは1日8000歩を歩くと獲得できて、1円の電子マネーになります。

歩いたデータは分かりやすくグラフで表示してくれて、ダイエットの計画を立てると理想の体重までのアドバイスもしてくれますよ。

「dポイント」がたまる「dスヘルスケア」は携帯会社で有名なドコモが運営しています。
歩くだけでなく、普段のショッピングでもポイントが貯まるのでインストールしておくと便利でしょう。

ドコモの携帯を使用していなくても「dヘルスケア」は利用できますよ。

食事や運動方法も指導してくれるので、ダイエットしながら現金が欲しい人におすすめです。
減量のためのミッションが配信され、無理なくダイエットを成功させられるでしょう。
ミッション達成ごとに「dポイント」がたまります。

ダイエットしてポイントがたまるので、今までダイエットが長続きしなかった方にも役立つアプリです。
ほかにも、歩いたポイントを投資できるタイプや、歩く以外のドライブなどでもポイントがたまるタイプがあります。

いくつか試してみて自分に合ったものを選んでみるのがいいでしょう。

しかし、歩くスマホアプリのポイントは返還効率が悪いので、口座に直接現金を振り込んでもらう現金化はおすすめしません。

電子マネーやギフト券に換えたあと、現金化した方がよいでしょう。

⑪ポイ活を利用して現金化

ポイ活を利用して現金化
ポイ活とは、楽天ポイントやTポイントなどの企業のポイントを工夫して集めることです。
日本国内のポイ活の認知度は高く、ポイントについて全く知らないという方は少ないでしょう。

ポイントが貯まるとさまざまなサービスに換えたり、商品にするなど貯まれば貯まるほどお得です。

ポイントは現金に交換することもできます。
有名なポイントは、Tポイント・楽天ポイント・Pontaポイント・dポイントです。

ポイ活でためやすいのは楽天ポイントでしょう。
さまざまな楽天のサービスに結びつけることで、大量のポイントを獲得できます。

楽天ポイントは、楽天系サービスで1ポイント1円として現金と同様に使うこともできます。
また、楽天ペイや楽天Edy経由で現金のように利用もできます。

クレジットカードを楽天カードに1本化すると日常の買い物でもポイントがどんどんたまるのでおすすめです。

携帯電話を楽天にしただけでもポイントがたまるので、携帯会社の変更を考えている人は、1度楽天携帯について検討してみてもいいかもしれません。

楽天ポイントだけでなく、Tポイントやdポイントも関連する携帯キャリアがあります。
携帯を利用するだけでポイントが付くのでぜひ検討してみてください。

楽天ポイントを即現金にと考えていないのなら、楽天証券で投資に使ってもいいでしょう。
投資に利用すれば、時間はかかりますが増える可能性も高く自分の資産が増えますよ。

しかし、ポイ活をするうえでも注意点はいくつかあります。
ポイントサイトはすべてが大手というわけではありません。

なかにはポイントを交換しようと思ってもできない詐欺サイトも存在します。
安全なサイトかどうかしっかり判断して利用するようにしましょう。

また、ポイ活をするために無駄に出費をしてしまうこともあります。
購入してポイントがたまればお得ですが、ポイントをためるために余計に商品を買うというのは本来の目的からがずれてしまいます。

ほかにも、ポイ活に熱中しすぎることも注意してください。
常にポイ活のことばかり考えて、ポイントを得るために携帯電話が手放せなくなることもあります。

ポイ活のために生活しているのではなく、生活のためにポイ活をしている認識を忘れないようにしましょう。

各社それぞれにアプリがあるので、多くの企業系ポイントを活用することで、現金を得ることができますよ。

⑫新幹線回数券を購入して現金化

新幹線回数券を購入して現金化
新幹線回数券を現金化する方法は一般的によく使われる方法です。

みどりの窓口や販売機でクレジットカードを使って新幹線回数券を購入し、金券ショップやインターネットサイトの金券ショップで売ります。
駅に近い金券ショップでは新幹線の回数券を求める人が多いので、売却も簡単に行うことができるでしょう。

