現金化業者『和光クレジット』口コミ・評判評価の最新情報

wakou

和光クレジットの評価はなぜ分かれているの?最適な現金化方法を案内する仕組みがある

和光クレジットは、クレジットカード現金化業者の中でも創業以来13年以上の実績を誇っている老舗ならではの安定感があります。一方で、初回取引時に本人確認を行う方法が徹底していて、なぜそこまで厳しくしているのか理由を知らなければ違和感を感じてしまう人がいるはずです。和光クレジットにとって繰り返し利用する顧客を多く確保することが出来ているからこそ、老舗現金化業者として長い期間営業出来ているのであって、既存顧客を守る努力を惜しんでいません。では、和光クレジットにはどのような特徴があるのでしょうか。

スピード現金化のイメージ

和光クレジットなら個人も法人も利用できる

和光クレジットならば、個人だけでなく法人でも利用出来るので、コーポレートカードと呼ばれるビジネス専用のクレジットカードであっても現金化サービスを使用可能です。個人プランしかない現金化業者とは異なり、和光クレジットならば、クレジットカードの利用可能額を有効活用した現金化を行えます。

換金率表に個人プランと法人プランが用意されている

和光クレジットの公式サイトには、換金率表が用意されていて、最低利用金額が3万円だと分かります。また、上限金額はクレジットカードの利用可能額迄となるので、100万円以上の現金化を希望する際には事前に和光クレジットへ問い合わせることが望ましいです。具体的には、以下のような換金率表が公式サイトに用意されています。

金額個人プラン法人プラン
3万円以上~15万円未満87%90%
15万円以上~30万円未満88%91%
30万円以上~50万円未満89%92%
50万円以上~70万円未満90%93%
70万円以上~100万円未満91%94%
100万円以上要問合せ要問合せ

上記換金率は、あくまでも消費税を含んだ金額となっているので、実際の換金率は本人確認を終えた時点でクレジットカード決済前に確認する必要があります。クレジットカード現金化業者の公式サイトに掲出されている換金率には、各社手数料控除前の換金率を掲載しているので、あくまでも最大値と考えなければなりません。なぜなら、カード決済手数料は保有しているクレジットカードごとに異なるので、現金化サービスを行う和光クレジットが負担する金額では無いからです。和光クレジットはあくまでも現金化業者であって、和光クレジットの手元に入金されないカード決済手数料についてまで負担する義務はありません。クレジットカード現金化は、営利目的で行っているので、必要な経費はしっかり控除されることを知っておく必要があります。

法人に対応出来ているから資金力は十分にある

和光クレジットは最短即日で現金振込を行いますが、実際にクレジットカード決済した金額分の入金が和光クレジットへすぐに入るわけではありません。クレジットカード会社からのクレジットカード決済承認を受けて、2ヶ月後以降に入金される予定額を基にして、利用者へ現金振込を先払いしている形になります。このため、法人に対応している時点で取引額が大きくなりますが、先払いしなければならない現金を大量に保有していることが良く分かります。和光クレジットは創業から13年以上経過する老舗の現金化業者ですから、豊富な資金力により個人だけでなく法人カードを使った大口の取引まで対応出来ているわけです。クレジットカード現金化業者を選ぶ際には、法人カードに対応している点をチェックするだけでも現金化業者としての信頼度に違いが出ると分かります。

会社概要欄の表記が和光クレジットはしっかりしている

和光クレジットは無店舗型営業を行うクレジットカード現金化業者ですから、特定商取引に関する法律に基づく表記として法律に定められた必要事項の掲載が義務付けられています。クレジットカード現金化業者の多くは、競合他社からの嫌がらせを避けるために住所表記や代表者の一部を伏せる対応を行っている所が少なくありません。しかし、和光クレジットでは最初から、屋号・住所・代表者氏名・連絡先電話番号だけでなく営業時間までしっかり表記しているので、クレジットカード現金化業者でここまでしっかり明記している業者は珍しいです。

和光クレジットとの取引はどのように行われるのか

和光クレジットを利用した現金化サービスは、シンプルな手順により行われます。自宅へ商品が送られてきたら困ると言った家族に内緒で利用したい人にとって有意義なサービスと考えられるわけです。

和光クレジットを使った現金化は3ステップ

和光クレジットとの取引は、原則として3ステップにて行われます。

電話またはWEBフォームから申し込み

和光クレジットへの申し込みは、WEBフォームならば24時間受付しています。電話連絡を行う際には、フリーダイヤル0120-971-489へ平日9:00~18:00、土日祝日10:00~17:00に連絡すれば申し込み可能です。メールアドレスを口頭にて説明することは聞き取りが難しいので、先にWEBフォームへ入力してから電話連絡を行い、WEBフォームへの入力済みと説明すれば調べてもらえます。

