わかばクレジットの特徴やメリットは?一律還金率保証・振込スピードやメリットを解説!

\相談できるから安心/
現金が必要になった時、急遽用意しなければならなくて大変な思いをしたことはありませんか。「融資は難しいから現金化を使ってみたいけど、どこがいいかわからない」、「現金化を利用するのは初めてだから使いやすいところを選びたい」といった方もいるでしょう。そこで、おすすめの現金化業者がわかばクレジットです。本記事では、わかばクレジットの特徴や換金率、振込スピードやメリットなど利用するうえで参考となる情報について解説します。

わかばクレジットの特徴

わかばクレジットは現金化を行える業者の一つでクレジットカードを主体とした事業を行っています。顧客は主に現金を必要とする利用者です。つまり、「カード会社」と「顧客」、「現金化業者」の3つの関係で現金が利用者に入る仕組みを導入しています。現金化業者を使うのは危ない気がするということで利用を避ける方もいますが、優良な業者を利用することで現金を急いで用意したい時の数少ない選択肢ともなりえるでしょう。

金融機関の融資だと条件が厳しいし時間もかかるから現金化を使ってみたいんだけど、どこがおすすめなんだ?
条件がゆるくて即日に現金化できるのは、クレジットカード現金化の中で「わかばクレジット」が一押しだ。わかばクレジットは条件が年齢(20歳以上)だけで特に厳しい条件がないんだ。クレジットカードのショッピング枠に余裕がある人なら誰でも高い利用金額を利用できるから金額的に融資が難しかった人にはよい機会だな。
時間はどうなんだ?即日に振り込まれるとしておきながら、数日くらいかかるってことはないのか?
その心配はないんだ。最短で5分と宣伝しているようにな。ただし、数分では無理な場合もあるから、その時は当日中に振り込みが完了する即日振込みは約束してくれるぞ。実際、決済の完了後にすぐ振込手続きに移るから、ずっと後になるんじゃないかと思って利用しても、意外と直後に振り込みが完了していたなんてことも十分にあるんだ。
\あなたの確定換金率は?/

わかばクレジットとは

現金化は、商品や電子マネー、キャッシュレスなどの代替決済等を利用して現金を入手する方法として知られています。わかばクレジットは、クレジットカード現金化のできる事業者です。方式としては現金をクレジットカードの買い物決済で換金できる仕組みを採用しています。例えば、「いますぐ現金10万円が必要になった」という場合には、クレジットカードで10万円以上(一定金額)の利用金額としてECサイトで商品を購入することにより、現金化業者は口座に現金を振り込みます。ようするに、わかばクレジットの現金化は、「キャッシュバック方式」と呼ばれる特別な手段を利用して枠から現金を利用者に還元しています。

キャッシュバック方式の優れている点は、現金化サービスを受ける利用者が、商品を抱え込んだり、商品を買わされたうえで利用を拒否されたりする、ということがないことです。一部の悪徳業者を除いてキャッシュバック方式は低リスクでスピーディな現金化を可能とします。現金化するのに前金が必要になることもありません。現金化で必要となるのはクレジットカードのみと決まっているのです。ただし、クレジットカード現金化には換金率に手数料が発生するため、カード利用金額がそのまま受け取れる金額になるわけではないことに注意が必要です。

\相談できるから安心/

高いリピート率

わかばクレジットの一押しポイントは、リピート率が89%と高い水準にあることです。リピート率というのは、初見の利用者がその現金化サービスを気に入ってもう一度利用する割合のことを指します。リピート率が高いほど、初回だけで離脱する利用者が少なく、継続的にサービスを利用しているということです。つまり、わかばクレジットのサービスは、初回利用した人がもう一度使いたいと思える現金化サービスを提供していることを意味しています。また、クレジットカード現金化は多くの場合、繰り返し利用することによって適用する換金率が高くなるという特徴があるのです。利用金額にもよりますが、わかばクレジットをリピート利用することで利用者のお得な還元割合が増すのも背景にあるでしょう。

来店が不要

わかばクレジットは換金率で手数料を引いた金額を利用者に支払います。この時、現金化に指定した口座振込に入金が行われます。書留や事務所での受け取り方法は存在せず、現金の受け取りに来店をする必要がありません。また、入金手続きに限らず、現金化の手続全般は電話や最初のフォーム送信などで対応しており、申込みや本人確認についても来店が不要です。都会や地方など、支店がないと手続きできない金融機関や貸金事業者とは異なり、フォームと電話、メールなど自宅でのやり取りだけで現金化が完了します。