しかし新幹線の回数券は、カード会社のセキュリティに引っかかりやすく現金化したことがバレやすい商品です。

換金率が90%以上と非常によく、購入場所や転売場所が分かりやすい新幹線の回数券ですが、カード会社から疑われやすいのも事実です。

もし、疑われた時の言い訳も考えておいた方がいいでしょう。
また、新幹線の有効期限は3カ月と決められているので、現金化する場合は有効期限に注意してください。

新幹線の回数券を現金化する場合は、

  • 短期間に何度も現金化しない
  • 新幹線回数券の有効期限を確認する
  • もしもの場合の言い訳を考えておく

など注意して現金化しましょう。

新幹線の回数券は分かりやすく簡単なので現金化には適した商品です。
しっかり準備して現金化してください。

⑬YouTubeやSNSで現金化

YouTubeやSNSで現金化
YouTubeは見るだけのものではなく、最近では稼ぐ手段として活用できます。
自社の製品やサービスをPRさせたい企業などの広告主が、掲載料をYouTubeに支払って広告を出しています。

動画を配信し視聴してもらうことで広告収入が得られるという方法です。

また、ライブ配信を行って、投げ銭をしてもらうことで収入が得られる方法もあります。
視聴者からの投げ銭は現金化ができるので、そこで収入を得て生活している人もいます。

多くに人にアクセスしてもらいアクセス数を稼ぐことで多くの広告収入ができるので、アクセス数を増やす工夫をすれば多額の現金を手に入れることも可能です。

Twitterでも現金化ができます。
手軽にツイートし宣伝効果も高くなることもあるので、多くの企業がTwitterを利用しています。

Twitterで現金化するためには、ポイントサイトを経由してフォローやリツイートすれば報酬がもらえます。
1件数十円程度ですが、現金化可能な方法なので利用してみるのもいいかもしれません。

SNSの評価はクリック数シェア数が主なので企業も分かりやすい仕組みです。
最近ではテレビよりSNSの広告に力を入れている企業も多いくらいです。

さまざまな情報を得て、自分なりに工夫して現金を手に入れる方法をみつけていきましょう。

⑭空き缶・アルミ缶をリサイクルして現金化

空き缶・アルミ缶をリサイクルして現金化
空き缶やアルミ缶を現金化する方法は昔から知られている方法です。

空き缶を集めればいいだけの方法なので簡単で楽に集められます。
持ち込んだアルミ缶は、1kg100円前後で買い取ってもらえます。

しかし、最近はアルミ缶が軽量化しているので大量に持ち込んでも大した現金化にならないことも。

また、大型イベントの際はアルミが高騰して価格が急に上がりましたが、イベント終了後には急激に下がったという話もあります。

空き缶以外にも空き瓶も現金化可能です。
これらの方法は、労力に対して収益がやや少ないのが現状です。

単純計算で、アルミ缶10㎏分で1000円になります。
10㎏となると1日かけて集めるのも難しいです。

また、アルミ缶をプレスした状態で持っていくか、そのままの状態かで買い取り価格が変わります。
アルミ缶はそのままの状態で持っていくと約65円ですが、プレスした状態では約85円です。

少し高くなりますが、アルミ缶1つひとつをプレスしいくだけで大変な時間と体力が必要です。
多くの現金を得ることはアルミ缶の買取りでは難しいでしょう。

アルミ缶を集めるために、自動販売機の横にあるゴミ捨て場から集めてくればよいと考える方もいるかもしれません。
しかし、自動販売機横のごみ箱は所有者が存在するので、空き缶を持ち帰ると法に触れる可能性があります。

アルミ缶を集めている業者も多く、アルミ缶の取り合いになることもあります。
アルミ缶を集め現金化するために大変な努力をしてもそこまで大きな現金を手に入れることは難しいでしょう。