本人確認の上で和光クレジットから代理購入を依頼された商品のクレジットカード決済を行う

和光クレジットが指定する本人確認手続きをしっかり行った上で、希望利用額に近い商品を和光クレジットから代理購入依頼され、商品代金の一部として協力金を受け取る仕組みです。和光クレジットを利用した現金化は、主に代理購入と購入代行という2種類の現金化方法にて行われることが多いですが、代理購入を最初に案内されることが一般的です。クレジットカード決済を行うと、和光クレジットが現金振込手続きに入ります。

指定した銀行口座で現金を受け取る

和光クレジットがクレジットカード決済確認を行い、決済承認を確認出来た時点で利用者が指定した銀行口座へ振込手続きを行います。利用している銀行口座次第では、当日中に入金されるので預金残高が増えていることを確認して手続きは終了です。

具体的な取引方法について不明点は電話連絡時にしっかり確認しよう

和光クレジットを利用した現金化は、他の現金化業者とは異なる点があるので、事前にしっかり確認した上で納得する必要があります。なぜなら、大半のクレジットカード現金化業者は、買取方式とキャッシュバック方式を採用していますが、和光クレジットでは代理購入と購入代行という2つの方法が用いられているからです。

和光クレジットが行う代理購入とは

クレジットカードを現金化する際に和光クレジットから代理購入の案内を受けたら、仕組みを理解した上で了承する必要があります。代理購入は、和光クレジットが必要とする商品を利用者が代理で購入し、配達先を和光クレジットとすることで利用者に対して報酬が支払われる方法です。換金率を高く出来る一方で、必ずしも希望利用額ピッタリとならないことが出てしまいます。
①和光クレジットへ希望館金額を知らせる
②和光クレジットが欲しいと考えている商品を代理購入して送付手続きを取ってもらう
③和光クレジットから代理購入に対する報酬を受取る
上記の流れで代理購入による現金化が行われますが、和光クレジットが欲しいと考えている商品代金が、希望換金額とピッタリ会わずに金額が前後する点がポイントです。クレジットカードの利用方法としては、和光クレジットが欲しいと考えている商品をオンラインショップにて通常通り購入するだけですから、基本的に正規の使い方となります。送付先として和光クレジットを指定することで、自宅に商品が届くことが無く現金振込をすぐに受けられるわけです。一方、和光クレジットから代理購入に対する報酬を受取ることになるので、20万円以上の現金化を行った場合には、雑所得として確定申告の対象となります。

和光クレジットが行う購入代行とは

代理購入に抵抗感がある場合には、和光クレジットが行う購入代行という方法での現金化を選択可能です。購入代行による現金化は、クレジットカード決済情報を和光クレジット側に全て渡す必要があるので、情報提供さえ行えば手間は掛かりませんが、同時に買取業者の存在を正確に確認しなければなりません。利用者から希望館金額の依頼を受けた和光クレジットが、利用者の代わりに換金性が高い商品をクレジットカード決済により購入して、買取業者へ代行して買取依頼をかけます。このため、自宅へ荷物が届くこと無く買取方式による現金化を行えるわけです。しかし、和光クレジットは購入代行を行った際に、どの買取業者との取引を行ったのか開示する義務があり、そもそも利用者と買取業者の間での買取契約を代行することになるので、クレジットカード会社からの調査を受けた際には和光クレジットは直接の当事者では無くなります。あくまでも和光クレジットは、購入代行を行ったに過ぎないので、クレジットカードを使った現金化は利用者と買取業者との間で直接行った場合と大差無い状態となります。もし買取業者が正規の古物商では無かった場合の責任は、確認を怠った利用者にあるわけです。

古物営業許可番号が必要な取引を案内されたらチェックする

クレジットカード現金化を行う際には、商品買取に該当する手続きが含まれる場合、古物営業許可番号が必要な取引となるために各都道府県の公安委員会に正規の古物商として届けられているか確認しなければなりません。和光クレジットとの取引を行う際には、購入代行の場合は買取業者が古物商である必要があるので、買取業者に関しての古物営業許可番号情報が公安委員会に掲載されている情報と一致しているか確認する必要があります。

