現金化業者は無店舗経営が少なくない!実店舗のない現金化業者は信頼できる?

ショッピング枠を現金に置き換える現金化はオークションサイトやリサイクルショップなどを利用して自力で実現することも可能ですが、より好条件で効率的な現金化を実現できる現金化業者を利用して現金化を行うのが一般的だと言えます。

現金化業者には直接店頭での現金化に対応する実店舗型とオンライン取引で現金化を行う無店舗型が存在し無店舗型の方が高換金率な傾向にありますが、優良業者なのかの確認が難しく利用に抵抗を感じるのも事実ですので実店舗型と無店舗型の現金化業者を比較しながら紹介します。

実店舗型と無店舗型の二種類の営業形態で現金化を行う現金化業者とは?

ショッピング枠を現金に置き換えることで急な現金支出を効果的に補えるクレジットカード現金化を効率的に行える現金化業者は心強い存在ですが、現金化業者には店頭で現金化を行う実店舗型とオンライン取引で現金化を行う無店舗型の二種類が存在します。

駅前の現金化業者をずっと利用してたんだけど、この間ネットでオンライン取引の現金化業者の方が遥かに高い換金率を提示してるのを見つけてショックだった。
実店舗型の営業は店舗の維持費用や人件費なんかの経費が掛かるのに対して無店舗型の営業は経費を抑えられるからな。しょうがないよ。
しかし利用者心理としては、少しでも多くの現金を手に入れたいものだろう?無担保型の高換金率を知ると実店舗型のニーズが低下するんじゃないのか?
仮にその無店舗型の現金化業者のサイトが詐欺サイトと呼ばれる部類のものでも利用するのか?
えっ!それは困る。そうか、無店舗型の現金化業者は経営実態が掴みにくいから悪徳業者が紛れ込む可能性が高くなるのか!
まぁな。しかしだからと言って全ての無店舗型の現金化業者が信頼できないと言う訳でもないから実店舗型と無店舗型の現金化業者の違いについて見ていこう。

現金化業者での現金化は買取方式とキャッシュバック方式の二種類で行われる

キャッシングをすることなくショッピング枠を現金に置き換えるのがクレジットカード現金化で現金化業者を利用することで自力で行うより効率的な現金化を実現することができます。

現金化業者での現金化は買取方式とキャッシュバック方式と呼ばれる二種類の方法で行われ、利用者が購入した商品を現金化業者に売却して行う買取方式は売却する商品を利用者が任意に購入する方法と現金化業者の指定商品を代理購入する方法に分類できます。

キャッシュバック方式は現金化業者が販売する商品をクレジットカードで購入した利用者に対して、購入額の何割かをキャッシュバックすることで利用者に現金を還元して行う現金化です。

買取方式の現金化には古物営業法が適用され現金化業者は古物商としての営業許可を得ることが義務付けられていますが、キャッシュバック方式の現金化は古物営業法の適用外ですので古物商としての登録義務がありません。

キャッシュバック方式の現金化は全ての利用者に還元を行う総付景品であり一般的に景品表示法と呼ばれる「不当景品類及び不当表示防止法」で還元率が購入額の20%までに制限される不当景品類禁止に抵触しているという意見も存在します。

しかし公正取引委員会ではキャッシュバックを「値引き行為」として捉えているため「還元率の上限が20%に制限されている総付景品にキャッシュバックが該当しない」と判断しているためキャッシュバック方式の現金化に違法性はありません。

主に実店舗型では買取方式、無店舗型ではキャッシュバック方式で現金化が行われる

利用者が任意に購入した商品を売却する現金化に対応する現金化業者として金券ショップやリサイクルショップなどが挙げられ、直接店頭で現金化が行える実店舗型での営業が一般的ですがオンライン取引に対応しているケースも珍しくありません。

同じ買取式の現金化でも利用者が指定された商品を代理購入して行う現金化を取り扱う現金化業者の場合はオンライン取引で行う無店舗型のものが多いと言えますが、実店舗型の現金化業者のオンライン取引が指定商品購入で行われているケースも存在します。