さまざまなことを理解したうえでアルミ缶の現金化するようにしてください。

⑮ANA・JALのマイルを現金化

ANA・JALのマイルを現金化
ANAやJALのマイルは結論からいうと直接現金にすることはできません。
飛行機にあまりの乗らない人は、現金化したいと思う方もいるでしょう。

もっと普段の生活でマイルを活用できる方法はあります。
実際現金化はできませんが、現金に近い状態にすることは可能です。

飛行機に乗る機会が少ないのであれば、マイルをTポイントやnanacoに交換して現金に近い状態にして使ってみましょう。
ポイントに交換すれば、お買い物の時に使って商品が購入できます。

また、Tポイントに交換すれば現金化することも可能です。
しかし、100ポイント85円とレート換金時にロスが出るのであまりおすすめしません。

また、ANAポイントはトラノコポイントに交換して投資することも可能です。
1ヶ月での投資上限は1000マイルと定められていますが、1000マイルを500トラノコポイントに交換できます。
トラノコはいつでも出金可能なので、ANAマイルを現金化したい場合は有用的な手段でしょう。

JALのマイルの場合は、イオングループのWAONやAmazonギフト券に交換が可能です。
JALとWAONが提携したクレジットカードかアプリを持つことで「JMB」会員になれます。
会員になればJALマイルをWAONに交換できますよ。

レートもとてもいいのでイオン系のお店で買い物が多い方におすすめです。

Amazonギフト券に交換した場合は、1万マイル1万円と換算されます。
家電やコスメなどの商品だけでなく、Amazonプライム会員の支払いにも使えるのでJALの交換先として有用な方法でしょう。

⑯携帯キャリア決済で現金化

携帯キャリア決済で現金化
ドコモ・au・ソフトバンクなど携帯キャリアの信用枠(ショッピング枠)を使って現金化する方法です。

手元に現金がなくとも携帯キャリア決済を利用すれば商品を購入できる仕組みです。
ただクレジットカードと違い利用可能限度額が最大10万円ほどです。

クレジットカードの現金化のように自分で商品を売買することで現金化することができます。

キャリア決済で現金化する場合、iTunesカードなどのデジタルコードを取引に使用すればキャリア事業者にばれる心配もありません。

キャリア事業者がデジタルコードの販売促進をしているので、現金化を疑われにくい商品です。
しかも、デジタルコードの購入後の使用目的は限定されていないので詮索されにくいでしょう。

⑰paypayを利用して現金化

paypayを現金化
キャシュレス決済で有名なPayPay。
PayPayの残高は簡単に現金化ができます。

本人確認後に銀行口座やヤフオクなどの売り上げを利用してチャージした残高をPayPayマネーといいます。

PayPayマネーで銀行口座を登録している場合、PayPayのアプリを起動し「残高」をタップすると中央部分に「出金」という項目が表示されます。

「出金」をタップすれば好きな時に残高をチャージできます。

出金は100円から可能です。
PayPay銀行以外だと100円の手数料がかかりますが、リスクも少ない現金化ができるのでおすすめです。

口座登録や本人確認をせず利用している場合は、PayPayで商品を購入して売る方法になります。

「PayPayモール」や「PayPayフリマ」を利用すれば高値で売れることもあるので、利用価値は大いにあるでしょう。

⑱バンドルカードを使って現金化

バンドルカードを現金化
バンドルカードとは、誰でも作れるVISA対応アプリタイプのプリペイドカードです。

チャージ方法も多く、クレジットカードのような審査がないのでアプリで情報を登録すれば誰でも簡単に作れるカードです。

リアルカードを作ることで実店舗での買い物もできます。
バンドルカードは先払い・後払いの両方のチャージができるので、お金がない方でも利用も可能。

しかし、バンドルカードはプリペイドカードに当たるので、1度チャージすると現金として引き出すことや振り込むことはできません。

バンドルカードの現金化は、自分で商品を購入して売る方法になります。

自分で商品を買って転売する場合はクレジットカードを現金化する場合と同じで、手間や時間がかかります。
バンドルカードの現金化を自分でしようとする場合もリサーチをし、短期間で何回もしないようにしましょう。