代理購入の場合には判断が難しい

和光クレジットが採用している代理購入による現金化は、和光クレジットに商品を納品して買取依頼したとも考えられるので、あくまでも買取依頼したと考えるならば和光クレジットが古物営業許可番号を取得していなければなりません。一方、あくまでも和光クレジットが欲しい商品を代理購入したことにより報酬を得たという考え方ならば、1年間で20万円以上の現金化を和光クレジットにて行った場合に限り、雑所得として確定申告を行い所得税や住民税を納めれば古物営業許可番号の確認は不要です。クレジットカード現金化を行う過程でどちらの方法を採用しているのか分からない場合には、和光クレジットへ確認してみるしかありません。

和光クレジットは盗難紛失クレジットカード対策をしっかり行っている

クレジットカード現金化業者の中には、1回の取引で利用可能額を目一杯使わせてしまい、クレジットカード利用停止措置の対象となってしまうケースがあります。和光クレジットでは、盗難紛失クレジットカード対策をしっかり行いつつ、同時にクレジットカード会社のシステムチェックに引っ掛かりにくい使い方を提案しています。では、実際にどのような対策を行っているのでしょうか。

本人確認時に送付が必要な写真は5枚

和光クレジットとの取引を行う際には、振込換金額を提示する前の時点で本人確認を済ませておかなければなりません。本人確認時に和光クレジットへ送付しなければならない画像は、全部で5枚となっていて以下に示す一覧の通りです。
①クレジットカードの表面
②クレジットカードの裏面
③運転免許証の表面
④銀行口座のキャッシュカードの表面
⑤クレジットカードの表面と本人の顔の自撮り
5種類の画像データを全て送付するという条件は、実際にクレジットカード現金化業者へ複数問い合わせても厳しい部類です。ポイントとなるのは、財布ごと落とすか盗まれた場合であっても、最終的に本人以外は現金化業者へ画像データを提出出来ない点を基準としています。

クレジットカード裏面のセキュリティコードは隠しても良い

本人確認書類として和光クレジットへ提出する画像データの中には、悪用されてしまわないかと心配になるクレジットカード裏面情報が含まれています。しかし、和光クレジットが確認したい内容は、クレジットカード裏面の署名欄であってセキュリティコードは必須ではありません。セキュリティコードまで求められる場合は、和光クレジットが社内にあるクレジットカード決済端末を直接操作してクレジットカード決済を行う購入代行の場合に限定されます。代理購入の場合には、そもそもクレジットカード決済を行うのは利用者本人ですから、和光クレジットはセキュリティコードを必要としません。このため、クレジットカード裏面画像データを提出する際には、セキュリティコードを隠しても良いものの取引方法が代理購入に限定される点に注意が必要です。

確かに本人のクレジットカードだと分かる自撮り写真は特に重要

クレジットカードを不正利用されないために本人がクレジットカード現金化を申し込みしている状況を確認するため、クレジットカードの表面を本人の顔の横にかざして自撮り写真撮影を行う方法は効果的です。財布ごと紛失するか盗難被害に遭った場合には、クレジットカード・運転免許証・銀行口座のキャッシュカードをまとめて財布に入れていることは珍しくありません。しかし、クレジットカード表面を顔の横にかざした自撮り写真を持っている人はいないので、和光クレジットからの指示に基づき自撮り写真を撮影しなければそもそも用意出来ないタイプの画像データとなります。一見すると5種類の画像データを和光クレジットから求められることは厳しいと考えられても、財布をまるごと紛失した事態を想定すれば妥当な線だと理解出来るはずです。

和光クレジットならではの4つの特徴とは

和光クレジットが他のクレジットカード現金化業者と異なる点は、どのような点にあるのでしょうか。老舗ならではの特徴を挙げるなら、以下の3つのポイントが考えられます。

創業以来13年間クレジットカード事故ゼロ

クレジットカード現金化業者として和光クレジットは、創業以来13年以上営業を続けつつクレジットカードによる事故ゼロという安全性重視の取引を確立しています。本人確認を他社よりも厳しくすることにより、クレジットカード名義人本人以外には用意できない自撮り写真を含めることで、より安全性が高い取引環境を用意するわけです。また、クレジットカード現金化サービスを申し込む際には、申告するクレジットカードごとに利用限度額と現在の利用可能額に加えて、今まで該当するクレジットカードをどのような使い方にて運用してきたのかという点を個別にヒアリングします。なぜなら、過去のクレジットカード使用履歴とは明らかに乖離する購入方法となった時には、クレジットカード会社による目視チェック対象となりやすいからです。クレジットカードの利用状況に関するヒアリングまで行うことにより、総合的な判断を行うことでクレジットカード事故をゼロに防いでいます。