キャッシュバック方式の現金化は無店舗型の現金化業者によって提供されているのが一般的で、現金化の全てのプロセスをオンラインで行うことができ商品購入と同時にキャッシュバックされるためスピーディーな現金化を実現できるため利用者が増加しています。

実店舗型と無店舗型の現金業者はどちらを利用するのがお得?メリットやデメリットは

現金化の方法の違いで現金化業者の営業形態が実店舗型と無店舗型に分かれると言えますが、どちらの現金化方法や営業形態の現金化業者を利用するのがより効率的な現金化を実現できるのかが気になるところですのでメリットやデメリットと併せて紹介します。

現金化の方法で実店舗型と無店舗型どちらの営業形態の現金化業者を利用するのかがおのずと決まってくると言うことなのか。
そうだな実店舗だから買取方式、無店舗型だからキャッシュバックと一概に断定することはできないが、キャッシュバック方式は無店舗型で行われると捉えて良いだろう。
気になるのはどちらの営業形態の現金化業者を利用すれば、「より効率的な現金化が行えるか?」と言う点だな。
効率的な現金化の要件にはどんなモノがあると思う?
そりゃ高い換金率と高換金率より多くの現金を手に入れられるかってこととか…。
なんだよ、換金率ばかりじゃないか。しょうがないな効率的な現金化を実現するための要件や各営業形態の現金化業者利用に潜むメリットとデメリットを確認してみよう。

効率的な現金化を実現させるために必要となる要件とは?

キャッシング枠を少しでも多くの現金に置き換えるために現金化業者の提示する換金率に注目するのは利用者心理として当たりまえのことですが、効率的な現金化を実現するためには換金率以外の手数料の有無や現金を手に入れるまでの手間や時間も重要です。

またクレジットカード現金化は違法行為ではありませんがカード会社の利用規定で禁止されているので、カード会社に現金化を突き止められることは絶対に避ける必要があり、カード会社にバレない方法で現金化を行うことを強くおすすめします。

またキャッシュバック方式の現金化では現金化業者にクレジットカード情報を開示する必要があるので、信頼できる現金化業者を利用することも非常に重要なポイントだと言えます。

気になる換金率は無店舗型の現金化業者が高い!無店舗型では有利な現金化が行える

代表的な実店舗型の現金化業者として挙げられる金券ショップやリサイクルショップでは対面接客の店頭で直接現金化を行えますが、実店舗を維持するためには家賃・光熱費・人件費など多くの経費が発生するのも事実です。

オンライン取引で行う無店舗型の現金化であれば現金化業者が負担する経費を抑えることができるので、実店舗型よりも無店舗型の現金化業者はより高い換金率で現金化を行うことができると言えます。

また現金化業者の指定商品を利用者が代理購入する買取方式は市場ニーズの高い商品を利用して行われるので任意に購入した商品よりも高換金率で現金化が行えますし、キャッシュバック方式は現金化業者が所有する商品を利用するため効率的な現金化が可能です。

オンライン取引で行う無店舗型の方が実店舗型より効率的な現金化を行える条件が揃っていることから、結果的に無店舗型の現金化業者を利用して現金化を行った方がより効率的な現金化を実現できると言うことに繋がります。

実店舗型と無店舗型の現金化業者利用で生じるメリットとデメリット

効率的な現金化を実現しやすいのはオンライン取引で行う無店舗型の現金化業者ですが、実店舗型の現金化業者は「実際に営業実態を確認することができる」ため、初めての利用でも安心して現金化を行えるメリットがあると言えます。

また複数の実店舗型の現金業者で売却する商品の査定を受け、換金率を比較しながら現金化を行えるのも実店舗型の現金化業者を利用するメリットですが、実店舗型の換金率は無店舗型より低めな点や現金化に手間や時間がかかるのがデメリットになります。

無店舗型の現金化業者は効率的な現金化実現に求められる換金率や現金化までの手間や時間がかからない点などに優れているのがメリットですし、キャッシュバック方式の現金化はカード会社に突き止められにくいのも魅力です。

しかし営業実態を確認することが、難しいので優良業者のなかに紛れ込んでいる悪徳業者を見分けるのが非常に困難であることが無店舗型の現金化業者を利用する際のリスクでありデメリットだと言えます。

実店舗型・無店舗型の現金化業者を利用して現金化を行う際の注意点とは?