現金化の方法ってたくさんあるんだね。
手軽な方法から僕には難しいなって感じるものもあるよ。
そうだな。
さまざまな方法を知るだけでも現金化について学べるぞ。
でも、やっぱり儲けたいな。
人間は儲けたいと思うのが自然なことだ。
でも儲けるためには、知識や努力、手間が必要だ。
簡単に儲けることはできないんだ。
はい。
しっかり学んでいきます。

業者を使わないで自分で現金化するときはオークションもおすすめ

業者を使わないで自分で現金化するときはオークションもおすすめ
ネットオークションで高額で売れそうな商品を購入して、転売すれば多額の現金化が可能になります。

リサイクル店や中古買取り店へ行くよりは、商品を見極めてタイミングが合えばオークションの方が高い換金率で現金化が狙えます。

自分ではゴミだと思っていても本当は価値の高い商品もあります。
捨てる前に1度売れるかどうか調べてみるのもよいかもしれません。

オークションで高く売れるものは多く、ゲーム機やゲームソフト、フィギアはおすすめのジャンルです。

またこのようなジャンルの商品は、現金化目的の購入であってもクレジットカード会社などに目を付けられにくいです。

ネットオークションは手数料がかかりますが、それでも還元率100%越えも夢ではありません。

ただ、専門業者などのライバルも多いため、思っていた金額ならないという可能性もあります。
買取業者とは違い1度落札されるとキャンセルが聞かないので、慎重に行いましょう。

ネットオークションで高く買い取ってもらうコツとしては、写真をきれいに撮ることと説明をきちんと書くことが挙げられます。

ネットオークションに出品されている商品はかなりの数です。
その中でもきちんと写真が撮られていて、傷や汚れの有無、動作は正常かなどしっかり記すことが大切ですよ。

壊れて使えない可能性があるジャンク品でも、

  • 部品に価値がある
  • 修理すれば使用可能

などの理由でコレクターが多い商品は高い需要があります。

中でもスマートフォンは、金・銀・銅・スズなどほかにも多くのレアメタルが使用されています。
そのレアメタルは日本で採掘されることはない海外からの資源で、大変貴重です。

そのため、壊れてゴミだと思っていたスマートフォンが高く買い取ってもらえることもありますよ。

また、オークションを使ってすぐに現金が欲しい場合、自作自演でオークションに出品する方法もあります。
自分で出品して自分で落札する方法です。

2つのアカウントを用意しなければいけませんが、クレジットカードを現金化するためには時間と手間がかからない方法です。

アカウントそれぞれに別々の電話番号と住所が必要なので、完全に1人で行うのは難しいですが、別の地域に住んでいる家族や友達に協力してもらえば簡単にできる方法でしょう。

しかし、ほかに人に落札されてしまった場合、送る手間などがかかってしまうので注意してください。
ただし、ネットオークションで有名なヤフオクは現金化を規約違反としています。
もし発覚した場合、会員資格がなくなりヤフオクを利用できなくなるといったことも。

オークションでの現金化は、予想以上に大きな現金を手に入れることもありますが、損やリスクもあります。
ネットオークションについて理解して現金化するようにしましょう。

オークッションかぁ。
したことないけど、家にあるもので手軽にオークションに出品できるのか。
してみようかな。

現金化を効率よくしたいなら自分でやるより業者がおすすめ

現金化を効率よくしたいなら自分でやるより業者がおすすめ

信頼できる現金化業者が見つかれば業者を使う方が自分で現金化するよりいい場合があるぞ。
そうなんだ。
現金化業者はなんだか怖いような気がするけど考えてみようかな。
業者を利用するメリット・デメリットを確認して利用するかどうか検討してみるといい。

「手間と時間をかけたくない」「大きな損をしたくない」方は現金化業者を頼ることをおすすめします。
自分で現金化すると手間と時間がかなりかかるうえに損をすることもあります。