来店と審査が不要で全国対応

クレジットカード現金化業者には、店舗を構えているタイプとインターネット上で営業する無店舗タイプがあります。和光クレジットでは、無店舗型の営業を行うことにより来店不要による全国対応を実現しています。カードローン申し込みとは異なり、既に利用可能な限度額が設定されているクレジットカードにてショッピングを行うだけですから、現金化を行う際に新たな審査は必要ありません。和光クレジット内にて独自のノウハウにより、現金化を行う際の決済額や方式に関するアドバイスは行うものの、新たに何かを審査するわけでは無い点に注意が必要です。なぜなら、和光クレジットはクレジットカード現金化業者であって、金融業者では無いことを理解した上で利用する業者だからです。

自宅に商品が届かないから家族に知られにくい

ショッピング枠を現金化する際にキャッシュバック方式を使えば、合法のまま安全に現金化を行えます。しかし、商品売買契約を有効に完了させるためには、自宅でパワーストーンやノウハウ集といった現物商品を受け取らなければなりません。自宅に届いた商品に対して、本人以外の家族から見た時に価値が分からなければ、悪質商法に騙されているのでは無いかとつい疑いがちです。家族に心配をかけないためにも、自宅に商品が届かないままクレジットカード現金化出来る方法として、和光クレジットは独自の方法を模索したわけです。商品買取方式は、他人物売買という問題が発生しやすいので、代理購入という新たな方法を考え出して実行に移しています。

和光クレジットは3つの部署が連携して対応している

クレジットカード現金化業者の中には、電話に出た担当者が問い合わせから受付だけでなく、実際の現金化作業まで行っていることが少なくありません。担当者制度を採用している現金化業者の多くは、手作業が多いからこそ一連の流れを毎日繰り返しています。しかし、顧客の安全性を考慮すると専門知識を得たスタッフによる分業が望ましいです。そこで、和光クレジットでは、3つの部署が連携する形で現金化サービスを支える仕組みを採用しています。

お客様担当部門

電話対応に特化することにより、同じ電話番号からの受付に対して担当者制度を採用しています。リピーターとして利用する際には、なるべく同じ担当者からの折り返し対応とすることで、齟齬が出ないように工夫しているわけです。

審査部門

クレジットカード利用状況から、利用者にとって最も安全かつ換金率が高い現金化方法を提案し、アドバイス結果として電話担当者へ引き継ぐ部署です。クレジットカード現金化を利用するための審査ではなく、あくまでもクレジットカード現金化を行う際の安全性を重視しています。

決済処理部門

クレジットカード決済が行われた後で、最終的に現金振込手続きを行う部署です。入金額に誤りが内容にしっかりと処理出来るよう専門スタッフがチェック体制の下で処理しています。

和光クレジットを利用する際の注意点を把握しよう

和光クレジットを利用する際には、他社と比較した上で現金化サービスの特徴を正確に理解してから実行に移さなければなりません。では、和光クレジットを利用する際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

最終的にどの古物商が買取するのか確認しよう

クレジットカード現金化を行う際には、古物商が買取を行うのかどうかという点が大きな分かれ道となります。なぜなら、クレジットカード現金化業者の中には、ある日突然音信不通となってしまう業者が一部に存在するからです。和光クレジットならば、創業から13年以上継続営業している老舗現金化業者という安心感がありますが、初期の頃に行っていた取引方法からは変化しているので、現在の代理購入と購入代行といった方法は他社とは異なる方法を含んだ現金化手法となっています。そこで、和光クレジットとの取引を行う際には、代理購入と購入代行のどちらの方法を採用した取引となるのか、和光クレジットの担当者に対して直接質問をぶつけてみると分かりやすいです。

代理購入なら古物商営業許可は必ずしも必要ではない

代理購入による方法で和光クレジットと取引する場合には、業として古物を継続して買取するわけではなく、利用者は個人事業主として業務請負契約を行っている状態に近いです。本来の業務請負契約ならば利益が生まれるはずですが、クレジットカード現金化という目的のために売買を行う際には、取引を行うと一定の損失が発生します。しかし、損失を生んでも現金を入手出来るという点には変わりありません。そこで、最終的に和光クレジットが買い取るという形を取るのか、代理購入を行った報酬として現金を受け取るのかという点で事後処理が変わります。ただし、どちらの方法を取ったとしても複数回取引を行わない限りは、古物営業許可番号は必須の存在ではありません。