一括・分割・リボ払いがある

クレジットカードを現金化できるわかばクレジットは、クレジットカードのショッピング枠と呼ばれる残高を使用して買い物をします。例えば、金融機関で手軽にできる少額のキャッシングは、クレジットカードのキャッシング枠を使って行います。しかし、枠が小さくショッピング枠に比べて小さいというデメリットがあります。そこで、買い物などで比較的大きな残高を使用できるショッピング枠を通して現金化できるのが、わかばクレジットの特徴です。ネットショップの買い物決済という扱いになるため、カード利用の際に可能な一括・分割・リボ払いなどを利用の状況に合わせて選択できます。後でリボに切り替える設定などをできるクレジットカードもあるため、カード会社の用意している後払い決済に自動で追加される方法などがあります。これなら普通に利用するだけで後から余計な手間もかからないでしょう。

支払い方法が選択できることはわかったが、後で分割払いに変えることはできるのか?
クレジットカードはカード会社によって後から変更できる方法や期間が決まっているんだ。だから、後で分割に変更することが可能なシステムがあった場合、まずは一括に戻して分割にしたり、直接分割に変更したりといった方法が可能だ。しかし、カード会社によってもその辺は異なっていて、しかも期日を過ぎると変更できなくなるカード会社がほとんどだから、利用してからどのタイミングまでに変更するかを決める必要があるぞ。設定変更の期日が翌日に迫っていて、それまでに決められれば問題ない。けど、うっかりWEB状や電話で支払い方法の変更を忘れてしまうと、変更前の支払い方法が適用されてしまうからな。
それって、一括払いをリボ払いに変えたいと思ってた時は大変じゃないか?
まさにその通りだ。大きな金額を後から変更するつもりで一括を選んでいた時に、うっかりリボ払いに変更するのを忘れてしまうと、利用金額の総額が翌月や翌々付きに請求してしまうリスクが伴うんだ。必ず支払い方法が変更されたことを期日までにチェックして、事前に後々の変更がいらないように現金化の支払いをリボや分割にしておくことが大事なんだ。オートでリボにできる設定にしておくとその手の失敗はなくなるから安心だな。

必要書類は身分証明書のみ

クレジットカード現金化と聞いて難しい手続きを思い浮かべる利用者もいます。しかし、わかばクレジットの現金化はシンプルな利用と丁寧な説明の両方が揃ったサービスです。したがって、必要な手続きはスタッフが丁寧に説明を行い、必要書類は身分証明書のみの仕様となっています。クレジットカードの作成や融資を受ける際の契約書のサインや郵送の折返しなど、後から現金化するための手続きが一切存在しません。あるのは、クレジットカードで購入した商品を自宅で宅配便から受け取ることだけです。

家族には内緒

利用者の中には、現金化の利用を周囲に知られたくないという方もいるでしょう。会社や家族、知人などいずれの社会的属性の人々に情報が漏れることはなく、わかばクレジットが情報を伝えるのは本人だけと決まっているのです。特に本人確認の際は、本人の身分証とクレジットカード、それらの名義が一致していないと利用することができない厳しい規定が用意されているのです。貸金などでは会社(勤め先など)への確認連絡をする場合もあるため、知られたくないというケースではわかばクレジットの現金化は最適でしょう。

利用条件が少ない

わかばクレジットの特徴の一つに、利用条件が少ないという項目があります。利用条件とは、誰がどんな条件で現金化を利用できるかということです。例えば、融資を銀行から受けるためには、収入や職業、企業なら事業計画などを明確にして融資条件をクリアした人にだけ現金を貸してもらえます。しかし、安定した収入がない無職・アルバイト・パートの人や資産や貯蓄のない人、信用情報に傷のある人などは融資を断られます。ところが、わかばクレジットの現金化では、利用条件が「20歳以上」の1点だけです。細かい必要条件は存在しますが、全体に明確な指標を示しているのはこの年齢だけです。後は利用手続きに必要な身分証明書や国内在住、クレジットカードのショッピング枠に利用残高が残っていることなども挙げられます。ですが、上記は現金化をするには所有していることが前提となるため、これらを除くと実質的には年齢制限だけとなるのです。金融機関や貸金業のように条件で拒否される事例が存在し、審査で落とされる可能性がないという点でわかばクレジットは利用できる幅が広いでしょう。

料金プランが最高還元率と一律保証の換金率のみ

わかばクレジットの最高還元率は98.8%ということなんだが、これは高いと言っていいのか?
その通りだ。わかばクレジット以外の現金化業者の中には、最高が90%ちょいしかないところや86~87%程度しかないケースもあるんだ。それらと比較した時、最高還元率が98.8%の最高水準にあるのはめったにないことなんだ。実際、98.8%は手数料を考慮せずに計算する金額だけど、最高還元率が適用されれば利用金額と入金される金額の差額を小さくすることが可能なんだ。
最高換金率を除いて、通常の換金率はどうなっているんだ?
わかばクレジットの常時の換金率は、一律93%が保証されているんだ。つまり、現金化する基準として100,000円(10万円)なら93,000円(9万8千円)が対象となることは最低保障として決まっているんだ。そこから手数料などが引かれて振り込まれるわけだな。これがもし80%の業者であれば100,000円(10万円)のうち80,000円(8万円)しか現金化の対象とはならず、さらにその額面から手数料が引かれたら、実質的に65,000円~75,000円程度しか残らない。それと比べるとわかばクレジットの換金率の基準は高いことがわかるんだ。