現金化業者なら、申し込みをして指定の商品を購入するだけです。
手間がほとんどかからないといえるでしょう。

身分証や顔写真もスマホで写真を撮って送信するだけで簡単に手続きが終わります。

安全に現金化ができる

自分では手間暇がかかる現金化を、カード会社に目を付けられずうまく現金化するためには現金化業者を利用しましょう。

換金率は平均で80%くらいですが、自分で現金化して疑いをかけられるよりはいいです。

安心できる現金化業者の見極めは難しいですが、優良店をリサーチして申し込めば安全に現金化ができますよ。

即日現金化ができる

現金化業者にお願いすることで、早ければ数十分で現金を手に入れられることもあります。

特に即金性の高い現金化業者はキャッシュバック式を取り入れている専門業者です。
買い取り式は業者が決めた商品を購入後に配送する必要があるため、現金化まで時間がかかります。

少しでも早く現金化したい方はキャッシュバック式の現金化業者を選びましょう。

クレジットカード現金化は違法になる?

クレジットカード現金化は違法になる?

やっぱり、クレジットカードを現金化することって違法になるんじゃないの?
クレジットカード現金化は、違法ではないぞ。
でも規約違反だ!
え?規約違反?どうなるの?
じゃあ、クレジットカード現金化の注意点を解説するぞ。
はい。
お願いします。

「クレジットカードの現金化は違法ではないか?」「闇金ではないか?」と思う方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードの現金化じゃ、消費者金融のような借金ではありません。
現金化業者は、古物商の許可を得ているので法律に触れているわけではないからです。

しかし、グレーゾーンと考えられているのも事実です。

ほとんどのクレジットカード会社で現金化によりさまざまな問題が発生していることから、規約で現金化を禁止しています。

そのため、クレジットカード会社に現金化の事実が発覚すると、利用停止や強制解約を求められます。

クレジットカード現金化をするときの注意点

クレジットカード現金化をするときの注意点
現金化するためにはリスクを伴うので注意事項がいくつかあります。

業者を利用する場合にも同様な注意が必要なので、しっかり確認しておいてクレジットカードの現金化するようにしましょう。

クレジットカード現金化はショッピング枠が必要

クレジットカード現金化はショッピング枠が必要
そもそも現金化するためには、クレジットカードのショッピング枠が必要です。
クレジットカードにはショッピング枠キャッシング枠があります。

キャッシング枠とは、クレジットカード会社にお金を借りるための枠です。
ショッピング枠は、買い物で商品を購入する際に使える枠です。

このショッピング枠は、職業や年収などにとって統計的に分析してカード会社が導きだした額になるので、人によって上限が決まっています。

現金化はショッピング枠を利用するので、現金化する前に自分のクレジットカードのショッピング枠を確認しましょう。

残高の確認は、クレジットカード会社のマイページで簡単にチェックできます。

クレジットカードで購入できないものもある

換金率が高くてもクレジットカードで購入できない場合がある商品も存在します。

金券ショップで取り扱いのあるカード会社発行のギフト券などは、お店によってクレジットカードで買えないこともあります。

例えばJCBギフトカードを購入したい場合、楽天市場やYahoo!ショッピングではどのようなクレジットカードでも買えませんが、公式サイトでJCBカードを使用するのなら買えます。

また、JCBや三井住友のギフトカードは、公式サイトでクレジットカード購入ができる店舗を探すことができます。

ご自身の住んでいる地域にカード会社発行のギフト券をクレジットカード決済のできる店舗があるかもしれないので、1度検索したうえでギフトカードを購入するようにしましょう。

ほかにも、ショッピング系ギフトカードも種類や場所によって購入できないことがあります。
ネットショップや金券ショップでも商品券は現金払いの商品が多い傾向にあるので、事前にリサーチして購入するようにしましょう。