実店舗型と無店舗型の二種類で買取方式とキャッシュバック方式でショッピング枠を現金に置き換えられる現金化業者を利用して現金化を行う際は営業形態や現金化の方法で異なる注意点が存在します。

実店舗型と無店舗型の現金化業者にはそれぞれメリット・デメリットがあるんだなぁ。
そう、どのような方法でどのくらいの現金化を行うのかで、現金化業者を上手に使い分ける必要があるな。
なるほどね、だけど無店舗型のキャッシュバック方式が効率的で魅力的だな。
確かに最も利用されている現金化の方法となるのが無店舗型のキャッシュバック方式だからな。
王道のクレジットカード現金化ってことか。
王道かどうかは実店舗型と無店舗型の現金化業者を利用する際の注意点を確認してから決めれば良いだろう。

実店舗型・無店舗型を問わず買取方式での現金化は大量購入と連続購入に注意!

実店舗型と無店舗型の両方で利用できるのが買取方式の現金化で、Amazonギフト券などの金券や新幹線回数券に代表される高換金率の商品を利用することで効率的な現金化を行えます。

しかしポピュラーな高換金率商品はカード会社も把握していてこれらの商品購入を自動検知するシステムを導入して厳しく利用状況を監視しているのも事実ですので、高換金率商品を大量購入したり連続購入するなどの不自然な利用履歴はマークされてしまいます。

実店舗型・無店舗型を問わず買取方式で現金化を行う場合は不自然な利用履歴となる大量購入や連続購入を行わず、計画的な現金化を行う必要があります。

無店舗型のキャッシュバック方式の利用は信頼できる業者かどうかの確認が必要

最も効率的な現金化を実現できるのが無店舗型でキャッシュバック方式の現金化業者を利用する現金化ですが、信頼できる現金化業者を利用することが絶対条件であるのも事実です。

しかし無店舗型の現金化業者の利用はオンライン取引で完結するため優良業者のなかに紛れ込んだ悪徳業者を見分けることが困難であることは既にふれたとおりですが、24時間対応であるかやカスタマーサービスへの電話などである程度は確認が可能です。

また現金化業者の情報を提供する現金化情報サイトなどでも多くの無店舗型の現金化業者の情報が公開されているので、無店舗型のキャッシュバック方式で現金化を行う前には必ず現金化情報サイトで現金化業者の情報を掴んでおくことをおすすめします。

実店舗型と無店舗型どちらの現金化業者を利用する場合も最新の現金化情報が重要

現金化業者の営業形態は実店舗型と無店舗型の二種類に大別されそれそれの営業形態で提供されている現金化サービスも異なりますが、安全で効率的な現金化を実現するためには現金化業者の最新情報を掴んでおくことが重要です。

「俺LOVE現金化」は次々と考案される効率的な現金化の方法や現金化を行う際の注意点などの現金化の最新情報と共に信頼できる現金化業者の情報など現金化に必要なすべての情報を提供する現金化情報サイトです。

無店舗型のキャッシュバック方式を利用して理想的なクレジットカード現金化を行なおうと思っていても、うっかり悪徳業者のサイトにアクセスしてしまうと効率的な現金化の実現が悪夢に代わりかねませんので「俺LOVE現金化」で信頼できる現金化業者を確認してください。

安全で効率的なクレジットカード現金化を実現するためには現金化情報サイト「俺LOVE現金化」で公開している現金化に関わる最新情報の有効活用が非常に効果的でおすすめです。