最大還元率98.8%

わかばクレジットの最大還元率は98.8%と決まっています。100%から数えてたった1.2%しか業者取り分のない最高の還元率といえるでしょう。現金化業界の中でも98.8%の還元率はトップクラスに入ります。例えば、100万円の利用があった際に最大還元率が適用された場合、98.8万円が現金化の対象となります。誰でも最大還元率を受けられるわけではないため、他の金額や利用の信用度などの条件も加味されますが、いずれも十分に高い還元率が適用されるでしょう。

換金率一律93%の保証

現金化業者は、業者によっても異なりますがホームページなどで換金率を公表しているところもあります。わかばクレジットは、換金率一律93%という表記だけで換金率表などはありません。しかし、最低限、どの金額の利用でも90%以上で保証している現金化業者は稀です。なぜならば、金額によって80%台にしたり、金額が高いと90%を超えたりしたほうが高い金額の利用を誘導できるためです。しかし、わかばクレジットは最低保障の方を優先して、換金率表は提示していません。そのため、換金率の面では利用者に優しい業者でしょう。

手数料が前提

わかばクレジットを利用する場合に気をつけたいこととしては、現金化の常識でもある手数料の存在です。キャッシュバック方式は買い物決済を前提としており、商品を購入する際の消費税は利用金額や還元率には加味されていません。そのため、消費税分の負担は決済を行う利用者が支払う必要があります。消費税は現在10%であるため、10%は予定される換金率から引かれることに留意しなければならないでしょう。

入金スピード

最初に即日の振り込みがわかばクレジットの特徴だと言ってたけど、申込みの時間とかも含めて教えてくれ。
わかばクレジットの営業時間は、24時までだから電話対応は夜までとなっているな。しかし、WEBからのフォームは24時間いつでも送信できるから、希望時間などを選択して電話を待つことができるんだ。また、営業時間内なら電話でいつでも申し込みできる。振り込み即日と手続きの時間を考えて当日中に口座から引き出すことを考えると、その日の朝から昼過ぎまでには手続きを完了させたいところだな。そのためにはその日の深夜までにフォームを送っておくというのも一つの選択肢だ。
5分は最短の目安ということだったけど、10分くらい待てば必ず振り込んでくれるのか?
それは状況によるんだ。混んでいるとすぐには入金できないのは当然で、客が少なければ入金が早くなるのはどの事業者も同じだ。日や曜日によっても客数が変化するだろうからタイミング的に「いつ(何分)」ではなく、基本的に振り込み時間は決まっていないと想定したほうが良さそうだ。

最短5分の即日振込み

現金化を現金の入手手段として選ぶ場合、自分のステータスの低さから審査が利用できなかったり急いでいたりして、手続きや審査で時間を取られたくない人が利用します。わかばクレジットで現金化をした場合、即日振込みを約束してくれたうえで、最短5分の振り込みが可能です。5分はあくまでも目安ですが、現金化業者の中でも時間的に早いタイミングでの振り込みが行われている業者です。特に初めて利用する人にとっては、数日待たされるだけでも精神的な負担が大きく感じられるものでしょう。「悪徳業者に騙されていないか」、「決済は完了しているけど、振り込みはされないから、悪用されて現金は持ち逃げされたんじゃないか」といった疑心暗鬼に陥ってもおかしくはありません。その点、わかばクレジットは基本的に当日の振り込みを通常営業としているため、短い時間で遅くても当日中に振り込みが行われるという安心感が得られるのです。

年中無休の24時間受付

わかばクレジットはフォーム受付などを24時間対応できる現金化の受付をしています。もちろん、実際に現金化する場合には、フォーム送信だけでなく、電話による手続きが必要不可欠です。営業時間の電話対応だけ24時までとなっており、深夜はやっていません。そのため、深夜にフォームを入力すると翌朝や昼の対応となるので、即日振込みを希望する場合には早めの手続きや申し込みが必要です。

現金化サービスを貸金・融資と比較した時のメリット

概要はわかったけど、わかばクレジットを利用するメリットはなにかあるのか?
わかばクレジットで得られる最大のメリットは、貸金・融資と比べてさまざまな制限がないことだ。利用の際に審査基準や利用条件などが邪魔にならず、年齢条件さえクリアすれば利用者にこれといって審査基準が適用されることがないぞ。信用情報のブラックリスト入りしていてお金が借りられないという人やすでに借金を抱えていて、これ以上のお金は借りられないという場合でもクレジットカード現金化であるわかばクレジットはいつでも使うことができるんだ。
なるほどな。じゃあ、金額の制限もないのか?
金額はこれといって制限があるわけじゃないぞ。表記はないが、一度に1000万円ほど使おうという人がいなければ制限はまずかからない。普通に利用する分においては、クレジットカードのショッピング枠そのものが利用上限の枠だな。