少額でも繰り返し使うと危険

短期間に少額でも現金化を繰り返すことでクレジットカード会社に目を付けられる可能性が高くなります。

特に怪しまれやすい商品は「新幹線回数券」や「Amazonギフト券」です。

まだ使いきっていないはずの「新幹線の回数券」が繰り返し購入されたり、1で購入するにしては回数の多い「Amazonギフト券」は不自然な履歴が残ります。

何回も購入していると利用停止になることもあるので、なるべく期間は空けてから行うようにしてください。

債務整理ができなくなることもある

一次的に「現金がなくては困る」いるという場合のみ、現金化をするのはよい方法かもしれません。
しかし、借金がすでにかさんでいる方はしない方がいいでしょう。

借金が増えた場合、債務整理することで自身の負担は軽減されますが、現金化したことによってこの債務整理が不可能になることがあります。

現金化自体は法律違反しているわけではありませんが、クレジットカード会社の規約違反にはしています。

自己破産する場合は裁判官の決定が必要なので、クレジットカードの現金化を何度も行っていることが発覚すると、悪質と判断されるケースもでてくるでしょう。

個人再生や任意整理の場合も同じです。
どうしても返済できないのに現金化してしまった場合は専門家を頼るようにしましょう。

そして、すでに多額の借金を背負っている方はクレジットカードの現金化はしないほうが得策です。

え?債務整理ができない?すごく困るんじゃない?
そうだな。
借金が多い場合にクレジットカードで現金化を繰り返すことはおすすめしない。
現金化の危険な部分も理解して、自分が現金化しても大丈夫なのかよく考えてするんだ。

カード会社から現金化を疑われて利用停止になる場合もある

「同じ商品を何度も購入する」など、怪しい購入履歴があった場合、カード会社にすぐチェックされます。
カード会社が現金化を発見するとカードの利用を停止されるか強制退会になる恐れがあります。

カード会社は不自然な使用があった場合、連絡してくることがあります。

もし、クレジットカード会社から電話がかかってきたとしても無視は絶対にしないでください。
さらに疑われてしまう要因となるので必ず対応するようにしましょう。

やばい、現金化を疑われた!言い訳や対処法

やばい、現金化を疑われた!言い訳や対処法

現金化をクレジットカード会社から疑われたらどうしよう。
万が一疑われた場合のことも考えてから現金化することも大切だ。
もし、現金化を疑われた場合の対処法も説明しよう。

現金化をするとカード会社に疑われてしまうと、利用停止になるなどのリスクが高いです。

もし、現金化を勘ぐられた場合の対応対方法などをあらかじめ考えておいた方がよいでしょう。

クレジットカードを現金化で使ったことは言わない

クレジットカードを現金化で利用したことは、カード会社から電話があっても言わないようにしましょう。

現金化したと言った時点で停止や強制退会になるかもしれません。
現金化を伝えた時点でカード会社は証拠を明らかにしたことになります。

連絡があっても現金化目的の使用だと絶対に言わないようにしましょう。

購入した商品を詳しく把握しておく

カード会社から電話で購入商品について問われることもあるので、購入した商品についてはすべて把握しておく必要があります。

購入商品について全く答えられない場合、カード会社は不審に思いさらに現金化を疑います。
レシートや領収書などを保管して商品について詳しく説明できるようにしておきましょう。

現金化以外の理由で利用停止になっていることも

カード会社は怪しい購入履歴だからといって現金化だけを疑い連絡するわけではありません。

そのような場合「現金化」という言葉をださないようにしましょう。

現金化以外の利用停止になる理由としては、

  • 第三者による不正な利用
  • 支払いの遅延
  • 何度も暗証番号を間違える
  • 利用限度額を超えた
  • カード有効期限が切れた

などがあげられます。

クレジットカードで現金化をした場合、現金化での電話だろうとすぐ思いがちです。
しかし、連絡が来ても相手の話を聞いて対応するようにしたほうがよいですよ。

別に最初から現金化を疑っているわけじゃないんだ。
そうだな。
クレジットカード利用停止には第三者の不正利用も疑われる。
カード会社の知識も必要だな。
わかった。
いろいろと知識をつけて現金化考えます。
そうだ。
備えることは大事だぞ。