購入代行なら最終的に買取する業者の古物商営業許可番号が必要

購入代行による現金化を行う際には、和光クレジットが最終的な買取業者となるのか、別の買取業者が担当するのか事前に把握しなければなりません。なぜなら、商品売買契約を行いクレジットカード決済により仕入れを行った商品を最終的に古物商へ買い取ってもらわなければならないからです。購入代行を合法的に行おうとすると、第三者となる買取業者を利用者が把握しておくことになります。このため、購入代行による現金化と和光クレジットから案内された時点で、古物営業許可番号を聞いて正規のものと確認出来るまでクレジットカード決済は保留しなければなりません。

利用可能残高を知らせた結果として希望額と異なる商品を案内されることがある

和光クレジットとの取引では、利用限度額と利用可能残高の両方を通知した上で、今までのクレジットカード利用方法についてのヒアリングが行われます。なぜなら、過去のクレジットカード利用状況に合わせて現金化を行っているとクレジットカード会社から疑われない範囲内での取引を行うことが大切だからです。和光クレジットでは、代理購入を行う商品を多数用意しているので、過去のクレジットカード利用状況と希望換金額に最も近い商品を選びます。しかし、希望換金額とぴったり合う商品が無く、多少希望額と前後することは珍しくありません。その際には、和光クレジットから複数の商品について案内があった上で、どの商品を代理購入するか利用者が自由に決めることが出来ます。

状況によりクレジットカード会社への事前承認連絡をアドバイスしてくれる

和光クレジットが他の現金化業者と大きく異なる点として、クレジットカード利用状況と過去の実績を考慮して、代理購入品に対してクレジットカード会社からのチェックが入りそうな場合を教えてくれる点を挙げられます。和光クレジット内には、専用の審査部を用意していて過去の実績を考慮した上で、目視検査にならないための工夫や敢えて目視検査を求める方法まで準備されているわけです。例えば、利用可能額が残り20万円に対して換金額をギリギリまで大きくしたいと考えているならば、和光クレジットからのアドバイスにより一時増枠申請をクレジットカード会社へ行う方法を案内されます。和光クレジット側が用意したシナリオに沿って一時増枠申請を行えば、承認された場合に限りいつもと異なる使い方をしてもクレジットカード現金化を行ったとはバレません。なぜなら、事前承認時には購入したい商品について軽くクレジットカード会社からヒアリングが入るからです。クレジットカード会社にとっては、返済に問題がなく購入機会を逸することで売上が伸びないくらいなら、今回に限り一時増枠を認めても良いという判断を行います。事前承認を受けているからこそ、和光クレジットにて大きな金額の決済を行っても、クレジットカード会社から更に目視検査が入ることはありません。

営業時間を把握して取引しよう

クレジットカード現金化業者は、WEBフォームやFAXといった24時間受付可能な方法を用意しています。和光クレジットも同様に、WEBフォームとFAX経由での申し込みは24時間受付していますが、折り返し電話連絡は営業時間内に限られます。和光クレジットの営業時間は、平日9:00~18:00、土日祝日10:00~17:00と公式サイトにも記載されており、土日祝日はやや短めの営業時間です。一方、営業時間内ならば必ず当日振込可能かどうかは、振込先の銀行口座次第です。三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行と複数銀行との取引があるものの、実際に当日振込に対応しているかどうかは和光クレジットの受付担当者へ個別確認が必要です。ネット銀行として知られるジャパンネット銀行や楽天銀行ならば、原則として平日15時以降や土日祝日であっても当日振込に対応していますが、都市銀行やゆうちょ銀行についてはシステムメンテナンスの都合もあるので、その都度確認しなければなりません。

和光クレジットは独自の取引方法で現金化を行っている

和光クレジットを利用する際には、取引内容に関する説明をしっかり聞いた上で納得してから利用することが望ましいです。利用者のクレジットカードがクレジットカード現金化により利用停止とならないよう、独自のノウハウにより利用金額についてアドバイスを行っています。和光クレジットからの提案を受けて、安全性重視でクレジットカード現金化を行えば、無理な利用には繋がらずに安心です。顧客の安全性を守る取り組みを行っているからこそ、和光クレジットは多くのリピーターから支持されているわけです。

おすすめクレジットカード現金化業者

他の現金化業者も気になる所だと思います
下記が現金化業者の一覧になっていますので一度目を通して
自分にあった現金化業者を探してください

その他のおすすめ業者

インパクト
どんなときも
エキスパート