枠さえあれば必要額を用立てできる

わかばクレジットの現金化を利用するメリットは、振り込まれる金額がクレジットカードのショッピング枠の限度さえ超えなければいくらでも引き出せるという点です。例えば、貸金業者で50万円借りたい時に、融資の条件から10万円しか借りられないとしましょう。すると、残りの40万円は借りることができず、新たに他の貸金業者などに依頼して、残り40万円を借り切るために満額まで繰り返さなくてはならないのです。しかし、わかばクレジットが提供するクレジットカード現金化は、ショッピング枠に余裕を持って70~80万円あれば枠の範囲で十分に50万円を用意することが可能です。そこに金額制限はなく、条件なども先に述べたとおり年齢制限以外にはないため、条件を気にする必要がありません。

現金利用の目的が決まっていない(制限なし)

貸金や金融機関の融資では、ある程度の利用目的が定められています。例えば、借りたお金を返済に利用するとか、買い物に使うとか、用途を逸脱しない範囲でという条件が約款などに記載されています。しかし、現金化は契約でもなければ貸金事業でもないため、現金を何に使うかという指定がありません。そのため、必要な部分に必要なだけ用意する事が可能です。

ローンや借金としてカウントされない

金額や利用目的について述べましたが、実は貸金と比べた時のメリットがもう一つあります。それは、現金化の利用が貸金のあらゆる項目に引っかからないため、事実上お金を借りたという部分が現実に残らないことです。ローンや借金は、金融機関やそれ関連の事業者が参照できるように金融情報として残されますが、現金化の場合は借金ですらないため、その記録が残る心配がありません。将来的に家や教育ローンを組む時に障害となる過去にした少額の借金やローン書類上はなかったことにできるでしょう。

申し込み手順

わかばクレジットに申し込むためにはどんな流れで手続きすれば現金化できるんだ?
まずはホームページにアクセスして申し込みを済ませ、手続きを行うことだ。その中で各工程の手続きを済ませる必要がある。いきなり電話をかけて手続きをしてもよいだろう。例えば、本人確認や商品購入のカード決済などは利用者が必須の手順とされているんだ。逆に言えば、この手順無しでクレジットカード現金化は行うことができないから、初めて申し込んだ人は説明をよく聞いて、手順の指示にあった手続きを済ませるのがベストだな。
最初の手続きは、電話かフォームのどっちがいいんだ?
最初から電話すると名前や他の情報などをまとめて伝えるのが大変だから、時間に余裕がありそうなら、直接電話ではなくフォームから申し込むのが最善だな。ただし、フォームだと電話がかかってくる時間を待たないといけないから、早く手続きを済ませてしまいたい人は電話のほうが向いていそうだ。

フォーム・電話

まずはわかばクレジットのホームページを開きます。それから記載されている電話番号に電話をかけるか申し込みフォームのボタンをクリックして必要事項を記入して送信します。フォームには、利用回数や名前、メールアドレス、携帯番号、希望金額やショッピング枠残高などを入力します。

説明・本人確認

電話をかけるか折返しの電話に出ることで手続きをすすめることが可能です。その差異、本人確認が必要となるため、クレジットカードと本人確認書類の用意が必要です。必ず本人のカードと同じ名義の身分証を用意しましょう。結婚後で違う名字の場合にはその証明書などを用意しておくと準備万端です。

購入決済

説明を受けて身分証確認も終えたら、次はクレジットカードを使って買い物を行います。指定された商品の購入によって必要な決済が完了します。

口座に振り込み

決済完了を確認できたら、スタッフが口座に振込手続きを行います。振り込みまでの時間は特に決まっておらず、最短5分から当日中の振り込みが可能となるでしょう。

初心者でも気軽に始めやすいわかばクレジット

今回の記事では、わかばクレジットのクレジットカード現金化の特徴や還元率・換金率、振込スピードやメリット、利用手順などについて説明しました。主に、金融事業の貸金や融資などと比較した際、手軽さや匿名性、利用金額などのメリットが浮かび上がり、厳しい審査を受けることなく誰でも必要な金額を現金化することができます。年齢基準さえ満たしてしまえば、枠残高のあるクレジットカードを所持していれば利用条件や審査で利用金額の制限を受けることなく使うことができるでしょう。現金化のことがよくわからないけれど初めてクレジットカード現金化を利用したいという方は、説明が丁寧で初心者向けの手続きが簡単なわかばクレジットを検討してみましょう。