現金化が疑われた時の言い訳

現金化が疑われた時の言い訳
カード会社から現金化を疑われているのであれば、購入した目的が理解されやすい言い訳を考えておいた方がいいでしょう。

人間は思いがけない出来事に対して瞬時に反応することは難しい生き物です。

しかも負い目を感じることならなおさらでしょう。
そのため、言い訳は事前に考えて少しでも疑われるリスクを減らしましょう。

プレゼント目的で購入したことを主張する

高級家電や宝石などをクレジットカード現金化のために使用したのなら「プレゼントのために買ったが、渡せなかったので売った」と主張すれば、現金化を疑われることはないでしょう。

実際プレゼントのために買ったが渡せなくなったので転売することはよくあることです。
その流れを聞いただけでは現金化を疑われることはほとんどないでしょう。

ほかにも「イベントの景品で購入した」「お祝いのお返しに買った」がなどであれば筋は通るのでやり過ごせる可能性も高くなります。

自分で実際に使うことを主張する

ゲーム機器やフィギアなど多くのコレクターがいる商品などは、自分で使うために購入したと主張するとよいでしょう。

ゲーム好きの方は月に何度もゲームのソフトを購入することもあります。
フィギア好きの方も給料のほとんどをフィギュアにつぎ込むといったことも。

コレクターの多い人気商品を狙って購入することで、不自然でない言い訳も考えられます。
クレジットカード会社からの疑いがかかったとしても納得のいく言い訳ができるようにしておきましょう。

ただ、同じもの買い続けると言い訳自体が浮かびづらくなるので、なるべく別のもを買って現金化するようにしましょう。

現金化業者利用の場合は通販サイトで購入したことを主張する

業者を利用する場合、現金化業者が決めた商品をオンラインで購入するものがほとんどです。

そのため、オンラインのサイト購入で手に入れたと主張すればいいです。
その時、使い道や購入動機なども詳しく想定しておくとより怪しまれずに済みます。

事前に準備しておくことは無駄にはならないので、いくつか想定しておきましょう。

もし、電話がかかってきたらうまく答えられるかな。
心配だな。
電話がかかってきてもいいように、レシートやメモを残しておくことをおすすめするぞ。
そして、購入理由も一緒にメモしておくのもいいな。
わかった。
現金化したものをきちんとメモするようにするよ。

利用停止になりやすい人の特徴

利用停止になりやすい人の特徴

利用停止になりやすい人ってどんな人かな?利用停止は困るな。
カードが使えなくなることもあるよね。
最悪カード利用ができなくなるな。
利用停止にならないようにするためにも、どんな人が利用停止になりやすいか理解して行おう。

クレジットカード会社から連絡があって、自分で「現金化」の事実を伝えなければ、カード会社に疑われる心配はありません。

ではなぜ「利用停止」になっている人がいるのでしょうか。

カード会社は本人でない第三者が不正な利用をした場合、本人に代わって損害部分を保障する規約をしています。
そのため、不正利用らしき履歴を常にチェックしているのです。

「現金化の疑い」だけでなくカード会社の損失を減らすための防衛的方法として利用の停止します。
では、「どういう人が利用停止になっているのか」考えてみましょう。

キャッシング枠を全て使い切っている

クレジットカードのキャッシング枠とは、突お金が借りられる機能のことです。
キャッシング枠は無限ではなく、年収の三分の一と定められています。

現金を引き出せる機能があるキャッシング枠は年収制限など厳しい基準が設けられています。
絶えずキャッシング枠を上限いっぱい使いきっている人は注意が必要です。

換金率の高い商品を多く購入している

新幹線の回数券など、一般的に換金率の高い商品を何度も購入している人も利用停止になりやすいです。

カード会社は換金率の高い商品について知識があります。
換金率の高い商品を現金化したいのなら、何度も購入するのはやめましょう。

例えば、

  • 広島在住であるにもかかわらず、東京‐大阪間の新幹線回数券を何度も購入する
  • 高級家電やブランド品ばかり何度も購入している
支払いの滞納が多い

いつもカード決済の支払いが遅れがちな人も注意が必要です。

1日でも支払い遅延が起こるとカードの利用が停止されることもあります。
また、利用停止だけではなく返済が遅れると「遅延損害金」を払うことに。

カード決済の滞納が2~3カ月続くと強制的に解約となります。
クレジットカードは便利ですが、自分の所得に見合った使い方をしましょう。

業者を使わないクレジットカード現金化のよくある質問

業者を使わないクレジットカード現金化のよくある質問

ここからは、自分で現金化するときのよくある質問に答えていくよ。
ほかの人が疑問に感じることは、自分も疑問に感じやすい。
質問もしっかり頭に入れて行おう!
はい。
わかりました。

クレジットカードの現金化を業者なしでする際のよくある質問を分かりやすくまとめました。
今から現金化を検討している方は参考にしてください。

クレジットカードを使わない現金化はどのようなものがあるの?

クレジットカードを使わない現金化方法は、

などがあります。

自分で手を付けやすい方法や即金性があるかなど考えて取り組んでみるのがよいでしょう。

換金率の高い商品ってどんなものがあるの?

換金率のいい商品は、

  • 新幹線の回数券やバスの回数券
  • Amazonギフト券
  • クレジットカード会社発行のギフト券
  • ゲーム機器やフィギュア

などです。

交通系の回数券は何度も買うとクレジットカード会社から怪しまれるので、換金率がいいからといって何度も繰り返し購入しないようにしましょう。

自分で安全に現金化するにはどうすればいい?

不自然な購入はやめましょう。
いかにも現金化するために購入したことが分かるような購入履歴は、カード会社が疑う原因となります。

ゲームなどは疑われるリスクは低いですが、何度も同じソフトを購入すると怪しまれるので、このような不自然な買い方はやめましょう。

初めてでも業者を使わない現金化はできますか?

はじめてでも業者を通さず現金化は可能です。
ただし、しっかりとしたリサーチ、購入転売などの手間がかかります。

クレジットカードの仕組みを理解し、現金化についても知識をつけ、市場調査なども行ったうえで現金化しましょう。

家族カード(夫・妻のカード)でも利用できる?

家族カードの名義が自分であれば現金化できます。

しかし、名義がほかの家族(夫・妻)であれば、名義者本人の承諾がなければクレジットカードでの現金化はできません。

クレジットカードの現金化限度額はある?

現金化はショッピング枠を使います。

クレジットカードのショッピング枠はカードの所有者によって違うので、自分のショッピング枠の上限を確認しましょう。

クレジットカード現金化は違法?

クレジットカードの現金化は違法ではありません。

しかし、グレーゾーンとして自治体などが危険性を呼び掛けています。
現金化をしたことでトラブルが発生している事例が多発しているからです。

本当に現金化でないと現金が手に入れられないのか考えて利用するようにしてください。

業者を使わないで自分する現金化にはリスクも!しっかりリサーチして行いましょう

現金化についてよくわかったよ。
現金化にはリスクもあるけど、方法によって得することもあるんだね。
そうだな。
リスクも大いにある。実際カード会社は違反だとしている。
でも、さまざまな方法があるから自分に合った方法をみつけて現金化してみるのもいいかもしれないな。
そのためには、知識が必要だぞ。
わかった!
勉強して実践してみるよ。
損をするのも得をするのも自分次第だ。
知識を深め、実践してみてみるのもいいだろう。
しかし、クレジットカード利用は危険性があることは常に頭に入れておくんだぞ。

現金化業者はプロであるので現金化がバレにくい対策を常にしています。

しかし、自分で現金化する場合は知識が必要です。
どのような商品が高く売れるか、どこで売ればいいかなどリサーチをして、手間をしっかりかけてすることをおすすめします。

また、クレジットカードを現金化する行為は、違法とはなりませんがカード会社は規約で違反としています。

カード会社に現金化したことが見つかると最悪の場合、強制退会となり、の未払い代金も一括で請求されます。

現金化は一時的に現金が入って儲かったよう気分になりますが、損失があることも多いという認識をもって利用してください。